• もっと見る

プチ情報灯台CANPAN

情報灯台、彩の松ちゃんです。60歳からの若さと健康を追求する徒然日記


新型コロナウイルス感染者は増加中 [2024年02月09日(Fri)]
新型コロナウイルス感染は、1医療機関あたり16.15人と純増であるが、昨年9月の感染グラフと同じ曲線を描いているので、今月か来月が感染ピークになると推測する。5類移行後、何もニュースにならなくなったが、2度めの感染ピークに向かっているので、巷の感染者は多いと考えたほうが良い。対策は、人混みの中にいないことだ。



なるべく外出を控えたいところだが、自宅にいると暖房費が気になってくる。そんな中、八ヶ岳の暮らしは薪ストーブがほとんどのようなので、暖房代はかからない。薪となる原木の調達であるが、意外と探せば捨てるのに困っている業者がいるもので友達になれば困ることは無い。ただし原木なので、40〜50cmに切らなければいけないが、薪を入手するのに金を払うか、体力を使うかのどちらかは仕方がないだろう。チェーンソーを使うのも良いが、のこぎりで手切りするのもダイエットになって一石二鳥だ。薪ストーブは、空気窓で火力を調整するが、最近は鉄鍋を買ったので薪ストーブの中に入れて鍋料理を作っている。薪の炎に当たりながら、鍋料理で一杯は体が温まって良い。ただし焚火の匂いと灰の片づけが苦手な人には向かないが、災害時や停電時に暖房も料理も困ることは無いだろうから便利なこともある。とにかく一番のメリットは、暖房に電気代がかからないことである。

不明と書いた収支報告書でも会計監査はOKなのか [2024年02月08日(Thu)]
不明と言う言葉を税務署が認めてくれるなら、確定申告に使ってみたいところだが、そもそも政治活動なら税務調査も気にしなくて良いのですかね。普通は不明と書いて会計監査がOKになるとは思えないが、政治活動は認められるのでしょうかと素朴な疑問が湧いてくる。これでは支持率が、V字回復になるようなことは起こりえないですね。裏金調査方法として、裏金をもらっていない議員に名乗り出てもらうほうが、人数が少なくて早く解決しそうな気がするがどうだろうか。
少子化対策に国民1人当たり500円 [2024年02月07日(Wed)]
月平均500円ですからねぇ、そもそも少子化対策が効果があるかもわからない支援に賛同する国民がどれだけいるのか、国会議員の裏金から見れば、はした金であるが、国民から強制的に吸い上げるのは納得しない人が出るだろう。年間6千円の税金を半永久的に払っていくようなものである。年金生活の高齢者は、ますます苦しくなるのは歴然としている。今の日本は裕福だから、昔のように子どもを増やして家業を助けてもらいたいという考えはない、昔は若夫婦に子どもが何人生まれようが、おじいちゃんおばあちゃんが子守をしてくれるので、ほったらかしでも子どもは大きくなった。しかし今は、そんな生活はできない、だから子どもを産みたいとは思わない人が多くなったのだ。いくら金を投入しようが、子どもの面倒を見る人がいなくなったのだから、金をいくら投入しても無駄に終わるのではないかと考える。昔の経済成長時代は、国の発展のため人手が必要になって来るから国も産めよ増やせよと子だくさんを推奨した。しかし今は、自転車操業の時代だ、二度と来ないだろうベビーブームが懐かしく感じられる。


ところで今日は、北方領土の日なのだが、ロシアが日本を望ましくない外国の組織に認定している。当然のことだが、日本がウクライナを支援している限り、ロシアから見れば日本は敵だ。ロシアから見れば、ウクライナ領土も北方領土も自国の領土だと言っているようなものだから、ウクライナ侵攻が続く限り北方領土交渉などやっている暇はないと予想する。今のロシアは、日本を米国の属国くらいに思っているかもしれないので、簡単に日本の交渉を承諾することはしないだろうから、北方領土奪還については綿密な計画を練る必要がある。そもそも今の国会中継を観ていると、裏金追及の言い訳を考えていることで精いっぱいなので、誰か北方領土返還対策を行っているのだろうかと質問したくなる。


今のロシアは、自分で蒔いた種は自分で収穫しなければならないと考えているから、ウクライナ侵攻を諦めることは無い。そして欧米の支援縮小を確信した時、一気に攻撃を仕掛ける考えだ。ただウクライナはドローン専門の無人兵器軍を創設して、欧米の支援縮小にも備えているので、ロシアの大隊に大打撃を与えることが出来れば戦況は変わると考える。ところでF16戦闘機は到着したのか気になるなぁ。






今、国会では裏金アンケートを行って、取りまとめて報告する運びとなっているが、身内の調査に真面に答える人はいないだろうし、真面に答えた場合はその言い訳が必要になることは歴然としているだろう。遅かれ早かれ裏金が出来る目的や仕組みを説明しなければ、逃げ切ることはできないところまで来ていると考える。そもそも身内だけの調査って何の意味もないだろう。
丸1日道路の雪かき [2024年02月06日(Tue)]
今朝は、昨夜降った雪が解けて木の枝先から落ち始めていたが、家周りの道路に積もった雪は10センチほどあって、自然に溶けることは無いので早朝から雪かきを衝動的に始めてしまった。家の前の道路は、駅への通勤路でもあるので、早めに雪が無くなっていると良いなあと自分が通勤しているときは感じていたので、どうしても体が動いてしまうのである。家周りの道路は、国道でも県道でもなく住民の生活道路なので、車がたまにしか走らないので、雪がなかなか無くならないのである。逆に踏み固められでわだちが出来てしまって凍結すると転倒して危険なため、早く除雪をしたいところである。結局、トータル200mくらいの道路の雪かきを終えたのが、午後3時であり、それから弁当と缶ビールを買ってきて朝食である。とりあえず美味いビールが飲めて満足な1日であった。



さて大雪の影響はどうだったろうか。大したことないと思っていた人は、何もなければ良いのだが、転んで骨折と言う人もいるのではないだろうか。明日の朝は、西高東低の冬型の天気となり気温がぐんと下がる、そして雪解けの放射冷却された水蒸気が冷えた地面でいっそう冷やされて、関東は霧が発生する見込みである。また道路上の雪の塊は、カチンカチンに凍り付いていて、路面も凍結しているので、けつまづいたり滑ったりして、転倒しないようにすることだ。スマホを見るなどは、とんでもないことだ、頭を打てば帰らぬ人になるかもしれないのだ。


今後、大雪があるか予想するとありそうな気がする、偏西風が日本の南岸を流れているので、寒気が南下しやすく、南岸低気圧も移動してくる頻度が多そうであるから、天気予報は毎日チェックしておいたほうが良い。




今日は、雪かきの合間に国会中継を聴いていたが、毎度のこと野党の質問に対して原稿を読むだけの歯のかみ合わない答弁ばかりなので、本当に政治の刷新をするつもりがあるのか、裏金のアンケートに対してアンケートを出したいくらいの国会中継である。そもそも裏金はどこから来るのか、下心大有りの企業団体献金が表金にできず収支報告書にも記載出来ないため、議員個人に宙に浮いた金が回る仕組みなんだろう。まずは、裏金を作る目的としか言えない、飲食無しのパーティー券販売は禁止だろう。
天気図にない低気圧のような渦巻 [2024年02月05日(Mon)]
今朝は、どんよりとした雪雲の空となっている。すでに関東まで雪雲の先端が到着しているので、まもなく雨か雪が降って来ると思われる。今日は、四国沖に発生した低気圧が太平洋の暖かい水蒸気を大量に巻き上げて、関東に近づいてくるため、普通ならば大雨となるが、今日の場合は大雪となる見込みである。なぜ大雪になるか、それは朝鮮半島の南の済州島付近に低気圧の渦があるが、天気図には表れていない。しかし四国沖の低気圧に寒気を大量に送り込む役目をすると思われるので、四国沖の南岸低気圧は関東では最強に発達すると考える。今冬は、暖冬と言われるが、太平洋の海面水温が高いため、低気圧が通過するときは大量の水蒸気が上空へ運ばれる、そこへ北からの寒気が低気圧に引き寄せられるため、大量の水蒸気が一気に冷やされ大量の雪に変化するので、大雪が降ることになる。今夜は、ビニールハウスやカーポートの積雪に注意が必要だ。

今日、午前中は、近畿地方と北九州、中国地方が大雨になっていると思われるが、夜間になって関東へ到着する頃には勢力が合体して大雪になると予想する。昼間のうちに今一度家周りを点検しておこう。雪に埋もれてしまうと後片付けが大変になるのだ。




埼玉は、昼頃から雪が降り始めてきた、1時間に1センチくらいの積雪であるが、まだ本降りになる雲は長野に到着しているところなので、夜間になって大量に降り積もると思われる、少なくとも10センチ以上の積雪となるだろう。

ところで、天気図になかった済州島付近の渦は低気圧に成長した、そして寒気を引き連れて四国沖の南岸低気圧と合体する見込みだ、そのため南岸低気圧の勢力が拡大するので、予想どおり関東では今夜大雪になると思われる。

夜20時になっても雪は降り続けている、積雪は10センチくらいであるが、雪雲は夜半前に東へ去っていきそうなので、これ以上大雪になることは無いだろう。明朝は、道路の雪かきで汗だくになりそうだが、ビールも美味そうだ。




さて埼玉は、夜半には雪は止む見込みであるが、気を付けたいのは明朝である。車道も歩道も凍結しているが、車の運転で守らなければいけないことがある。ノーマルタイヤで雪道走行は、安全運転義務違反になる。沖縄県以外の都道府県の公安委員会が定めた道路交通規則で、積雪・凍結時の滑り止め措置をとることが義務となっているため、ノーマルタイヤ走行は法令違反だ。明朝は、どこもかしこも雪道なので、誰かしらドジ運転の人がいると考えて、走行したほうが良い。安全を考えれば、運転は避けたほうが良いだろう。
大陸に巨大な雪雲が2つ [2024年02月04日(Sun)]
今日の関東は、気温が高いため小雨の朝となった、1日雨模様になりそうだ。ところで今日は、大陸の中国上空に巨大な雪雲が2つある、警報級の大雪になりそうだが、明日日本上空へやって来るので、万全の態勢を整えておくことだ。現在四国沖に南岸低気圧が発生したので、明日は低気圧に向かった寒気が流れ込むため、温暖化もしくは亜熱帯化の影響を受けて、予想以上の降り方となるかもしませんね。特に車での外出は危険であることを知ることである。



今日は、外出には不向きな天気である、たとえ外出しても店などの室内に居座ることになるから、新型コロナウイルス感染がますます拡大するリスクが高まる。現在の感染率から考えると、巷には感染に気づいていない感染者がうじゃうじゃいるのではないだろうか。なので自宅でテレビ視聴していても裏金調査やまたもや蔑視発言でますます支持率を落とすと思われる政党の未来はあるのか。派閥解消よりも政党解消でも何も問題が起きないのではないか。そもそも裏金調査を行って自白する議員がいるのだろうか。一人が白状してしまえば、全員に疑いが波及するのは当然のことなので、ここで派閥解消してもなおさら一致団結するように思える。とにかく特捜部に言えなかったことが、調査して出てきたらどんなことになるのだろうか。生ぬるいやり方では、何も解決には向かわないと予想する。こんな生産性のない政治は早く終わらせてもらいたい。


今日は、1日雨と予想してたが外れてしまった、何も予定がないので床屋へ行った、散髪は急ぐことも無かったのだが、髪が短くなるとシャンプーの減り方が少なくなるので経済的ではある。


さて夜になると、明日の天気が気になるが、現在上海市の北の黄海上に低気圧か発生している。この低気圧が、太平洋高気圧からエネルギーをもらって、急発達すると思われる。低気圧は、すでに大きな雲に覆われており、低気圧が寒気を引き込めば関東で大雪の可能性がある。降り出すのは明日の午後だろうが、朝になれば雪か雨か判断できるだろう。
誰もが気になる富士五湖の地震 [2024年02月03日(Sat)]
今日の15時09分に富士五湖の深さ20kmでマグニチュード4.3の地震が発生した。震度3なので埼玉で揺れることは無いが、先日の東京湾の地震と同様に何で?と思ってしまうのは皆同じだろう。深さが20kmなので、プレートの沈み込みではないと考えれば、なおさら何か変動が起きているのか、と考えたくなってしまう。いずれにせよ、東京湾と同様に頭の片隅に残しておこう。いきなり巨大地震が発生するとは考えられないから、危険な時は予兆が現れると思って注意深く観察してみよう。
ところで能登半島地域では、毎日地震が発生しているが、まだ断層ずれは落ち着かないのだろうか。地震がこのまま落ち着かなければ、復旧あるいは復興に向けて、計画が立てられるのか心配するところである。


今日は、天気も良くいつもどおり日和田山に登り、ふじみやでの缶ビールは最高である。店の中は、ガラス窓で囲まれているので、晴れていれば結構暖かいから、ついつい缶ビールが進んでしまうのである。今日は窓から富士山も見えたので、正にふじみやである。


さて明日は、関東も恐らく雨降りの日曜日になると思われる。上空1500mの気温はマイナス5度くらいなので、雪にはならないと思われる。すでに西日本は、降っている模様だが、関東で降り出すのは夜半過ぎであろう。




最近いろいろな記事が出てきているが、「事実無根」って本当にそう言い切れるのか。使い方を間違えてはいないか、そう思えてしまうのである。事実無根とは、事実の根となるものが何もない、つまり根拠となる事実が全くないことだが、ある部分では事実であるようだし、全く根拠がないと言う説明は崩れているので、事実であることと事実でないことを整理しなければ、話がこじれるばかりで長期戦になることは間違いないだろうと思える。煙のないところに火は立たないとの諺のように、あちこちに煙が立ってしまっているからには、本人自ら説明しておかないと疑心暗鬼の目は広がるばかりと予想する。煙だらけでは5億5000万円は厳しいな。




最近、東大の動物言語学者の方が、鳥に言葉があり文法まであることを突き止めているが、確かに我が家の鶏も鶏語をしゃべていると思う。一番分かりやすい鳴き声は「腹が減った」である、それから「もっと美味いものをくれ」である。またある時は、1羽の鶏がネットに絡まって動けなくなっていたら、別の鶏が「助けてくれ」と鳴くのである。すぐネットを外してやると、鳴くのを止めたのである。当然、「助けてくれ」の鳴き方は、人に助けを求める鳴き方なので、助けられたのである。
今日は、庭の木にウグイスがやってきているのが分かった、今の時期はホーホケキョとは鳴かないのである、今はジュジュジュッと言う感じで鳴くのである、恐らく伴侶探しと推測する。それから鳴き声が分かりやすいのがカラスである、自称動物言語学者を目指すつもりで鳴き声を聴き分けてみると世界が広がるだろう。
寒暖の激しい2月 [2024年02月02日(Fri)]
今日は、また真冬のような寒さが戻ってきた。昨日に比べて10度ほど気温は下がっているが、なぜだろうか。北半球全体の寒気の大きさは、ほとんど変わっていないが、微妙に形が変化していて、ちょうど日本付近は寒気の境目に当たるので、寒暖の差が激しい日が続いている。特に亜熱帯化している日本では、今後も寒暖差は大きくなるばかりかもしれない。ただ太平洋側には、すでに高気圧が陣取っているので、寒気が去れば一気に気温上昇の可能性があるが、その時は猛暑にも気を付けなければいけないと考える。とりあえず今週末は、寒気により前線が発生しているため、冷たい雨ふり模様となるので、防寒対策はしっかりしておく必要がある。



ところで今年も南岸低気圧の時期がありそうだ。太平洋高気圧が日本列島の南に停滞しているため、高気圧の北側つまり日本列島の南側を通過する南岸低気圧が、週末ないし週初めに通過する見込みだ。上空1500mは、氷点下の寒気となっているため、雪となる可能性がある。どれくらいの量が降るかは低気圧の発達次第なので、今のところ予想できない。




さて今日は、金曜日と言うことで、久々に新型コロナ感染状況を覗いてみた。先週の新型コロナ感染状況だが、1医療機関あたり14.93人と全国平均は少なく感じるが、20人超の県も多数ある。20人超は昨年の9月のピーク時に匹敵する。今の感染グラフ曲線から推測すると、全国平均も20人超に達する可能性はありそうだ。感染予防は、他人に近づかないことだ。これだけだ。
いよいよスギ花粉の季節だ [2024年02月01日(Thu)]
大寒波はすでに過ぎ去り上空1500mの気温が氷点下は、東北と北海道になったので、関東以南はスギ花粉が大量に飛散する可能性がある。今年は、暖冬の影響もあって雄花の開花も早くなると思われる。2月に入り関東への寒波襲来はなさそうなので、スギの開花は一気に進むと考える。私も2〜3日前から鼻詰まりや鼻水が出るようになってきた、重傷者ではないのであまり気にしないが、夜中の花粉の飛散が眠れなくなるので困るのだ。





さて国会では花粉以上に苦しむ人が続々と出てくるようだが、通常国会は裏金追及で終わってしまうのではないだろうか。ある議員は、担当者が裏金を机の中に入れたままにしておいたなどと言い訳しているが、そんないい加減な担当者が国の予算を握っているのか、と思うとますます国民の信頼など回復は絶対あり得ない。そもそも収支報告書に記載しないから裏金になってしまうだけなのだろうが、それでも何億と言う金がどこへ行ってしまったのか誰でも疑問に思うだろう。何も記載しないのだから、どこへ配ろうが自分のポケットに入れようが何も分からないので、好き勝手に使っていると誰でも考えてしまうだろう。もし政治活動で間違いなく使っていると言うならば、ちゃんと収支報告書に記載すれば良いはずだ。収支報告書の監査も年に一度くらいやらなければ未記載は永久に無くならないのではと考える。




先週であるが人間ドックの定期検査を受けてきた、特に異常はないけれど、年齢が高くなるにつれて気になるのは健康である、やはり食生活が健康寿命に大きく関わっていると考える。
最近は、給与がない生活になったので、加工食品類を買うと割高になるため、肉や魚など原材料しか買わなくなった。
幸いなことに加工食品にはいろいろな添加物が入っているようだが、ほとんど食さないで済むようになってきた。
参考だが食品添加物には、以下のように避けたいものがある、食品表示を見て難しい原材料名が書かれていたら、調べてみたほうが良いだろう。
食品添加物は、ほとんどの加工食品に入っているから、全く摂取しないようにはできないが、なるべく減らしたほうが良い。
@防カビ剤
A人工甘味料
B合成着色料
C合成保存料
D発色剤
Eたん白加水分解物
F乳化剤


健康で注意したいのは寒さでもある、特に真冬の眠りには程よい暖かさが欲しいものである。最近の住宅は、断熱性能が良くなっているので、昔に比べたらかなり経済的である。ただし断熱材にもランクがあり、例えばA、B、Cと断熱材の種類があり、価格はAがCの2倍くらいになる。我が家は、Aランクを購入したが、一度室温を高くしてしまえば、暖房を切ってもほとんど下がらないので、快適な睡眠が出来ているし、寝起きも苦痛ではなくなる。これからの日本は、猛暑、大寒波と気温差が激しくなるので、断熱性能の高い家にすることは、将来的に経済的であると言える。




今日も埼玉は天気が良く、昼頃には玄関前の気温は22度くらいになっていた。ただ太平洋側を低気圧が移動しているので、北からの強風が吹きつけてくるので外にいられないが、洗濯には最高の日である。ただ今夜から一時的に寒気が日本列島に南下してくるので、太平洋側にある低気圧と前線に向かって北風が吹くため、急激な気温の低下に備えて真冬に着る防寒服は事前に用意しておこう。


夜になって格段に冷え込んできた、なぜなら太平洋側の南に暖かい高気圧がでんと構えているので、その北側に前線が連なり、昼間通過した低気圧が北海道の東沖で発達して、大陸からの寒気を北風とともに日本列島へ引き込んでいるため、真冬の気象状況になっているからである。明日は、昼間でも10度以下の気温となるので、真冬の防寒服を着て出勤しよう。2月は、全般的に暖かい日が多いだろうが、南岸を低気圧が通過すると雪は降らないが、大陸の寒気を引っ張り込むので一時的に気温が低下することがあるので、注意が必要である。
プロフィール

情報灯台、彩の松ちゃんさんの画像
情報灯台、彩の松ちゃん
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/m3734649/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/m3734649/index2_0.xml