• もっと見る

プチ情報灯台CANPAN

情報灯台、彩の松ちゃんです。60歳からの若さと健康を追求する徒然日記


今の野党がやるべきことは [2023年12月26日(Tue)]
野党は、与党の裏金疑惑を追及するだけでは、何も政治は変わらないだろう。野党は何も仕掛けなければ、2024年も政権は何も変わらず、だらだらと何の成果もなく過ぎていくことになるのではないか。野党の誰一人、政権交代なんて言う人はいない、そもそも政権が取れるように一致団結を叫ぶ人も出てこない。

もし政権交代を狙うならば今しかないのだが、このチャンスを見過ごすのがオチではないだろうか。


さて今の与党はどんな事態だろう、政権内部はボロボロではないかと推測するが、人事をやったからと言って適材適所の人など見つかるはずがないと思われるが、この先解散総選挙なども危険な賭けになるのは明白だ。このままの政治が続いてよいと思う人はそんなにいないだろう、もし選挙があるならば国民全員が野党に投票すれば嫌でも野党が政権を握ることになる。暗中模索の政治でも今までよりは少しマシかもしれない、とにかく二大政党体制を作らねば好き勝手な政治になりかねない。今が政治の大改革のチャンスと見るが、来年は吉と出るか凶と出るか、政治家の本気度を見せなければ国民は投票しない。




話は変わるが、クリスマスも何となく終わり家にいると何も変化がないが、クリスマス寒波も徐々に東へ去っていくと思われる。この先の天気予報で最低気温が氷点下が見られない、その兆しは地面から水仙の芽が伸びてきたことからも感じられる。年内から芽が伸びてくることは、かなり暖かいと言ってよいだろう、もしかすると来年の夏も猛暑続きになる可能性が無いとは言えない、地面が冷え切っていないと言うことは、それだけ気温上昇が早まることになるから、春には夏ような暑さ化もしれないが、さてどうなるか。
| 次へ
プロフィール

情報灯台、彩の松ちゃんさんの画像
情報灯台、彩の松ちゃん
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/m3734649/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/m3734649/index2_0.xml