CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうされん熊本支部

きょうされん熊本支部会員事業所のブログです。熊本県内で活躍している事業所の日々の活動をご覧ください。


<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

きょうされん熊本支部さんの画像
きょうされん熊本支部
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/kyousaren-kmt/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyousaren-kmt/index2_0.xml
共同創造の精神医療改革 ベルギーのプロセスに学ぶ 〜自分の人生を取り戻すために〜 [2021年09月19日(Sun)]
日本と同様に民間の精神科病院が多数を占めていたベルギーの精神医療改革に深く関わってきたBernard Jacob氏を招いて研修会を開催し、引き続きベルギーの改革について学んできました。
ベルギーで障害のある人や家族が改革に果たしている役割や課題を掘り下げてみたいと2回目のフォーラムがオンラインで開催されます。
詳しくはこちら → A「共同創造の精神医療改革 ベルギーのプロセスに学ぶ」チラシ・参加申込書.pdf
2021年度厚生労働省懇談に向けてアンケート協力のお願い [2021年09月18日(Sat)]
きょうされん利用者部会からの案内です。
新型コロナウイルスの感染が広がって1年半余りが過ぎました。感染がおさまらない中での生活は大変です。昨年も1000件を超えるアンケートの回答を寄せて頂き、要望書を提出しました。
今年も皆さんの声を集めて厚生労働省に伝えたいと思います。
ご協力をお願いします。

詳しくはこちら → 2021利用者部会厚労省懇談に向けたアンケート.pdf
きょうされんNOW539 [2021年09月17日(Fri)]
きょうされんNOW539が発行されました。
こちら → NOW No539.pdf

・自立支援法違憲訴訟団9.8パネルディスカッション
・「第3回コロナに関する生産活動・工賃実態調査」報告
・きょうされん第44回全国大会に参加しよう!
その他
旧優生保護法裁判 [2021年09月13日(Mon)]
旧優生保護法裁判が熊本地方裁判所で行われました。先日の神戸地裁における不当判決を受けての最初の意見陳述となります。今回は、コ田靖之弁護士が意見陳述されました。
改めて、原告らの主張として、旧優生保護法により「不良な存在」つまり本来であれば,この世に存在することが許されない存在と位置付けられ,そのことによって人間としての尊厳を奪われ,偏見・差別にさらされる地位に置かれた被害であると主張されました。
今もなお、障害者に対する偏見や差別は残っています。津久井やまゆり園事件もその一例です。
コロナ禍の中で、生活保護のバッシング的発言等も多々散見されます。
多様性を認めあう社会は、すべての人々の人権を守ることに繋がります。
仲間たちとの活動を通して、私たちも多くの事を学ぶ機会を与えられました。この裁判を通して、本当の意味での共生社会とは何かを多くの皆さんと一緒に考えていければと思います。


9.8オンラインパネルディスカッションアピール [2021年09月08日(Wed)]
障害者自立支援法違憲訴訟団主催で行われた「自助の教養は人権を脅かす!」オンラインパネルディスカッションでアピール文が採択されました。
津久井やまゆり園z事件、コロナ禍の中で、一人一人の人権が守らなければなりません。
障害者自立支援法違憲訴訟がもたらした「基本合意文書」、「骨格提言」から10年余り経過した中、みんなで力を合わせて考えていきたいと思います。

アピール文はこちら → 9.8オンラインディスカッションアピール.pdf
コロナで障害者打撃 医療機会、死亡率に差 精神状態の悪化深刻 2021年9月4日 共同通信配信記事 [2021年09月04日(Sat)]
新型コロナウイルス禍で各国の障害者に深刻な影響が出ている事が報じられました。
詳しくはこちら → 210904共同通信 コロナで障害者打撃 医療機会、死亡率に差 精神状態の悪化深刻.pdf

決して他人ごとではありません。1か月以上続く蔓延等防止措置が熊本でも取られていますが、大都市では緊急事態宣言下の中にあります。
現場の現状を伝えながら、障害があってもなくても共に生きる社会をみんなで考えていきましょう。