• もっと見る

プチ情報灯台CANPAN

情報灯台、彩の松ちゃんです。60歳からの若さと健康を追求する徒然日記


親戚で某宗教法人へ入信を勧誘された [2024年05月21日(Tue)]
馬鹿言ってんじゃないよ〜と言う感じだが、キーワード「宗教法人一覧」で検索するとメチャクチャありますね。

最近だが、親戚のおばさんに何とやらと言うところに一度行ってみないかと言われたが、何だそれはと聞いて調べると、某宗教法人であることが分かった。本人は、宗教法人つまり宗教団体、または教団であることが全然わかっていない。
我が家は昔からお墓もあり仏教でもあるが、あえて宗教団体に入信するつもりはさらさらない。いわゆる教団と言うヤツに入信すると、布教活動としての勧誘、そしてお布施の拠出は必ずある。どこの教団でも絶対にある。正直どんな教義を聞いて幸せになれるのか、溢れるほどの宗教団体があるのに信じることなど出来ない。それから面倒くさいことに勧誘してお布施を出させなければならなくなる。組織運営上当然ではあるが、そんな暇な人間ではない。
と言うことで、親戚の勧誘はビシッと断った。
対外的には、ボランティアの寄付や路上の清掃活動など社会貢献にも見えるところもあるが、お布施を拠出させなければ幹部は飯が食えない、組織の運営も維持が難しくなる。そもそも今は宗教法人格になってしまったから、税金も払う必要がある。どこから税金の原資を捻出するかはお察しのとおりである。
いずれにせよ、年金をお布施に持っていかれたら生活できないので断るしかない。さて親戚のおばさんをどうするかだ。
 
 
今日は、移動性高気圧の後ろ側に入るので夏のような暑さを感じたが、すでに家の周りにはやぶ蚊が飛び回っていて、缶ビールを飲んでしまうと大量のやぶ蚊に襲撃される。今の時期からやぶ蚊が活発化していると言うことは、これから、今夏が高温になることは確かだろう。気温が高温になればエアコンがフル稼働するだろうが、我が家には設置していないので、目下グリーンカーテン対策をしているが心許無い気がする。そこで二弾を考えてみたが、蚊帳を使うことだ、と言っても室内では暑いので、家の前のジャングル(畑の果樹類が生い茂っている状態)にアウトドアライフ用の蚊帳を吊るし、避暑を楽しむことである。それでも暑ければ、畑に水撒きをすれば気温40度超でも夏バテや熱中症にはならないはずだ。最終手段は、山の上に逃げれば良いから、気象庁が夏の高温を予想しているが対策は万全だ。
ところで今夜は埼玉だけが集中豪雨になっている、原因が分からないがすでに高温現象が起きているのかもしれない。
 


今は沖縄では梅雨入りしているようだが、今年の夏も変化のある気象になりそうな気がする。上空3000mの寒気帯はほぼ円形だが、1500mではタコがのた打ち回っているような感じだ、いつ寒気が南下するか分からないから、突然の豪雨や異常な高温などありそうな気がする。
現時点では、日本列島は上空の寒気から吹き降りてくる気流によって涼しいが、徐々に地表の気温が上がってきているので、夏の時期は大気が不安定になることは確かだろう。特に突風や雷に気を付けたい、最近は「まさか」と言うことがあり得る。
今朝は大雨の中の通勤 [2024年05月20日(Mon)]
今朝は夜明けから大雨が降っているが、関東は朝の通勤時間帯に大雨のピークになりそうなので警戒が必要だ。
いよいよ梅雨前線が出現か [2024年05月19日(Sun)]
先週も前線は何度も通過していったが梅雨前線ではなかった。現在の気温は、上空3000mでは5度くらい、1500mでは15度くらい、海面水温20度くらいであり、上空は寒気の影響が残るが、地上から徐々に気温が上がって沿岸からの上昇気流が増加するため、大平洋側に雨雲が発生しやすくなり、停滞前線が発生すると予想する。今の時期は、太平洋高気圧が、急速に勢力を拡大する状況ではないため、停滞前線は、しばらく居座ることになるので、梅雨入り宣言も近いと考える。



このまま梅雨に入ってしまうと山歩きも出来ないので、今日も電車に乗って定峰峠に向かった。そこでふと気づくのは、マスクをしている人とマスクをしていない人の割合が半々くらいなのだ。現在の新型コロナ感染状況だが、感染者数の全国平均が、前回は2.27人で最低だが、今回は2.76人となり増加しているが、昨年と同じ傾向なら夏に向かって増加することになる。また5月8日時点で感染者数の累計は33,802,739人にもなってしまっている。今は騒がなくなったが、やはり感染すればウイルスが何をするか分からないので後遺症が発生する可能性がある。自分としては、他人に接近する可能性がある場所では、必ずマスクを装着する。周りに他人がいないところでは、マスクを外して手首にはめている。よく誰もいないところでマスクを着けている人を見かけるが、自分の吐いた息を何度も吸い込むし、呼吸に余分な負荷がかかるので、どんなメリットがあるのかなと時々思うことがある。いずれにせよ梅雨の時期になると、締め切った空間にいることが多くなるだろうから感染者は増える気がする。当然、自分は絶対感染しないつもりで対策をしている。




今夜は、南岸の停滞前線に低気圧が発生し、日本の東にある高気圧の気流と合わさって、近畿地方で大雨となっているが、明朝は関東へやってくるため、通勤には警戒が必要だ。もし今が冬なら間違いなく大雪だろう。

今日は珍しく全国的に晴れとなる [2024年05月18日(Sat)]
今日は、移動性高気圧の中心が関東の南にあるので、全国的に晴れとなり南からの暖気の流入により気温が高くなる。暑くなるとすぐエアコンを点ける人もいるだろうが、折角の週末の土曜日なので、低山などをぶらり散策するのも涼しさが感じられて、電気代の節約にもなるから、大いに自然を満喫するのも健康に良いだろう。



今日だけは、晴れて気温が上がる見込みなので、すかさず自宅を脱出して日和田山へ向かったが、思ったほどハイカーは多くなかった。恐らく車で秩父の天空のポピーを観に行った人が多いのではないかと推測する。今日は、何をやろうか考えたのは、ふじみや舗道にコスモスの種を蒔くことだ。先週は、花菖蒲と百日草を植え付けたので、秋にも何かを咲かせたいとサプライズだ。ふじみや舗道は、勝手につけた名称だが、日和田山の裏手にある高指山と物見山の間にある公衆トイレの前である。日和田山のトイレは、登山口とココだけである。


今日は、帰宅してから何もせず寝てしまったが、久々に日光浴が出来たので熱中症予防は万全だと満足している。明日から梅雨の走りとなりそうだ、日本の南に停滞前線が出来る見込みなので、しばらく日光を浴びることが出来なくなる。
今日から週末は暑いが夏の天気ではない [2024年05月17日(Fri)]
今日は、関東上空の寒気は去り、移動性高気圧が近づいてきたので、寒さは無くなり気温はぐんと上がった。明日は、移動性高気圧の後ろに入るので、南からの暖気が流れ込み夏のように暑くなるかもしれないが、まだ夏の天気ではない。今の時期の高気圧は、大陸からの移動性なので、晴れの日が続くことが無い。今後、太平洋高気圧がゆっくり勢力を拡大すると思われるが、北側の縁に梅雨前線が形成されやすい。梅雨前線を太平洋高気圧が押し上げたときに、真夏の暑さがやって来るので、今週末は暑さ慣らしと思ったほうが良い。



現在の北半球上空1500mでは、寒気帯が南半球に比べてかなり小さくなってきたので、このまま気温は上昇モードに入ったと思ったほうが良さそうだ。親戚では、すでに古くなったエアコンを取り換えたそうだが、今の時期ならエアコン業者も暇らしいので、すぐに来てもらえそうだ。業者が言うには、いつも暑くなってからお客が修理や設置を早くしろと言ってくるらしいが、そんなのは不可能なので今から試運転をして猛暑の夏に備える必要がある。


今年の春は、植物の花が咲く時期が早まっているが、庭に植えてある春ウコンの淡いピンク色の花が咲いていた。春ウコンは、寒いとなかなか芽が出てこないので、花が咲かないときもあるが、今年はここに来て地表の気温も上がっていると考えられるので、やはり猛暑の夏がやって来ると予想する。
偏西風が九州まで南下し日本列島を北上する [2024年05月16日(Thu)]
地球上の大気は刻々と変化しているが、今日の偏西風は朝鮮半島から九州へ流れが南下しており、Uターンして日本列島を北上している。普通は、地上の気流には影響しない偏西風だが、今日は九州北部にある低気圧と合致しているため、上空の寒気が一気に日本列島に流れ込むため、冷えて荒れた天候となる可能性がある。お出かけには注意が必要だ。


今日は、埼玉では秩父高原牧場で天空のポピーが開催される。栽培場所が高原であることから、他の場所よりポピーの開花時期が遅いため、今は咲き始めの頃のようである。なお最近は雨降りが多いので、週末の晴れの日がお出かけ日和となるだろう。雨が降ってしまうとポピーの花びらが下へ垂れ下がってしまい汚く見えるので、花びらが天空を仰ぐ姿が最高のシャッターチャンスとなることは言うまでもない。

さて最近は、物価高もあって滅多に出かけることも無くなったが、自由人となった今なら会社にいるのとは違い何でも出来るので、もっと長生きしたいと思うのではないだろうか。もし長生きしたいと思うなら、運動、睡眠、食事そして禁煙に注意すべきだそうである。個人的には、運動は山歩きとストレッチだが、今の時期は両手で枝切りばさみを使うので力こぶが出来た。睡眠は就寝起床の時間はばらばらであるが、深夜0時〜2時の時刻は熟睡しているので、最近は4時過ぎに起きて早朝仕事が多い。食事は、朝が大事である、肉、魚、卵、野菜、そしてご飯を腹いっぱいに食べておくのである。そして禁煙は当然だ、脳梗塞に良くない。結局、長生きしたければ健康に気を使い、当たり前のことをしていれば良いのである。つまり不健康な生活は、運動不足、夜更かし、暴飲暴食と言えるだろう。

今朝は、雨が降っていて上空3000mの寒気の影響なのか、気温は17度くらいで肌寒い。今朝は九州を中心に寒気が流れ込んでいるが、徐々に東へ移動するので、今週は気温が上がっても上空から冷たい気流が降りてきて肌寒いかもしれない。




今月はマイナンバーカード利用促進キャンペーンとやらをやっているのだろうが、利用できるのがマイナ保険証くらいしか思い浮かばないが、健康なのに病院に行くことは無いだろう。
それ以外で何が使えるかさっぱり分からない。マイナンバーカードは、政府が1970年(昭和45年)から検討していたらしいが、目的は大きく3つある。行政手続等の個人の識別、行政手続の添付書類の省略、本人確認と言ったところであるが、どう解釈しても個人が利用するためのカードには思えない気がする。
そもそも目的は、行政手続きの簡素化や迅速性ではないのかと解釈できるが、行政手続きを紙ではなくデジタル化にしなければ、ほとんど意味が無い。しかし行政が市民に伝達する手段は郵便であるから、デジタル業務には程遠い気がする、通信や放送や新聞などはデジタル情報で業務が可能だが、国民がますます高齢化している時代に、高齢者にデジタル化で新たな仕事を仕向けること自体が間違いだ。
マイナ保険証が無くても資格確認書が届くからと高齢者は心配しないだろう。医療機関の利用者は、やっぱり高齢者ばかりですからね。




今朝の円相場であるが、寄り付きはやや円高に向かっているようだが、ドル事情によるものだから日本経済には関係ない。現在は世界が軍事産業で儲かっているようなものだから、ドルが強いのは当然であろう、円の人気は自ずと無くなるのではないか。いくら場当たり的な円買い介入をしたところで、投資家の大衆心理は変えられない。そのうえ円買い介入の原資はいつまで続くのだろうかと心配するところだが。それはさておき今日は、朝食に栗ご飯へ烏骨鶏の卵かけご飯を食べて節約食事だ。栗は昨年収穫しておいた冷凍栗、それに我が家の烏骨鶏の卵をかけるので、家計負担は0円だ。
夏野菜がいじけている [2024年05月15日(Wed)]
昨年の記憶だと今頃は暑かったと思うが、今年はゴールデンウイークを過ぎても暑いとは感じない。日々の生活には、ちょうど過ごしやすい気温ではあるが、畑に植えた野菜にとっては成長できなくいじけているように見える。日中は、一時的に暑いと感じる天気のときもあるが、朝晩は暖房が欲しいくらい冷え込んでいるときもあり、夏野菜に元気が感じられない。種蒔きして作った苗には、ニガウリ、カボチャ、オクラ、トウモロコシなど植え付けをしてあるが、気温30度超の日がほとんどないので、今後野菜高騰の可能性もあるかもしれない。今年は、北半球の気流が活発化し乱れているような流れをしているので、時々寒気が南下してくる気象である。今週も上空には寒気が入っており、あまりニュースにはならないが、かなり地表は冷え込んでいるので、野菜にとっては最悪だ。

それから今年は、果実類も実を付けていない気がする、昨年は豊作であったから今年は少ないのかもしれないが、それにしてもプラム、ナシ、リンゴ、カキ、ブルーベリーなども不作になりそうな気がする。自給自足で食べるだけだから問題は無いが、生産農家にとっては気になるところだろう。




今日、何気なく早く植え付けておいたグリーンカーテン用のキュウリにつぼみが付いていた。基本的にスーパーで野菜は買わないから、早く食べたい気持ちを押さえながら、グリーンカーテンのネット張りをした。エアコンが無いので、グリーンカーテン棚は重要だ、高さ1.5m、幅2m、奥行き8mのトンネル風に作ってあるので、毎朝キュウリとニガウリが何本ぶら下がっているか見るのも、早起きの健康習慣になる。現役時代は、暴飲暴食、運動不足、夜更かしなど健康に良くないことの連続であったが、年金を長くもらうためには、あらためて不健康な生活は止めるべきであると感ずる。不健康な生活は損をするだけだ。
お金をかけない暮らしに挑戦 [2024年05月14日(Tue)]
現役を早期に引退して自由人となった暮らしを続けているが、やはり現役時代のように好き勝手にお金を使うことが出来ないとつくづく身に染みてくる。恐らく高齢者なればなるほど実感するのではないだろうか。昨今、円安が原因の物価高騰が続いているうえ、物価上昇率目標2%なんて設定するから、値上げが当たり前の経済社会なっているので、今後は値下げなどあり得ないから、お金をかけない暮らしを探求する必要がある。現役を引退すると安定した収入は全くなくなるので、貯蓄や副収入で生活費をカバーしなければならないが、人生の最期まで生活費を確保しておかなければならない。

人生においては、どんな人でもお金をかけないと生きていけないが、お金が有り余る人なら心配がないだろうが、庶民としては生活するだけのお金は最低限必要である。ただ現役引退後は、予想以上にお金が使えないことがひしひしと感じられてくる。もし現役時代のようなお金の使い方をしていると、あっという間に老後貧乏、老後破産がやって来ることは歴然としている。ならばお金をかけない暮らしを送るしかないのだ。

そのためには現在の出費状況を把握する必要がある。出費としては、大雑把ではあるが、税金、飲食費、電気・ガス代、水道代、医療費、保険料、教育費、ガソリン代、新聞代、電話代、その他いろいろあるだろう。出費で最悪なのは、税金だ、いつ増税があるか分からないが、納付しなければ追徴課税もある。それ以外はどれだけ節約できるかにかかってくる。その中でお金をかけない暮らしを探求するしかないが、そのためには健康な生活を維持することが一番大事だ。毎年人間ドックは自費で受診して健康チェックを行っているため、医療関係の保険はすべて解約したので保険料は0円にした。それから電気、ガス、水道やガソリンは節約するしかないので、エアコンは未設置、冷蔵庫は撤去して冷凍庫一台で食料品保存、ガス契約は解約、水道は風呂と洗濯を節約、車は省エネ走行を心がける、最後に飲食費だが、外食やコンビニ買いは控えて、食材を買い込んで自炊することで家計が軽くなる、そして野菜と卵は自給自足できるし、天気が良ければ釜土でバーベキューランチも出来て、電気代の節約にもなる。さすがに新聞と電話は止めることは出来ない。それから衣料費は、昔買ったものを着回しするので下着くらいだ。繰り返すが、現役引退後は意識して健康的な生活を送らないと、お金をかけない暮らしは難しくなる。
異常気象はいつ起きるか予測する時代に [2024年05月13日(Mon)]
今日は、全国的に朝から雨降りだ、寒冷前線が通過するため突然の大雨も降るだろう。普通に考えて、こんな大雨が降るような時期ではないはずだ、ある意味で異常気象と考える。原因は、大陸から日本海側へ寒気が南下したので、低気圧と寒冷前線が急速に発達したためであるが、もともとの原因は北半球の中緯度の気流が偏西風も含めて激しく乱れているからと推測する。地球の大気が、鳴門の渦潮のようにぐるぐる複雑に流れているので、今の時期に北極地方から寒気が南下したことは異常と考える。自然現象ではあるから、こういう事もあるかもしれないが、異常とは人類がどう判断するか、なのではないだろうか。

