CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうされん熊本支部

きょうされん熊本支部会員事業所のブログです。熊本県内で活躍している事業所の日々の活動をご覧ください。


<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

きょうされん熊本支部さんの画像
きょうされん熊本支部
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/kyousaren-kmt/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyousaren-kmt/index2_0.xml
きょうされん重度・重複障害部会 2020年度 拡大部会のご案内 [2020年10月29日(Thu)]
きょうされん「重度・重複障害部会」で、拡大部会が開催されます。
昨年度の拡大部会では「重度・重複障害」を取り巻く動向や、各支部・会員の活動の状況などを交流しました。今年度は、講師に村井眞理子氏(滋賀県/びわこ学園事業企画部課長(重心ケアマネ・看護師))をお招きしての講演や、先進的な実践の報告などが予定されています。
参加をご希望の方は、11月27日(金)までに、きょうされん事務局までFAXまたはメールにてお送りください。

詳しくはこちら → 12_2020年度重度・重複障害部会拡大部会案内.docx

●開催日時:2020年12月18日(金)13:30〜16:30 ( WEB入室開始/13:00〜 )
●形  態:Zoom(12月11日(金)までに接続アドレスを送付いたします)
●参加対象:
・支部の重度重複部会の代表者又は支部の役員
・重度重複障害のある方が利用されている事業所の職員
・重度・重複部会実態調査アンケートにご回答いただいた事業所
●内容
 ・講演 村井 眞理子氏(びわこ学園事業企画部課長/重心ケアマネ・看護師)
テーマ『コロナ禍での障害の重い人を支援するにあたって留意すること』   
第8回居宅支援に関する学習・意見交換会のご案内 [2020年10月28日(Wed)]
昨年度に引き続き、第8回居宅支援に関する学習・意見交換会が、開催されます。

この間、新型コロナウイルス感染症による甚大な影響が障害福祉分野において出ています。特に居宅介護事業所では在宅支援について強い危機感を抱いております。
「新型コロナウイルスに関わる居宅介護事業所緊急実態アンケート」調査を通しコロナ禍において、事業の継続が更に困難になっている等の深刻な現状が浮き彫りとされた中、慢性的な人手不足、不安定な運営を強いられている事業所が多くある中で、事態を深刻化させています。
障害のある人の「生活」「くらし」を支える仕組みとして、居宅支援事業は無くてはならない大切な事業です。
居宅介護事業所のみなさんが、同じ場所で学習し、意見交換をする場となります。今年度は、感染予防の観点からオンライン開催としました。居宅介護事業所独自の実践課題やその専門性についてご意見いただき、今後の厚生労働省への要望等のとりくみにもつなげていきたいと考えています。ぜひこの機会をご利用いただきますよう、ご案内いたします。
            
■ 日時:2020年11月25日(水)13:00〜17:00 ミーティング入室開始12:30〜
■ 実施方法:ZOOMミーティングでの実施 
 ※利用方法については参加申込者へメールにてお知らせします。
■ 参加対象者:きょうされん会員事業所が所属する法人の居宅支援に関わる職員・関係者
■ 資料代:無料
■ お申し込み:申込フォームもしくは別紙申込欄にご記入の上、11月18日(水)までにお願いします。
→申込フォーム(QRコード): https://forms.gle/Yhferriy1NQeX1oN8

詳しくはこちら → 6_第8回居宅支援についての学習意見交換会案内.docx
相談支援実態調査協力のお願い [2020年10月13日(Tue)]
 今年に入り全国的に新型コロナウイルス感染症が拡大し、特に障害のある人は基礎疾患を持たれている方が少なくないため、様々な活動の自粛が迫られている実態があります。さらに、7月・8月・9月と大雨や台風などの自然災害や、連日の猛暑が続き、その中を相談支援の最前線で障害のある方々の生命と日々の暮らしを守るため大奮闘されていると存じます。
 きょうされんは、会の設立当初から「相談活動」をきょうされん運動の要となる活動と位置付け、職員の研修や政策提言、国に向けた要望活動を行なってきました。
 2018年4月より「障害福祉サービス報酬改定」が実施され、相談支援事業所においては報酬改定の具体的な影響が2019年4月からとなりました。きょうされん相談・支援部会では、委託及び特定相談を実施している事業所の報酬改定による影響や実態を把握するために昨年度「実態調査2019」を実施しました。
調査の結果は、昨年12月に滋賀県で開催した「拡大相談・支援部会」に報告して、今年1月に要望書をとりまとめて厚生労働省に提出し意見交換を行ないました。
 昨年度の第1次調査結果を踏まえて、さらに詳しく明らかにしたい事項や社会福祉法改正に伴う各地で相談支援事業の変化などを把握するため、この度第2次調査を行なうことにしました。今回の第2次調査の速報値は今年11月に拡大相談・支援部会(ZOOMで実施予定)を開催し、そこで報告させていただくとともに、来春に要望書を厚労省に提出していくことを計画しています。
 つきましては、添付の第2次調査への回答にご協力をいただき、10月16日までにFAXやメール、あるいはきょうされんホームページからのGoogleフォームにてご回答をいただきたくお願い申し上げます。また、この調査に1か所でも多くの事業所にご回答いただけますよう、貴法人内の当会加盟の相談支援事業所はもとより、きょうされんにまだ加盟頂いていない相談支援事業所、繋がりのある相談支援事業所にも回答にご協力をいただきたくご協力をお願い申し上げます。
また、きょうされん支部や貴事業所からも繋がりのある相談支援事業所に、ぜひ本調査へのご協力の働きかけを、よろしくお願い申し上げます。

相談支援実態調査 → 相談・支援実態調査2020(二次調査)調査票.docx