CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年01月21日

あそび初め2019 開催レポート(2)〜2階編♪

2019年1月21日(月)

 1月20日に晴天・盛況のもと開催された「あそび初め」。今年も大盛況となったイベントを支えて下さった出展者・協力者の皆さんの活躍の様子をレポートしていきましょう♪

 今回は、2階の様子です。

 2階(研修室AB)の会場では、「けん玉」「バルーンアート」の体験・プレゼントに加え、「駄菓子」「ポップコーン」「わたあめ」の提供がありました。

 ポップコーンを担当下さったのは、NPO法人とちぎ生涯学習研究会の皆さんです。宇都宮大学の学生さんたちが中心となった法人で、まちぴあでは週2回定期的に民間学童を運営している他、自然環境などに関する活動を行っています。

 学童に参加している子ども達の中には、今泉小学校の児童たちも多くいて、いつもの先生たちと違った場面での交流を楽しみながら、子ども達の相手が上手な学生の皆さん達も大いに交流してくれていました。

DSC09409.JPG


 わたあめを担当下さったのは、「アワーヨガサークル」の皆さんです。宇都宮市にお住いの外国人の方々が中心になって立ち上げたヨガサークルで、同じ環境にある皆さんが情報交換や健康づくりの場として集まっています。

 今回のあそび初めには、もっと色々な方たちと交流を楽しみたいとイベントのお手伝いに応じて下さり、毎年大人気のわたあめを受け持ってくれました。お母さんたちとそのお子さん達が協力して、上手にわたあめを作ってくれて、多くの来場者に喜ばれていましたね♪

DSC09145.JPG


 駄菓子屋さんを担当下さったのは、宇都宮大学峰キャンパスの近隣で子どもの居場所活動を行っている宇都宮大学の学生の皆さん。毎年お馴染みの大人気コーナーに加え、これまた子ども達に人気の粘土あそびのコーナーも設けてくれて、賑わいに花を添えてくれました。

DSC09407.JPG


 けん玉遊びを担当下さったのは、シルバー大学卒業生を中心に組織され、市内外の小学校や高齢者施設などでマジックの実演活動をされている皆さんです。けん玉遊びは、例年こちらのシニアの皆さんが担当下さるのですが、

DSC09121.JPG


 通常のけん玉で遊びながら、今年も小さい子でも安全に体験し、もっても帰れるようにとお手製の「紙コップけん玉」をいっぱい用意下さって、イベントに臨んでくれました。けん玉はもちろん大人気!♪

DSC09326.JPG


 大人気過ぎてプレゼントけん玉がなくなっても、今度は本職のマジック披露で会場の皆さんを楽しませてくれました。まさに手をかえ品をかえ。毎年恒例のイベントが、そのつど新鮮な面があり、それが新たな発見と楽しさ、恒例になっているからこその落ち着きを生み出してくれているんだなぁと関心した今年でした!!

 ・・・あそび初め2階会場の様子はこんなところでした。

 今年も出展だけでなく、入ってすぐの玄関を飾ってくれた「新春まちぴああそび初め」の看板は、書道グループ「書心の会」さんが、1階から2階へ登る階段の凧や風物詩を模した絵手紙の掲示物は「絵手紙すずの会」の皆さんが、それぞれイベントにあわせて製作して下さった作品たちで、こうした装飾も、あそび初めをより盛上げてくれたのです。

 と、いうことで次回更新では1階や屋外の様子に続いていきます♪

(記事投稿:小倉)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック