CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プチ情報灯台CANPAN

情報灯台、彩の松ちゃんです。60歳からの若さと健康を追求する徒然日記


こどもの日に軒に菖蒲を挿していた [2022年05月05日(Thu)]
今日は、全国的に晴れの天気で、子どもの日にふさわしい1日である。
 
昔、子どもの頃、軒に菖蒲が挿してあるのを見たことがあったが、親の単なるいたずらくらいにしか思わなかったので、何も聞かずに今になってしまったが、やはり意味があったのでした。
 
子どもの日となる前は、端午の節句と言っていたが、午は五を意味し、端ははしっこを意味しているらしく、つまり5日が始まりと言うことらしい。
 
子どもの日は男女平等ですが、端午の節句は、男の子の日なので、菖蒲は尚武を意味し、武道・武勇を重んじることらしい。
 
ところで、子どもの日はいつから変わったのかと言うと、昭和23年からなので生まれる前からなのだが、親たちは節句とよく言っていたもので、何となくピンと来なかった。
 
そして国民の祝日に関する法律では、子どもの日とは、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」とあるが、どちらかと言うと、子どもより母の日ではないかとも感じてしまう。
 
端午の節句と子どもの日とは、全然違うような気がするが、時代の流れとともに変わるのでしょうね。
 
さて、子どもの日に変更したのはなぜでしょうか。
それは5月5日を「こどもの日」として祝祭日に指定していただきたいという神戸市内兒童約2万7千名の署名による請願があったのである。
 
では今夜は菖蒲湯で楽しもう、腰痛や神経痛に和らげる効果があるらしいのだ。
| 次へ
プロフィール

情報灯台、彩の松ちゃんさんの画像
情報灯台、彩の松ちゃん
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/m3734649/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/m3734649/index2_0.xml