CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月27日

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介 第1弾♪

2019年9月27日(金)

 開催まで約2週間あまりとなってきました、今年の「まちぴあまつり」。令和元年。2019年のまちぴあまつりにご参加下さる団体の皆さんをご紹介する記事をこれから少しずつ更新していこうと思っております。

 すでにチラシやホームページではお知らせさせて頂いていますが、少しでも多くの皆様に、まつりに遊びにきて頂き、活動団体の皆様と有意義な時間を過ごしてもらえればという一念のもと、わずかではありますが、「まちぴあまつり2019」にご参加下さる皆さんをご紹介いたします!

 ※掲載している写真はこれまでに団体さんが参加されたイベントでの様子です。
  参考までに掲載しました。

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

(1)プチプラリメイク「レース&リボン」
 タンスのこやしになっている服やリサイクル店で買った材料を組み合わせて可愛い小物作りを行いバザーなどで販売し収益金をボランティア活動支援に寄付したり、自然と人が共生する循環型の暮らしづくりを目指す「トランジションタウン栃の木」さんと連携しての活動もしています。

DSC01673.JPG


 本まつりではフリマ販売とリメイク・リユース・リサイクルを生活の中に取り入れるきっかけになる、アクセサリーづくり体験ワークショップを予定されています。

(2)一般財団法人日本熊森協会栃木県支部
 熊森協会さんは、熊や小動物たちと人間のよりよいつき合いを目指して、熊をはじめとした里山に住む動物たちを害獣として駆除するのではなく、里山から人里に降りてこなくても生活できる自然環境を取り戻そうと活動している環境保護団体の栃木県支部です。

DSC01633.JPG


 自然豊かな栃木県ですが、手入れが行き届かない里山や森林は荒廃しています。本まつりでも、熊などの大型野生動物の棲むべき奥山の実態を伝え、また自然環境啓発関連書籍やフリマ販売を行います。

(3)カンボジアっ子支援の会
 カンボジアの子供たちの教育支援をするとともに、国内外の青少年の国際理解教育の推進を主な活動としている団体です。

DSC01700.JPG


 定期的に現地を訪問し、絵本や文房具を寄贈、学校で音楽や工作セミナー、レクリエーションの指導などを行い、国内でも現地の様子を伝える写真パネルやビデオを製作しています。本まつりでも活動写真のパネル展示と、カンボジアの布製品を販売し、販売益を現地の子ども達の教育支援に役立てます。

(4)遊布の会
 家庭に眠っている、もともとキレイな着物などだけでなく、日常的にお馴染みのタオルやシーツといった材料がポーチやコサージュなどの細やかなリサイクル布製品へと蘇えらせて、バザー活動を行っている奥様たちの団体です。

DSC07119.JPG


 本まつりでも、一つ一つ真心を込めてつくったリフォーム作品を販売し、販売益は福祉施設などに寄付されます。想いのこもったあたたかな作品をお手元に是非どうぞ♪

(5)ぞうり・アミ
 古い布(古着・タオル・シーツなど)や不用布を利用して、昔ながらの布ぞうりを作る事によって、「もったいない」のエコ精神を広げ、環境問題について考える機会をつくり、布ぞうり教室を開くことでリサイクルできる人材育成など社会貢献活動をしている団体です。

DSC07123.JPG


 本まつりでは布ぞうりの展示、販売と、ご家族連れの皆さんを始め幅広い年代で楽しめる、短時間できるストラップ用ミニぞうりづくり無料体験を行います。

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

 ・・・今回の更新では、まちぴあ屋外・北側駐車場に出展下さる団体の内、5団体をご紹介いたしました。今年のまちぴあまつりには、22団体(まちぴあ指定管理団体:宇都宮まちづくり市民工房含む)がご参加下さいます。

 これから、まつり本番の10月14日にかけて、随時紹介記事を掲載していきますので、ご来場の際の参考にして頂ければ幸いです。

(記事投稿:小倉、本文作成:インターンKさん)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック