CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

見習い銀匠

ハンドメイドシルバーアクセサリーのブログです!
銀匠と称すにはまだまだ腕は未熟すぎますが、銀塊に込める手作りの想い、見てください。
(明治大学商学部ブログ企業論)


本ブログは大学の授業で開設しました。現在は個人ブログとして続けています。彫金の工程紹介をメインに更新していく予定です。他には登山記録、就職活動など書き記していきたいと思います。


「磔」 8:石穴 [2008年05月27日(Tue)]
前回で作品の研磨の仕上げも終え、本当ならココで完成です。……が、この作品に、“彩り”を加えたいと思ったので、もう少し工程を増やしてみました!
工程8段階目は、「石穴」です。


作品上部にぽっかりと空いた穴



この作品、銀の彫像であるため、なんだか雰囲気が重い感じになるのではなぁと予想していました。
それは「磔」をモチーフにした時点で背徳感から重さは伝わってくるのですが、そこに何か色を入れることができればアクセントになるのではないかと思ったわけです!



選んだ石は……ロードライト・ガーネット(Rhodolite Garnet)。
石言葉:情熱的な愛。

ガーネットは古来から「神聖な石」とされている。この「神聖」という言葉に惹かれてチョイスしました。石言葉の方は……後から気づきました。誰かにプレゼントとかってわけではありません!笑"



今回の石留めの方法は「ちょこ留め」という可愛らしい名前の留め方です。
どんな留め方かは次の記事で紹介します。
余談ですが、難しい留め方らしいです!作業に入ってから知りました!笑"


ロードライトの石は最大直径3ミリのものです。なので、直径3ミリを超えないように、うまく穴を掘らなければなりません。加えて掘りすぎも石が陥没してしまうので要注意です。
神経を集中させます。


ドリル使います



前回バフ掛けで使ったルーターの先をドリルに取り替えて穴をあけていきます。

コンマ1ミリの細かい堀幅を測らなくてはいけないのですが、私はコンタクトをつけているので目が乾いて仕方がありませんでした。
目薬を常用しながらの戦いになります。


しかし、私の奮闘も虚しく(集中力が途切れたというのもありますが)、




……穴掘りすぎました。
さて、いったいここからどうしましょう。非常にピンチです!!

次回につづく。



ロードライトについてもっと詳しく知りたい方はコチラ♪


@設計図
Aワックス(型作り)
Bチェーン穴
C接合
D研磨(ルーター)
E燻し
F研磨(バフ掛け)
G石穴
H鏨作り
I石の埋め込み
J超音波
K再燻し
L完成



◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
店名 見習い銀匠
店主 安齋 修平

mamoru47@msj.biglobe.ne.jp



興味ある方は是非ポチっとクリックを!
にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 大学生日記ブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
» いざ決勝トーナメントへ from 名古屋贔屓  〜グランパス推奨ブログ〜
5月31日 ナビスコカップ予選リーグ第5節

14:00キックオフ(京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球... [Read More]
Tracked on 2008年05月28日(Wed) 21:54
コメント