CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

見習い銀匠

ハンドメイドシルバーアクセサリーのブログです!
銀匠と称すにはまだまだ腕は未熟すぎますが、銀塊に込める手作りの想い、見てください。
(明治大学商学部ブログ企業論)


本ブログは大学の授業で開設しました。現在は個人ブログとして続けています。彫金の工程紹介をメインに更新していく予定です。他には登山記録、就職活動など書き記していきたいと思います。


「磔」 2:ワックス(型作り) [2008年05月16日(Fri)]
本日は彫金作品「磔」の第2段階、『型作り』の工程を載せてみます。



まずは"ワックス"の説明を。



ワックスというのは、蝋です。ロウソクの蝋と似たようなもので、削りやすく加工しやすい。これで自分の思い描くオブジェを作り、型を取ります。簡単に言えば鋳造ですね。
ゴム型にすれば、同じものを何個も生産することができます。

ワックスを削るのには以下の道具を使っていきます。




一番上の道具で、ワックスに溝を掘ったりします。
上から二番目の道具で、角などを削ります。小さな彫刻刀をイメージしてもらえるとわかりやすいですね。
下ふたつは先がスプーン状になっていて、丸みを帯びさせるときに使用します。


残念ながら、今回のこの作品のワックスの制作工程の写真はありません。もう鋳造して、銀のオブジェとしてできあがってから、このブログを立ち上げてしまったからです。
ワックスを使う次作では、このワックスの工程を詳しく載せていきたいと思います。


今回のワックスの流れを簡略的に書けば、

1、ワックスを糸ノコで大きめに切り取る。
2、粗めのやすりで削りながら、厚みを調節していく。
3、人の形を細かいヤスリで削り出していく。
4、細かいヤスリで表面を整えてやる。



これは実際に鋳造し終わったあとにできたものですが、この形にワックスを削り、やすりで磨き、仕上げたということになりますね。




@設計図
Aワックス(型作り)
Bチェーン穴
C接合
D研磨(ルーター)
E燻し
F研磨(バフ掛け)
G石穴
H鏨作り
I石の埋め込み
J超音波
K再燻し
L完成



◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
店名 見習い銀匠
店主 安齋 修平

mamoru47@msj.biglobe.ne.jp



興味ある方は是非ポチっとクリックを!
にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 大学生日記ブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント