• もっと見る

きょうされん熊本支部

きょうされん熊本支部会員事業所のブログです。熊本県内で活躍している事業所の日々の活動をご覧ください。


<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

きょうされん熊本支部さんの画像
きょうされん熊本支部
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/kyousaren-kmt/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyousaren-kmt/index2_0.xml
神奈川生存権裁判・横浜地裁判決についての声明 [2022年10月28日(Fri)]
神奈川生存権裁判・横浜地裁判決について、神奈川生存権裁判原告団・神奈川生存権裁判弁護団・
いのちのとりで裁判全国アクション・生活保護引き下げにNO!全国争訟ネットが声明を出しました。
こちら → 神奈川生存権裁判・声明.docx
福島防災ワークショップ [2022年10月27日(Thu)]
312817776_5558213064254663_4043432945134223462_n.jpg福島防災ワークショップに参加。

私は逃げることができるの?
いつ・どこで・だれと・どうやって?
いろんな方々のそれぞれの想いを聞く事ができました。

災害時は、障害者や高齢者等要配慮者の支援は地域ぐるみで考えなければならない。
という事…

障害者事業所だけで解決はできない課題です。日ごろからの地域との連携。緊急時に誰も取り残さない行動について、いつ災害が起こるかわからない今
もう一度、地域で考えていきたいと感じました。
10.25集会 [2022年10月25日(Tue)]
今回は、熊本支部より4名が参加しました。(九州理事・事務局長・職員・つばさ会仲間)
全国から約1300名(うちきょうされん約800名以上)、YouTube視聴者が1200名、うち熊本からは熊本支部、KDFからDPI副代表の平野さん、弁護団松村弁護士ほか1名の6名の参加でした。

札幌・仙台・東京・静岡・大阪・神戸・名古屋・福岡・熊本の9つの各地裁原告からのメッセージと裁判の状況について発言がありました。知らずに受けさせられた手術は優生保護法によるものだったことを2018年の裁判報道等で初めて知り、差別偏見と絶望のなかで生きてきた現在31名の原告の訴えが続きました。
熊本からは平野さんと松村弁護士は登壇し、今月末で結審となる熊本の状況を訴えられました。

シンポジウムでは、きょうされんの藤井専務が優生連の立場でコーディネーターをされています。優生思想を根付かせ誤った障害観を植え付け、人権を奪ってきた国の責任を認め、謝罪・補償・人権と尊厳の回復を求める内容でした。
現地でカンパ袋を回されており約30万円以上の活動資金が集まりました。
雨模様もあり最高気温15℃の寒いなかでの2時間の集会でしたが、障害当事者も多く最後まで皆さん参加されていました。

原告がみな高齢であり地裁で勝訴したとしてもまた上告され最高裁での裁判となると数年かかってしまいもう後がないという切迫した時期に差し掛かっていること、一刻も早く地裁で勝訴した勢いを裁判傍聴多数参加や声を上げていく活動に上乗せして全国に広げていくことを決意した集会となりました。
優生_ゆうせいれん_10.25集会チラシ第2弾.pdf
LIVE ぴいちくわたしたちのかくし芸2022 [2022年10月23日(Sun)]
昨年も好評だった「LIVE ぴいちくわたしたちのかくし芸2022」を、今年も開催します!なかなか会えない今だからこそオンラインで全国のなかまとつながって、みなさんの「すきなこと」や「得意なこと」を発表して盛り上がりましょう!
今年の冬も「すき」でいっぱいの素敵な時間になること間違いなしです!
みなさんからのご応募お待ちしています!

詳しくはこちら → 4_【ご案内】なかまニュース_12月16日_LIVEぴいちく.pdf
きょうされん専門講座 [2022年10月22日(Sat)]
日本は、国連から何を勧告されたのか!
2022年8月22・23日の両日、障害者権利条約の締約国としての日本政府の第1回審査がス
イスのジュネーブで開催されました。
この審査には、日本からも多くの傍聴団が参加し、またインターネット中継を通じて世界中がこの会議を見守りました。
その後、9月9日には、精神科病院における処遇や優生保護法被害者への対応など、条約批准
国であるわが国が抱えるいくつもの問題点について、国連の障害者権利委員会が総括所見を発表
し、勧告を示しました。
日本政府は、これらの勧告を国際的批判として厳粛に受けとめ、一刻も早い改善に向けて施策にとりくむ必要があります。
本講座では、この会議を傍聴したお二人より、報告と総括所見を受けての今後のわたしたち
の運動の展望などについて学びたいと思います。

詳しくはこちら → 5_【ご案内】2022年度きょうされん専門講座.pdf
文字デザイン募集&ウィズカウネットオータムキャンペーン [2022年10月21日(Fri)]
きょうされんカレー 文字デザイン募集
→ 1_事業_きょうされんカレー文�字デザイン募集!.pdf

ウィズカウネットオータムキャンペーン
→ 3_事業_ウィズカウネットAutumnキャンペーン.pdf
きょうされんNOW566 [2022年10月20日(Thu)]
きょうされんNOW566が発行されました。
こちら → NOW No566.pdf
障害者総合支援法等改正一括法案に関する意見 [2022年10月19日(Wed)]
障害者総合支援法等改正一括法案に関する意見をきょうされん常任理事会が出しましたので、ご覧ください。
こちら → 障害者総合支援法等改正一括法案に関する意見.docx
5つの意見が書かれています。

@グループホーム利用者が希望する生活の継続・実現の推進について
A就労アセスメントの手法を活用した支援の制度化等について
B調査・研究の強化(障害者DB・障害児DB・難病DB・小慢DBの充実)について
C医療保護入院の見直し及び精神科病院における虐待防止に向けた取組について
D福祉と雇用の連携強化について