CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

見習い銀匠

ハンドメイドシルバーアクセサリーのブログです!
銀匠と称すにはまだまだ腕は未熟すぎますが、銀塊に込める手作りの想い、見てください。
(明治大学商学部ブログ企業論)


本ブログは大学の授業で開設しました。現在は個人ブログとして続けています。彫金の工程紹介をメインに更新していく予定です。他には登山記録、就職活動など書き記していきたいと思います。


「クラウン」 3,燻し仕上げ(1号) [2009年06月13日(Sat)]
すみません、最近忙しくてあまり更新できてません。
今日はクラウン1号の方の制作を紹介します。あと2〜3回は1号に関する記事になると思います。

1号と2号の違いは……仕上げの違いです!

1号は「燻し仕上げ」、2号は「白仕上げ」でいきます。3号はまだ未定です(注文してくれた方に合わせることになります)。


というわけで、クラウンの裏地を燻し仕上げしていきますのが今回の記事です。





硫黄




黒い感じです






いつも通り、全部真っ黒にしてしまいます。
硫黄に突っ込み、バーナーで加熱し、何度か繰り返す。

あとは表面を研磨していけば、外はピカピカ! 中は燻し黒の重厚感! ということになるわけです。


まぁ短いんですが今回の作業はここまでになります。

実はこの仕上げをする際にいろいろNGがありまして。


僕としては、アンティーク調に仕上げたかったわけです。
割と入り組んでいるデザインですし、鏡面仕上げにするよりも表面も燻して少し磨く程度でいいかなと。


なので、240番のヤスリ(粗いヤスリ)で磨いただけで、研磨して燻しました。



アンティーク調



これであとはバフって石打ち込んで仕上げるだけー……って、しかし、

ご注文してくれた友人が鏡面でいいよ、とのことだったので、
燻した後に1000番(細かいヤスリ)で磨いて、それから再度燻しに入るということになりました。


研磨(粗め) → 燻し → 研磨(細かめ) → 燻し → バフ掛け


長かった……。んで、作り終わってみると別に表面は鏡面でも全然ありだなぁというのが感想。石も目立つし。燻しのまんまより良かったんじゃないかな!

中だけ燻し、外は鏡面という不思議な仕上がりになりました。



以上、制作中のNGシーンでした!

実は記事にしてないだけ(書き忘れ)で、ミスったり、同じ工程をぐるぐるやり直してたりすることたくさんあります。そのうちNG集の記事出しますわ。


次回はバフ掛けしますー


◆ワックス制作
@設計図
A削り作業1 角
B削り作業2 ルーター
C削り作業3 王冠
D削り作業4 縁取り
Eワックスペン
F仕上げ〜キャストA
G仕上げ〜キャストB

◆仕上げ
@研磨
Aダイヤモンド
B燻し仕上げ
Cバフ掛け
D石留め(1号)
E再度研磨
F白仕上げ
G超音波
Hバフ掛け
I石留め(2号)
J仕上げ
K完成



◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
見習い銀匠
安齋

ginsho-a@mail.goo.ne.jp



押していただけるとやる気がでます。お願いします♪
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学4年生へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
「クラウン」 2,ダイヤモンド [2009年06月01日(Mon)]
なんか最近テンションが上がりません。ちょっと遅い五月病ですかね。
前回ではルーターによる研磨をおこないましたが、今回はダイヤモンド加工されたヤスリ(?)で研磨していきます。今回記事の写真に載っているのは1号の方です。


というか目次に書き忘れていましたが、チェーン穴の接着が抜けていました。簡単に紹介します。銀ロウ→加熱で接着です。



ロウ付け



バーナーで加熱



小さくて見えにくいかもしれませんが、実は手こずった記憶があります。
バーナーの風圧でチェーン穴を作るブリッジが倒れていまうんですよね。

ちなみに二回リトライしてます。相変わらず私はロウ付けが苦手なようです。



そのような感じで、クラウンの形が出来上がったところで研磨を進めていきます。
今回の主役。

ダイヤモンド加工のヤスリです、ルーターに取り付けてやっていきます。


ダイヤモンド




縁以外はザラザラに



はじめ私の中では裏も表も燻し仕上げでアンティーク風にするつもりだったんですよ。

なので、ざらついた感じがいいのではないかと思い、ダイヤモンドでわざと表面をピカピカさせない仕上げにしようとやっていきました。


……が、そうはいかなかったわけです。

長くなってきたので今日はここらへんで。
次回は燻します。全部真っ黒です。



◆ワックス制作
@設計図
A削り作業1 角
B削り作業2 ルーター
C削り作業3 王冠
D削り作業4 縁取り
Eワックスペン
F仕上げ〜キャストA
G仕上げ〜キャストB

◆仕上げ
@研磨
Aダイヤモンド
B燻し仕上げ
Cバフ掛け
D石留め(1号)
E再度研磨
F白仕上げ
G超音波
Hバフ掛け
I石留め(2号)
J仕上げ
K完成



◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
店名 見習い銀匠
店主 安齋 修平

ginsho-a@mail.goo.ne.jp



押していただけるとやる気がでます。お願いします♪
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学4年生へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
「クラウン」 1,キャスト〜研磨 [2009年05月30日(Sat)]
雨がひどいですね。体調崩さないように気を付けます。
今回からはキャストあがりのクラウンの組み立てから仕上げを記事にしていきます。


今回は3個ほど発注




ギンギンに輝いてます


キャストからあがってきたばかりのものはピカピカというよりギンギンとした輝きをもっています。
銀の注ぎ口の跡も残っていますので、余計なところを削って研磨していかなければなりません。



ルーターで研磨


いつも通りルーターで研磨していきます。240番(粗いヤスリ)→1000番(細かいヤスリ)です。


裏側はこんな感じです




今回組み立ては2個行いました。それぞれ仕上げ方を変えていきます。

クラウン1号は燻し仕上げ。連載記事の前半で進めていきます。
クラウン2号は白仕上げ。連載記事の後半で進めていきます。




◆ワックス制作
@設計図
A削り作業1 角
B削り作業2 ルーター
C削り作業3 王冠
D削り作業4 縁取り
Eワックスペン
F仕上げ〜キャストA
G仕上げ〜キャストB

◆仕上げ
@研磨
Aダイヤモンド
B燻し仕上げ
Cバフ掛け
D石留め(1号)
E再度研磨
F白仕上げ
G超音波
Hバフ掛け
I石留め(2号)
J仕上げ
K完成



◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
店名 見習い銀匠
店主 安齋 修平

ginsho-a@mail.goo.ne.jp



押していただけるとやる気がでます。お願いします♪
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学4年生へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
「クラウン」 8,ワックス型仕上げ後編 [2009年05月12日(Tue)]
型ができるよ!ここまで長かったですね。3ヶ月くらい経ってんじゃないでしょうか。
今日でクラウンの型の完成です。
前回はチェーン穴を作るためにどうしたらいいかと悩んでいたところまででしたが、ソフトワックスを使ってみることで乗り越えてみました。




棒タイプのソフトワックスを使ってみました



ソフトワックスを甘く見ていましたよ。
ワックスペンで接着しようとしたら、あれよあれよと簡単に溶けていきました。そしてボロボロになりやすい。
ハードワックスで慣れていた自分にはめちゃくちゃ使いにくかったです。ホントすぐ溶ける。



何個か試しに作り...



一番形のいいものを選び...



型の完成!




キャストに出します。うわぁ...ゴム型2つでいったいいくらになるんだろう。違う意味でドキドキです。しかも実は別々にキャスト出さなくてもなんとかなっただろうという話なんで、ちょっとヘコんでます。

さて、次回からはキャストからあがってきて組み立てになります。後半戦ですね。
形的にロウ付けによる接着が難しそうです。

どんな石を埋め込みましょうか。やっぱりアメジストかなぁ...。


◆ワックス制作
@設計図
A削り作業1 角
B削り作業2 ルーター
C削り作業3 王冠
D削り作業4 縁取り
Eワックスペン
F仕上げ〜キャストA
G仕上げ〜キャストB

◆仕上げ
@研磨
Aダイヤモンド
B燻し仕上げ
Cバフ掛け
D石留め(1号)
E再度研磨
F白仕上げ
G超音波
Hバフ掛け
I石留め(2号)
J仕上げ
K完成


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
店名 見習い銀匠
店主 安齋 修平

eb60014@kisc.meiji.ac.jp



押していただけるとやる気がでます。お願いします♪
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学4年生へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
「クラウン」 7,ワックス型仕上げ前編 [2009年05月09日(Sat)]
ではではクラウンの記事の更新いきます。ホントSDカードあると楽ですね。今まで1枚1枚PCに画像を送信していたのが嘘のようだ!
今日は石穴作って仕上げです。
実はめちゃくちゃココ苦戦したんですよね。この工程だけで1日終わった気がする。



ワックスペンで盛って......



ココは比較的うまくいったんです。
盛ったワックスをヤスリで整えて、ルーター使って穴空けるだけだから。

センセ「ゴム型にすると少し縮むから気持ち大きくしといた方がいいよ」
わたし「うぃーす」

しかしこう言われると...案の定予定よりも石穴が大きくなってしまった。3ミリ石の予定が4ミリ石に。どうもコンマ以下になると微調整するのが苦手なようです。致命的かもしれません。



まぁここまではいい感じ



あとはチェーン穴をどう作るかでした。
王冠の端と端をブリッジのように繋ぐのが最適だと思いやってみたのですが、ハードワックスだとどうもうまくいきません。というか形に合わなくて、かみ合わない。


なんかダサいぞ...



しかもゴム型を作るため、型が抜けるようにしなければなりません。
接着してしまうと型が抜けなくなってしまうので、別々にゴム型をとらなければならないようです。費用的にもなってこったです。

てことでソフトワックスに手を出してみました。
なんか長くなってきたので今回はこのへんで!
次回ソフトワックスを使い、型の完成→キャストです!



◆ワックス制作
@設計図
A削り作業1 角
B削り作業2 ルーター
C削り作業3 王冠
D削り作業4 縁取り
Eワックスペン
F仕上げ〜キャストA
G仕上げ〜キャストB




◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
店名 見習い銀匠
店主 安齋 修平

eb60014@kisc.meiji.ac.jp



押していただけるとやる気がでます。お願いします♪
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学4年生へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
「クラウン」 6,可愛さ重視・玉作り [2009年04月30日(Thu)]
久々の彫金記事更新です。ちゃんとクラウンの制作は進んでいるんですよ。しかもこの作品、このブログを見てくださった方から需要があったこともあり、少し気合い入れて作っています。

今日はワックスペンを使って王冠の端に玉を作っていきます。シンプルなデザインなので、いっそ可愛く仕上げてしまおうって感じです。



熱でワックスを溶かす便利アイテム




以外に難しいです



感想一言。

綺麗な玉ができない!!
ちょっとなめてました。ここの工程は一瞬で終わるものだと思ってたのですが。

ワックスはロウのような材質です。そりゃ熱を加えれば溶けてくれます。ですので、ワックスペンの先っぽに溶けたワックスをためて引き抜くと丸くなります。玉のように、理論上は。

でも上手くいきませんね。硬直する前に玉がつぶれてしまいます。
ですので、多少の楕円は仕方ないとし、玉を大きめに作って後に綺麗に削っていくことにしました。









紙やすりで丁寧に削っていきました。
どこも同じ大きさにするのが意外と大変。左右対称の作品って苦手なんですよねー。


次回は石穴を整えてキャストですね!
ゴム型で発注しようかなと考えています。





写真をいつもより低い容量にしてみたら案の定小さくなってしまった......。ロード時間短くていいんだけどなぁ。

◆ワックス制作
@設計図
A削り作業1 角
B削り作業2 ルーター
C削り作業3 王冠
D削り作業4 縁取り
Eワックスペン
F仕上げ〜キャスト



◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
店名 見習い銀匠
店主 安齋 修平

mamoru47@msj.biglobe.ne.jp



押していただけるとやる気がでます。お願いします♪
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学3年生へにほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
「クラウン」 5,縁取り [2009年04月10日(Fri)]
どうも、就職活動が終わって、本日は久米先生に会ってきました。経営者の悩みや金融機関への考え方など聞いてみました。
今年度のブログ企業論の皆様も頑張ってください。


というわけで今日はクラウンの続きを載せていきます。久しぶり。
今回は厚みの調整と縁取りを行っていきます。



前回は王冠の形まで整えました



このままでは何か味気ないと思いましたので、縁をとって、中身は燻して仕上げようかなと思いつつ制作に取り掛かります。

作品を仕上げていく上で大切なのが厚み。
厚すぎると重い。そしてコストがかかる。
薄すぎると軽すぎる。そして重厚感がなくなる。

ということで型の厚みは1ミリを目安に作っています。
コスト的にもちょうどいい。ほんとはもっと薄くしたかったけど型が割れるのが怖くてできませんでした。



厚みを図るハサミみたいなものです




縁に沿って傷を残し




スパチュラ(スプーンみたいなもの)で形を掘り進める



縁までエグってしまわないように気をつけました。
これ勢いついてるとガリっとやってしまうのですよ。

傷の残る王冠なんて何かイヤですしね。
キレイに仕上げたいところです。でも、鏡面仕上げでいいのか、若干不安。鏡面かなぁ...。




だいたい上手く削れました



このような感じで、丁寧に縁作りをしました。これだけで1日だよ。まだまだ速度が遅すぎる。
次回はワックスペンで補修していくところが幾つかあるので、そこを載せていきたいと思います。

なんかどんどん可愛いクラウンになってきてます。



◆ワックス制作
@設計図
A削り作業1 角
B削り作業2 ルーター
C削り作業3 王冠
D削り作業4 縁取り
Eワックスペン
F仕上げ〜キャスト


久米さんについて。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
店名 見習い銀匠
店主 安齋 修平

mamoru47@msj.biglobe.ne.jp



押していただけるとやる気がでます。お願いします♪
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学3年生へにほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
「クラウン」 4,削り作業 王冠 [2009年02月28日(Sat)]
最近就活が生活の中心になりそうです。就活は自分の生活の一部としてやっていきたいのになぁー。ほとんど寝てないのでめっさ眠いですが、気分転換に更新です。

本日は、王冠の形つくりになります!




前回は穴をくり抜き



今回はこんな感じに仕上げます



とりあえず、必要な部分まで削らないよう細心の注意を払います。そんなに手先器用じゃないので、ふとした拍子でザクッとやっちゃうんです、私。

削るところをライン取りし、糸鋸で切れ目を入れていきます。



ワックス用の糸鋸



余談ですが、ワックス用の糸鋸って、銀板切るときの糸鋸と刃が違うんです。

ワックスは型をつくるため、ロウソクのような柔らかい素材でできています。ですので、ふつうのノコギリのような刃の形だと、刃と刃の間に切りカスが溜まりやすくて切れなくなってしまいます。

ワックス用の糸鋸はノコギリ状ではなく、鉄線が捻れた形になっています。



糸鋸で削ると…




こう、もう少しスマートにできないか少し反省しました。
ここから地道にヤスリで削って、先程のように王冠の形に仕上げていきます。


ちなみに苦労したのが、こういう左右対称なオブジェが難しいです。
バランスを整えながら、削って、ときにはワックス付け足して。

特に自分は左右の形が同じでないと気になって型そのものを壊してしまいたくなる衝動に駆られますので、我慢との闘いですね。

今回は糸鋸の切り口の角度が左右で若干違い、その修正に時間がとられました。


そろそろ速さも追求していかなければ…

次回は、ここから縁取りに入ります。
就活もほどほどに頑張る!


◆ワックス制作
@設計図
A削り作業1 角
B削り作業2 ルーター
C削り作業3 王冠
D削り作業4 縁取り
Eワックスペン
F仕上げ〜キャスト



◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
店名 見習い銀匠
店主 安齋 修平

mamoru47@msj.biglobe.ne.jp



押していただけるとやる気がでます。お願いします♪
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学3年生へにほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
「クラウン」 3,ルーター [2009年01月25日(Sun)]
明日がテストなのに勉強していない安齋です。ボランティアの定例会に行っていました。
もうどうしましょう、企業研究が進みません。果たして内定が取れるのだろうか!?

ということで、本日はクラウンのルーター作業の記事です。ワックスに穴空けます。



前回はここまで完成




毎度お馴染みのルーター(出力低いやつですが)


ルーターとは先っぽにドリルをつけて銀板やワックスを削るときに使います。

イメージとしては歯医者で使うドリルのような感じです。

取り付けるのを紙ヤスリを巻いたやつにすれば磨きを!
バフを取り付ければ仕上げを!

もし、自宅で何か制作するなら必須となるアイテムです。欲しいですが、もちろん高いですので購入はまだまだ先ですね。




先端の丸いドリルでどんどん削ります



下には新聞紙を敷きます。粉がひどく飛び散ります。
ちなみに写真では写っていませんが、私のズボンは毎度粉まみれになっています 笑"

削りすぎに必要以上に注意しながら中身をくりぬいていきます。




ホントはまだまだ削れたけど…



厚さを薄くするのは王冠の形に整えてからにします。
ということで、次回は精神統一・糸鋸で切れ込みを入れよう!になります。何気一番苦労したところかもしれません!




◆ワックス制作
@設計図
A削り作業1 角
B削り作業2 ルーター
C削り作業3 王冠
D削り作業4 縁取り
Eワックスペン
F仕上げ〜キャスト



◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
店名 見習い銀匠
店主 安齋 修平

mamoru47@msj.biglobe.ne.jp



押していただけるとやる気がでます。お願いします♪
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学3年生へにほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
「クラウン」 2,ワックス削り 角 [2009年01月13日(Tue)]
だいぶお久しぶりなクラウンの制作工程記事です。
前回はちょっと前になってしまいましたが、「設計図」を書いたんでした。
今回はさっそくワックスの削り作業に入っていきます!



目印をつける





愛用のヤスリたち(私物ではありませんが...)



このヤスリたちの中の一番右のやつを使って、ガンガン削っていきます。
特に角!

摩擦熱は銀板を削るより全然出ません。ロウソクと成分が同じ(?)なため削れやすいので、ちゃんと目印を確認しておかなければ、必要な部分まで削ってしまうので注意です



ちなみに以前ぼそっと記事に載せた、教室の先生とのやり取りはここでしました。


先生「削る量多くない?」

自分「そうですか?」

先生「もっとザックリ糸鋸で切っちゃってからヤスリがけすればいいのに」

自分「いやいや、必要な部分まで気がつかずに切っちゃうのが怖いんですよ! なので余裕たくさんで切ってヤスリかけていきます。そっちのが安心です」

先生「ワックスは作る人の性格がすごく出るからね。安齋クンは慎重なんだ」

自分「いえ、たぶんチキンなだけです! 頑張ります!」


……と、削ること30分ほど。
果たしてこれが早いのか遅いのかはわかりません。いや、たぶん遅い方だと思いますが。




下にすぼむ円柱ができました



ちゃんと左右バランス良く楕円を作ることが、ホントに難しい。
この作品に限らず、シンメトリーな作品は苦手すぎる。バランスをとろうとしていくうちにどんどん削れていくから。

学生作品展のような、左右非対称のオブジェがどんなに作りやすいものだったか身に染みて感じます。


次回はまた削り作業です。穴空けます!


◆ワックス制作
@設計図
A削り作業1 角
B削り作業2 ルーター
C削り作業3 王冠
D削り作業4 縁取り
Eワックスペン
F仕上げ〜キャスト



◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
店名 見習い銀匠
店主 安齋 修平

mamoru47@msj.biglobe.ne.jp



押していただけるとやる気がでます。お願いします♪
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学3年生へにほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
| 次へ