CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年05月22日

市内でがんばる市民活動団体の皆さんを応援します!「宇都宮市市民活動応援助成金」募集開始のお知らせ

2020年5月22日(金)

 栃木県内では、感染症防止対策によって外出自粛の緩和がすすめられるいます。コロナウイルスとのある種の共存を模索しながら、経済活動や学校など様々な面での再開が試みられておりますが、まだまだ困難な状況が続いております。

 この状況については、ボランティアや社会貢献といった活動に取り組む市内の市民活動団体も同様であり、新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、活動の実施方法を変更する中で、減少や縮小という判断をせざるを得ない団体も多いことと思います。

 宇都宮市(主管:みんなでまちづくり課)が、5月20日からスタートさせた「市民活動団体応援助成金」は、感染症の影響に負けないように市民活動団体への支援、市民主体のまちづくり活動の維持を目的にした助成金です。

 以下のお知らせ記事に加え、実際の申請は、リンク先(応援助成金の部分をクリック)にある提出書類をダウンロード、出力して頂くか、まちぴあ等でも配架している申請書類にご記入の上、郵送にてお申込み下さい。

 該当するとお考えの団体の皆様は、ぜひご検討下さい。

★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

「宇都宮市市民活動団体応援助成金」
  〜市内でがんばる市民活動団体の皆さんを応援します!


【制度の概要】
◆交付の条件
 新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年1月〜12月のいずれかの月の収入(前年度決算において、会費等毎年の収入や継続的な事業収入の年間収入が5万円以上の団体)が、前年度比で20%以上減少していること。
 収入の減少については、2020年において、前年と比較して収入の減少率が最も大きい該当月を「対象月」とし、この対象月における収入の減少割合によって助成金額が異なります。

ouenzyosei.jpg


 ※法人格を有する団体は、「企業等応援助成金」にて助成を行っています。
  宜しければ、ご参照ください。

◆対象となる市民活動団体
(※以下の要件のすべてに該当する団体が対象となります)

@公益的な活動を行っている団体
・規約や会則を持ち,継続的に公益的な活動が行われ、今後も継続を予定している。
   (※申請時点において、設立後1年未満の団体は対象になりません)
・原則5名以上で構成されている。
・宇都宮市内で活動している。
・活動内容が,特定非営利活動促進法の20分野に該当する活動を行っている。
  ※確認下さい!「20分野」の内容一覧はこちらを参照下さい。
     
A設立目的や組織性が確認できる団体
・規約や会則などにより,団体の設立目的,事業などが定められていること。

B決算書や月別の収支状況の資料等で該当することが確認できる団体
 活動に必要な収入(年間5万円以上)が、新型コロナ感染症の影響により,2020年1〜12月のいずれかの月の収入において,前年同月比で20%以上減少していることが確認できること。

◆助成内容
 前年度と比較した収入減少割合
  @20%〜50%未満 → 5万円
  A50%以上     → 10万円
   ※申請受付は、当日消印有効とします。

◆注意点等
 ・1団体につき、市の助成金への申請は1回限りとします。
 ・政治的活動及び宗教的活動を行っている団体は対象になりません。
 ・提出については、「提出先」まで、郵送でお願いします。感染拡大防止にご協力下さい。
 ・詳しい申請方法については、リンク先のリーフレットや募集要項、Q&Aを事前にご確認下さい。

【提出先】
 〒320−8540
  宇都宮市旭1丁目1番5号 宇都宮市役所10階
  市民まちづくり部 みんなでまちづくり課

rareru.JPG


 ※封筒貼り付け用のラベル(写真データ)を作成しました。
  出力して、ご活用頂けると幸いです。


【問合先】
 ・宇都宮市みんなでまちづくり課
   TEL:028−632−2287
       028−632−2288(平日9:00〜17:00対応)

(更新:事務局 小倉)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック