• もっと見る

プチ情報灯台CANPAN

情報灯台、彩の松ちゃんです。60歳からの若さと健康を追求する徒然日記


資格確認書とは別に資格情報のお知らせカード [2023年08月25日(Fri)]
ますます訳の分からない健康保険証が出来上がる。マイナ保険証が使えないなら資格確認書で十分ではないのか。
そこに加えて訳の分からぬ資格情報のお知らせカードとは、いったい何なのか。そもそも今までの保険証で十分だ。
個人的には、病院は人間ドック、歯科医院は定期健診のみお世話になっているので、訳の分からない保険証を持ってトラブルになるなら、保険証が無くても困ることは無い。特にお薬手帳も持たないし、風邪もひかないので風邪薬も飲まないし、何も薬を服用していないので、マイナ保険証も役に立たないのと同じだ。
薬と言えば、蚊に刺された時のムヒか、膝関節症の湿布薬を使うが、ドラッグストアで買うから特に問題はない。

現在のマイナンバーカードは、ポイントバラマキ効果もあって4人に3人が取得した計算であるが、裏を返せば4人に1人は取得していないわけである。来月までポイント支給は可能なようだが、良くても5人に1人は最終的に取得しないのではないだろうか。こんな中途半端な制度では、デジタル化で業務効率アップは望めるどころではない、根本的に制度作りの発想に問題があるとしか思えない、便利なマイナンバーカードと言うよりもますます使われないマイナンバーカードになりかねない、付け焼刃対策を繰り返すたびに泥沼化しそうな予感がするが、そうならないことを願う。

また医療機関で紙のレセプトで請求している場合は、マイナンバーカードの義務化は対象外でもあるので、医療機関でもマイナンバーカードを使えないところがある。ほとんど高齢のお医者さんであろうが、このままでは町のお医者さんの廃業が増えそうだ。




さて昨日は、ロシア国内でワグネル代表の乗ったプライベートジェット機が突然爆発し墜落した。映像で見る限りは、真っ逆さまに落下していく模様が映っているが、危機のトラブル等の事故であれば、たとえジェット機であろうと滑空する傾向があると思うが、そのようには見えない。突然爆発すること自体が異常だろうから、破壊されたと考えるのが普通だ。ロシア国民が、このニュースを観て大人しく黙っているのか、少なくとも反発の行動は出てくるのではないだろうか、ロシア国民が認識をあらためる時期が来ているのではないだろうか。




今朝は幾分涼しくなって室温27度であったが、ムシムシするので動けば汗がべたつく。それでも朝晩は、秋の気配が日に日に近づいている感じがある。我が畑の栗も一昨日から落下し始めてきた、親が残してくれた栗なので多少は収穫しないといけない、恐怖の1か月が始まるのである。栗拾いほど楽しくないものはない。

ところで夏休みも残り1週間となった、昔はまとめて絵日記や漢字ドリルや図画工作、そして読書感想文など、この1週間で追い込みをかけるのが当たり前なのだが、今はどうだろうか。子どもの時に夏休みがあっても旅行へも出かけたことが無かった、なぜなら空いている時間は畑仕事の手伝いになってしまうので、隙を見て涼しい川へ逃げ出していた。だから川の危険性は、よく知っていたので溺れることなどあり得ない話であるが、今はその危険性を知らないで遊ぶから怖いのである。親は目を離さないことである。




記事にあったが、70〜80代でどれだけ稼げばよいか、と言うものだが、果たして働いていられるほど元気なのだろうか、と思ってしまう。自分の両親を見ても、70代に入って体を動かすだけでも辛そうにしているので、ほとんど仕事らしいことはしていなかった、自営だから特に怒られることも無いのでストレスも無いと思うが、自分のことを考えてもすでに膝痛で長時間の立ち仕事は出来ないので、再雇用など考えずに潔く現役を引退した。もちろん引退の前に副収入の当ては作っておいたが、1か月平均15万円の年金では贅沢は全くできないのが現状だ。

両親は70〜80代では、体力的に全く働ける状況ではなかったので、どれだけ稼げるかなんて何も考えていなかった。仕方が無く税金や生活費は、いつの間にか私の負担になっていた。今のところ人間ドックで異常は無いので、医療費がかかることは無いが、すでにお金にならない畑仕事しかしていない、果たして70〜80代で雇用などあり得ないだろうが、どうやって稼げはいいのだろうかと、記事に質問をしたくなるのである。




ところで高齢者でなくとも稼ぐのが大変になる時代かもしれない、なぜなら今日もまた円安が進行している、146円台に突入した(+_+)、もう150円に到達するのもそれほど遠くなさそうな気がしてきた。代わりに金は高騰し続けているので、貴金属を売り払うにはちょうど良いかもしれない、ただ輸入品などをみても円安がプラスになることは無いだろうから、コスト度外視の商売なんて出来なくなるだろう。




さて今日は、金曜日だ、新型コロナ定点把握の推移は全国平均(5/8から)2.63人→3.56人→3.63人→4.55人→5.11人→5.60人→6.13人→7.24人→9.14人→11.04人→13.91人→15.91人→15.81人→14.16人→17.84人とまたまた増加している。前回の感染者数が少なかったのは、医療機関が夏休みと患者も夏休みで検査数が少なかったのではないだろうか。今日は急に増えたように見えるが、実は水面下で着々とウイルスが拡大しているのかもしれません。特に大都市周辺の都道府県が拡大していることは、都会で飲食して近県に帰宅して感染を広げるパターンではないだろうか。5類に移行後、政府は知らん顔しているが、マイナ保険証でそんなことに構っていられないとでも思っているかもしれないが、新型コロナウイルスは確実に拡大しているのだ。私の周りでも、親戚の子どもが感染したり、年寄りの知人の友達が感染して亡くなったりしている、あらためて新型コロナウイルスは感染拡大していると認識するべきである。




ところで日に日に泥沼化していくマイナ保険証であるが、一旦すべてをリセットしたほうが良いのではないかと思えてくる。問題の論点が、全く分からなくなってくる。誤登録が問題と言うが、何でも登録できてしまう、2重にも3重にも何でもかんでも登録できるシステムは欠陥システムとしか思えない。マイナンバーカードは、全国民が取得することが理想なのだろうが、当初の前提が任意なのだから今さら文句を言うべきでない。あらためてシステム改善を行ったうえで、国民全員に交付する制度に変えるべきである。まずはシステム改善が大前提で、何のトラブルも起きないことを検証したうえで、保険証業務に適合しているかどうかチェックを行い、医療関係者とレビューを行わないかぎり使い勝手が良いか分からないので、すべての検証に合格してから解放するべきである。全国システムなのだから、セキュリティ対策の観点から見れば、甘すぎるとしか言いようがない。
ふと最近思うことは、紙の新しい保険証は8月1日から使用できるので、保険証廃止が秋ならば、来年も紙の保険証が貰えるのではないかと考える。市役所に確認の電話を入れるつもりだが、人間ドックしか行かないので保険証はどうでも良いのである。




テレビニュースになっていたが、埼玉県の秩父方面でクマの姿が見られるようになってきた。確かに秩父方面にクマが出没することは確かである、今の時期はクマも冬に備えて脂肪を蓄えたいので、どんぐりの実などを探してあちこち歩きまわっていると思われる。クマなどの獣は、早起きであるから早朝の暗いうちから歩き回るので、早朝ハイキングでは注意したい。クマは餌を探しているだけなので、慌てて逃げたり攻撃しなければ自分から逃げていくはずであるが、まだ遭遇したことが無いので分からない。秩父付近にクマは住んではいないが、迷いグマが時々いるらしいので、物音には敏感になることである。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

情報灯台、彩の松ちゃんさんの画像
情報灯台、彩の松ちゃん
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/m3734649/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/m3734649/index2_0.xml