ところで全国的に雨降りのようだが、いつもどおり埼玉だけは雨が止んでいるので、外仕事に出かけようか気が重いところである。雨粒は、長野県と静岡県で大量に落ちていると思われるので、雨雲が埼玉に到着する頃は消滅しているのである。寒冷前線は昼頃の通過だろうが、果たして雨は降るのだろうか。降らないのも異常気象なのか。

結局、ホームセンタへ行って除草剤とスプレーボトルなどを買って、親戚のおばさんへ届けた。なぜなら庭の除草剤散布にシルバー作業員を頼んだら、何万円も支払ったと言っていたので、自分で除草剤散布すればタダだよ、と言っておいたので早速購入して届けたのだ。昔の人は、他人に言われると断れないから、注意したほうが良い。

今日は、埼玉は大雨どころか、しとしと雨くらいしか降らないので、長い柄の釜を使って畑の草刈りをした、雑草も雨を吸ってシャキッとしているので、草刈りには切りやすくて気持ち良いほどはかどった。1時間ほどで草刈りは終わったが、びしょびしょになったけどシャワー後の缶ビールは最高だ。結局、午後から雨は降ったが、大雨ではなく普通に降って夜に止んだ。明日は全国的に高気圧に入るので晴れになるだろう。
明日の雨で自給自足野菜が一気に成長 [2024年05月12日(Sun)]
明日は寒気の影響で前線が発生して大雨になる見込みだ、だから露地栽培野菜にとっては恵みの雨となる。今日は、山歩きは控えておき、まず定峰峠の花桃5本と蠟梅4本の剪定作業をやって来た、理由は剪定を出来る人がいないからだ。雨降りの前に剪定をしておかないと、枝がますます伸びてしまって大変なことになってしまうのだ。作業終了後、手打ちうどんを食べてまっ直ぐ自宅へ直行した。

今年は、野菜高騰の恐れが多分にありそうなので、自給自足で出来るものは何でも露地栽培を種蒔きから始めたため、カボチャとニガウリが植え替え時期に来たので、雨降り前が最適なため植え替えを行った。今の時期は、葉物野菜が急成長するので、小松菜、春菊、ミニ大根など軟らかいうちから収穫して食べると最高のおかずになる。当然スーパーには並ばない大きさであり、無料の新鮮な自給自足野菜は家計の心配も無くて安心できる。それからトマトの苗に花が咲いているので、近々青臭いトマトが食べれるのが待ち遠しい。日曜日は物価高の折に出かけても無駄にお金を使うだけなので、自給自足野菜を作っておくと、家計に余裕が出来るうえ健康的な食生活が送れる。ただし露地植えは季節野菜に限るので、スーパーのように何でもあるわけではないが、時季外れの野菜は美味しいとは思わないし高価ではあるが、基本的に野菜は買わないので関係ない。

さて会社を引退してから、山歩き以外は家周りの仕事ばかりなので、いわゆる肉体労働の連続である。そのため会社員時代より、年をとってもご飯を腹いっぱい食べるようになった。朝食と夕食は、どんぶり2杯くらいの量を食べているが、それでも腹回りは細くなってきている。健康診断結果はずっと異状ないから、やはり食べて動くことが、ダイエットを気にすることなく健康でいられることなのだろう。特に朝食は、ご飯とたんぱく質をたっぷり食べることは必須である。食べなければスタミナ不足で熱中症の危険もあり得るからだ。
プロフィール

情報灯台、彩の松ちゃんさんの画像
情報灯台、彩の松ちゃん
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/m3734649/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/m3734649/index2_0.xml