CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年06月13日

コロナに負けるな!団体紹介(12)〜株式会社みやもと

2020年6月13日(土)

コロナに負けるな!団体紹介(12)〜株式会社みやもと

 2月後半から栃木県内で感染が確認されてから約3か月。宇都宮市まちづくりセンターを含め、各所やご家庭で感染拡大防止対策が進められているかと思います。

 今回、ご紹介するのは登録団体でもある株式会社みやもとさん。社会貢献事業で「うつのみやシニア通信」:シニアを応援することを目的とした情報紙を発行したり、シニア向けの体験講座などを行っています。

 日経新聞や下野新聞などでも取り上げられた同社が開発したコロナ感染対策のフェイスシールドのお話をご紹介します。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

【企業名】
  株式会社みやもと

halo.JPG
快適で優しい着け心地のフェイスシールド『halo-ハロ』

【企業のこと】
 新聞の折り込みチラシの印刷を主にしている事業者であり、宇都宮在住の60歳以上のシニアを主な対象とした、シニアとお店、宇都宮を応援する情報紙『うつのみや シニア通信』を月に1回発行しています。インターネットを使うことが苦手で折込チラシを主な情報源としているシニア世代に役立つ情報やボランティア活動の紹介などを積極的に届けることが自分たちの使命と考えているそうです。

 お店の広告掲載は有料ですが、シニアが活躍しているボランティア活動やシニアが楽しめる無料講座などは紙面やホームページでぜひ紹介したいと話してくださいました。活用したい方、情報が欲しい方は是非一度ホームページをのぞいてみてください。

【コロナ関連の取組みについて】
@快適で優しい着け心地のフェイスシールド『halo-ハロ』 
 ウイルスと最前線で向き合う医療従事者よりフェイスシールドの相談があり装着感が気にならず物々しく威圧感を与えないようなデザインを考案し、頭で支える部分を樹脂製3Dプリンターにて作成。シールド部は透明度の高いPETフィルムにて、使用状況に合わせたサイズや装着角度等のヒアリングを行い、カッティングマシーンにて使いやすい形状にカスタマイズ。

 新しい生活様式に適した、圧迫感が少なく軽量で、暑くなく、曇りにくい。人にやさしいフェイスシールド『halo-ハロ』。医療機関はもとより、常時装着が必要な、接客や受付業務の方の負担を軽減することができるそうです。

89380601_2744881019116215_643500282646364160_o.jpg
A感染者と間違われない為に役立つアイテムとして花粉症&喘息バッチ

【他株式会社みやもとさんの取組み】
・宇都宮市ブランド推進協議会主催 宇都宮市民シティプロモーション支援事業
観光客や地元の子どもたちをターゲットに、宇都宮の妖怪「百目鬼」をメインとした宇都宮市中心地散策『宇都宮の街ナカで百目鬼フィギアを探せ!』

jyouhoushi_2018-25.jpg
情報誌まちぴあ トピックス コレクション『百目鬼グッズ』

【結びに】
今回紹介しました、快適で優しい着け心地のフェイスシールド『halo-ハロ』など関心を持たれた方は問合せてみてはいかがでしょうか。また、月1回発行されている情報紙『うつのみや シニア通信』はセンター内でも掲示されております。

【問合せ先】
株式会社みやもと
TEL: 028-622-5156  メール:info@offrin.net
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック