CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プチ情報灯台CANPAN

情報灯台、彩の松ちゃんです。60歳からの若さと健康を追求する徒然日記


緊急事態宣言下でも家庭内感染はあると思うが、そのメリットは [2022年01月31日(Mon)]
まん延防止等重点措置効果が見られないまま緊急事態宣言を発令したところで、状況は何が変わるのだろうか。

せめて飲食店に協力金の増額をしてあげる目的で緊急事態宣言を出すなら大いに賛成である。

このまま行けば客が入れず飲食店はすべて閉店に追い込まれる。

そもそも普通に考えれば飲食店に行く人は今どき敬遠してほとんど行かないだろうから、逆に感染リスクは無いのではと思える。

今から緊急事態宣言を発令したところで、飲食店の息の根を止めるくらいしか思い浮かばない。

オミクロン株は普通の風邪のように子どもと親の間で拡がっているのだから、人流抑制やら人数制限をしたところで、雀の涙くらいしかならないのではないかと感ずる。

オミクロン株にデルタ株の対策は性質上通用しないだろうし、昨年の収束も原因不明でデルタ株が自滅しただけだから、緊急事態宣言を出すのは構わないが明確に説明しないかぎりはただ叩かれるだけである。

緊急事態宣言を出したとたんに野党の餌食になるのが目に見えてしまう。

オミクロン株が普通の風邪と似たようなものならば、人混みの中にいれば感染すると思うのが当たり前だから認識をあらためたほうが良いのではないだろうか。

今や、1.5mや2mの間隔なんて通用しないのだ、単なる風邪だから感染者の周りにはウイルスが飛び回っているのだから、ほとぼりが冷めるまで人に近づいてはだめなのである。

さて緊急事態宣言は何のためにやるのか、飲食店を全てつぶすためにやるのか、飲食店が無くなれば農家などの生産者も共倒れであり、経済はマイナスのスパイラルに落ちていく。

成長と分配の経済は、ネット事業者だけが笑いが止まらない社会となるだけで、一般国民には何の恩恵も無い新資本主義経済社会が出来上がってしまう。

全ての国民がパソコンを使ってリモートで出来るような仕事をしているわけではないから、すでに医療、教育などお手上げ状態となっているのだから、緊急事態宣言で何が変わるのか、政府の明確な説明が必要なことは当然だ。                    

まあ、とにかく風邪と変わらないらしいので、感染したくなければ人に近づかないことしか対策は無いのだ。

ワクチン接種受けようが受けまいが、正しい認識を持ったうえで、単に感染しなければ良いだけの話である。





それから、今何が原因でオミクロン株感染が拡がっているのか分析もしないで緊急事態宣言を発令しても、国民に暗中模索状態を作るだけでありどんな行動をとって良いのか、困惑迷走するだけであるので、しっかりとした根拠を示さなければ昨年の猿真似をするだけの愚策となりかねない。

人流を止めたければ完全なロックダウンをするべきだが、独裁国家でもない日本でそんなことは出来ないから、結果的にデルタ株と同様に自然減を待つ結末となるのではないでしょうか。

ここまで感染を広めてしまった中で、策があるとすれば無策しか思い浮かばないのである。
休校・休園で出勤できず自宅待機 [2022年01月30日(Sun)]
子どもが通っている保育園で感染者が出たということで休園になったため、親たちも出勤できずに自宅待機となっている人がいるが、親子ともに時間つぶしが大変だなぁと感じるのである。

子どもは果たして大人しく自宅に何日も我慢しているのだろうか、親たちもじっと我慢できるのだろうか、これから休校・休園がまだまだ増えるだろうから、同じような人がどんどん出てきそうな気がする。

おそらく子どもと生活をしている人は多いと思うので、いつこの状況に陥るかひやひやしている人もいないだろうか。

自分が子どもの時も、麻疹、風疹、お多福風邪など何でも家庭に持ち込んだ記憶があるので、オミクロン株ウイルスでも同じ状況になることは不思議でも何でもないので、あらかじめ子どもと暇つぶしをいろいろと考えておくのも親の威厳を保つのには良いチャンスかもしれませんね。

現在の私も飲みに行くことが出来ないので、もっぱら山歩きに出かけてますが、理由は汗をかいた後のビールが美味いからだけなんですけどね。

外出自粛と騒ぐ人がいるけど、誰もいないところへ行くのなら、感染することも感染させることも無いわけで、マスク装着も不要だし、美味しい空気を取り入れるには山歩きが一番である。

そもそも子どもたちの感染は、最初は親から感染しているわけだから、親たちが感染対策を徹底しなければいけないはずだ。

子どもから家庭内へ感染が拡がることもあるが、逆に家庭から子どもたちへ感染を拡げてしまっていることも、休校・休園の火種になっているのではないかと思える。

さて今日も寒い朝となりそうだが、日曜日のガラガラの一番電車で山へ向かうのも慣れてしまうと気分転換には最高の娯楽である。

感染もしていないのに何もせずに自宅待機で無駄に時間つぶしをするのも生産性の無い話であるので、いつまで続くか分からないコロナシリーズと付き合うには人に近づかない有益な暇つぶしを探す必要がありそうだ。

ずっと何年もコロナストレスを抱えて病気になるよりはずっと健康的な生活が出来るはずだ。
今の感染拡大は飲食店でのクラスターなのか [2022年01月29日(Sat)]
最近は飲食店、正確には飲み屋さんに全く行ってませんが、飲食店も休業状態や閑古鳥が鳴いている状況ではないだろうかと思うものの、今のオミクロン感染拡大の脅威は、まん延防止等重点措置とは無関係の世界で膨張している気がする。


今までに自分が飲みに行っていた飲食店では一人の客も感染者はいないし、店の入り口はオープンなので外から風がガンガン入って来るので、室内にウイルスが充満することなど全くあり得ないので、まん延防止等重点措置が何の意味があるのか、効果などどこにも見えないところに全くナンセンスとしか思えないのである。

まだまだ予測では感染拡大する見込みであるが、ワクチン接種を二度していようが、一度デルタ株に感染していようが、再び感染する人が出て来ているのだから、オミクロン株に対しては抗体が無いものだと理解して人に近づかないようにしたほうが安全である。

三回目の接種を受けても受けないよりはましかもしれないが、オミクロン株に絶対効果があるのなら慌てて接種に急ぐ価値もあるが、そろそろステルスオミクロン株も市中に拡がる可能性もある中では、ワクチン自体が後から製造されるものには変わりないのでいたちごっこだから、出来るかぎり人に近づかないようにすることが最善の策になるはずだ。

果たして予想の2月上旬に感染ピークが来て減少に向かうのか、感染リスクの大きい行動をとる人が全員感染してしまえば、集団免疫が出来てこれ以上拡大しないのか、デルタ株がなぜ減少したか分析できないままにオミクロン株に侵略されたわけなのだから、分析から効果のある対策を見つけ出すことも出来ていないのも事実なので、まん延防止等重点措置をいつまでやるのかも放置状態にならないよう注意願いたい。
原油先物3月渡しが87.35ドルの7年3か月ぶりの高値 [2022年01月28日(Fri)]
ガソリンの補助金が開始されたが、先物渡しが高騰のため卸売価格は0.9円下落となったが、小売価格反映には小売店に配送されるまでに時間がかかるから、1週間ほど後になるだろうから、ガソリンスタンドに文句を言っても無駄である。

現在の株式市場が低迷しているため、投資家は資金を原油先物市場へガンガン投入しているから、補助金による値下がりがどれだけ効果があるか、値上がりを食い止めるのが精いっぱいかもしれないので期待し過ぎはしないほうが賢明だ。

今の時期は、世界的に燃料需要が増加する時期であり、原産国も出来るだけ高い価格で卸売りをしたいから、投機筋も買い優勢と見込むであろうし簡単に燃料価格が安くなるとは考えにくい気がする。

唯一原油価格を下げるには原油増産をするしかないが、原産国は春以降の原油需要減少を見込んでいるので、今から増産する気はないだろうから、原油価格が下がる要素は見当たらないのだ。

一消費者としては、補助金が焼け石に水とならないことを願いたいところだ。




東京都は、オミクロン対策で、50歳未満で基礎疾患のない無症状・軽症の自宅療養者に自分自身で健康観察を行うよう体制を変えるが、体調に変化があった時は、自宅療養サポートセンターに自ら電話などで連絡することなのだが、果たして自己判断できるものなのか問合せの電話が輻輳しないよう事前確認はしてほしいところだ。
やがては他県にも拡がると想定していたほうが良さそうだ。

10万人も間近になってきたが対策は人に近づかない [2022年01月27日(Thu)]
昨日は、全国で新たに7万1633人感染が確認されているが、オミクロン株は風邪のように簡単に感染するのだから、たとえマスクをしていようが、感染者の吐く息にはオミクロン株ウイルスが含まれているわけなので、人に近づくことが感染リスクを上げる結果となっているのだろう。

2週間後に感染のピークになるという予想も出ているが、その頃には10万人超になっていることが考えられる。

フランスでは1日50万人超の新規感染者が出ているのだから、日本でも爆発的に感染が拡大しないというエビデンスは全くないし、これからは家庭内感染により高齢者の感染リスクが増大するので、とにかく感染者の吐いた息が浮遊する可能性のある部屋にいれば感染すると思ったほうが賢明だ。

