CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年05月25日

コロナに負けるな!団体紹介(7)〜栃木県若年者支援機構

2020年5月25日(月)

 全国的にも緊急事態宣言の解除が施され、徐々に日々の生活が変わろうとしています。

 栃木県内も油断はできない状況の中、様々な立場の様々な皆さんの努力で、一歩一歩進んでいるところでしょう。

 団体の皆様の今とこれからをお伝えしている、「コロナに負けるな!団体紹介」は、第7弾となります。

 今回は、就業支援をはじめ、若者・子どもとその家族を含めた方々や、対象となる人たちを含めた地域が支え合い、優しくなれる地域社会づくりを目指し活動している

「一般社団法人栃木県若年者支援機構」さんをご紹介します。

 取り組んでいる事業の中には、5月末で終了となるものもありますが、支援機構さん含め連携している活動団体の存在を知って頂きたく思い、更新いたしました。

 活動主体の皆様へのエールに加え、関心のある皆様の参考になれば幸いです。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

【団体名】
 一般社団法人栃木県若年者支援機構

★団体の紹介★
 法人は2010年4月に設立され、地域課題の解決に取り組む新しい社会事業体の支援、並びに人材育成をもって、栃木県における新しい公共づくりと若年者の力を引き出す雇用創造を進めることを目的として活動されています。
 全ての子ども・若者が、将来に希望を持てる未来をつくるために、広く社会の力を集め、「一人ひとりの、子ども・若者と、その家族を支える」「社会の中に、子ども・若者のセーフティーネットをつくる」「子ども・若者を育む地域社会を築く」の3つの大きなテーマを掲げ、県内の各種支援団体と連携しながら事業を行っています。

★現状の活動について★
 新型コロナウイルスの感染拡大により、影響を受ける子育て世帯や若者を支援しようと、現在

chirashi.jpg


「とちぎ若者応援プロジェクト」

 を展開しています。LINEやメールを通じ、生活、仕事を含めた様々な不安についての相談を受け付けている他、生活に困窮している一人暮らしの若者への食品・日用品の無償提供を行っています。これにあわせて、レトルト食品や日用品の寄付の受付も始まっています。
(詳しくは、【団体名】の部分のリンク:法人HPを参照ください)

 また、子ども支援に関する事業では市内にある、子どもたちみんなの家「キッズハウスいろどり」と環境系のNPO法人「トチギ環境未来基地」との連携で、「森でリフレッシュ★市貝、益子の森プログラム」を展開(5月末日まで実施予定)しています。

 ※こちらの屋外活動事業については、実施満了ギリギリの掲載となってしまいました。
  事例として参照頂けると幸いです。

 コロナ下であるがこそ、様々な問題が噴出した現状においても、市内・県内各地の団体と連携し、正しく「コロナに負けない」社会づくりを進めている様子をお伺いできました。

★結びに★
 このブログをご覧になって頂いた中で、もし、悩みがある、支援を受けたいとお思いの方は、ぜひ一度お問合せ下さい。
 また、ご紹介させて頂いた若年者支援機構さんの各種事業に、協力する側として関心を持たれた皆さんも、ぜひ、お問合せしてみて下さい。子ども達や若者の今を支え、未来を育むための活動がたくさん実施されており、寄付やボランティアの協力を求めています。

 少しでも多くの方に伝わると幸いです。

【問合先】
 一般社団法人栃木県若年者支援機構
  TEL:028-678-4745
  FAX:028-678-4746

  メールアドレス、HP等はリンク先を参照下さい。

(事務局:O)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック