CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうされん熊本支部

きょうされん熊本支部会員事業所のブログです。熊本県内で活躍している事業所の日々の活動をご覧ください。


<< 2022年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

きょうされん熊本支部さんの画像
きょうされん熊本支部
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/kyousaren-kmt/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyousaren-kmt/index2_0.xml
旧優生保護法裁判 東京高裁勝訴 [2022年03月12日(Sat)]
東京新聞で旧優生保護法裁判勝訴の記事が掲載されました。→ 2022年3月12日 東京�新聞 1面左方 「強制不妊 2件目賠償命令」.pdf

熊本においてもお二人の原告が闘っています。大きな一歩に繋がったと感じました。
朝日新聞の記事では、救済範囲拡大とあります。 → 2022年3月12日 朝日�新聞 「強制不妊 救済範囲拡大」.pdf

特に争点の一つであった除斥期間について今回の裁判では、原告の主張を認めています。障害者の人権回復を求める為にも、今後も注視していきたいと思います。

平田裁判長が読み上げた所管も添付します。ご一読ください。
2022年3月12日 東京新聞 「平田裁判長が読み上げた所管」.pdf
アルコール検知器の予約はお済ですか? [2022年02月23日(Wed)]
【2月末受注締切】アルコール検知器予約販売チラシ.pdf
2022年4月1日より、安全運転管理者による運転者の運転前後のアルコールチェックが「義務化」されます。
4月1日から、運転前後の運転者の状態を目視等で確認 することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認すること。更に1年間の記録保存が求められます。
10月1日からは、アルコール検知器※を用いて行うことと常時有効に保持しなければなりません。

義務化対象となる車両の条件は…

定員11名以上の車を1台以上または、白ナンバー車を5台以上使う法人・事業所が対象です。
車種や車両用途は問わず、黄色ナンバー(軽自動車)も対象となります。自動二輪車(50cc以上)は、0.5台として計算
/道路交通法ではこの条件に当てはまる車両を保有する団体を「安全運転管理者選任事業所」と定め、車両の運行管理や安全運転に関する事業所内の管理者として選任される「安全管理者」に
対して新たに管理すべき業務として点呼とアルコール検知を義務化しました。/

詳しくは、こちらにお問い合わせください。
→ 【2月末受注締切】アルコール検知器予約販売チラシ.pdf

きょうされんNOW549が発行されました。 [2022年02月20日(Sun)]
NOW No549 (1).pdf
◇ 厚労省にコロナ感染症第 14 次要望書を提出
◇ 天海訴訟の東京高裁第2回口頭弁論の報告集会に、ぜひ参加を!
◇ 新型コロナウイルス感染症に係る検査費用助成事業改定
◇ 感染症対策見直しませんか?新型コロナ対策・無料オンライン合同相談会
◇  2・8優生保護法裁判全国集会の録画が見られるようになります!
等です。ご覧ください。

共同創造の精神医療改革 ベルギーのプラセスに学ぶ [2022年01月15日(Sat)]
「共同創造の精神医療改革 ベルギーのプロセスに学ぶ」フォーラムが開催されます。
11月30日のフォーラム1に引き続き、ご家族の話を聞いてのディスカッションとなります。
詳しくはこちら → フォーラム2「共同創造の精神医療改革 ベルギーのプロセスに学ぶ」チラシ・参加申込書 (1).pdf

「障害がある人の分岐点」 [2022年01月14日(Fri)]
JDブックレット5「障害がある人の分岐点」が発刊されました。
こちら → きょうされん用JDブックレット5藤井克徳著「障害のある人の分岐点」チラシ.pdf

きようされん熊本支部20周年記念事業として、式典では著者の藤井克徳さんインタビューでもこの40年を振り返ったお話をして頂く予定です。
ぜひ、各事業所における学びの一環としてご購入ください。
みつめアイ新聞 [2021年12月25日(Sat)]
みつめアイ新聞「12月25日」に向けてが発行されました。
こちら → 【賛助】みつめアイ新聞「12月25日に向けて」.pdf

今回は九州ブロックの取り組み等も紹介されています。各事業所で賛助会員100%を目指して取り組みをお願いします。
天海さんを支援する会へのご協力を [2021年12月15日(Wed)]
千葉地裁が障害福祉サービスを打ち切りを適法とした判決に私たちは、法的論拠がないと考えています。詳しくはこちらをご覧ください。→天海裁判の公正判決求める署名用紙.pdf

65歳問題が各地で起こっています。みんなで一緒に考えていきましょう。
障害者65歳問題 [2021年10月23日(Sat)]
いわゆる「65歳問題」について、少しずつ運動が広がっています。千葉県在住の天海さんが起こした訴訟は、東京高裁に舞台が移りました。
さて、いわゆる「65歳問題」について、少しずつ運動が広がっています。
きょうされんの政策・調査委員会は、事業所宛に9月から「介護保険優先問題による影響調査【第一次】」を行ないました。
回答には当事者の思いや生活実態を無視した事例も多く寄せられました。
その調査の速報値や、各地の支部や相談事業所から聞いた事例を参考にNHKが全国放送で「65歳問題」を取り上げる予定です。
あくまで予定であること、また5分程度の時間ではありますが、ぜひ多くの関係者のみなさんに観ていただきたいと思います。
ニュース シブ5時 2021年10月25日(月)17時頃を予定
※埼玉・千葉・東京・神奈川の1都3県は政見放送のため放送されません。後日、何らかの形で情報提供する予定です。
共同創造の精神医療改革 ベルギーのプロセスに学ぶ 〜自分の人生を取り戻すために〜 [2021年09月19日(Sun)]
日本と同様に民間の精神科病院が多数を占めていたベルギーの精神医療改革に深く関わってきたBernard Jacob氏を招いて研修会を開催し、引き続きベルギーの改革について学んできました。
ベルギーで障害のある人や家族が改革に果たしている役割や課題を掘り下げてみたいと2回目のフォーラムがオンラインで開催されます。
詳しくはこちら → A「共同創造の精神医療改革 ベルギーのプロセスに学ぶ」チラシ・参加申込書.pdf
9.8オンラインパネルディスカッションアピール [2021年09月08日(Wed)]
障害者自立支援法違憲訴訟団主催で行われた「自助の教養は人権を脅かす!」オンラインパネルディスカッションでアピール文が採択されました。
津久井やまゆり園z事件、コロナ禍の中で、一人一人の人権が守らなければなりません。
障害者自立支援法違憲訴訟がもたらした「基本合意文書」、「骨格提言」から10年余り経過した中、みんなで力を合わせて考えていきたいと思います。

アピール文はこちら → 9.8オンラインディスカッションアピール.pdf
| 次へ