これから先も新型コロナウイルスは変異種が次から次へと出現することも無いとは言えないので、どんなワクチンも先手で製造することは不可能なことだから、対策は感染者のいそうなところへ出て行かない、人に近づかないことしかないだろう。



話は変わるが、大量に余っていたアベノマスクが大人気となっているが、果たして喜ばしいことなのか、実際のところ本来の目的で使う人は少なさそうなのだが、無料なら大量に仕入れてリメイクして使うという人が多そうである。

不織布マスクならマスク利用に出来るが布では効果が無いので、マスク以外のものにリメイク利用する方法がネット上にあふれているが、廃棄処分するよりまだましかもしれないが、税金の無駄遣いは何とも喜ぶべきことではない。






現状の新型コロナ対策は、自宅待機か三回目のワクチン接種前倒しくらいしかないが、子どもたちの感染にはほとんど関係ない話なので、オミクロン株を全面的に抑え込む対策には全くならないだろうから、今は手の打ちようがない状況になっているので、感染したくなければ一人大人しくしているしかないのかもしれない。

乾燥している冬の間は、口から吐き出されるエアロゾルウイルスも大量に空気中に浮遊しているであろうから、人に近づかないことが感染を防ぐ唯一の対策であることに変わりない。
第7波は来るか、ステルスオミクロン株、デルタクロン株など出現 [2022年01月26日(Wed)]
第6波の収束が早いという見方をする人もいるが、すでに新たな変異種のステルスオミクロン株、デルタクロン株などが出現しており、第6波もまだまだ拡大中のため、新型コロナウイルス騒動は何年先まで続くのか、分からない状況になってくる可能性がある。


昨日は、新たに6万2610人の新型コロナウイルス感染者が報告されているが、第6波も上昇気流に乗ってしまったような状況なのだから、どんな抑制策も目に見える効果が表れるようになるかは、いつになるか全く読めない。

2週間後に感染のピークが来るという予測もあるが、それはPCR検査の増加に伴い陽性者があぶり出されて件数がマックスに到達するだけだろうから、必ずしも収束へ向かう話でもないので、依然先に明るい兆しは見えて来ない。

今後の予想は、小学校など学校での感染拡大が家庭内感染を引き起こし連鎖的に感染拡大する方向に向かているので、誰かひとり感染すれば全員に感染する可能性が大きい。

現在県内では無料PCR検査の予約を行っているようだが、とこまで予約が入っているのか分からない状況になっているみたいですが、検査すること自体が面倒くさいので、しばらくは飲食店へのお出かけはすべて遮断することに決めた。

少なからず飲食店に入店できない人はいるだろうし、ますます感染者は増える状況にあるので、飲食店に出かけるより自炊をする人が増えるだろうから、厳しい客商売はまだまだ続くと考えられる。

さて気になるのは第6波に上乗せして第7波が来るということはないか?だ。
学校で波の合成を学習したと思うが、波が合わさってより大きくなることだが誰にも分からない、果たして明るい未来は来るのだろうか。
まん延防止等重点措置は実質的にロックダウン [2022年01月25日(Tue)]
オミクロン株とデルタ株は明らかに性質が違うが、結局のところ昨年と同様の対策しか思いつかないのは誰がやっても同じだろうから、そこに文句を言うつもりはないが、まん延防止等重点措置により飲食店は休業状態となっているので、結局はロックダウンをやっているようなものだ。

そのうえ証明書が無ければ飲食店にも入れないし、時間短縮で落ち着いて食事もできないのであれば、わざわざ外へ出かける気にもならないから、飲食店街はロックダウン状態と変わりないのではないかと思える。

繁華街へ出かける人がいなくなれば、オミクロン株感染も減少するのは当然であろうが、人流抑制、人数制限、結局のところ外へ出かけるなと言うことなのだ。

ただ一部の飲食店は通常営業を行っているので感染は拡がるだろうから、まん延防止等重点措置の効果は限定的とならざるを得ない状況になってしまうのではないかと思える。

また証明書を入手するためにPCR検査を受ける人が殺到するだろうから、検査数が増えれば陽性者数も必然的に増えることになるので、比較的早く感染者数のピークに達することが推測できるが、だからと言って感染がピークアウトするわけではないから、まん延防止等重点措置が解除される時期がいつになるかは不透明としか言いようがない。

やがて街はゴーストタウン化となりシャッターが閉じたままの店舗があちこちに見られるようになることも想定外とは言えないかもしれない。
春先以降も値上げ継続か [2022年01月24日(Mon)]
相変わらず原油先物価格は年が明けても強気の買い優勢で一時90ドルにも達するような高騰が続いており、ガソリン等の燃料費は数か月先まで高止まりとなる見込みなので、あらゆる商品に値上げの影響が出ると見られる。

