CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月15日

新春ワンコイン講座(通称「渡邉ゼミ」)開催のお知らせ

2020年01月15日(水)

新春ワンコイン講座(通称「渡邉ゼミ」)開催のお知らせ

まちぴあ登録団体であり、オフィス入居団体でもある「とちぎセルフヘルプ情報支援センター」さんが実施しているワンコイン講座(通称:渡邉ゼミ)のお知らせです。以下、会の紹介及び、講座内容を記載いたしますので、興味関心のある方はご参照、ご参加下さい。

★★★  ★★★  ★★★

とちぎセルフヘルプ情報支援センターは、2000年10月15日に、日本で5番目に設立されたセルフヘルプ・クリアリングハウスです。今年で20周年を迎え、アニバーサリーのイベントをどうするか、ボランティア・スタッフ一同思案しています。

当センターの主な事業は、@セルフヘルプグループを必要としている県民の皆さんへの情報提供、Aセルフヘルプグループの設立支援、Bセルフヘルプグループに関する知識の普及・啓発活動、Cセルフヘルプグループ間の交流支援 の4点です。

20200116-watanabezemi.jpg
※クリックすると拡大します。

本年も「どん底大会」や「セルフヘルプセミナー」等、様々な企画を実施しており、その一環として行っているゼミ形式の講座です。参加資格などは一切設けておりませんので、興味関心のある市民、県民の皆様のご参加をお待ちしています。

●日 時: 1月16日(木)、2月20日(木)、3月19日(日)19:00〜21:00

●会 場: とちぎ福祉プラザ 403会議室(宇都宮市若草1-10-6)

●参加費: 500円

■講 師: 渡邉 厚司
(とちぎセルフヘルプ情報支援センター代表、マロニエ医療福祉専門学校作業療法学科長)

■使用テキスト: 「日常臨床語辞典」(監修:北山 修、編:妙木 浩之)
※オリジナルの資料も配布しますので、テキストがなくても参加可能です。

■その他:
事前にメールでの申し込みも必要としていませんので、当日、参加も大歓迎です。

【申込み&問合せ】
とちぎセルフヘルプ情報支援センター
メール: tshc@live.jp
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック