CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プチ情報灯台CANPAN

情報灯台、彩の松ちゃんです。60歳からの若さと健康を追求する徒然日記


今夜は家飲みしながら民意を確かめよう [2021年10月31日(Sun)]
今日の衆院選の投票結果がどうなるかは、正直なところ読めないところであるが、期日前投票が多かったことから、投票率も上がるのではないかと予想する。


とにかくストレスを抱えていない国民はいないと思う中での選挙であるから、民意が投票結果にどう表れるか興味のあるところである。
今夜はビール片手にテレビ観戦も気晴らしに良いのではないでしょうか。試合結果は既に出ていますが。

まずは投票所に行くことですね。





今日は、9時頃に様子を見るために投票に行きましたが、思ったのは駐車場の車が少ないとこでしたが、全国の投票率も思ったほど上がらずでしたね。
結局のところ争点の違いが分からない人が多かったためかと思えるのである。

さて投票結果ですが、小選挙区では想定外の落選が続くものの何とか与党が過半数を守り切ったというところでしょうか。
国民としては公約聞いただけでは簡単に野党へ鞍替えは出来ないと言ったところでしょうかね。そこまでのチャレンジはリスクがあり過ぎとみたのでしょう。
とりあえず与党をふるいにかけたという感じの選挙だったのではないでしょうか。
新政権も今の体制は変わらず引き継ぐのでしょうが、国民が納得できる政策を推し進めてもらいたいと思うだけである。
次は参院選が待っていることを考えれば当然のことですね。



ところで今日はハロウィンだが、紀元前のケルト人のお祭りなので日本人には直接は関係ないし、得する人は飲食店かもしれないが、ここで新型コロナの影響が出たのか、渋谷の混雑は久しぶりに無かったようである。
しばらくは混雑には敬遠したほうが良さそうだ。


今日の全国新規感染者は229人でした。
(日)229人
(土)287人
(金)292人
(木)274人
(水)312人
(火)314人
(月)153人
(日)236人
(土)285人
(金)325人
(木)345人
(水)391人
(火)372人
(月)232人
(日)429人
(土)509人
(金)531人
(木)619人
(水)731人
(火)611人
(月)369人
ストレス選挙、公約なんか当てにならない [2021年10月30日(Sat)]
明日は日本国の将来を決める重要な選挙ですが、ハロウィンで渋谷に行くが投票には行かない人もいるのだろうが、紀元前のケルト人のお祭りで騒ぐ人の気持ちはおじさんたちには理解できないが、新型コロナ感染拡大だけは勘弁してほしいと思うのだ。

 
国会には衆議院と参議院があるが、下院である衆議院の選挙がいよいよ明日になったわけであるが、候補者の似たり寄ったりの公約でだれに投票するか迷うところである。
だから投票に行きたくないという人もいるだろうが、この新型コロナを始めいろいろな政策でストレスが溜まりに溜まっていませんか。
 
渋谷へ行って騒いでもストレス解消にはならないと思うので、投票所に行って誰でもいいから投票すればいいと思う。
公約聞いてから判断なんて絶対無理、公約自体達成する義務も責任も無いから、言いたいことを言って選挙に当選したいだけだから、公約無視で自分の賭けたい人に賭けるくらいで投票すれば良い。
そうしたほうが、全国民が新型コロナなど何らかのストレスをため込んでいると思うから、ストレスが解消出来ると思う。
 
そもそもちょっとやそっとで経済が良くなるなんてあり得ない。そんな秘策があるのなら既にやっているだろう。
消費需要が減っている今の世の中で、昔のような「いざなぎ景気」なんて夢の夢なので、とりあえず真面目な政治家を当選させよう。
国民の疑問に答えられない政治家なんて、とっとと辞めてもらいたい。
 
まだまだ20代、30代の投票率は少ないらしいが、自分たちの未来を作るのは自分だという自覚を持って投票所へ行ってもらいたい。
未来のことは誰にも分からないので、誰に投票しようと何も問題は起きないのだから、ゲーム感覚で候補者名を書くくらいで良いのではないかと思う。
それが民意なのだから。





さて本日の全国新規感染者は287人でした。
新型コロナの新規感染者は先週から300人前後で下げ止まっているが、いったいどういうことなんだろうか。
もしここで息の根を止めることが出来なければ、感染拡大につながりかねない。
明日のハロウィンで人が殺到するが、例えマスクをしていようが近くに感染者がいたら、隙間からエアロゾルウイルスを吸い込む可能性は大きい。
感染者ゼロになるまでは、どこに感染者がいるか油断できない。ここで一旦感染者ゼロキャンペーンくらいやる政治家が出て来ても良いのではないかと思うが、そんなことを考える政治屋はいないだろう。
(土)287人
(金)292人
(木)274人
(水)312人
(火)314人
(月)153人
(日)236人
(土)285人
(金)325人
(木)345人
(水)391人
(火)372人
(月)232人
(日)429人
(土)509人
(金)531人
(木)619人
(水)731人
(火)611人
(月)369人



ニュースで米ニューヨーク州の弁護士試験に不合格だった報道があるが、未来のことは誰にも分からないし絶対もあり得ない。
明日の衆院選投票が終わったとしても、未来が良くなるか公約どおりになるのか、絶対に分からない。
新型コロナもここで油断したら、今度は全国の都道府県レベルでウイルスが増殖し始めることになるので、甘く見てはいけない。楽観論が一番危険だ。
人生には、常に新しい壁が現れてくるので、どんな壁でもぶち壊すくらいの気構えが無いと生きてはいけない。
新政権になろうが景気が上昇する理由なんて見当たらないし、新型コロナも決着が出来なければ、しばらく消費は戻らないし、生活様式も昔には戻せないから、自分のことは自分で考えるしかない。
何もせずに元に戻ることを期待してもいつになるか分からないし、元に戻る社会なんて過去にもないだろうから、新たな発想で自分の未来を探すしかない。
それを実践した人が富裕層となれるのではないかと感ずる。
有権者の動向をつかめない衆院選 [2021年10月29日(Fri)]
実際のところ大半の有権者はどこのだれに投票してよいか困ってしまっていると予想する。なぜなら支持したい候補者がいないことだ。

もともと支持する候補者がいる人や労働組合などの組織推薦候補者がいる人なら悩むことも無いだろうが、この衆院選の公約では、まず新型コロナ対策が最大課題であり、次に財源を考えない経済対策などの他何でもかんでも並べているところが、与野党のどちらも変わり映えの無い公約の羅列としか見えないので、有権者も冷めていると見える。

それに反して期日前投票が増加しているのは何故だろうと思うが、折角の行楽解禁の日曜日だから投票所に行っている場合じゃないから期日前に行っているだけだろうから、日曜日の投票率は下がるだろうと予想する。

投票率が上がるとすれば無党派層の動向であるが、これだけ違いの無い公約を並べられると無党派層が投票所に足を運ぶのは期待できそうも無いから、それなりの投票率となるだろう。

そもそも財源不明の公約を聞かされても税金を払っている有権者は、本当に出来るのかと疑問に感じるだろうし、現金が今すぐ欲しい人でもすぐもらえるわけでもないし、投票用紙に書くまで誰を入れるか考える人もいるのではないでしょうか。

結論として、与党か野党しか無いんだけどね。(´艸`)

新政権では、真面な国会討論中継を見たいところである。
使わない布マスクの保管は経費の無駄 [2021年10月28日(Thu)]
昨年調達した布マスク約8300万枚(約115億円)が、確か昨年のとき余ったので予備的に保管して使用していくなどと言っていたような気がするが、結局のところ布マスクは役に立たないわけで、これからも使われないのは明らかであるが、ニュースでは保管されていたで終わっている。

布マスクの保管場所は民間の倉庫であろうから、倉庫保管料は毎月支払うことになるが、このまま使う当てのない布マスクを倉庫に保管していても永久に使われることは無いだろうから、無駄に倉庫保管料を払い続けることになる。

今どきどう考えてもマスクを洗って使い続ける人はいないと思うし、推奨されているのは不織布マスクであるから、約8300万枚の布マスクは誰ももらわないと思うが、いつまで保管しておくのだろうか。

会計検査院が指摘したということは、何らかの回答を返さなければいけないだろうから、明快な答えが必要ですね。現実として、布マスク着けている人見たことないですよ。会計検査院が甘い対応はしないだろうからね。




さて本日の全国新規感染者は274人でした。東京都は21人となった。

最近の新規感染者は、200人〜300人で落ち着いているが、なぜ減って行かないのだろう。

まだまだ巷には隠れ感染者がうじゃうじゃいるのだろうか。それとも海外から持ち込まれるのだろうか。

今ここで息の根を止めないと第6派は確実に来てしまうのだが、今感染する人の原因を徹底分析する必要がある。

放置すれば再び感染爆発の火種になることは間違いない。昨年の二の舞になるのは御免だ。

(木)274人

(水)312人

(火)314人

(月)153人

(日)236人

(土)285人

(金)325人

(木)345人

(水)391人

(火)372人

(月)232人

(日)429人

(土)509人

(金)531人

(木)619人

(水)731人

(火)611人

(月)369人

再び高度経済成長期は来るのか [2021年10月27日(Wed)]
昔、1950年代から1970年代を「高度経済成長期」と言っていた。いざなぎ景気という言葉をよく聞いたもんだ。

さて衆院選投票を前に新しい資本主義実現会議なるものが開かれているが、昔のいざなぎ景気を夢見るなら絶対無理な話だ。

当時の経済成長は終戦後の復興を目指す大目標があったから特需が発生して必然的に生活が豊かになっていった。

当時の贅沢と言えば、風邪を引かないとバナナが食べられない時代だった。

それから卵だけは鶏を飼っていたので食べられたが、他のおかずは缶詰か漬物くらいだった。

これと比べたら、今は全く違う飽食の時代なのだから、当時のような特需は先ず起きないだろう。


そもそも新しい資本主義のスタートラインは、「分配」の原資を稼ぎ出すために、経済のパイを広げる「成長」の実現ということなのだが、アベノミクス神通力が全く効果が無かったように何年かかるか夢の話にしか聞こえない。

大企業が留保して金をため込んでいると言われるが、設備投資に回したくとも経済成長の見込めない飽食時代に無駄な投資に金を突っ込むような社員は1人もいないだろうから溜まっていくだけだし、社員に還元と言ってもその時だけなら不公平感が発生して責任問題となるから、誰も手を付けたくないのだと思う。

よく成長戦略という言葉を使うが、その中身が全くないので、どこに生産性の向上が生まれるのか好循環どころか矛盾感を覚えるのである。

また最近デジタル技術の言葉も多用されるが、設備をデジタル化するには金がかかるのである。

今、マイナンバーカードを保険証に使えるようにしているが、普及が進まないのは端末導入に金がかかるだけで、小規模の医療現場にはメリットを感じないからである。

そもそも通信のデジタル化(正式にはディジタル化)は、40年も前から進めてきたものだから今があるので、スマホの始まりは自動車電話からの軽量小型化により生まれたものなので、簡単にデジタル技術が商品化出来るものではないことが読み取れる。

今の時代は既にデジタル化されていて目新しい言葉ではない。

例えば携帯電話もアナログからディジタルに変わったし、放送局もでデジタル放送にやっと変わったし、インターネットもデジタル化により急速に普及してきたのだから、今さらデジタル化などと言ってる場合ではない。

ただ問題がある。デジタル化が進まない理由は、業務が効率化すると人がやる仕事が減ってしまうので、余った人手をどう使うかが課題に上がるのが目に見えるから管理者は逃げ腰になると予想する。

それからデジタル化で地方の活性化とあるが、地方の経済は高齢者が担っているようなもんだから、パソコンを使える人がほとんどいない。

たまにパソコンを使いこなす人がいるが、もともと企業に勤めていた人が引退して地方で仕事をしているのでそういうことはあるが、知り合いの元課長さんは会社でメールも使えなかったし、今もスマホのメールが使えないといった現実がある。

インターネットが始まったころ、情報化時代の始まりを察知した人たちは一斉に情報ビジネスに乗り出したが、それも飽和状態になりビジネスはニッチな世界を探る展開となっていった。

その結果、今のインターネットビジネスがあるのであり、すでに社会はデジタル化なのだ。その証拠に電柱には光ファイバーケーブルが何本も張り巡らされている。

今からデジタル化だと言っている人たちは、単に使ってこなかっただけのことだから、今さら時代遅れとしか言いようがない。せめてICT化くらい使いたいところだ。

そして新型コロナウイルスの自粛生活でひたすらテレワーク推進を行った結果、飲食以外はネット購入が出来てしまうので、ますます街に金が落ちなくなる時代になるだろうと予想する。

だから居酒屋やバーなどには常連客が戻るだろうが、会社帰りのサラリーマンは消えただろうし、飲食店も新型コロナ第6派に気遣いが必要なため人数制限があったりで、利益を上げるのも一苦労だと思える。

現実を見たときに株でも買っていたほうが収入が増えると考えるから、どんどん貯蓄が増えそうだが、株価も今の世の中を反映しているので、V字回復なんて期待しないほうが良いが、底値拾いで手堅く狙うしかないでしょう。新型コロナ6派で下がることを覚悟しての話だが。


さてこの冬は燃料危機が来るかもしれないと心配するが、備えは必要だ。
現在の気象は北極圏の周りの寒気帯がいつもより拡がっている感じがするので、寒さは長期にわたって続くと予想するが、今は原油先物価格が85ドルにも高騰しているので、年明けの灯油やガソリンは値上がり価格となるだろうし、電力不足になる可能性だってあるから、この冬は厳しい生活を強いられるかもしれないので、暖房対策は経費の工夫が必要だ。
コンドルは飛んでいく [2021年10月26日(Tue)]
今日は午後から静かな旅立ちの報告があるようですが、おそらく国民が期待するところには何も触れずにお見送りすることになるであろう。

私の推測ではその心境は、コンドルは飛んでいくの歌詞に似たような感覚に思える。
おそらく結婚報告報道が終われば、そのまま静かにコンドルが去っていくようにはるかアメリカの地に飛んでいくのであろうと予想する。

さてネットでは誹謗中傷が書かれているという表現があるが、おめでたい結婚に関して本気で書いている人はいないだろう。
むしろ心配しての書き込みでしかないと思うが、そこには国民全体にストレスが溜まっていることの表れであると思える。

その原因としては、まず新型コロナウイルス感染防止のための外出自粛のストレス、政府の疑惑説明不足とコロナ後手後手対応のストレス、そして皇室と国民の認識のずれによるストレスが重なって、その矛先が今ここに向かっているのだろうと推測する。
本当にこの形で結婚に至って良いのか、結婚した先に何かが待ち構えているのではないか、マスコミが焚きつけるから増々ヒートアップしていったのだろうが、結婚は本人どうしで決めるとしても世間が納得しないまま説明なしに国家の一大イベントを終わらせるのは、いかがなものだろうかとストレスを残さざるを得ない。


果たして結婚発表報道は、どうなるのだろうか。




結婚会見は円満に収まったという感じですかね。
やはりコンドルは飛んでいくことに変わりは無かったようですが、あまりにも長い物語を作ってしまったことは、何事においても国民への説明不足が誹謗中傷と言われる憶測を生むことになったことは否めないだろう。
円満解決と納得するかは受け取り側の判断として、新天地で静かに幸せな新婚を望む思いである。





ただこんな後手後手の大騒動になる前にもっとスマートな初期対応をしていれば、日本はお祝いムードに湧いて景気回復の引き金になったかもしれないのに残念なところだ。




さて本日の全国新規感染者は増えました。東京都は29人となった。
やはり新型コロナウイルスは巷にくすぶっていると見たほうが良い。
(火)314人
(月)153人
(日)236人
(土)285人
(金)325人
(木)345人
(水)391人
(火)372人
(月)232人
(日)429人
(土)509人
(金)531人
(木)619人
(水)731人
(火)611人
(月)369人
参議院議員補欠選挙は与野党1勝1敗 [2021年10月25日(Mon)]
衆院選の前哨戦とも位置付けられていただけに自民党は参院静岡補選で敗れた打撃は大きい。

1週間後の衆院選を前に有権者の関心が高まったとみられ、期日前投票所には行列ができたようだ。

これから推測すればこの勢いは今度の日曜日までは続くだろうから、1週間前倒しの衆院選投票結果がどう展開するか興味をもって若い人たちに投票所へ行ってもらいたい。

この国もどんどん高齢化になると投票に行けないご老人が多くなってしまうので、頑張って投票率を若い人に上げてもらわないと選挙がお金の無駄遣いと言われかねないですからね。

まして赤字国債のツケを若い人に渡すことは出来ないでしょうから。

今朝の気温4度以下 [2021年10月24日(Sun)]
埼玉自宅玄関前で日の出時刻の気温は寒暖計が4度より下を指していました。

今日は久々に秋晴れになる模様なので野山歩きに行こうと考えていたが、布団から出られず結局断念しました。

今日が出勤日だったら年休でしたね、昔なら。

本当に今は10月なのかと思うくらいの寒さであるが、明日以降は寒気が東の太平洋上へ去るので出勤には少し楽になるでしょう。

本日は今年初の薪ストーブ薪入れ式の朝となりました。あ〜暖か!




今日の全国新規感染者は、またまた今年最少ですね。
(日)236人
(土)285人
(金)325人
(木)345人
(水)391人
(火)372人
(月)232人
(日)429人
(土)509人
(金)531人
(木)619人
(水)731人
(火)611人
(月)369人


今日の東京の新規感染者は19人となりましたが、少ないとは言えまだまだ感染者が出るのが不思議でなりません。

どこに新型コロナウイルスは潜んでいるのでしょうか。

他県では感染者ゼロの地域もあるようですので、明日からの首都圏の時短要請、酒類提供の制限が解除になるが、一度は感染者ゼロを達成してもらいたいと思うところですね。

仮に明日から感染者が増加したならば、まだまだ無症候感染者がいるという証拠にもなりますが、さて結果はどうなることでしょう。




さて来週は衆院選の投票日ですが、どこの政党も同じようなことを言っていて何が違うのかよく分からないですが、真剣に聞いても時間の無駄な気がする。

なぜなら公約はあくまで選挙前の約束だから、必ず達成できることでもないし守らなければいけないわけでもない。

投票で迷ったら必ず公約を守る政党を選ぶべきだ。

首相は未来選択選挙というが、単なる与党政党か野党政党かのどちらかを選択するだけで良いのだから自分が思ったほうへ投票するだけの選挙なのだ。

どちらが勝っても財源不足に変わりは無いので、成長分配などと言う公約が達成できるのかは何年先になるか誰にも分からないと思えてならない。

そもそもインターネット時代になって安いものをいち早く見つけて買える時代になったから、デフレ傾向は続いているが、新型コロナの影響で輪をかけて外出自粛となってネット注文が増加しているので、外出購買層も減少するだろうし定期券も無くなったので帰りがけの立ち寄りも出来ないので、何をもって経済成長が望めるのか聞きたいところである。

10万円バラまいたところでインターネットでポイントがたまる格安商品を探すくらいのものではないかと思うのだがどうだろうか。

今、企業の給料を値上げさせると言っているが、そもそも消費が低迷しているのだから、企業もほとんど赤字のはずであるので、簡単に1社だけが賃上げは出来ないだろう。

それから富裕層と大企業から利益還元の分配を狙っているが、その社員たちの給料が上がらなくなるわけで逆効果ではないかとも思える。

いずれにしても次の政権でも財源不足には変わりないので、赤字国債を連発することになりそうな気がする。

何度も書いてはいるが、少子高齢化と人口減少で働く人は減り、当然米の消費減少のように消費全体も減少構造なのだから、需要が大幅に増加する傾向など微塵もない時代に突入しているので、あまり昔の夢を見ないほうが賢明ですね。

それより次の新しい政権でやってもらいたいことは、@拉致問題、A沖縄基地問題、➂北方領土問題、この3問題を解決できる政権が生き残れると思うのだが、本当にやる気があるのかと思えてならない。

次の新政権に期待したいところだが。





おまけですが、農業経営の知り合いが、今年の新米が出来たのだが、米余りで農協が買い取ってくれないので、何とかしてくれと言ってきたから、買い取り値でいただきました。

ちなみに、彩のかがやき米ですが、いかがでしょうか。

とにかく全国でコメ余り現象が起きているので米価下落を政府は補助金で支援するのが過去の通例であろうが、なかなかこの先厳しいものがありますね。

宣言解除後のテレワーク生活 [2021年10月23日(Sat)]
緊急事態宣言解除後の企業の対応は、テレワーク可能な企業は働き方改革の観点からそのままテレワーク体制に移行するが、対面業務や運送業務など直接人手を必要とする企業はテレワークでは出来ない業務もあるが全員が出社する必要は無いので、多少はテレワーク体制を行うのであろうと思う。

私がいた会社でも昨年から通勤費(半年定期券代)の支給は無くなり、原則テレワーク勤務となりテレワーク手当(光熱費)が支給されていた。

出勤が必要な時は、日帰り通勤費を請求する方法にルール化されたので、基本会社に出勤する必要は無く可能な限りテレワーク勤務をすることが日常となった。

たまに現場作業があったとしても、自社社員が直接工事をやるわけではないので、自宅から近くのサテライトオフィスへ出向いて指揮指導は可能なので、やはり出社は必要なくなる。

少なくとも企業側から見れば通勤費のコスト削減が出来て良いことではあるが、後戻りすることが出来ないのも確かである。

社員として嬉しいことは、参加したくない会社の飲み会が一切なくなったためストレスが無くなったことでしょう。

今月から飲食店が再開してますが、新型コロナ前のようにネクタイ姿の会社員の姿を見なくなったのは、やはりテレワーク勤務と職場の飲み会禁止の影響が出ているのでしょうね。

テレワークをやっているとわざわざ会社の近くの飲食店に出かけに行くわけにはいかないし、会社帰りではないから時間も遅くなりますので、言い訳が出来ないですよね。

それから旅行なども楽しみといえば夜の宴会がメインだと思うが、それもしばらく又は永遠に自粛しなければならないのだとしたら、いくら給付金をバラまいても生活様式が様変わりしてしまった今の社会では経済成長どころか景気回復もいつになるのか公約に掲げられても気持ちが向かないですね。

ましてや株の値上がりも一部のネット起業を除けば、新型コロナ前に戻るのがいつか読めないところであるが、いつかは高騰すると思って安物を拾っておくのが良いかもしれません。出来ればアベノミクス神通力が欲しいところですね。(´艸`)


いずれにしても、新型コロナウイルスのお蔭で外出自粛に伴うテレワーク推進が日常の企業活動に変化を与えているのは確かなことで、たとえ新型コロナが収束しようと以前と同じような消費経済に戻ることは考えにくいと思えるので、ビジネスも新たな発想が必要になって来るのだろうと感ずるのである。
25日から時短解除だがマスクは必要 [2021年10月22日(Fri)]
首都圏は飲食店での営業時間の時短解除となるが、英国では全面解除するや感染再拡大となっている。

日本国内の感染者は減少してきたものの下げ止まりの状態が続いているので、無症候感染者がいることは確かである。

英国のようにマスクをしなければ、飲食店内に無症候感染者がいればたちまち感染が拡がる可能性がある。

私には時短解除による恩恵は全く無いので特に嬉しいことでもないが、遅くなればお客で満席になることは明らかなので、換気(排気)が追い付かない可能性があるため、わざわざ遅い時間に出向くのも感染リスクはあるだろう。

特に今は、秋なのに真冬の寒さとなっているため、現実として窓を開けっぱなしにできる気温ではないはずなので、遅くなればなるほど室内は吐く息で湿度は上がり空気は澱んでくると予想されるため、感染者ゼロになるまではマスク着用は必要ですね。

今の全国の新規感染者数は下げ止まりとなっているが、なぜ減少が止まってしまっているのか分からないところであり、少なくともある程度の無症候感染者がいるから、感染を広めているのだろうと推測するしかないので、感染リスクを増やす行動は慎んだほうが自分のためである。

またワクチン接種効果であるが、感染を必ず防ぐわけではないのでブレークスルー感染も発生したり、時間的にワクチン効果が弱くなってくる時期でもあるので、冬に向かって感染リスクは上昇するから、わざわざ密になるようなお出かけは感染再拡大を招く恐れがあるので避けたほうが良さそうだ。

一度感染すれば後遺症で一生苦しむかもしれないと自分に言い聞かせよう。



さて今朝もかなり寒さが厳しいが、来週末は寒さが緩むと予想されるため、夜の人出は多くなりそうなので注意できる人、注意できない人で己の人生が全く変わるので気をつけたいですね。




今日の全国新規感染者は今年最少です。
(金)325人
(木)345人
(水)391人
(火)372人
(月)232人
(日)429人
(土)509人
(金)531人
(木)619人
(水)731人
(火)611人
(月)369人
| 次へ
プロフィール

情報灯台、彩の松ちゃんさんの画像
情報灯台、彩の松ちゃん
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/m3734649/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/m3734649/index2_0.xml