CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうされん熊本支部

きょうされん熊本支部会員事業所のブログです。熊本県内で活躍している事業所の日々の活動をご覧ください。


<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

きょうされん熊本支部さんの画像
きょうされん熊本支部
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/kyousaren-kmt/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyousaren-kmt/index2_0.xml
オンラインシンポジュウム [2021年06月28日(Mon)]
2007年9月25日、自転車に乗って障害者作業所から自宅へ帰宅中不審者と間違えられて、警察官から後ろ両手錠をかけられ、5人もの警察官にうつぶせに取り押さえられて亡くなってしまった安永健太さん。
警察は、「精神錯乱状態だった」と主張し、判決で警察の行為は正当だったと認定されました。
その判断のもとである警察官職務執行法を改正する提言がまとめられました。
障害がある人達が安心して暮らすことができる社会の実現に向けて議論を深めましょう!

詳しくはこちら → 【チラシ】安永健太さんの会シンポジウム20210925.pdf
新型コロナウイルス感染 [2021年06月26日(Sat)]
新型コロナウイルス感染拡大による事業収入減、働く障害者の給料減の回復に向けた活動や、医療従事者、シングルマザー等支援を目的に障害者作業所が新たに実施する社会貢献事業等、臨時助成金を公益財団法人ヤマト福祉財団が行っています。
詳しくはこちら → ヤマト財団・新型コロナ対応臨時助成金募集案内.pdf

障害者作業所の活動の一環としてご活用ください。
きょうされんオンライン2021専門講座1開催要項について [2021年06月26日(Sat)]
-コロナ禍だからこそ- わたしたちが大切にしたいこと、守りたいこと
をテーマにオンライン専門講座が開催されます。
開催要項はこちら → 【開催要綱】オンライン研修専門講座1 2021.6.24ver.pdf
生活では、「コロナ禍の中でのたのしみをどうつくりだしたのか」
はびきの園(大阪府)の関口耕一郎さんからのレポート
就労では、「働くことが一度止まってしまって感じたこと」
パイ焼き窯(東京都)の青山貴さんからのレポートです。
ぜひ、ご参加ください。
放課後等デイサービス2021年度報酬改定影響調査ご協力のお願い [2021年06月25日(Fri)]
障害がある子どもの放課後保障全国連絡会(全国放課後連)様より、きょうされんにアンケートの協力のお願いが届きました。
障害がある子どもたちの居場所として、とても大切だと思います。
ぜひ、ご協力ください。
こちら → (放課後等デイサービス)2021年度報酬改定影響調査:調査依頼.pdf
きょうされん第44次国会請願の報告 [2021年06月22日(Tue)]
署名77万8,268筆、募金30,731,541円
皆様のご協力に感謝申し上げます。
報告書はこちら → 第44次国会請願の報告0622【修正版】.pdf
「るぴなす」作品展 [2021年06月15日(Tue)]
SKM_C36821061512380.jpg現在、天水郵便局で、「るぴなす」作品展が開催されています。
素敵な作品です。
ぜひ、ご覧ください。

お問い合わせ先
多機能型施設 るぴなす
電話1(プッシュホン)0968-84-7858

旧優生保護法裁判6.14 [2021年06月15日(Tue)]
IMG_4052.jpg熊本地方裁判所にて、旧優生保護法に関する裁判が行われ、きょうされん熊本支部からもたくさんの傍聴に参加頂きました。

今回の意見陳述書からは、
原告女性の出産、子育てでの状況を通して、普通の子と違う事に対して社会からの偏見。そして、一人で悩む状況が続く中、第二子をおろすことになった経緯。
また、障害者を持つ親に対する偏見との闘いは、身につまされる気持ちでいっぱいになりました。
当時の国の優生政策の下、障害児が生まれるのは「遺伝」、言い換えれば「家系」の問題という認識がある中、自分自身に問題があるのだという認識をして、不妊手術を受けざるを得なかった。その結果、大きく人生を狂わしてしまった事が良く理解できました。

私たちは、この問題にどう向き合ったらよいのでしょうか?
過去の事である事で済ませて良いのか!
仲間たちを支援していく中で、私たちは、優生思想ときちんと向き合う必要があります。

この裁判での争点は、除斥期間という部分がありますが、障害に対する無知・無関心は、多くの人々を傷つけた事であり、優生思想の考え方そのものの是非が問われるものであると感じました。障害があっても地域で暮らす事ができる社会、生きがいを持って働く事ができる社会そのものが、誰もが安心して暮らせる社会ではないのでしょうか?
SDGsという観点が現代の社会で流行語のように飛び交っていますが、上からの目線で支援してあげている感じが否めません。
2030年そのような偏見がない社会をどうつくっていくのか?
今だからこそ、しっかりと過去を反省し、向き合う事が大事だと感じました。
全国大会企画 [2021年06月11日(Fri)]
全国大会テーマソングを歌って撮って送ろう企画が始まりました。
皆さん、奮ってご参加ください。
詳しくはこちら → 3.【44全国大会】テーマソングを歌って撮って送ろう企画.pdf
夏季販売事業にご協力ください [2021年06月10日(Thu)]
第44回全国大会グッズが、夏季販売事業を通して盛り上げましょう!
詳しくはこちら →【第44回全国大会グッズ】夏季販売事業.pdf
また、2021年は岩手大会です。全国大会応援商品もありますので、ご協力ください。
全国大会開催要項 [2021年06月09日(Wed)]
全国大会の開催要項で届きましたのでアップします。
第44回全国大会はオンラインでの開催となります。熊本からは、「みのり」の山下うららさんが実行委員として、頑張っています。
詳しくはこちら →1.【44全国大会】開催要綱.pdf

今回のテーマは、つながろう 語り合おう つくりだそう 〜ひとり一人の「いのち」輝く社会を〜
開催日:10月29日 10時〜16時

オンラインなので、コロナ禍の中で、私たちの運動を確かなものにしていく為にもぜひ、多くの皆さんに参加して頂ければと思います。
| 次へ