CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

見習い銀匠

ハンドメイドシルバーアクセサリーのブログです!
銀匠と称すにはまだまだ腕は未熟すぎますが、銀塊に込める手作りの想い、見てください。
(明治大学商学部ブログ企業論)


本ブログは大学の授業で開設しました。現在は個人ブログとして続けています。彫金の工程紹介をメインに更新していく予定です。他には登山記録、就職活動など書き記していきたいと思います。


「磔」 9:鏨作り [2008年05月28日(Wed)]
「鏨」って字、難しいですよね!私は読み方読み方わかりませんでした!笑"「タガネ」って読みます。
今回は石留めに必要なアイテム、「鏨作り」になります。



手前にあるのが鏨です




まず石の留め方についてちょっと。
石の留め方にはいくつか種類があります。今回選んだ石の留め方は「ちょこ留め」です、可愛らしい名前ですよね。

でも、これがなかなか難しい!
というか作業に取りかかってから彫金先生に、「難易度だいぶ高い留め方なんだよ♪」と言われ唖然としました。先に言ってください!笑"


ではまた自作の絵で頼りないかもしれませんが、ちょこ留めのやり方を見てみましょう。



ちょこ留め作図



はい、すみません。だいぶ手抜きしてしまいました。石の各部分にはちゃんと名称があるのですが省略です。
とりあえずここで大切なのは、図の通り、「石穴の広さ・深さ」と「押し込む」作業の二つです。


前回の記事で書いたとおり、ちょっとした油断で石穴を広くあけてしまい、さらに深く掘ってしまいました。非常にピンチです。
彫金先生に「こりゃ大変だぞ〜」と言われたときには背中に冷たい汗が……。


しかし、なんだかんだ後悔しても仕方ありません!
「押し込む」作業で広くあいてしまった部分を埋めていかなければなりません。

ここで登場するのが鏨です。
鏨を石穴に沿って作り、「押し込む」作業を行います。



鏨の先っぽ



最初は角張ったただの小さい鉄棒でした。写真はわかりにくいかもしれませんが、先の方はちゃんと石穴の周りに合わせて削りだしたものになります。


次回予告!
「失敗した石穴を鏨で地味に埋めていく作業。まさかの座りっぱなし5時間、腰が悲鳴をあげます! お楽しみに!」




@設計図
Aワックス(型作り)
Bチェーン穴
C接合
D研磨(ルーター)
E燻し
F研磨(バフ掛け)
G石穴
H鏨作り
I石の埋め込み
J超音波
K再燻し
L完成



◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
店名 見習い銀匠
店主 安齋 修平

mamoru47@msj.biglobe.ne.jp



興味ある方は是非ポチっとクリックを!
にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 大学生日記ブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント