CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年09月19日

第56回釜川コケ落とし大作戦 実施報告

2020年9月19日(土)

 ボランティア体験プログラム「釜川コケ落とし大作戦」は、宇都宮市のオリオン通りをはじめ中心部を流れる河川・釜川の清掃ボランティアとして、2006年から実施している活動です。

 親水スペースとしてゾーニングされている「じゃぶじゃぶ池」とその周辺50メートルほどの水量の少ない区間を清掃しています。

 雨天に加え、今年はコロナという黄金ルーキーが登場したことにより、いつにも増して戦々恐々の状態ではありますが、「新しい生活様式」に則した皆様の意識向上と、協力したいという想いによって、今年度第5回目(通算56回)を無事に行うことができました!

★★★ ★★★ ★★★ ★★★

 猛暑連発の8月を乗り切り、急速に季節が進んでいる感じがします。台風被害もありましたが、季節の変わり目になり、天気予報も困るくらいの何とも悩ましい空が続いています。

 本日の釜川コケ落とし大作戦も、そんな曇天の中行われました。屋外作業であることから、晴天よりもありがたい「釜川日和」である曇天ですが、早朝から雨が降ったりやんだりで、中止か実行かをギリギリまで迷う土曜日でございましたが、

 実施を決断し、集合時間に合わせて現場に到着してみると、雨も降らずに済んで無事に活動を行うことができました。

IMG_1216.JPG


 今年は、これもコロナの影響なのかもしれませんが、特に市内の学校に通う高校生の皆さんの参加が目立ちます。今回は、前回・前々回に引き続きご参加を希望下さった、宇都宮工業高校、宇都宮短期大学付属高等学校の生徒さんに加え、日々輝学園高等学校の皆さんが参加下さいました。これに、社会人のボランティアさんが協力下さり、16名での活動となりました。

 今回の活動には、ボランティアさんに加えて、日本財団が推進している「海ゴミゼロウィーク」に関連した県内の清掃活動に取り組む団体を取材されている、とちぎテレビさんの取材もあり、大変賑々しくスタートしました。

 雨の心配もあったので、まずは集合写真を皆さんで撮らせてもらい早速活動がスタートしました。

P9190003.JPG


 今回の清掃は「経験力」を感じましたね。活動に参加してくれた半分以上が今年の活動に参加経験のある皆さんで。いい感じに男女半々だったこともあり、まずは、じゃぶじゃぶ池とその上流の2か所をと活動場所を定めると、

 男性陣は上流に、女性陣はじゃぶじゃぶ池に分かれ。「滑るかもしれない!」と思う最初の一歩も、経験者の皆さんがスッと入っていきますので、それにならって初の皆さんも続くという、最初から円滑に活動がスタートしました。

IMG_1191.JPG


 雨がなかった8月と比べ、雨が多かったこれまでの9月。今回の方が内容的には大変だったかと思いますが、上流部分では、3名の経験者たちが横に並んで清掃していくスタイルで清掃を始めると、

 その川下に陣取った皆さんたちで、さらに下流の流れを活かしながら清掃していくというフォーメーションが自然に出来上がり、30分もかからないコンパクトさで作業を全うしてしまいました。

P9190005.JPG


 淀み部分が多い、さらに下流の「じゃぶじゃぶ池」に合流した後半は、女子チームと合流して一気呵成の仕上げ作業となりました。

 川の水が多かったですが、同じ増水気味だった6月にくらべ、明らかにテキパキと動けたのは、前回参加下さった皆さんの存在が大きかったですね。

 立候補して率先して!ということでもないですが、慣れた方たちが自然とやりやすいスタイルで活動を見せてくれるので、初めての方たちも心丈夫だったのではないでしょうか。

 そんなこんなで、一時間弱の活動で無事にきれいな釜川にすることができ、皆さんのスピーディな活動で、雨に降られることもなく終了することができたのでした♪

★★★ ★★★ ★★★ ★★★

 コロナ下の影響により、市内中心部であっても人通りの減少がみられる昨今でありますが、釜川及びその周辺の様子も少し変化がみられます。

 それは、目に見えてゴミが落ちているなぁということです。これは、地域の皆さんや私たちのようなボランティアの活動が例年のようにできていないからというだけではなく、やはり、人通りが少なく人目に付きにくいとどうしても・・・ということもあるのかなと思ってしまうところです。

P9190011.JPG


 ジュースやお酒の空き缶も川の中や沿道でよく見かけましたし。参加された皆さんとは、こうしたごみ拾いを通じて、「せめてゴミはゴミ箱に入れよう」という意識を確認できたことは良かったと思います。

 海ゴミゼロ運動でも言われているように、海に漂着または流れ着くゴミは、海なし県の栃木県であっても、河川を伝って海までいくこともあり、また陸地のごみが河川や海に風や雨の影響で入ってしまうなど様々な理由で増えてしまうそうです。

 日常生活において、どうしても出てしまうゴミ。そんなゴミを少しでも少なく、また川や海といった自然になるべく放出しないように心がける気持ちを、高校生やボランティアの皆さんと改めて共有できた活動となりました。

 皆様、大変お疲れ様でした。次回活動は、早いもので今年最後の活動となります。10月17日(土)に予定していますので、

 またのご参加をお待ちしております。宜しくお願い致します♪

(事務局:O)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック