CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プチ情報灯台CANPAN

情報灯台、彩の松ちゃんです。60歳からの若さと健康を追求する徒然日記


オミクロン株ついに国内へ侵入 [2021年11月30日(Tue)]
南アフリカで確認されたオミクロン株が本日くしくも日本国内で確認されました。

今日から海外からの外国人入国を禁止した初日からオミクロン株が確認されたとは何か不吉な予感かもしれない気がするのだが思い過ごしでしょうか。、

南アフリカで確認されてから約2週間が経ちましたが、その間に毎日数千人の入国者があったわけですが、確率から考えて国内にオミクロン株感染者がゼロということはあり得ない気がする。

これだけ急拡大感染している新変異株なので、感染者と同じ機内に長時間いればほぼ感染したと推測したほうが妥当である。

オミクロン株の特徴は、感染スピードは速そうだが、重症化は無さそうであるものの、無症状感染が多いとするならば、入国検査の際簡単にスルーしてしまう可能性がある。

昨年のデルタ株の時も簡単に侵入されて都内に拡散されていった記憶は忘れていないだろうと思うが、再び同じ道をたどりたくはないはずだ。

今のところは市中感染前の段階なので、オミクロン株感染は海外からの入国者との接触に注意していれば回避できると思うので、差別扱いするつもりはないがそれくらい徹底して行動することだ。

今のところオミクロン株に対するワクチン効果も治療方法も不明なことばかりなので、徹底して感染しないように努めるしか方法は無い。

今後、もしオミクロン株感染者が二人、三人と確認されるようであれば、自粛ムードは一気に広がるに違いないが、不幸にも年末年始の書き入れ時に外出禁止令が出れば経済も一気に失速に向かい、より困窮者が増加する事態になることは明白である。

ここは新たにオミクロン株感染者が確認されようと、徹底して三密行動をとっていれば怖いことは無い。
オミクロン株流入されてしまったら今度は外出禁止だ [2021年11月29日(Mon)]
今月現れた南アフリカ発の新たな変異株「オミクロン株」の感染者が世界各地に広がり始めているが、水際対策が9か国からの入国者10日間の待機ではいずれ突破されるのは、過去に経験済みである。

オミクロン株がどれほど脅威かは不明であるが、あらたにデルタ株から進化した新種には変わりないから、ここ数日の間に世界各国で急激な感染者の広がりがあるということは、絶対に国内流入させてはいけないはずだ。

しかし今の水際対策では、デルタ株の水際対策で失敗したように再びオミクロン株感染拡大をまねく恐れは大いにある。

もしオミクロン株が流入したら第6波感染拡大の火種になることは間違いないだろう。

もしかしたらスーパーコンピュータが予測した第6波とは、オミクロン株感染拡大のことを意味しているのかもしれない。

過去の経験から国内で最初の感染者が1人発見されたときには、すでに国内に拡がってしまったと誰でも思うのであろうが、これだけ急速に感染拡大するならば外出自粛どころではなく、外出禁止令でも発動する事態になりかねない。

外出禁止の事態を招かないためにも、一旦は全面入国禁止もしくは全入国者の10日間隔離を行うこともやり過ぎではないだろう。どう考えても先手必勝なのである。

喉元過ぎれば熱さを忘れる、こんな時に使う諺ではないだろうか。デルタ株感染者減少で国民が楽観病にならないことを望む。




世界の各国ではデルタ株が食い止められていない現状であるが、そこへ新たなオミクロン株が拡がっているが、同様に感染拡大する可能性は大いにありそうだ。

既に原油相場や株式相場は反応して急落しているが、万が一にも日本国内にオミクロン株が流入してしまったら、経済成長などあり得ないし補正予算も無駄に消費するだけになり、そして再び飲食店などすべてのビジネスに自粛と言う名の禁止令が出ることは明白であり、企業倒産も一層増加する事態が起きる危険が目前に来ているのである。

ならば絶対に国内にオミクロン株を入れてはいけない対策を打ち出す必要がある。
ここで対策を誤れば経済成長どころか急降下まっしぐらで激突の衝撃は計り知れない。
昨年のデルタ株が海外で確認されたときのように、のほほんとしていてはいけない、再び痛い目に遭いたくなければ。


さてこれからの朝の気温は、0℃近くか氷点下になることもあるので防寒は忘れずにしたい。
首相がIOWN(アイオン)展示の見学 [2021年11月28日(Sun)]
岸田首相がNTT武蔵野研究開発センタを視察し、アイオンに関する展示を見学しオンラインゲーム応用例の説明を受けた記事が目に留まった。

そもそも首相が研開センタに出かけることってあるのか、あまり聞かないが、目的がよく分からないにしても、IOWN(アイオン)って何だ?

知らない単語が出ると調べたくなるのが人情ですね。

NTT技術ジャーナルによると、IOWN(アイオン)とは「Innovative Optical and Wireless Network」の略で「光ベースの革新的なネットワークの構想」という意味だそうだ。

さて何のことかと思ってしまうが、サイトにはいろいろと難しいことが書いてあって説明の方が首相にどう説明したのか興味が湧くところだ。

ただこれから活躍しなければならないデジタル庁には、ほとんど関係ない何年か先の話になるのですが、政府のデジタル化をスピードアップさせるきっかけにはなるだろうと思う。

ところで、あらためてIOWN(アイオン)って何だですね。

まず現時点では構想実現に向けた研究開発中であり、インテル、ソニーとともに実現を目指している。

ところで内容だが、よく分からないところであるが、電気通信技術向上の未来は、5Gから6Gを目指すことになると思うが、現在の通信は光ファイバーの中は光信号であるが、信号が回路を通過するときは電気信号に変換されているので、処理スピードに限界がある。

処理スピードの限界を打破するために、電気変換なしに光通信処理を行えば、画期的に通信速度が速くなり、その上回路部分の発熱が解消されるので電力消費も少なくすることが出来る。

私の解釈では、光電変換部を無くして、すべて光通信処理を行うことによって、より進んだ高速通信が可能になると言うことだとひとり納得したのである。

いつの間にか、通信もアナログ通信からデジタル通信で終わりではなく、本当の意味での光通信の世界に入っていく時代となったのかと感心するだけである。




さて今朝は布団にもぐっていながら体が冷えてくるのを感じるくらい寒かったですが、玄関前の気温はマイナス3℃で、外のバケツに薄氷が張り、畑の大根や白菜の葉が凍っていました。

明日以降は徐々に寒気が日本列島から去るので、いくぶん寒さが和らぐでしょう。
ただ次の寒波が、週末頃にやって来ると予想され、だんだんと厳しい寒さとなっていくでしょう。
最近思うことは、ネット上から「殺す」「死にたい」を削除だ [2021年11月27日(Sat)]
新型コロナウイルスが出現してから自粛生活が多くなり外出する機会も少なくなって、他人と接することも無いため会話をすることも無くなって、結局はネットの世界やアニメの世界に自分の身を置くような生活になっている人がいるのではないかと推測する。

ネットの利用やアニメを見ること自体は問題ないのだけれど、情報を提供する側、制作する側に問題があり過ぎと考える。

余りにも「殺す」「死にたい」の単語が頻繁に出てくる。

誰とも会わない生活をしながら、毎日こんな内容のストーリーを見ていれば、自然に洗脳もしくはマインドコントロールされ、バーチャルと現実の世界が区別できなくなってしまう可能性がある。

新型コロナウイルスが拡がった最近では、訳の分からない殺傷犯罪が増加しているのは、それが一つは要因ではないかと推測している。

そもそも「殺す」「死にたい」などを頻繁に使うストーリーに芸術性などあるわけがない。

ネット情報がすべて正しいと勘違いしている奴らもいるかもしれないので、「殺す」「死にたい」の単語はネット上、テレビおよび雑誌等からすべて削除すればマインドコントロールされるリスクも減らせて犯罪を少なくできると確信する。

そのような対応を考えてくれる政治家がいれば、間違いなく投票に入れるのだが、誰かいないだろうか。

殺傷犯罪はこれ以上出して欲しくないと思う日々である。



ところで犯罪とは言えないが、訳の分からない交通事故も最近は多くなってきた。

特に高齢者のブレーキとアクセルの踏み間違いが多いが、人間だから踏み間違いは絶対にある。

私も踏み間違いはたまにするが、マニュアル車なのでエンストして止まるだけである。

それからまれに交差点などに突っ込んでくる暴走車事故などがあるが、そんなとんでもない事故で死にたくは無いので、道路から5m以上離れて立つことにしている。

もちろん車が周りで走っているところでは、どんなおかしな車が飛び込んでくるか分からないので、スマホなどは絶対に見ないで、車の動きをじっくり監視している。

今の世の中、車にしろ、人にしろ、おかしな動きをする奴は絶対にいるので、スマホなど見ているほど危険なことはないと思っている。

最近は日本も100パーセント安全な国と思っていると、とんでもない目に遭う可能性があるので、自分の周り360度の監視は常に必要と考える。もちろん実践しているが。



近年注意したいのは、天気予報についても言える。

土曜日から日曜日にかけて、1036hpaの高気圧が朝鮮半島に移動してくるので、大陸からの寒気を伴った北西の強風が吹くため、体感温度は真冬の厳しい寒さとなる。

北海道と東北の山間部は大雪の恐れがあるでしょう。

今年は、例年のような暖かい冬ではないので、想定外の寒さが来ると思っていたほうがまだ安心できる。

大昔は、関東でもマイナス10度くらいになったことがあるので、少なくともそれくらいの心の準備は必要だろう。





さて2021年度補正予算案が閣議決定されたようだが、補正予算案としては過去最大となり、財源の約6割は国の借金である国債ですが、21年度末の国債の残高は1004兆5千億円の見込みになる。

ますます財政状況は悪化の方向へ向っていくが、この借金は永久に返さなくても誰も困らないのでしょうか。

新型コロナで落ち込んだ経済の立て直しに向けての投資ではあるが、具体的な取り組みが見えないところが、選挙の公約でバラマキ合戦と言われない効果的な政策を推し進めてもらいたいと思うだけである。

1千兆円を超えた国の借金は、果たして永久的に増えていくのだろうか。専門家である経済学者は何も言わないのでしょうかねぇ。








ところで南アフリカで見つかった新たな変異株で、ニューヨーク株式相場は急落となったが、海外市場で連鎖安となった形だ。

この新たな変異株は、デルタ株より感染力が強く、ワクチンの有効性が弱まる恐れがあるが、すでに感染は香港やイスラエル、ベルギーにも各地に広がっている。

新変異株は「B.1.1.529」で、ワクチン開発の基になってきた従来のウイルスとは大幅に異なるスパイクたんぱく質を持つとのことで、従来のワクチン効果が危ぶまれる。

もし現在のワクチンの有効性が期待できなければ、デルタ株以上に感染拡大スピードは速くなるだろうから、世界的な経済不況の大波が発生する可能性が増してくる。

経済成長どころではなくなり、物価はますます上昇するかもしれないくらいのところまで予期して待ち構える必要がある。

2年前は、対岸の火事だと思っていたことが、後手後手の対応で今のありさまとなったのだから、これ以上最悪の事態を招かない対策を用意しておくことに尽きるだろう。
これが第6波の始まりになるのかもしれないと危惧するところだ。



ところで今月の全国の新規感染者数ですが。

1日 86人、東京は 9人
2日221人、東京は18人
3日265人、東京は25人
4日158人、東京は14人
5日225人、東京は25人
6日241人、東京は29人
7日162人、東京は21人
8日107人、東京は18人
9日204人、東京は30人
10日205人、東京は25人
11日216人、東京は31人
12日201人、東京は22人
13日202人、東京は24人
14日134人、東京は22人
15日 79人、東京は 7人
16日154人、東京は15人
17日204人、東京は27人
18日163人、東京は20人
19日159人、東京は16人
20日112人、東京は16人
21日143人、東京は20人
22日 50人、東京は 6人
23日113人、東京は17人
24日 77人、東京は 5人
25日119人、東京は27人
26日121人、東京は19人
メールアドレスBCCとCCの入力間違えで大丈夫か [2021年11月26日(Fri)]
とりあえず基本的なことから。

昨日、報道記者らのメールアドレス約400件がBCCとCCの入力間違えにより流出したと記事にあるが、30年前のミスなら理解している人は少ないが、今どきセキュリティの基本なのであってはならないことなのだが、職員600人にはぜひセキュリティ検定試験を受けてもらいたいところだ。

政府のデジタル化の一つにワクチンパスポートがあるようだが、民間ではすでにワクパスを発表し企業が特典を付ける始まりがあるようだが、マイナンバーとの連携がいつになるのか各省庁を統率する司令塔組織としては前途多難のようにしか見えない。

いずれにせよ、行政のオンライン化は関連組織のインフラ整備を整えなければならないから、サービス提供は何年も先になると思っていたほうがストレスは溜まらない。





さて今、日本の問題は、円が弱くなって売られていることだ。

こんな状況では、原材料など輸入品が為替レートの影響で高くなってしまい利益が出ないところへ、補助金をいくら突っ込んでも給料が上がるどころか経済成長も起きるか期待薄としか思えない。

そして世界的に大打撃なのは、原油の高騰であるが、OPECプラス諸国が原油の減産を継続する限りは、高騰は続く。

減産を続ける理由は、新型コロナ拡大で世界の景気悪化などにより需要が減少すると予想しているから、原油在庫過剰となると価格暴落の恐れがあるため、自国の財政を圧迫しかねないからである。

また投機家も同じ予想をすると思うので、買い相場はしばらく続くだろうから、原油価格はすぐには下がらないだろう。

ここで米国主導で備蓄石油を放出するが、OPECプラス諸国の減産が長くなれば、焼け石に水と投機家も予想して買いに走るならば輪をかけて原油高騰もあり得るだろう。

【参考】

OPEC(石油輸出国機構)加盟国   
サウジアラビア
イラン
UAE
クウェート
ベネズエラ
ナイジェリア
イラク
リビア
アルジェリア
アンゴラ
コンゴ
ガボン
赤道ギニア

非OPEC
ロシア
カザフスタン
メキシコ
オマーン
アゼルバイジャン
マレーシア
バーレーン
ブルネイ
南スーダン
スーダン

OPECプラスは、リビア、イラン、ベネズエラを除く20か国


日本では新型コロナが落ち着いてはいるものの、円安と原油高騰はしばらく続くであろうから、長い厳しい冬がやってきたと褌を締めるのは無理だから、物価高騰の覚悟だけはしておく必要がある。



さて最近、深夜テレビを点けておくと、「殺す」「死にたい」と言うセリフが毎回何度も連発されているが、おじさんとしては非常に違和感と不快感を覚える。
これを毎回観ていれば洗脳もしくはマインドコントロールされてしまう気がして、バーチャルと現実が分からなくなる人間が現れても不思議ではないと思えてくる。
バーチャルでは殺しても死んでも生き返るだろうが、現実では死は一巻の終わりである。
現実では、人間は生き返らない。あとには後悔が残るだけだ。



新たなニュースで、南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株が検出されたとある。
この変異株は複数の変異があるようで感染者急増の要因となっており重大な懸念があるとされる。
第6波の引き金にならないよう水際対策を厳重に行わないと、ワクチンで複数の変異が防御できるか懸念するところだ。
今朝は気温0℃、車のフロントガラス凍結 [2021年11月25日(Thu)]
昨日から車のフロントガラスが凍結するようになりましたが、今朝は昨日よりも寒く感じます。

自宅の玄関前の気温は、0℃になっていました。

天気予報の気温は百葉箱の測定だから、放射冷却の影響を直接受けないだろうから、控え目の数値であるが、実際に庭に出ると我慢できない寒さである。

まだ大昔のようにマイナス気温にはなっていないが、11月でこの冷え込みだとすると、2月にはどれだけ寒くなるんだと子供の時を思い出す。

埼玉でも川の表面が凍り付いて上に乗ってスケートが出来た。氷に穴をあけてワカサギ釣りの真似をした。笑えるだろう。

さて今年も残り1か月ほどになり、新型コロナをはじめとしていろいろな騒動がありましたが、一通り落ち着いたことでゆっくり年を越せそうですが、寒さと物価高騰が頭に痛いですね。

そして新型コロナ第6波がいつ来るかということに目を向ける必要がありますが、政府が無料PCR検査を進めているので、濃厚接触の疑いがあると思ったら進んで受けるのが第6波防衛策になるのではないかと思う。

ただ誰にも会わない、外出しないなど濃厚接触のリスクが無い人が検査を受けて陰性が確認できたとしても、第6波感染拡大の予防策とはならないので、誰でも受けられるという前提にはしないほうがいいと思える。

全ては、赤字国債連発の税収先取り財源から支出されるのだから、後から納税負担が付いてくることは忘れずに検査を受けることだ。



さて明日、明後日もオホーツク海に低気圧が停滞するので、天気は今日とほとんど同じですが、北海道では雪が降り続くので、十分に注意が必要だ。

朝の気温は地面が日々徐々に冷えてきているため、いっそう寒くなると予想されるので、完全な防寒対策をしておくべきである。天気予報の気温より私のところは実際には寒くなるので、暖房によるヒートショックにも気をつけることである。
20211125零度.jpg
20211125ストーブ.jpg
20211125朝暖房.jpg
マイナポイント補正予算約1兆8134億円は余る [2021年11月24日(Wed)]
マイナンバーカードを取得してもキャッシュレス決済が出来なければポイント還元はない。

電子マネーやクレジットカードによる電子決済で支払った金額からポイント分が還元されるだけなので、まず何かを買わないとポイントは貰えないし、現金支払いは対象外となるので、高齢者の大半はポイントがもらえないから、マイナポイント予算は余ってしまう。

1兆8134億円を2万円で割ると、約9千万人の国民にポイントが支給される予算であるが、電子マネーやクレジットカードを日常で使っている人は、近所のスーパーなどではたまにしか見かけない。

そもそも普段からポイントがもらえるような高額の買い物はしないので、ポイント還元の恩恵を受ける人はほんの僅かの方だけになるでしょう。

私は国民健康保険証に切り替えるので、4月に慌てて申請して取得はしたものの、歯医者が使えないので引き出しに放り込んであるだけである。

買い物はボケ防止に小銭を計算しながら支払いをするので、電子マネーやらクレジットカード類は使い過ぎの危険性が大いにあることから持たないため、ポイントはもらうつもりも無いのでカード紛失しないように大事にしまっておくことになる。

一般的な高齢者は、ほとんどこのような状況ではないだろうか、そしてますます高齢化になるので、キャッシュレス決済ってなんだ?と言うくらいならニコニコ現金払いのほうが気が楽である。

それから銀行口座登録もこれから先は気前よく給付金がもらえるような時期も来ないし財政もどうなるか分からないし、年金暮らしの高齢者の口座を監視しても何も出てこないのだから、何の意味もないし何の役にも立たなそうな気がする。

今の状況で今年度に約9千万人の人が登録することなんて不可能であり、キャッシュレス決済の人のみ恩恵があるのだから、今年度に予算が使い切れずに余るのは明白である。

マイナンバーカードは、キャッシュカードにもクレジットカードにもならないから、病院も行かなければ使い道が無いので持ち歩く必要も無い、経済対策になるのはシステムへの維持費投入くらいでしょうか。

キャッシュレス決済で面倒くさいのは、銀行口座残高を把握する必要があるが、スマホやパソコンがあって残高照会が出来る高齢者は少ないだろうから、銀行ATMでいちいち記帳しに行くことになるが、それなら現金を引き出したほうが早いと思うのではないか、と推測する。

日本でキャッシュレス決済は普及しないだろうから、マイナポイント補正予算は他の政策に当てたほうが良さそうな気がする。

なお注意するところは、マイナポイントは厳密には支給ではなく還元なのである。大前提に一定以上の支払いを先にしなければならないが、買いたいものが無ければ無縁ポイントなのだ。

予想どおり北半球は冷えてきた [2021年11月23日(Tue)]
今日の北半球の寒気は南半球より面積が大きくなってきた。

今朝は、上空に大陸(北西)からの寒気が日本列島全域に流れ込んでいる。

北日本、西日本では完全に寒気が太平洋側まで吹き出しているが、関東だけは山脈にブロックされて入り込めていないので比較的暖かい。

現在、寒気の影響を受けていないのは、関東と八重山諸島のみであるが、関東は明日以降冷え込んでくるが、ジェット気流が南下したままなので八重山諸島も寒くなるのではないかと予想する。

関東と同緯度の朝鮮半島や大陸の地域では、氷点下の気温となっているので、日本列島が氷点下になる朝も近いのではないかと思われる。

この冬は、突然の大雪と突然の大風を予想してドライブ計画を立てるくらいの注意が必要だ。

再び高速道路で何時間もの立ち往生は勘弁願いたいだろうから。

以前は北アメリカが寒波で大雪のニュースを見ることが多かったが今は暖かく心配はなさそうだが、逆にアジア大陸に北極圏から寒気が拡がってきているので、この冬はいつもとは違う厳冬になると思われる。

特に早朝の路面のアイスバーンによるスリップ事故に気をつける運転が必要だ。

今朝の関東は暖かいとは言うが、それでも室内まで寒さが伝わってくるので、明日以降は想定外の寒さとなる覚悟をしておきたい。




寒さと言えば相当冷え切ったと思われる都議会であるが、交通違反を堂々と行っていた議員を支持するものなど非常識しかないはずだが、やっと説得できたことは都知事の神通力かもしれない。

記者会見のコメントも本人の原稿なのか疑いたいところだが、何とかまともに都議会が開けることになったのは年末を迎える前に一安心と言えるだろう。


ところで今月の全国の新規感染者数ですが。

1日 86人、東京は 9人
2日221人、東京は18人
3日265人、東京は25人
4日158人、東京は14人
5日225人、東京は25人
6日241人、東京は29人
7日162人、東京は21人
8日107人、東京は18人
9日204人、東京は30人
10日205人、東京は25人
11日216人、東京は31人
12日201人、東京は22人
13日202人、東京は24人
14日134人、東京は22人
15日 79人、東京は 7人
16日154人、東京は15人
17日204人、東京は27人
18日163人、東京は20人
19日159人、東京は16人
20日112人、東京は16人
21日143人、東京は20人
22日 50人、東京は 6人
23日113人、東京は17人

いい夫婦の日から氷点下になるかも [2021年11月22日(Mon)]
今日はいい夫婦の日なので、より暖かく過ごしていただきたいところでありますが、今日から真冬の気温に切り替わるので今週の外出は防寒が必要になります。

今朝は、まだ太平洋高気圧の尻に入っているので南風が流れ込んでいるので暖かいですが、朝鮮半島に移動する低気圧が今夜日本列島を通過するので、まとまった雨が降ります。

注意しなければいけないのは、低気圧が通過後は、北から冷たい氷点下に近い空気が流れ込んできます。

現在のユーラシア大陸の気温は、北緯30度くらいまで寒波で冷え切っているので、幸い日本列島は海に囲まれていて気温が暖かい状況が続いてきたところだが、明日から大陸からの寒気が流れ込んでくるので日本列島は真冬の気温に切り替わります。

山間地では大雪になるかもしれないほどの寒気に覆われるので、車の移動には十分な警戒が必要だ。大雨、大風、大雪に油断してはいけない荒天となる。
半導体生産強化でメーカはどうする [2021年11月21日(Sun)]
国内で半導体生産を強化しても海外に販売しなければ儲からない。

現在の海外シェアをみても残存する国内メーカが、補助金をもらおうともどんどん半導体を生産する状況なのか、確かに日本にはノウハウがあるから良いものを作ることは出来るだろうが、半導体の原料は輸入だろうし、海外へ輸出しなければ儲からないし、このコロナ時代と円安の中で厳しい気がする。

ならば熊本の台湾企業に頑張ってもらったほうが得策かもしれない。

日本で半導体が必要なことは当然なことだが、飽食時代に危険を冒して儲からないことを進める企業はいないだろうから、海外メーカに日本で生産してもらったほうが強みになるかもしれない。

そもそも日本に大企業が残っていないのは儲からないからにすぎない、海外のメーカのほうが安価に製造できるビジネスを展開出来ているから、結局海外メーカに負けたのであり、時代に逆らっても良いことは無いような気がする。

仮に今日本で半導体が不足しているからと製造強化しても既存素子を販売したのでは誰も買わない、より進んだ半導体素子を開発しなければ買う企業はいない、日本だけではなく海外にも輸出しなければ儲からない、研究開発費をどれだけ突っ込めばそれが達成できるか、そしていつになる話なのか、そんなチャレンジ企業が日本にあるのか、予算計上倒れになると思えてならない。




ところで半導体を使っている缶コーヒーなどの自動販売機での売り上げが新型コロナの影響を受けて落ちているらしい。
そういえば、会社の食堂にも自動販売機が並んでいたが、出勤者が激減しているから売れないだろうし、外出も目的地以外には行かないので飲み物が欲しくなることも少ない、結局売り上げは落ちているのだろうから維持費を考えたら撤去される自動販売機も増えていくのだろう。
自動販売機の消費が落ち込んでいくということは、国内の消費全体も落ち込んでいくことにもつながる気がするが、いくら補助金を配ろうが自粛社会が財布までも自粛にならされてしまっているので、国内需要で景気上昇なんてここ何年も達成できていないのだから、これから先も期待薄である。
やはり景気上昇には海外に売り込むビジネスが必要なのだろう。
| 次へ
プロフィール

情報灯台、彩の松ちゃんさんの画像
情報灯台、彩の松ちゃん
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/m3734649/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/m3734649/index2_0.xml