CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年11月11日

まちぴあ連続講座「基礎から学ぼう!NPO会計講座」 第1回開催報告

2015年11月11日(水)

 先日11月9日(月)、宇都宮市東市民活動センター第1会議室&創作室にて、宇都宮市・宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ主催の連続講座、「基礎から学ぼう!NPO会計講座」を開催いたしました。

IMG_5002.JPG

 NPO法人・市民活動団体にとって欠かせないのが会計です。今回の講座は、会計の入門編から実務編まで基本的な知識について、全4回をかけて勉強します。

IMG_5011.JPG

 講師は、宇都宮共和大学客員教授の飯島二郎氏。第1回目の今回は、「簿記とは・仕訳とは・電卓の基本操作と計算」と題して、簿記会計を正しく行う意義、電卓の基礎知識と計算問題の実習、仕訳の基礎について学びました。

IMG_5014.JPG

 正しい会計をするのに、家賃の繰り延べや未払が出たときの考え方が必要となる話は、やや難しく感じました。しかし、電卓操作の実習では、今まで使いこなせていなかった電卓の機能やキーの使い方を知ることができました。慣れない操作で頭を使いましたが、先生いわく「電卓操作はボケ防止になるんですよ〜」とのこと。学生時代に戻った感覚で楽しむことができました。疑問には、先生が各テーブルを回って丁寧に答えてくださいました。
 休憩をはさんで、仕訳の借方貸方、資産と負債についてわかりやすく説明していただきました。練習問題にも挑戦して、理解を深めることができました。

 次回は11月16日(月)、「複式簿記による仕訳の実習」です。
 簿記の知識がない会計未経験の方、新しく会計を担当することになった方など、特に学び始めの方にオススメします。次回からのご参加もできますので、興味のある方はぜひお問合せください。(地域自治組織の方も大歓迎です、ご相談ください。)

【参考URL】
「基礎から学ぼう!NPO会計講座」 お申込みについて
昨年度のNPO連続講座(第3回・NPO会計)

(記事投稿:U)


この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック