CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
gucci shoes men
水牛で起業!! (09/23) せとぽん
宮崎南駅前 (01/26) 風うさぎ
水牛で起業!! (06/15) M.H
やはり話題は口蹄疫 (06/14) meow
水牛で起業!! (04/25) 黒木正
協働カタログ (03/25) おいら
役場の論理と住民の論理 (02/25) 黒木 正
社会企業するために!! (02/23) 牧野 和恵
限界集落に宅老所!! (05/25) もも
大和市の成長するシステム (04/08)
最新トラックバック
中村順子さんの確信@ [2009年01月18日(Sun)]
【投稿】レポーターS

 NPOマネジメント講座(2009.1.17 宮崎県立図書館)レポート

 阪神淡路大震災から14年目の1月17日、CS神戸の中村順子さん
は、宮崎のNPOの背中を、ドーンと押してくれた。

 神戸で、150団体もの設立支援をしてきた中村順子さんの話は、
理論的にもスッキリ整理されているが、事例盛りだくさんで、
聞く人の心に、ストンと落ちる。

 NPOのマネジメントサイクルも「PDCAサイクル」がある。
  PLAN(計画)
  DO(実施)
  CHECK(評価)
  ACTION(見直し・点検) 

 企業や行政のサイクルは、PLANから始まるが、
NPOのPDCAサイクルは、「A」から始まる。

 中村順子さんは「A」を、「アセスメント」と呼んでいる。
現場を歩いて、自分の感覚で、地域の課題を確認する。

 社会のニーズから出発するNPOの事業は失敗しない。
中村順子さんは、そう確信している。

 1時間半の講義が、予定どおり(?)30分ほど伸びたが、少しも
長く感じなかった。

 この日のメインは、NPOの運営に関する「あらゆる質問」に、
中村順子さんが、ひとつひとつ答えるというもの。

 全員の質問に回答できるよう、参加者は、質問を紙に書いて
提出するスタイル。休憩時間を兼ねて、質問を書く時間があった。

 行政が事務局になっているNPOからの相談には、
「行政が事務局をやっていると、市民運動は育たない。
 事務局ができる人をさがして、役所の事務局は早く撤退して!」

 組織のリーダーの役割分担の質問には、
「ひとりで何もかもやってしまって、それを誰かに引き継ごうという
 のはよくない。
 まず、リーダーの役割を分化して、思いきって任せる。
 任せられる人がいないなら、任せられる部分だけでもいい。
 その人に合ったものしか渡せない。それをリーダーは見極める。」

 その場では、たじたじという感じもあったが、後で、やっぱり、
その方向しかないと思えるような回答だった。 

 会場内での質問数は控え目だったが、スタッフのブログによると、
講座の後の交流会で、宮崎のNPOに、親身になってアドバイスを
していただいたようだ。

 今、NPOがしっかりしないと、日本がガタガタになってしまう
という中村順子さんの確信は、宮崎のNPOに、しっかり伝わった。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
» 教育委員会もブログで情報発信 from 宮崎のNPOの魂を伝えるブログ
 情報がギュッと凝縮されていた本日の講座で、
日本財団の荻上健太郎(晴耕雨読)氏が、
時間調整もあって、い... [Read More]
Tracked on 2009年01月25日(Sun) 19:19
コメント