CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

♪トリックorトリート♪ [2009年10月30日(Fri)]
今日は、うりはみクラブの「ハローウィンパーティー〓」



いつもは、九時すぎに登校していた子が、なんと先生到着よりも早く教室に来て待っていましたびっくりびっくり

とっても楽しみに張り切っていたのでしょうね笑顔


飾り付けをして〜


思い思いの仮装をしたら〜

先生達のもとへ・・・・

「トリックorトリート




手作りのお面でカボチャのお化けになった子、猫耳をつけて可愛らしい子猫ちゃんになった子、手作りの兜にミニ刀を以て武士に変身した子・・・みんな面白くて可愛いなぁ〜ドキドキ大

先生たちからたっくさんお菓子をもらいましたクジラ


子どもたちも、先生たへのお礼としてたくさんお菓子を持ってきてくれていましたよ音符



手作りクッキーを持ってきてくれた子も
嬉しいですね〜


そのあと、先生達に教室に集まってもらい「じゃんけん大会」「クイズ大会」



子どもたちが自主的に企画して準備したパーティー乾杯楽しいひと時を過ごせました。
また思い出が増えたね笑顔

                                担任:小林礼子
☆うりはみのある一日☆ [2009年10月29日(Thu)]
うりはみクラブは、月曜日、火曜日、木曜日、金曜日の週4日登校です学校

ある日の一日をご紹介します笑顔


朝9:00「おはようございま〜す太陽

みんなあちこちから電車やバスに乗って「うりはみクラブ」にやってきます。
お家から一人で来る子、お母さんと来る子さまざまです。

みんな集まったら、百マス計算で頭の体操走る

そして「音読」です。今は、夏目漱石の「坊ちゃん」びっくりびっくり

午前中は、「個別学習」の時間メモ

学年や進度もさまざまな子どもたち。二時間ばっちりもくもく・・・とはてな頑張っていますよ拍手
          



昼休みおにぎりりんご
お母さん手作りのお弁当を美味しくいただきます料理

午後 茶道 華道 工作 外遊び 英語 など、午後にはいろ〜んなクジラ活動をやっています。

今日は・・・・「ハローウィンパーティー乾杯」の準備です。



さてさて本番当日、どんなパーティーになるのでしょう笑顔。楽しみですヒヨコ

                                 (担任:小林礼子)

自己紹介ポスター [2009年10月28日(Wed)]
 こんにちは笑顔事務局長の日下部です。

 うりはみクラブの子供たちが「自己紹介ポスター」を作ってくれましたので、ご紹介します。

 うりはみクラブは、普段NPO事務所の会議室を教室にしておりますが、「是非、事務所にいらっしゃるお客様にもうりはみッ子のことを知ってもらおう!」という担任・小林先生の発案で、子供たちに作成してもらいました。

 自画像を書いて、自分の特徴や趣味などなどを書き込んでいるのですが、まず感じたのは「結構上手に書けてるな〜」ということです。私が絵を書くのが苦手だった(今もですが・・・)こともあって、実に羨ましい。

 また、改めて「へぇ〜そうなんだ」「そんな趣味があったのかぁ」と、新たに気づいたことが結構ありました。

 ほとんど毎日顔を合わせているのですが、まだまだ知らないこともあったんだなぁ、と気づいた次第です。

事務局長・日下部晃志
ドリカムキッズ・キャンパス [2009年10月26日(Mon)]
 今日の午前中に、第1回「ドリカムキッズ・キャンパス」ミーティングを行いました。笑顔

 「ドリカムキッズ・キャンパス」(以下「ドリカム」)とは、当初は、福岡青年会議所主催で今年の夏から始まった事業で、福岡市内の留守家庭子ども会(学童保育)を中心に、「偉人伝」を語り聞かせるというもので、夏休みの期間でのべ3400人のこども達に、「吉田松陰」「福澤諭吉」「野口英世」「宮本警部」という4人の偉人のお話を語りました。

 その時の詳細はこちらをご覧下さい。→ http://www.fukuoka-jc.or.jp/report/iinkai2009-1_02.html

 私も、「ドリカムキッズ先生」となって、「宮本警部」の偉人伝を熱く語ってまいりましたが、大好評につき、各方面から「継続してやってほしい」との声が寄せられたそうです。ところが・・・JCさんの事業はどうやら単年度が原則のようで、今回限りしか実施できない・・・そこでわが教育オンブズマンに「白羽の矢」が立ったのでございました。困った

 そこで今日、福岡JCからNPOに事業を移管して継続するため、初回の「実行委員会」を開いた、というわけです。

 学童保育の先生(指導員)にもご参加いただき、夏に行ったドリカムの改善点やら、今後の運営方針や体制についていろいろなご意見を頂戴いたしました。本当にありがとうございます。

 今後は、「実行委員会」「ドリカムキッズ先生(語り部)」「開催希望の学童保育」の三者で「ドリカムキッズネットワーク」を構成して、事業を進めていきます。

 そして、「とにかく冬休みにもやろう!!」ということが決定いたしました!!というわけで・・・事業の運営に携わってくれる実行委員になってくれる方、大募集いたします。興味のある方は、いつでもご連絡下さい。お待ちしています!!すいません
Posted by 教育オンブズマン at 21:11 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
稲刈りに行ってきました! [2009年10月26日(Mon)]
 うりはみクラブ野外活動で、「稲刈り」に行って来ました笑顔


 昨年までは、田植えや稲刈りを単発で体験するということはありましたが、今年は久留米市田主丸の農家・田中さんにご協力いただいて、田んぼをお借りして、「田植え」→「田の草取り」→「稲刈り」を一連の流れで体験させるという研修を企画しました。

 普段、何気なく口にしているお米が、どれだけの手間がかかっているのか、そして、例え都会に住んでいても、「食」を通じて、日本人は大地や自然と密接に繋がっていることを体感してもらいたかったのです。

 自分たちで植え、草を取って、たわわに実った黄金色の稲穂を、うりはみッ子たちは、感慨深げに刈り取っていました。その後は、昔ながらの「千歯こき」を使った脱穀、「とおみ」を使っての選別作業を体験しました。




 「うおお〜(稲穂から)お米が取れよる!」「昔の人って頭いいね〜」などなど、嬉々とした声をあげながら、作業に勤しんでおりました。
 
 やはり、お米は私たち日本人にとって大切な主食(民族食)です。「食の多様化」の名目のもと、お米の消費量は落ち込むばかりですが、やはり、お米こそ、「豊葦原の瑞穂の国」に住まう日本人の健康と命を育む大切な食べ物であることを、少しは感じてくれたかなあ・・・と思っております。

 次は、いよいよ刈り取ったお米をいよいよ食べる体験です。うるち米と一緒に植えたもち米を使って、12月にはお餅つきを予定しています。

事務局長・日下部晃志
はじめまして!! [2009年10月21日(Wed)]
笑顔はじめまして笑顔びっくりびっくり

教育オンブズマンの活動は、さまざまですが、
そのうちの一つに

「うりはみクラブ」があります。

「うりはみクラブ」とは・・・福岡のフリースクール学校です。

そして、私は、うりはみクラブ担任をしています「小林礼子」です星

よろしくお願いしますヒヨコ

学校に行きたくても行けない・・・でも、頑張りたい!!そんな子供たちをサポートしています笑顔

これから子どもたちの様子、うりはみクラブの活動をご紹介していきますね音符

子供たちのいきいきとした姿を見てくださいウインクびっくり

よろしくお願いします笑顔


うりはみクラブ担任 小林礼子ヒヨコ
ブログ開設しました! [2009年10月20日(Tue)]
 みなさんこんにちは!NPO法人教育オンブズマン事務局長の日下部(くさかべ)です。

 当法人は、活動を始めて7年目のNPOで、主に教育に関わる事業を行っています。詳しくは、ホームページ→http://kyouiku-omb.org/ をご覧いただきたいのですが、かいつまんで言いますと、「教育の再生」に取り組んでいます。

 「教育の再生」・・・テーマは果てしなく大きいのですが、とにかく私たちの生きるこの社会、この日本が少しでも良くなるように、出来ることを、全力を尽くしてやろう!まずは、「誇りを持って生きる青少年」を育成するために、日々活動しています。

 「教育とは何ぞや?」定義することは難しいかも知れませんが、学校や家庭だけに丸投げしていれば良いものではないということは確かだと思います。私たちは、社会に生きる「当事者」として、教育問題をわが事として捉え、その解決に取り組んでいます。

 今後、その活動の模様をご報告していきますので、是非教育について皆さんと一緒に考えていきましょう!どうぞよろしくお願いいたします。

事務局長 日下部晃志
Posted by 教育オンブズマン at 19:39 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)