CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プチ情報灯台CANPAN

情報灯台、彩の松ちゃんです。60歳からの若さと健康を追求する徒然日記


カナダで28日気温47.9度の最高気温更新は、対岸の火事にあらず [2021年06月30日(Wed)]

今週は、アメリカ・カナダで猛暑が続く見込み。
28日にカナダのリットンで気温47.9度、観測史上最高気温を更新した。
平年よりも8度も高い気温になっている。
理由は、ジェット気流が強力な高気圧の周りを蛇行して流れているからだ。
常に熱い気流が流れ込み続ける結果、最高気温を更新したようだ。

さてこれは、地球の反対側のことだが、対岸の火事と侮ってはいけない。
なぜなら原因がジェット気流の蛇行にある。
ジェット気流の蛇行は、日本でも数か月前に起きている。
今では不思議なことでもないが、気象にはかなり影響がある。
この前の冬でも、ジェット気流が南から北へ吹いていたため、関東ではほとんど雪が無かった。
つまりこの時もジェット気流が蛇行していたのだ。
ただこの時は冬だった・・・。

今は日本も夏に向かってどんどん気温が上がる時期ですが、まだ梅雨前線が日本の南岸にあるため、北からの冷たい風が流れ込んでいるので、涼しく感じられています。
しかし梅雨前線が北へ押し上げられて、太平洋高気圧に覆われたとき、偶然このジェット気流の蛇行にぶつかる可能性もあるわけです。
地球上の大気は、地球の自転によって絶えず循環していますから、今のアメリカ・カナダの気象状態がやがて日本に移動してきます。
当然日本も夏ですから、今年も猛暑がやって来てもおかしくない気象状況になる可能性が大いにあります。
気温47.9度は、低温やけどでもしそうです。カナダの緯度は日本より北ですよね。



毎日新聞の拾い読みですが、ウイルスの変異のタイプを書き出してみました。
N501Y  英国 南アフリカ ブラジル
E484K  南アフリカ ブラジル
L452R  インド 米カリフォルニア
E484Q  インド
以上から読めることは、今主流の英国型は、N501Y変異のみですが、他のタイプは違う変異であることです。
これでは今のワクチンの効果があるのかないのか断定できないですよね。
でも折角製造したからには、打っておいたほうが何でも良さそうと言うしかないのですよ。
まぁ、感染したくなかったら、健康な方は無料だし打っておいたほうが損はないでしょうね。

さて、まん延防止等重点措置は今でも継続しなければならない状況のまま1日1日とオリンピック開催日が近づいてきます。
日々の新規感染者は、先週よりもかなり増加しておりますが、果たしてこのままで有観客観戦が出来るのでしょうか。
やれば出来る!でしょうが、3か月間もあるのだから、感染状況は刻々と変わるでしょう。
旨く感染者が減った時に開会式が行えたとしても、今の状況なら途中でどうなるか分かりません。
そろそろ先週の緊急事態宣言解除の影響が出てくる頃ではないかと懸念するのですが、どこまで感染増になったらどうするかくらい決めておけと言いたいですよ。
いつもそれから検討ですから、後手後手政府と言われないようにしないと、選挙は無残な結果になると肝に銘じることだ。
有観客観戦は、賭けしかない。

今年の夏は、先ほども書いたが、かなり暑くなりそうな気がする。
外国の人たちは、日本のくそ蒸し暑い夏を知らない。北海道も最近は猛暑になるので、選手たちもこんなはずじゃなかったと思うかもしれない。
日本選手には有利になるかもしれないが、それで金が増えても感動が湧くのかどうか。
今のところ、梅雨前線が日本の南岸に居座っているので気温は上がらないが、太平洋高気圧の勢力が大きいと思われるので、猛暑は覚悟しておくべきだ。
つまりオリンピック観戦は、コロナと猛暑のダブルパンチにぶち当たるかもしれません。
7月上旬は、梅雨前線が日本列島に南岸から北上して大雨を降らせますが、7月中旬になれば梅雨前線は日本海に移動するので、太平洋高気圧に覆われます。
新型ウイルスは、インド型が主流になっているかもしれないので、観客にしてもウイルスと猛暑との死闘になる恐れもあるかもしれません。

昨日からの沖縄での10時間以上も居座った線状降水帯から言えることは、南方の気温または海水温が高いから常に暖かい気流が流れ込み続けた結果である。
その状況が来週以降は、日本列島に移動してくるが、暖かい気流のエネルギーは今日の状況から推測して相当な威力があると思える。
そして梅雨前線が日本海へ北上したあと、太平洋高気圧が張り出してくるが、そのエネルギーはますます強くなると推測されるので、長い猛暑の夏となるのだろう。

まずは、今週から来週の梅雨前線の動きを注視することである。天気予報士でなくとも。



ところで、東京オリンピック今夏開催を決断した、と正式に表明していないのですが。

感染したくなければ外出しない一人ロックダウンだ [2021年06月29日(Tue)]
今日も天気予報どおり朝から雨降りで肌寒い。
こんな天気の悪い日に用事もないのにわざわざ出かける必要も無いので、今日も自宅で雑用を片付けたいと思う。
もちろん平日でもあるので、人も来ないと思うから実際のところ一人ロックダウンに変わりない。

緊急事態宣言をやろうがやるまいが自分としてはどっちでも全く関係ない。
外出しなければ新型コロナウイルスに感染することはありません。
オリンピック開催しようが競技観戦に出向かなけれは感染の心配は全くありません。
有観客、無観客とエンドレスな論議をしてもどうでもいいことで、感染したくなければ行かなければ良いのです。
もちろん私はチケットありませんが。

さて今日は、すでに沖縄では線状降水帯情報が出ておりますが、沖縄の雨はもともと半端ではないので、お気をつけていただきたい。
雨雲が沖縄南部を先頭に台湾のほうまで連なっていますが、これがすぐに北上する可能性は少ないと予想するので、しばらく大雨が続くかもしれません。
つねに気象庁のナウキャスト(雨雲の動き)を覗いたほうが良いですね。
一方で、我が家の庭にある木々は、乾いた大地を潤してもらえるので、両手を広げて恵みの雨のシャワーを気持ちよく浴びています。
今日の天気は、かなりあちらこちらで大雨が降る可能性があるので、気象予報士の勉強にも解説の参考になるのではないでしょうか。
今日の沖縄は、避難指示まで出て本当に大変なことになっているようですね。


ところで都知事が入院中のため、新型コロナ関連報道も静かになったような気がします。
また東京五輪にバイデン大統領も来ないことも明らかになったが、さすがに大統領として万が一のことがあったらアメリカの一大事ですから、それも納得かな。
今の状況で、他国の首脳の方の動向がどうなるのか目が離せませんね。
もうオリンピック開催まで待ったなしのところへ来ていると思うんですが、今さら水際対策に万全の体制を尽くせなどと言うだけ言っても、対応する側が丸腰では変異株ウイルスが国内に侵入蔓延するのは時間はかからないでしょう。
今の段階で、オリンピック開催関連で感染した場合のシミュレーションがしてあるとは全く思えないので、オリンピック感染爆発も無いという保証がありません。
お祭り雰囲気だけ作って輪をかけて感染が拡大したら、にっちもさっちもどうにもならない危険性はゼロではありません。
オリンピックが近づくにつれて、高揚よりも不安が増すのは私だけでしょうか。
ますます一人ロックダウンの日々となりそう。
今週は関東では雨降りの日が多いが [2021年06月28日(Mon)]
先週に続き今週も涼しく過ごせそうな1週間になりそうです。
ただ梅雨前線が、緩やかに北上して日本南岸に接近していて、暖かい空気と冷たい空気が日本上空でぶつかり合うので雷雲が発生しやすいので、急激などしゃ降りに注意が必要です。
梅雨前線は、今週は日本上空に居座るので、ずっと雨模様の天気になりそうですが、太平洋にはデカい高気圧がオリンピックに参加するかのようにウォーミングアップしております。
最近の太平洋高気圧は、一気に日本へ張り出すことは少なく、だらだらと梅雨前線を北へ押し上げる傾向があるので、しばらく雨降りの日が続くかもしれません。
そんな時、気にしなければいけないのが「線状降水帯」の発生です。
特に低気圧や前線が接近しているときは、線状降水帯となりやすいので、雨雲の動きは随時天気情報を確認したほうが良いです。
河川の氾濫や土砂崩れの恐れがあるような地域や場所は、特に警戒する必要があります。

そして来週は、すでにオリンピック開催月の7月になっておりますので、梅雨明けもカウントダウンが始まります。
梅雨明けで注意したいのは、急激な気温上昇ですが、今年の太平洋高気圧は物凄く強力なやつがやってきそうですから、熱中症には油断しないことが必要です。
気象衛星ひまわり画像では、日本の東の太平洋には雲の渦は全くありませんので、今年は長い猛暑の夏となりそうですが、マスクかけでますます熱中症になりやすいので、不要な時はこまめに外しましょう。
新型コロナウイルスは、人のいるところでうつるのですから、誰もいないところではウイルス感染はありません。マスクは不要です。
注意したいのは、家族の一人でも外出が多い人は、感染リスクが大きいので、家庭内感染に気をつけましょう。
私たち(鶏のヒナの写真)は、絶対に外出しないので、鳥インフルエンザウイルスにも感染する心配はありません。
新型コロナウイルスが蔓延している間は、緊急事態宣言が解除されても外出しなければ感染する心配はありません。マスクも要りません。
新型コロナウイルスは、誰も外出しなくなれば沈静化するのですがね〜。

20210628岡崎おうはん.jpg

学校連携観戦チケットが続々とキャンセル [2021年06月27日(Sun)]
子供を持つ親なら当然のこと、正直なところオリンピックなんて何も分からない子供たちを新型コロナウイルスに感染はさせたくないのは当たり前です。
確かに自分のときも日の丸の旗を作って、県道に出て旗を振った記憶は残っていますが、後になってからも感動したのかどうか記憶にありません。
覚えているのは、親が頑張って買ったばかりの白黒テレビで、入場行進を観たのは記憶にありますね。
それから東洋の魔女もテレビで観て記憶にあります。
確かにオリンピック競技を生で観ることで記憶には残ると思いますが、このご時世にわざわざ電車に乗って人混みの中へ連れて行くのは危険だろうし、子供の立場としてスポーツ嫌いもいるし行きたくない子もいるはずなのに無理やり行かされるのはどうなんでしょうかね。
まあ、来週あたりになれば、感染状況が刻々と変わってきそうなのですが、私はいつも危険を感じたら「君子危うきに近寄らず」という諺を実践してますね。
何事も無いほうがいいですから。
いずれにせよ、今のまま酒を飲ませていたら、またまた感染爆発になるのは目に見えていますから、遅かれ早かれ緊急事態宣言を出さざるを得ない状況になることは覚悟しなければりません。
このまま感染が拡大していったら、オリンピック開催直前で中止をしなくともボイコットという方法もあり得るかもしれないので、どんなことをしようと最後の足掻きをすることになるでしょう。

とにかくこの世の中、新型コロナウイルスが至る所に蔓延しているのは、毎日の新規感染者数を見れば納得いくはずなのですが、のんきな方もたくさんいらっしゃるようでわざわざ渋谷などの人混みに出かける神経が分かりませんね。
だからと言って出かけないと運動不足になるので、本日も早朝のガラガラローカル線電車に乗って、山方面に出かけてみました。
電車に乗って気がついたのは、車掌さんがいつも若い女性の方なんですが、なぜ入社したての若い車掌さんなのかと推測するならば、おそらく車内放送で英語で案内が必要だからなのではと推理しました。
以前は男性の車掌が英語で車内放送をしていた頃もありましたが、果たして外国の方に分かる発音なのかな?と思っていましたけど、たぶん改善したんでしょうね。(´艸`)
私は、小川町駅というところで、白石車庫行バスに乗ってから途中下車して、ひたすら山道を4時間歩くのが、日頃の健康法の一つにしております。
理由としては、@アップダウンの山道を歩くので、脚の筋肉が万遍なく鍛えられる。A緩やかな上り坂を歩くので、下っ腹(インナーマッスル)を鍛えられるので、ウエストが絞られることと便秘にならなくなる。のような良いことがあります。
ゴールは、定峰峠峠の茶屋になりますが、ちょうど昼食時になるので、ラーメンか手打ちうどんにビールを注文して、ひと時の幸せを感じるのであります。新型コロナ感染なんてあり得ません。
今日は大げさな天気予報に反して、晴れはしないものの、雨も降らず涼しくて山歩きには最高な1日でした。今夜も膝エアーマッサージして安眠できそう。(楽天ブログ掲載)

さて今日疑問に思っていたことで、登山道にどこまで何キロという標識がありますが、いつもたった1kmなのになかなか到着しないと感ずることがあったので、歩数から距離を計算してみました。
結果は、標識の約1.5倍くらいに歩数から計算したほうが大きくなりました。
あとでネットで調べたのですが、明確な距離表記のルールは見つからなかったのですが、一般的には平面地図上での移動距離を表記していると思っていたほうが良さそうです。
つまり実際に歩く道のりは、それよりも長いということを意識して所要時間を計算したほうが良いということです。
具体的に言うと、上り坂下り坂と左右に蛇行する道のりは、距離表記に含まれていない計算になりますから、その部分を加算して距離を算出し所要時間を求めるのが無理のない登山計画となるでしょう。
では、その計算方法は、私の基準ですが、最大で1.5倍を見込めば間違いないでしょう。
これから夏山シーズンになりますが、何が起きるか分かりませんから、登山計画は余裕を持った時間設定が必要ですね。

20210627八高線.jpg
20210627峠の茶屋うどん.jpg
緊急事態宣言が解除された東京、勘違いの人ばかり [2021年06月26日(Sat)]
予想どおり渋谷スクランブル交差点は、コロナ前と同じくらいに人出があるようです。
緊張感も緩んで、マスクを着けない人も出て来ているらしいです。
ちょっと勘違いしている人が多いのではないでしょうか。
緊急事態宣言が解除されたのは、新型コロナ感染の心配がなくなったわけではないのに、外出すればインド型変異株ウイルスが蔓延しているかもしれないというくらい考えていないのでしょうか。
緊急事態宣言解除は、オリンピック開催のために新型コロナ拡大の中でも海外向けに行うしかないだけだったので、新型コロナ感染は今でも外出できる状況ではないことを再確認するべきだ。
明日の日曜日もおそらく人出は多くなるでしょうが、インド型変異株ウイルスは感染力が強いと言ってはいるが、どの程度か実感として分からないならば、絶対人に近づかないくらいの決心が必要だ。
感染しても良いならそれでもいいが地獄が待っているだけだ。
このくらい言っても分からない人は分からないだろうが。
おまけに国会が閉会中で監視役は都議選に大忙しだから、今のままなら感染はいずれ急拡大に転ずるのだろう。
その兆候は、来週末ごろから現れてくると予想する。
とにかく羽目を外さないで欲しいと思うのである。
今さら止められないオリンピック開催の運命がかかっているのだからね。
東京都でデルタ株感染68人、全員海外渡航歴無し [2021年06月25日(Fri)]
今日の東京都のデルタ株感染者は、1日で68人もあったので、都内のデルタ株感染者は累積で231人にもなる。
つい先日は、数人であったデルタ株感染者が驚きのスピードで拡大していることは間違いない。
緊急事態宣言が解除された影響は大きいと思える。
何の事象についても言えることだが、増えるときは2倍、3倍、4倍〜のような増え方ではなく、倍、倍、倍〜と増えるのが普通だ。
明日は緊急事態宣言解除後の最初の週末であるので、人出は恐らく多くなるであろうから、デルタ株感染者は格段に増えるのではないかと危惧する。
当然ながら、感染は東京から全国に人伝いに拡がるが、それを食い止めることが出来ないことは既に我々は学習している。
都内は既に市中感染の渦の中に入ったと思って、食事に飲みに出かけたほうが賢明だ。出来るなら都内へは行かないほうが無難だ。
来週は、緊急事態宣言が解除されてから、2週目に入るがそろそろ人流増の影響が数値に表われてくるであろうから、注視していく必要がある。
東京の新型コロナウイルス感染者は、今は1日600人程度であるものの微増を続けているので、デルタ株の倍倍感染拡大が起きれば1日1000人の感染もあり得る。
遅いか早いかは分からないが、確固たる感染防止策も治療薬もないのだから、感染は拡がる一途をたどるしかないとあらかじめ考えておくべきだ。
ただ次の緊急事態宣言を慌てて出したところで、もうオリンピック開催日には間に合わない。
やはり新型コロナウイルスと闘う東京オリンピックになりそうな状況が近づいているような嫌な予感がする。
そもそも今度、緊急事態宣言を出す基準はどうなっているのか、誰が判断するのか、決まっているのだろうか。
まして国会は閉会中なのだ。選挙で頭がいっぱいだ。
来週末から再来週にかけてが、東京オリンピックの運命を決めるときになりそうな気がする。すべては感染状況が教えてくれることだ。

さて天皇陛下のご心情を拝察すれば大方の国民と同じだと思うのだが、政府関係者はそのままスルーで終わらせてしまうのでしょうね。
東京オリンピック・パラリンピックで天皇陛下は名誉総裁を務めるのだが、それで済まされてしまうことが果たして出来るのだろうか。
それはデルタ株だけが知っている!
オリパラ開催1か月前に東京都の新規感染者619人は [2021年06月24日(Thu)]
とうとう東京オリンピック開催まで1か月を切ってしまった。
緊急事態宣言が解除されて予想どおり新規感染者は減る傾向は見えず、逆にリバウンド傾向の可能性が大きい。
海外選手団の事前キャンプのキャンセルも相次いでおり、海外からの選手団入国は、オリンピック開催に向けて直接入国する国が多くなる。
オリンピック開催直前の入国検査で陽性となる場合もあり得ると考えれば、選手の隔離も必要となったりすると、選手の体調管理や準備への影響は非常に大きい。
事前キャンプが困難な状況であるため致し方ないが、来月のいつ頃が入国ラッシュとなるのか不明だが、東京都の感染者がこのまま減少しないならば入国対応もより厳しいものになるだろうから、国民の目としてはドタバタ劇を繰り広げないでもらいたい。

インドに由来する変異株ウイルスは、すでに市中感染が見られる状況まで拡がっているので、抑えられる手段は何もないから1か月後には最悪蔓延となっているかもしれないと仮定することが必要だ。
シナリオではワクチン接種でウイルスを抑え込んで安心安全なオリンピックを夢見たいところだが、それこそ正に夢になりつつある。
東京都の新規感染者619人が、どこまで膨張するか緊張して監視しなければ、再び医療崩壊の嵐に見舞われることになりかねない。
このような状況で、海外選手団が100%ベストで来日出来るのか、ベストな選手を揃えられるのか、何も情報がない中で、金メダルの数に何の価値があるのかと思うところであるが、それよりこのオリンピック期間を医療崩壊しない体制に確立することが国民から見て金メダルに値する。
海外選手団の入国予定も徐々に決まってきている中で、後戻りはできないオリンピック開催の大成功は「新型コロナウイルス感染拡大をさせない」ことに他ならないと思う。
しかし新型コロナウイルスを封じ込める武器は何もない状況なら、感染が拡がっていくのは自然のことであるだろうから、やはり準備することは医療体制の最善の体制づくりしかないだろう。


ところで、こんな事情もあった!2021年6月21日オリンピック組織委員会は、「東京五輪では選手たちが選手村に滞在する期間にコンドームを配布しない」ことを発表。
配布は選手たちが出国する時に持ち帰れるようにする予定とあるが、メーカヘの気配りか。
オリンピックでのコンドーム配布の歴史は、1988年のソウル大会からのようであり、当時は、HIV感染予防が目的で、8500個のコンドームが配られたようだ。
たとえば、
2000年のシドニー大会      10万個
2008年の北京大会        10万個
2012年のロンドン大会      15万個
2014年のソチ大会        10万個
2016年のリオデジャネイロ大会  45万個
2018年の平昌大会        11万個
リオデジャネイロ大会      45万個
やはり濃厚接種を我慢するのは難しいのだろうから、万全な医療体制を。
沖縄慰霊の日 [2021年06月23日(Wed)]
今日は、沖縄慰霊の日である。


私が沖縄へ旅行したのは、二十歳を過ぎた頃でしたが、那覇を観光したときに沖縄戦または沖縄の戦いがあったのだと、その地で初めて知ったのであるが、当時の実態は把握できていなかった。

沖縄戦は、第二次世界大戦末期の1945年に、沖縄諸島へ上陸したアメリカ軍とイギリス軍を主体とする連合国軍に日本軍が立ち向かったかたちの戦いだと思った。

戦いは、1945年(昭和20年)3月26日から始まり、主な戦闘は沖縄本島で行われ、組織的な戦闘が4月2日に開始されたため、正確数ではないが18万8136人もの犠牲者を出した。そして6月23日に悲惨な戦いはやっと終了した。

第二次世界大戦のすえに連合国軍が計画したことは、日本本土攻略の作戦として、マリアナ基地と共同体制をとれる航空基地確保と進攻の補給基地確保の目的があったが苦戦により長期戦となったので、多数の死亡者が出てしまったのではないだろうか。
日本人として県民ではなくとも、沖縄慰霊の日とは何かを理解しておくべきではないだろうか。

詳しくは、ウィキペディア(Wikipedia)を参照いただきたい。




とりあえずメガハイボール [2021年06月22日(Tue)]
昨日21日はアルコール解禁日、すかさず私も北浦和の焼き鳥屋へご挨拶に。


席へついて一杯目は、久しぶりだから、メガハイボールお願いします。

今日のニュースを聞いていたら、皆さんメガハイボールを飲んでいるらしいですね。

たしか私の隣の人もメガハイボールでした。

これって大衆心理なのかな〜( ´艸`)

ずっと家飲みだと、缶ビールがほとんどでしたので、どうしても気分的に違うものだと、メガハイボールになるのですが、皆さんの気分はいかがだったのでしょうか。

やはり冷奴のお通しと炭火焼の焼き鳥は、家では出来ませんから久々の感動ですね。

飲みながら気になったのは、滞在時間の90分であるが、どこのお店にも誰かタイムキーパーがいるのでしょうか。

自分で時計を見ないかぎり、何時に入ったのかなんて飲んでいると忘れていますよね。

店員もオーダー対応が忙しいので、客の退店時刻なんて管理できますかね?

私の場合、メガハイボール、ビール、酎ハイなので90分ですよ。


さて本当に久々の店飲み再開に店側へ黒竹の植木鉢をプレゼントしてきました。

入口横に風にそよぐ黒竹を見かけたらひと言お願いします。


ところで、相変わらず、1日の新型コロナ新規感染者は減る見込みは無くなりましたね。

一方でオリンピックの観客を何人にするかで論戦を繰り広げられたりもあって、都知事もさすがに疲労が溜まり過ぎてしまったのだろう。静養して本番に備えていただきたい。

最近の新型コロナ感染者で若い人が多くなってきていますが、ほとんど家庭内らしいのですが、若い人はワクチン接種がまだですので、親など同居の家族は十分に注意が必要だ。

果たしてアルコール解禁で新規感染者が増となるのか検証することもオリンピック開催前には最重要なことだと考える。


ところが、21日都内病院でインド型変異ウイルス・デルタが3人確認されている。

バラバラに感染が確認されているので、すでに市中感染は広がってしまったと思っていたほうが賢明だ。

飲みに行くときも場所を見定めておく必要はありそうだ。

ただ都内では、8時過ぎは路上飲みが増えたり、店内は入りきれないほど密な状態もあるやらと、東京の感染者がインド型へ置き換わるのも先のことではなさそうだ。

家族の皆さんは、十分に注意を。





オリンピック開催中の祝日、カレンダー変更注意 [2021年06月21日(Mon)]
6月7日にも掲載しましたが、オリンピック開催に伴い、以下のように祝日変更が設定されています。

昨日の日記に大型連休は無いと書きましたが、7月22日と23日の祝日と土日で4連休になります。オリンピック開催のときに当たります。

8月は、7日8日9日で3連休になります。



【再掲】

ご注意ください。

オリンピック開催に伴い、今年の夏の祝日が変更になっております。

■海の日(7月第3月曜)→7月22日(木):五輪開催式前日

■スポーツの日(10月第2月曜)→7月23日(金):五輪開催式当日

■山の日(8月11日)→8月8日(日):五輪閉会式当日

■10月は祝日がなし→スポーツの日が五輪開会式に移動したため




さて全国知事会が、政府は感染拡大の契機とならないよう万全の対策をと緊急提言を国に提出を予定している。
東京オリンピック・パラリンピック開催時期は、特に人の移動が多く動き方も通常と異なる夏休みに大会が開催される点で感染再拡大の可能性が高い。
そして海外の出場代表選手からは、PCR検査を受け1人が陽性者となっている。
専門家は、インド型(デルタ型)の拡大などが懸念され、7月下旬から8月にかけて『第5波』が来る恐れがあると警鐘を鳴らす。
今年のオリンピック開催も昨年の第2波で感染が拡大した時期(7月から8月)と重なる。
ワクチン接種の集団免疫効果はまだ出ないので、換気の悪い場所や人混みを避けるなど自ら気を緩めず行動する必要がある。
宣言解除は、安心安全の証ではなく、感染拡大の前ぶれと思っていたほうが身を守れる。感染者にならないために。
| 次へ
プロフィール

情報灯台、彩の松ちゃんさんの画像
情報灯台、彩の松ちゃん
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/m3734649/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/m3734649/index2_0.xml