CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プチ情報灯台CANPAN

情報灯台彩の国松ちゃんの情報灯台ホームページ実験体験日記を綴ります。


2014年08月19日今日は猛暑日なので世界遺産の富士山に涼を求めて登ってみた。 [2014年08月19日(Tue)]
今年は24時間テレビでも富士山登山に挑戦するらしいですが、最近は弾丸登山の自粛を呼びかけている。

今日は、朝8時10分富士山駅から路線バスで富士山五合目に到着、9時過ぎに登山開始。

八合目までは足が軽いのですが、八合目を過ぎ標高3000mより高くなると、酸素不足に脚の筋肉が動かなくなる。

ゆっくり呼吸を整えながら、水を一口口に含み一歩前進。

山頂に着いてのは、午後3時になってしまった。

今日の予定は、日帰りで変える予定である。

最終の路線バスは、夕方5時50分である。

もう3時間も無いのである。

下山ルートは、砂走りである。ご存知の方なら簡単に下山できないことはお分かりですね。

しかし今日は絶対帰らなければいけない。

そこで必殺最終手段、砂走りを走りました。約2時間半砂利道をスキーのように走りました。

命がけです。自己責任ですから構いません。とりあえず、日帰り登山完走です。



さてコレは弾丸登山でしょうか。

いいえ違います。

なぜなら健康、体力、全てに関して最高の状態で完走したからです。

六合目から五合目までは全力疾走です。



では弾丸登山とは、何?

夕方から登り始めて、通常八合目あたりの山小屋に泊まるのですが、

山小屋に泊まらずそのまま頂上を目指すのです。

八合目から頂上まで近そうに思えますが、空気は薄く、登山道は岩だらけです。

相当体力を消耗し、高山病(酸素不足により、めまい、はきけなどが起こる)になります。

富士山をあまく見てはいけません。

幸い山頂に到着できたとしても、寝不足の疲労が一気に体にのしかかってきます。

もう既に砂走りを下山する体力は無くなっております。

怪我は、ここで起きるのです。

下山をあまく見ないでください。

もう一度言うと、寝不足の登山は、あなたの命を落とします。

自粛しろなんて言いません、完全に無睡眠夜間登山は止めてください。

3000m級の山をあまく見ないでください。

ど素人の登山者ほど弾丸登山をやっているものです。ど素人な登山者ほどやるんだね。ウンウン


DSCN9378.JPGDSCN9369.JPGDSCN9372.JPG















































情報灯台お問合せフォーム
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

情報灯台彩の国埼玉の松ちゃんさんの画像
情報灯台彩の国埼玉の松ちゃん
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/m3734649/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/m3734649/index2_0.xml