• もっと見る

きょうされん熊本支部

きょうされん熊本支部会員事業所のブログです。熊本県内で活躍している事業所の日々の活動をご覧ください。


<< 2023年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

きょうされん熊本支部さんの画像
きょうされん熊本支部
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/kyousaren-kmt/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyousaren-kmt/index2_0.xml
65歳問題 [2023年06月30日(Fri)]
天草においては、介護保険移行後に障害福祉における相談支援を受ける事ができなくなるという案件で、天草市役所を訪問。
いろいろと意見交換を行いました。

厚生労働省は、下記の通知を出しています。
2023年6月30日 自立支援給付と介護保険の適用関係の留意事項と具体例.pdf

 一番最初に述べられているのは、「介護保険の被保険者である障害者から障害福祉サービスの利用に係る支給申請があった場合は、個別のケースに応じて、障害福祉サービスの利用に関する具体的な内容(利用意向)を聴き取りにより把握した上で、適切に判断すること」
 また、申請に係る障害福祉サービスに相当する介護保険サービスにより必要な支援を受けることが可能と判断される場合であっても、介護保険サービスの支給量・内容では十分なサービスが受けられない場合には、介護給付費等を支給するなど適切な運用」となっています。
 更に、障害福祉サービスの利用を認める要件として、(介護の単位数が一定以上等)のみに基づき判断することは適切ではなく、個々の障害者の障害特性を考慮し、必要な支援が受けられるかどうかという観点についても検討した上で、支給決定を行うこととなっています。

 就労系障害福祉サービスや自立訓練(生活訓練)については、65 歳以降も介護保険サービスに移行することなく、個々のサービスの支給決定の要件の範囲内で引き続き当該サービスの利用が可能として、具体的な例が示されました。

適切な支給決定に当たっての留意点として、障害福祉サービス利用者への介護保険制度の案内については、障害福祉サービス利用者の介護保険制度の円滑な利用に向け、要介護認定等の申請から認定結果通知にかかる期間を考慮して 65 歳到達日等前の適切な時期から要介護認定等に係る申請の案内を行うこととし、その際には、単に案内を郵送するだけでなく、市町村職員、相談支援専門員から直接、介護保険制度について説明を行うことが望ましいとしています。

そして、利用者負担への配慮として、新高額障害福祉サービス等給付費について、対象者等に対し、制度概要の説明や個別に勧奨通知等を送付すること。
障害福祉サービス利用者等に対する介護保険制度との併給が可能な旨の案内や指定特定相談支援事業者と指定居宅介護支援事業者等との連携について、必要な介護保険サービスを円滑に利用できるよう利用者に対しての案内や、介護保険サービスの利用に際しては、本人に了解を得た上で、利用する指定居宅介護支援事業所等に対し、利用者の状態や障害福祉サービスの利用状況等のサービス等利用計画に記載されている情報を提供するなど、適切に引継ぎを行うことを求めています。

更に、介護保険サービス利用開始後も、サービス担当者会議に相談支援専門員が参加する等して、相談支援専門員と介護支援専門員が情報共有や丁寧な引継ぎを実施することとなっており、その他の多くの市町村では、障害福祉サービスを継続して利用する場合は、障害福祉サービスの相談支援事業所が継続して支援を行っています。
長い間、支援を行っている関係性を介護保険を利用するという事で終了される事は、ご本人にとってもつらい事だと、お話をしながら感じたところです。

多くの皆さんと共有しながら、この問題について考えていきたいと思います。
KDF総会 [2023年06月17日(Sat)]
354441799_6281570531918909_1715228460485478704_n.jpgKDF(熊本障害フォーラム)総会が6月17日 希望荘で開催されました。今回はハイブリット形式で、オンラインでの参加団体も数多く参加されました。
令和4年度事業報告として、障害者権利条約の対日本審査で出された総括所見等の勉強会などの活動報告がなされた後、決算、監査報告。その後、事業計画と収支予算について協議が行われました。

その後、障害者権利条約総括所見について、DPI日本会議の崔 栄繁さんによる講演。
その中で、強調されたのは医学モデルから社会モデルへ
保護の客体からの権利の主体へ という事で、医学モデルから社会モデル、人権モデルへの考え方について学ぶ事の多い1時間となりました。
今回は19条と24条を中心としたお話でしたが、障害者の地域生活への移行や分離教育における課題について、共有する事ができました。
やはり、障がい当事者の意思を確認する事の必要性、更には施設や病院に、家族に依存しなくてもすむ地域づくりが重要だと感じました。
日本全体の子供数が減っているのに、10年前に比べて特別支援学校は1.2倍、支援学級は2.4倍に在籍する子供たちが増えている事も指摘され、まずは、すべての障がいのある子どもが原則として、自分の住む地域の通常学校に行くことができる選択の必要性を感じたところです。

障がいがあってもなくても共に生きる社会とは…
これからの私たちの社会について、地域の方々や行政、障がい当事者と常に話し合いながら進めていきたいと思います。

きょうされん支部長・事務局長会議 [2023年06月14日(Wed)]
きょうされん支部長・事務局長会議が行われました。
今年度の事業や活動について、各委員会・部会からの提案を受けながら、事業方針を確認し合う事ができました。
当面の課題として、会員をどう増やしていくのか?
コロナ禍の中で、会員同士の交流がこの数年間行う事ができませんでした。どこの支部でも同じような課題を持っています。

障害者権利条約が地域のすみずみに広がる運動…
その一つが会員、つまり想いを共感する方々を如何に増やすか?につきると思います。今年度から、会員事業所から1名の委員の選任をお願いし、少しずつ参加して頂いています。
日ごろの悩みや、支援についても一緒に考えながら、活動を進めていきたいと思います。

さて、その中で、職員不足は各事業所の大きな課題となっています。「募集しても、まったく応募者がない」、「職員が足りなくて、現場が疲弊している」など、全国各地の障害福祉現場は、未だかつて経験したことがない「職員不足」を強いられています。
3年に1回行なわれる「障害福祉の報酬改定」は、すでに1月から検討チームが始動していますが、
この「報酬改定の検討」に、重大な問題となっている「職員不足の実態」を反映させるために、きょうされんでは、緊急の実態調査を行なうことが提案されました。
ご協力をお願いします。 6月30日迄
詳細については、こちら → https://www.kyosaren.or.jp/zenkoku-jimukyoku/22703/
広報委員会が開催されました。 [2023年06月13日(Tue)]
今日は、きようされん熊本支部の広報委員会。
総会で提案され各会員事業所に委員会へ1名参加の協力をお願いしたところ、2事業所から参加頂きました。
ありがとうございますにこにこ
いろんな情報交換と新たな広報について、意見も頂きました。
新たな一歩を互いに確かめ合いながら、活動を広げていきたいと思います。
非営利活動は、楽しまないと…^_^