• もっと見る

プチ情報灯台CANPAN

情報灯台、彩の松ちゃんです。60歳からの若さと健康を追求する徒然日記


今冬は暖冬になる見込みか円は150円台に移行か [2023年10月26日(Thu)]
私は、北半球の上空の寒気が拡大するので厳冬になると見ていたが、それは外れるようだ。一般的に冬は、西高東低の気圧配置になるが、エルニーニョ現象が発生しているので、太平洋の海面水温が冬でも暖かいため、低気圧の影響で暖かい上昇気流が維持されるので、上空の寒気が吹き降りてこれないため、気温が下がる可能性は少ないと考える。上空1500mには周期的に寒気が入るかもしれないが、普段は氷点下にはならないので地上への寒気の影響は無いと考える。そのため一時的な気流の変化で大雪はあるだろうが、全般的に暖かい冬となりそうである。ただ北海道は、寒気帯に入っているので、いつも通りの寒さになるだろう。

さて暖冬と言えども冬なので寒いことは寒いに変わりないが、大陸高気圧に入れば夜間は放射冷却でかなり冷え込むが、日中は日差しがあればかなり暑くなり寒暖差が大きい、10度超の寒暖差になれば体調を崩す人もいるようなので、朝方は体を冷やさないように保温性の高い寝具などに気を使うと良いだろう。




今冬もコスト削減は意識しなければならない家計状況であろうから、寒さ対策にも工夫が必要である。また食材や食料品については、スーパーなどで値上げに伴い販売数量が減少する状況に陥っているようだが、当然の結果であろう。使える金額は、変わらないのだから、私などは最初から金額を決めてそれ以上は買わないことにしている。恐らく今後は、消費が伸びないまま売り上げが落ちていくのではないだろうか、その結果支払う消費税額も減少し、国民に還元する税収も消えていくのではないだろうか。個人的には、現役引退時から自給自足生活に切り替えているので、税収還元など当てにしてはいないが、GDPが第四位に転落する見込みになるようであるが、現状が変わらなければどこまでも転落するのではないか、どこまで負のスパイラルに耐えられるか気になるところだ。




さて今日も国会は、喧々諤々と論戦が繰り広げられるだろうが、原稿を読んでいるだけの議論では結論など導かれないので観るつもりは無い。そもそも何でこんな状況になったのだろうか。まず首相の考えることと国民の考えることが定離し過ぎている。首相の演説は、論理的な言い回しが難しすぎて何を言おうとしているのか凡人には分からない。だから首相の演説が絵に描いた餅にしかイメージできない、その時点で本当に実行できるのか、あまりにも飛躍しすぎているのではないか、それが毎回のことだから、またかぁと言った状況になってしまった。そして最悪なことは、絵に描いた餅を国民に見せたから理解していると思っているのだろうか、国民側は絵に描いた餅をどういう道筋で進めていけば達成できるのだろうか、疑問を抱えたままであるので、その説明をせずに経済だ!と叫んでも国民はチンプンカンなのである。

来年、物価を追い越すくらいの賃金アップがあるのだろうか、最近は食料品の購入数も減っている状況なので、収益も激減する可能性だってあり得る、円安が進めばなおさらであるが、果たして経営者がそれでも賃金アップをしてくれるだろうか。国が賃金を上げろと言えば、体力のある企業はすぐに上げられるが、儲けの少ない中小企業では厳しいだろうと考える。つまり賃金アップの恩恵は、国民のごく一部の人にしか関係ないと考えるだろう。だから賃金アップに関係ないほとんどの人は、支持率にも関係なくなっているのである。




今朝の円相場は、150円超で始まっているが、専門家の言うとおりになっている。このまま年末に向けて150円台がどこまで進むかと言うことだ。仮に為替介入があったとしても円が値上がりする要素は何もない、投機家は円売りに走るだろう。果たして年末に円が何円になっているか、想像もしたくないところであるが、円安が進めば儲けなどすっ飛んでしまう事態になりかねないから、来年賃上げできる企業なんてほんのわずかであると予想する。今朝の円安も手堅く150円台をキープしていきそうな気配があるが、一方では、原油や金が中東情勢の緊張を受け、そこに円安を睨んだ投機家の買いが膨らみ、またまた高騰し始めている。今の臨時国会でも、低所得者への支援で給付額や給付方法がコロコロ変わるが、事務処理をやるのは自治体なのだろうけど、この年末に来て余計な仕事を増やさないでくれと言われそうだが、これだけ円安が進んでいけば、どんな給付も焼け石に水かもしれない。支出を極力しない対策を考えなければならない。いつまでも補助金に頼ることは、やがて大増税の大波が到来することに変わりがない、今言われている大地震がいつ起きるか分からないように財政破綻も起きないと誰が言えるだろうか。




ところで150円台の円安は、朝の立ち合いから昼にかけて徐々に進んでいる模様だ。そして午後になっても円安が戻る気配は無さそうである、むしろますます円安に向かっている。間違いなく来月も再来月も物価の値上げは続くだろうな。結局、終値は、150円の半ばまで円安となった。中東情勢の緊張が湾岸戦争並みに影響をもたらさなければ良いと思うだけである。




さて臨時国会は、毎日激戦と思うが観たいとは思わない、なぜなら意見が一致するとは思えないからだ。ところで当初非課税所得者へ補助を行う予定だったが、突然低額所得者へ給付金を支給することに変わったが、その分界点は所得がいくらなのか、個人的に思うには300万程度が妥当と考えるが、それは全く違っていた。確定したが不明なので書かないが、どう見ても選挙対策にしか見えない。ところで低額所得者にのみ支給する補助金は、高額納税者からの税金とも言えるから、高額所得者は何と思うだろうか。低額所得者の枠を拡大していけば収拾が付かない状況になりそうだが、すべては近い将来の大増税に向けて貸しを作ることかもしれない。どちらにしても大増税をやらなければ、財政悪化は改善されないだろうから、覚悟はしておいたほうが良いだろう。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

情報灯台、彩の松ちゃんさんの画像
情報灯台、彩の松ちゃん
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/m3734649/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/m3734649/index2_0.xml