• もっと見る

プチ情報灯台CANPAN

情報灯台、彩の松ちゃんです。60歳からの若さと健康を追求する徒然日記


潜在的陽性者に注意した行動が必要 [2022年07月22日(Fri)]
ここ数日のうちに新型コロナウイルス感染者が急増しているが、すでに巷には潜在的に陽性者が蔓延している可能性もあるのではないか、そうでなければこんなに簡単に増加するはずがない。

旅行に行ったり夏休みで帰郷するので、たまたま検査をしてみたら陽性となった人が急増しているだけだと思うので、20万人だろうが30万人だろうが、検査すればするほど感染者数が増えるはずである。

毎日、検査で陽性となれば、その人は外出していないはずなのに、それでも連日感染者が増えることは、すでに巷には新型コロナウイルスが蔓延していると思って行動したほうが良さそうだ。

ただ蔓延と言っても新型コロナウイルスのエアロゾルが大量に浮遊していなければ感染することはないから、蔓延エリアを推測し近づかないことが重要だ。

それから毎日蒸し暑い日が続くうえ、夏休みでもあることから夜行性の生活になっているだろうから、閉め切った飲食店などはクーラーが回っていても換気にはならないので、エアロゾルが滞留していることも考えられるから、換気が悪い場所は避けたい。

気が付けばいつの間にか潜在的陽性者になっていることもあり得るかもしれないから、検査をしてみたら陽性だったことになりかねないので、昨年と一昨年のデータを見てもこれから感染がますます増加することは明らかだ。

昨年と一昨年との今年の違いは、行動制限が一切ないことであるが、その影響はかなり大きいと予想するので、感染爆発になるのは当然だが、救急車は来ない、病院は断られる、こんなことが当たり前に起こることになる覚悟をしておくべきだ。

国民全員が夜な夜な外出しているわけではないので、国民全体からみた潜在的陽性者の比率は少ないが、外出好きな人だけに絞って潜在的陽性者の比率を出すことが出来れば、かなり大きい比率と推測する。それが今の感染増の状況である。




もし巷に潜在的陽性者がたくさんいると仮定するならば、対策はそのような場所に行かないだけである。たとえマスクを着けていようが、隙間から漏れたりすることは多分にあるだろうから、マスクも万全とは言い難い。




今さら飲食店の時間短縮などやっても効果はないだろうし、濃厚接触はいろいろな場面で起こると思われるので、これといった感染対策は出てくることはないだろうから、自然と何十万人まで感染が拡大するのではないかと危惧する。ただ感染を怖がる心配はいらない、他人に近づかなければ良いだけである。
あらためて濃厚接触者にならない行動がどういうことか、考えてみる必要がある。
| 次へ
プロフィール

情報灯台、彩の松ちゃんさんの画像
情報灯台、彩の松ちゃん
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/m3734649/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/m3734649/index2_0.xml