原油高に加えて円安、そして新型コロナの影響で生産コストが増大しているため、商品の値上げをせざるを得ない状況となっているが、現状では給料を上げてくれる企業も皆無だろうから、しばらくは家計への大打撃を覚悟しなければなくなる。



昨日の日曜日は、一人山歩きに電車とバスを乗り継いで出かけてみたが、乗客の数は昔と比較するとガラガラの状況であり、オミクロン外出自粛効果の影響はかなり経済にも波及するのではないかと思われる。

オミクロン株は、感染が拡がりやすいという特性上、飲食店を閉店させてしまえば街中の市中感染は減少するであろうが、一部の営業継続店や学校生活においてはオミクロン株を抑える手段は決め手になるものが無いだけに、短期間の自粛規制に期待しすぎるのは危険であろう。

果たしてデルタ株のようにオミクロン株も衰退するのだろうか、少なくとも春頃まではこのままの状態は続くだろうと思えるが、その先はどうなるのか、また新たな変異株が現れて入れ替わるのか、全く読めないところであるが、対策は人に近づかないことに尽きるだろう。


さて間もなく、にっぱちづき(2月と8月)がやって来るが、経営者の口から異口同音で切に訴えられるのは特に2月の顧客の減少であり、小規模の会社や現金商売のお客様相手の仕事は、この時期の売上の減少が切実となり、運悪く乗り越えられずに倒産や店じまいが一番多くなる月でもある。

オミクロン株に対しては、2月の顧客の減少は効果となるだろうが、まん延防止等重点措置の適用は2月も延長するであろうから、経営者側としては給料を上げるどころか、倒産の危機をどう乗り越えるか死活問題の真っただ中に落とされた状況になる可能性もあるだろう。


いずれにせよ、原油市場に原油価格下落の情報が見えないかぎり、燃料費や運送費のコストは商品価格に転嫁されることになるから、今後もまだまだ値上げが続く状況にあることには変わりがないのだ。

新規国内感染者5万人超から10万人超へは想定外では無い [2022年01月23日(Sun)]
昨日の全国の感染者は5万4582人となったが、倍々ゲームで感染が拡がっているので想定外でも何でもないわけで、いずれは10万人超に達するのは今の勢いからすればたやすいことだ。

田舎に住んでいると道を歩いている人などほとんどいないし、スーパー行ってもパラパラの人なので感染の心配は全くないが、都会の繁華街などに行けばごく一部の感染など気にしない人たちが出歩いている様子があるが、オミクロン株は感染者の傍にいれば感染するくらいの感覚で生活しないと危険である。

オミクロン株は風邪のように簡単にうつるところだけは同じだと思っても良いが、果たして誰でも軽症なのか、後からひどい後遺症に悩ませられないのか、まだ分からないことだらけであるから、うろうろ外出するのは危険である。

特に人との接触が多いのは、家庭の中や飲食店等の中になると思われるが、どこにいても近くに人がいればウイルスを持っているかもしれないくらい疑っていないと、いつの間にか感染していることになるのだろうと自分は警戒している。

今週末は、スーパーへ行くのも自粛して様子を見ようと思うが、居酒屋も証明書が無いので行けないから、結局は独り山歩きをして茶屋でリラックスランチを予定するしかないのである。

おそらく今日も全国の感染者は記録更新をするのであろう、何故ならPCR検査を受けないと証明書がもらえないので、ますます陽性者があぶり出されるわけだから、10万人超もいとも簡単に突破するのだろう。

検査数が増えれば感染者が増えるのは、当然のことなのだから。

まん延防止等重点措置の適用で休業 [2022年01月22日(Sat)]
21日からまん延防止等重点措置の適用が開始されたが、テイクアウト以外のほとんどの飲食店が休業してしまうのではないかと予想する。

まず飲食したいと思っても、ワクチン接種証明書や陰性証明書が無ければ入店できないなら、わざわざ外食することも無くなり弁当派の会社員が増えることも想像できる。

そして日に日に感染者が増えており、これでは外出する人も急減するであろうから、街は実質のロックダウンとなりゴーストタウン化になってしまう可能性がある。

また学校での子どもたちへの感染も拡がっており、家庭内感染になっている状況もあることから、学級閉鎖が多数出始めていることもゴーストタウン化がますます進むのではないだろうか。

デルタ株が自然に収束したが、オミクロン株も自然に収束する保証は何もないから、2月、3月と感染が増え続けることも想定外では無いので、こうなると完全なロックダウンしか対策は無くなる。

とにかく人の集まるところには、オミクロン株が浮遊しているくらいの危機感を持たないと、第6波は引き潮とならない気がする。
| 次へ
プロフィール

情報灯台、彩の松ちゃんさんの画像
情報灯台、彩の松ちゃん
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/m3734649/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/m3734649/index2_0.xml