CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年06月20日

コロナに負けるな団体紹介(13)〜NPO法人古賀志山を守ろう会

2020年6月20日(土)

 6月に入るやいなやの雨模様が続き、すでに本格的な梅雨かもとも思える日々が続いています。コロナ下での生活も新しい生活様式の継続が続いておりますが、梅雨といえば、雨に湿気に、油断すると暑さと肌寒さもあって、より日々の体調管理、生活環境の管理に気を配る必要がありそうですね。

 何かと気分も滅入る時期かもしれませんが、そんな時こそ、運動や行楽の機会を随時見つけて行くことも大切でしょう。混雑は避けるべきことではありますが、人出が多そうな時間や日にちを避けることから外出の準備を始めることも、これからのレジャーの楽しみ方の一つになるかもしれません。

 さて、今回の「コロナに負けるな!団体紹介」は、宇都宮市内の身近な、そして誇るべき自然環境を守り、安心して楽しんでもらおうと頑張るNPO法人さんの話題です。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

【団体名】
 NPO法人古賀志山を守ろう会

★団体紹介★
「NPO法人古賀志山を守ろう会」さんは、古賀志山系に登山のために入山する老若男女全ての人々に対して、山に対する畏敬の念と健全な秩序を順守してもらうために必要な条件整備を行うとともに、啓発活動を行い、多くの人々と共に地域づくりに寄与することを目的に活動しています。

CIMG4369-5.jpg


 古賀志山系には民有林・市有林・国有林と所有者の違うエリアがあり、それらが荒らされないように案内板等を設置して、山内の環境美化・維持の啓発活動を行うとともに、「身近な山」である一方、岩肌もある猛々しい山であることから、遭難や事故にも注意すべく、登山に必要な階段の回収、用具の整備など安心安全で過ごせる古賀志山を守っておられる法人さんです。

★コロナと現状の様子★
 130名ほどの会員のうち、通常は20名ほどの作業部隊が古賀志山に入り、毎月2回ほど整備活動などを行っていますが、コロナ禍で自粛要請が出たため、5月8日に会員全員での活動は一時休止となったそうです。

ふもとの市営駐車場は3か所ほど駐車禁止の看板が出て閉鎖されていたそうですが、路肩に駐車してある車も散見されるなど、登山された方があったように思われるとのこと。富士山など、入山時や宿泊時に過密を避けられない有名な山では、入山禁止の処置もとられていますが、古賀志山も同様で、過密の問題だけでなく、万が一の事態に見舞われた際に、通常時よりもより周囲に迷惑をかけてしまうということを意識してほしいとのことでした。

gomikaisyu.jpg

※写真は、2019年2月に実施した山内清掃の様子です。

★今後にむけて★
自粛要請の解除に伴い5月28日から活動を再開しており、5月前半に予定していた活動が出来なかったとのことですが、少しずつ通常活動を取り戻していきたいと意気込みを語って下さいました。

また、今年は異常天候の影響か、植物の成長も例年とは違うように感じているとのことです。気候変動の影響かと考えると少し不安にもなるかもしれませんが、古賀山の季節の彩りをすでにご存じの方は、いつもとは違う環境の変化を。初めての方は、身近にある雄大な自然の迫力を堪能されるとよろしいのではないでしょうか?

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

 古賀志山を守ろう会の皆様には、まちぴあでも何度か主催事業でお世話になっています。代表さんをはじめシニア世代の方たちが中心に活動されておりますが、古賀志山にもまれた体力は、少し若いくらいでは想像もつかないくらい逞しいものです。

 活動自粛期間においても、日々、古賀志山のことを気にかけておられた様子や、お話しの中にあった、登山者を心配する視点など、本当に古賀志山を愛され、山を楽しもうと思う方々に少しでも安心で安全で、楽しい古賀志山を体験してもらいたいという熱意を感じました。

 その部分でいうと、ゴミの持ち帰りや山内を荒らさないこと、登山ルートを守ること、事前の申し出を手続きすることなど、自分が山を楽しむためにまず、周囲に気を配れることが「マナーを守ること」であり、それが自分のため周りのためになる。楽しみながら山を守るという環境・社会貢献そのものだと感じ入ったお話しでした。


【連絡先】
  ★NPO法人古賀志山を守ろう会
   ・ホームページ https://npo-mt-kogashi.jimdofree.com/

  ※【団体名】の部分にもリンクを添付しています。ご参照下さい。

(事務局:O)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック