CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうされん熊本支部

きょうされん熊本支部会員事業所のブログです。熊本県内で活躍している事業所の日々の活動をご覧ください。


<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

きょうされん熊本支部さんの画像
きょうされん熊本支部
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/kyousaren-kmt/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyousaren-kmt/index2_0.xml
天海さんの障害福祉サービスを打ち切った千葉市に対して公正な判決を求める団体要望のお願い [2020年08月26日(Wed)]
署名のご協力をお願いします。

天海さんが65歳になった時、介護保険に申請をしなかったとしたとして、千葉市は障害者福祉サービスの支給を打ち切りました。2015年当時、住民税非課税の障害者の場合、障害福祉は利用料無料なのに対し、介護保険サービスを利用すると必ず1割の利用料を負担しなければなりませんでした。
しかし、障害者に対する就労保障や所得保障は不十分であり、健常者と同じように老後の資産形成(貯蓄)を行うことは困難です。こうした中で、負担が求められれば、障害者は生活費を削るか、必要でもあってもサービスの受給抑制をしなければならなくなります。
そもそも、障害者が65歳になっても、身体の状態や生活環境等に変化はありません。また、天海さんは介護保険制度への移行を望んでいませんでした。厚生労働省もこうした場合、勧奨の継続を求めています。しかし、千葉市は天海さんの意思や生命の危機を顧みることなく、支援を打ち切りました。同様の対応をした自治体は岡山市のみであり、同市は2018年 浅田訴訟に敗訴しています。

署名用紙はこちら → 天海訴訟 団体署名用紙.docx

また、障害者に認められる障害福祉サービスの給付量は生活を維持するうえで最低限の量に過ぎません。障害者が介護保険に移行した場合であって、サービス支給時間が障害福祉利用時より減少した場合、障害福祉サービスの上乗せを認めているのもこうした理由からであり、支給量が減った場合、障害者は当たり前の生活を維持できなくなります。
終了まで残り13時間 [2020年08月26日(Wed)]
皆様のご協力で、200万円を超えることができました。残り13時間となりました。
たくさんのご支援ありがとうございます。

【総支援額】2,184,910円
【総支援者数】238名
【達成率】65.0%

▼以下内訳
(ウェブ)
【支援額】1,254,010円
【支援者数】171名

(電話・FAX)
【支援額】930,900円
【支援者数】67名
クラウドファンディング残り4日 [2020年08月22日(Sat)]
皆様のご支援で210名を超えました!
残り4日となりました。引き続き、お知り合いの方にご紹介ください。→ 黒ハート

【総支援額】1,900,480円
【総支援者数】210名
【達成率】56%
---------------------------------------------
(以下内訳)
●ウェブ
支援額・・・1,049,680円
支援者数・・・152名
●電話・FAX
支援額・・・850,800円
支援者数・・・58名
旧優生保護法裁判傍聴 [2020年08月19日(Wed)]
117717899_3201235383285788_275625852006100384_n.jpg旧優生保護法の国家賠償請求事件の裁判が8月19日熊本地方裁判所で行われました。
コロナウイルス感染予防対策の為、傍聴ができませんでしたが、久しぶりの開催となりました。しかし、傍聴席の人数制限もあり、遠慮された方も多かったようでした。

熊本からは2人の方が原告となり闘っています。仙台では、旧優生保護法は憲法に違反している事を認めたものの除斥期間を適用し、賠償請求は棄却されました。熊本においては、原告らの被害の本質は、国によって「この世に生きていては困る迷惑な存在である」という烙印を押され続けたことによって、偏見、差別にさらされる地位に置かれ、人間としての尊厳を否定され続けた事から、原告らの被害は今もなお継続している事を訴えられました。国際的にも除斥期間を適用するのがおかしい事もでてきました。

津久井やまゆり園事件でも障害者に対する差別から起きた事件でもあり、19名の命を奪ったものです。
障害者の方々の人権の回復を行う為には、再発防止の施策と謝罪の周知が必要です。障害者権利条約を2014年に日本も批准しましたが、この裁判を通してこの旧優生保護法が間違っていたことを多くの方々に知って頂くことが、これからの地域共生社会への一歩に繋がると感じました。
今後もこの裁判を注視し、しっかりと学びながら、障害があっても地域で当たり前にはたらき、暮らしていく社会をみんなでつくっていきたいと思います。
人吉球磨きぼうの家からの支援物資ご提供のお礼 [2020年08月15日(Sat)]
人吉球磨きぼうの家から、お礼のお手紙を頂きました。
→ 支援物資お礼状.docx
7月4日起きた南部豪雨災害により、多くの方々が被災されました。全国各地より支援物資を届けていただき、たくさんの力を頂きました。
コロナ禍の中での復旧支援活動は、県内のボランティアに限られてしまい、困難を極めましたが、きょうされん熊本支部の皆様の応援で、仲間たちの家の復旧作業も無事に終わることができました。
ありがとうございました。
息の長い支援が必要です。今後ともよろしくお願いします。
県との要望懇談 [2020年08月05日(Wed)]
117128724_3165706533505340_7370207234577149638_n.jpg熊本県障がい者支援課と、コロナウイルス感染予防対策として、現在の現場の状況をお話ししながら第2波・第3波に備えて、どのような連携を図りながら進めていく方向性を協議しました。

コロナ禍の中で利用者の工賃や賃金の確保が難しい状況である事を訴え、行政としての支援の申し入れを行いました。
新しい仕事づくりや固定経費の補助、現在の事業所商品のPR等の補助についての提案を頂きました。
また、感染予防対策についても補助の方向性を具体的にお話をして頂き安堵したところです。
116807881_3247483201939918_8609590955710399045_o.jpg

熊本日日新聞にも取材して頂きましたが、PCR検査を定期的に施設等を利用している利用者及び職員。特に慢性的な疾患をお持ちの方等を中心に実施して欲しい要望も出させて頂き、今後検討して頂くことになりました。

見えないウイルスとの闘いが今後も続きます。
共に障害のある方の支援を地域でどのようにやっていくのかを協議しながら、障害者の暮らしと仕事を守る為に協働で今後も行う事が確認できました。
支援者100名突破 [2020年08月05日(Wed)]
支援者が、107名。支援金 839,580円になりました。
皆様からのご支援に感謝申し上げます。

残り21日となりました。皆様の温かいご支援お願いします。
こちらから → わーい(嬉しい顔)

支援いただいた方からのコメントを頂きました。ありがとうございます。
==========================
・ 応援しています!頑張ってください!皆さんの活動は私たち家族の励みであり希望です。

・コロナ禍、お互いに気をつけて過ごしましょう。笑顔を忘れず自分らしく、自分なりに頑張ってください。応援しています。

・少しだけですが、役立てて下さい。

・私は精神科デイケアで精神疾患や精神障害のある方の支援をしています。その中で次のステップとして作業所に進まれた方がいるのですが、仕事にやりがいを感じていること、工賃が出たことを会う度に嬉しそうに報告してくれます。なので、今回の豪雨によって平穏な日常が奪われ、仲間とともに作業(あるいは就労へのトレーニング)をする場を失った方々がいると知って、他人事には思えませんでした。作業所のメンバーの方にもスタッフさんにも、1日も早く平穏な日々が戻ってきますように。どうかお体にお気をつけて。

・水害は大丈夫でしたか?微力ながら応援しています!頑張ってください!

・さいたま市内の事業所で働いています。大変な状況が続きますが、ともに頑張りましょう!

ご支援頂いた声を広げて、障害のある仲間たちの生活を守る為に頑張っていきたいと思います。
きょうされん利用者部会ニュース [2020年08月03日(Mon)]
きょうされん利用者部会ニュースが発刊されました。
こちら → きょうされん利用者部会ニュース_第61号.pdf

コロナ禍の中で、ZOOMを使った会議をするなど、様々な取り組みで頑張っています。
ひなたぼっこさんからのお礼のお手紙 [2020年08月02日(Sun)]
天草市牛深町で活動している「ひなたぼっこ」さんから、支援のお礼のお手紙を頂きました。
こちら → 御支援のお礼.pdf
1Mを超える床上浸水で、事業所の機器を含め被災されました。
机、椅子、パソコン等の機器及び冷蔵庫を届けることができました。一日も早い復興をお祈りしています。
きょうされんNOA512 [2020年08月01日(Sat)]
きょうされんNOWが発刊されました。
こちら → NOW No512.pdf

第6次要望書を厚労省に提出。意見交換等を行っています。詳しくはHPをご覧ください。
そのほか、利用者工賃実態調査や福岡における旧優生保護法裁判についてです。
ご覧ください。
| 次へ