CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 社会的責任を考える研究会 | Main | 同志社大学大学院との協働講座 »
プロフィール

京都府府民生活部府民力推進課さんの画像
リンク集
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/kyotoprefnpo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyotoprefnpo/index2_0.xml
TMN北九州をお招きして『社会的企業とは何だ』について講話を開催しました(1月20日(水))[2010年02月12日(Fri)]
CO2削減は、世界共通の環境問題として取り組みがなされていますが、ますます深刻さを増しています。
私たちが暮らす京都でも『京都議定書』誕生の地として府民を挙げた取り組みが進められているなか、NPO法人 TMN(タウン・モービル・ネットワーク)北九州の、植木和宏理事長をお迎えして、お話を伺いました。この法人は、都市交通とそれに伴うCO2排出について、自転車の利用拡大に社会的企業として取り組み、その解決を目指し、注目が           集まっています。 

植木さんは、まずNPOとして活動してゆくにあたって、「NPOだけでは多くの課題(活動資本・住民の方への理解を得にくいなど)があってNPOの特性である既存の施策にとらわれない発想や機敏性が活かしきれない」また「行政施策の補完という役割だけでは成果としては不十分である」とはじめにおっしゃいました。
では、植木理事長のおっしゃられる社会的企業とはいかなるものでしょうか。


「事業展開のための資本として利潤を産出するNPOというのは希である。それは結果として営利企業に取って代わるのではないかという懸念も持たれる」との含みある表現のあと、「しかし、それはハードとソフトの関係をもって共存できる」とお話になられました。つまりはハード(下地)の部分を行政が、ソフト(手段)の部分を民間が開発し、NPOが二者の調整役として運営・管理してゆくことで、生まれた利潤は行政と民間の空白を埋める事業に投入し最大効果を生むための資本となるとの考え方です。
このような意味から、TMN北九州では、その活動がPPP(Public Private Partnership)方式 を活用した街作りにつながっていると捉えています。

TMN北九州の事業収入は、平成14年度(第1期)は0円、15年度は98万円、16年度は1522万円、17年度は4894万円、18年度以降は5000万円超、昨年度は18000万円の推移となり、驚異的な伸びです。レンタサイクル事業、駐輪事業、カーシェアリング事業、指定管理業務受託などによって事業を拡大されてきました。しかし、「本当の事業規模は19年度の6000万円程度。ここから活動の原資が生まれる。それ以上は、補助金による事業で収益性がないばかりか、つなぎ融資が必要」とのことでした。

近年、エコカーブーム到来により技術面での環境対策が進み、さらに自動車中心社会へと加速するであろう中、機動性など、自家用車でも公共交通機関でもカバーできない部分を補填する意味からも自転車を通じた街作りを今後、考えてゆく必要があると感じられた講演でした。

* PPP方式とは、従来公共で行われていたサービス事業を官民が共同で進める新たな事業形態です。


(スタッフ 横田 連日)
Posted by 府民力推進課 at 20:42 | 府庁旧本館さろん | この記事のURL
府庁旧本館さろん もっと京都を知りたい[2010年01月14日(Thu)]
NPOの達人たちが話題提供します。

■場 所
 京都府庁旧本館1階 府庁NPOパートナーシップセンター 会議室
(京都市上京区下立売通新町西入)

■内 容  
 京都府では、地域に暮らす方々が協働して自主的に、暮らしやすい魅力的な地域にするべく工夫して活動する「地域力再生活動」に対して支援を行っています。
今回は、この「地域力再生プロジェクト支援事業交付金」 を活用して活動しているNPOから話題提供していただきます。会場とも一緒になって「地域力」や「府民力」等を考えていきます。


◆ 2月18日(木) 18:30〜20:00
「筏がつなぐ山、川、まち」
NPO法人 プロジェクト保津川  
副代表理事 原田 禎夫 さん

◆ 3月 4日(木) 18:30〜20:00
「縦割りを超え、営利と非営利のはざまをつなぐ」
NPO法人 働きたいおんなたちのネットワーク 
理事長 吉田 秀子 さん

◆ 3月18日(木) 18:30〜20:00 
「住民活動として虐待予防活動にチャレンジ!
     〜地域力再生プロジェクト3年の経過〜」

NPO法人 ほっとスペースゆう  
理事長  工藤 充子 さん

■参加費 無料
■定員   各回30人(申し込み順。参加証等は発行しません。定員を超えたらお知らせします。)
■申込   電話、FAX、e-mailでお名前、住所、電話番号、参加日を記入して、申し込んで下さい
■締め切り  定員に達した場合
■問い合せ  府民生活部 府民力推進課 担当:上田、櫻井
          電話:075-414-4210、FAX:075-414-4230、e-mail:fuminryoku@pref.kyoto.lg.jp
■主催   京都府 

Posted by 府民力推進課 at 20:40 | 府庁旧本館さろん | この記事のURL
府庁旧本館さろん 〜社会的企業とは何だ!〜[2009年12月17日(Thu)]
府庁旧本館さろん  社会的企業とは何だ!

NPOの達人たちが話題提供します。

■場 所
京都府庁旧本館1階 府庁NPOパートナーシップセンター 会議室
(京都市上京区下立売通新町西入)

■内 容  
今回は、社会的企業の活動を実践する北九州市のNPO法人から報告していただきます。


◆2010年1月20日(水) 13:00〜15:00

講演: 社会問題の解決に取り組む「事業系」NPO」
講師: NPO法人タウンモービルネットワーク北九州  
      理事長 植木 和宏 さん 

 本年度、NPO法人TMN北九州はソーシャル・イノベーション・ジャパン主催のソーシャル・ビジネス・アワード賞において、第4回ソーシャル・エコビジネス賞の環境大臣賞を受賞されました。
 この賞は、社会性・事業性・革新性に優れた社会的事業を表彰しています。
  
詳しい内容は下記PDFをクリック

■参加費   無料
■定 員   30人(申し込み順。参加証等は発行しません。定員を超えたらお知らせします。)
■申 込   電話、FAX、e-mailでお名前、住所、電話番号、参加日を記入して、申し込んで下さい。
■締め切り 1月18日(月)まで。ただし定員に達した場合終了します。
■問い合せ  府民生活部 府民力推進課 担当:上田、櫻井
      電話:075-414-4210、FAX:075-414-4230、e-mail:fuminryoku@pref.kyoto.lg.jp
■主 催   京都府
Posted by 府民力推進課 at 19:53 | 府庁旧本館さろん | この記事のURL
府庁旧本館さろん もっと京都を知りたい!「がん医療を考える」 NPO法人がん医療を考える会 佐藤好威さん[2009年11月27日(Fri)]
「死にはつねに死にゆく人と残される人との二つの側面がある。…そして、苦痛の分配という点では残される者が多くを負うのである」 アーノルド.J.トインビー


 今回はがんを通して「死」について考えてみましょう。
「がん」が人間に何をもたらしたのでしょうか。ヒトの命が有限であること、有限の時間をどう使うか、そして悲しみの情を再認識させた、と佐藤さんは指摘なさいます。

 ヒトは生きながらにして、常に死に向かっています。がんに関して言えば、近年では医療も進み以前に比べれば完治する確率も上がっているでしょう。しかしまだまだ解決しなければならない問題があります。たとえばがんで入院をすると、17〜33日で退院をします。また完全に治癒したかどうかがわかるには、5年からの時間がかかるのです。


 もちろん罹った本人は身体的苦痛、精神的苦痛(いらだちなど)、スピリチュアルな苦痛(死の恐怖など)、社会的苦痛(金銭など)が伴います。しかし、冒頭トインビーが指摘するように、残されるもの、家族への影響も計り知れません。

 家族は何ができるのか、何をしたらいいのか、本人と同様に家族も悩みます。つまり家族は「第二の患者」なのです。そしてその悲しみからうつ病になれば「第三の患者」ともなりえるのです。

 2人に1人がんにかかる時代です。佐藤さんは親、友人などをがんで亡くされ、がん医療の問題に取り組むことを決意なされました。がん医療に必要なもの、佐藤さんが言うのはチーム医療です。医療関係、福祉関係、そして家族などが一丸となって全人的治療を患者に施すのです。そしてもちろん、患者だけでなく残されるもの、その家族にケアをしてかなければなりません。そのひとつの答えが、佐藤さんがやっていらっしゃる「サロン」でもあります。

 最後に転移・再発の問題、また子供のがんについて質問がありました。がんを理由とせずともヒトは必ず死にます。死についてみなさんはどう考えるでしょうか。がんを通して生きる意味を考えた講演でした。

【NPO法人がん医療を考える会ホームページ】
http://thinkgankyoto.jugem.jp/                                                
                                                (スタッフ:野口 寛樹)
Posted by 府民力推進課 at 19:18 | 府庁旧本館さろん | この記事のURL
府庁旧本館さろん 〜もっと京都を知りたい!〜「身近な薬草とほんとうの健康茶」[2009年11月17日(Tue)]
今回の府庁旧本館さろん〜もっと京都を知りたい!〜」は、健康・医療シリーズ第1回目として、「合成医薬品にのみ依存しない健康づくり〜」をテーマに、身近な薬草や本当の健康茶について、NPO法人天然資源開発機構から理事長・医学博士である山原條二さんをお迎えいたしました。
天然開発資源機構は、“「漢方ってどう効くの、なんで効くの?」という身近な疑問に答えたい”という思いから8年前にスタートしたNPOです。
 今回の講演、まず多岐にわたる活動内容を紹介されました。身近な食材からを使った「薬膳料理教室」や、人も自然の一部であることを体感する「自然観察会」、またベトナムやインドとの海外交流まで。難しく考えず、自然や食材など身近なものを活用する知恵を教えて頂けるものばかりでした。
 
 本題冒頭では、現在の医療は、『安く・早く治したいが先行しすぎ!なんで病気になったかは論じない!」「大きな原因は、ストレス。ストレスを改善しないことには大きな解決にはならない!」という強いコメントに、参加者は首を何回も縦に振っていました。ですが、ストレスと健康の医学的な証拠を示された後に、やっぱりストレスは常につきまとう難しい問題!と山原先生も一言添えられました。。。
=ストレスの発散法を修得しないと、いつまでも体内で不健康の種火がくすぶり続けている。=(資料引用)

 「先天の元気、後天の元気」という言葉を聞かれたことありますか? 親からのDNAは変えられない「先天の元気」、ライフスタイルや地域文化、健康習慣などが後天の元気だそうです。 自分の心がけで改善する「後天の元気」、心がけで変わる自分の体、健康状態を作るのは自分自身ということ、山原先生のお話を聞いて改めて実感していました。
 
 身近な薬草として今講演では、「金時ショウガ」をご紹介。なんと通常のショウガより辛み成分が5倍。抗酸化作用、抗アレルギー作用、鎮痛作用など多面的効果を持つ金時ショウガ。一つの食品から多くの効果、合成薬品では得られないメリットです。
冷え性の方はぜひ、粉末の金時ショウガを召し上がってくださいとのアドバイスありました。

最後は、報道やCMで歌われるお茶の効果。TVCMでうたわれている効果なんて、信用しすぎないようにと、熱く市販のお茶の効用を問いかけた山原先生。皆さんは、サラシア茶というお茶ご存知ですか?健康茶でこんなに明白な脂肪改善作用を示すものはない!と山原先生イチオシのお茶です。
様々な商品に書かれる効用を信じがちな私たち消費者。本当の情報をと、医学博士がお薦めする健康茶や薬草には、参加者からの質問もとびかいました。

今回の講演で考えた健康、生活。
大事なことはバランスでした。食べ物は偏りなく、まんべんなく。ストレスは適度に貯めすぎず。
忙しい毎日、シンプルな心がけで作る健康を、急ぎすぎず(バランスよく)少しずつ。こんなことをあらためて思ったさろんでした。
Posted by 府民力推進課 at 20:34 | 府庁旧本館さろん | この記事のURL
府庁旧本館さろん 〜もっと京都を知りたい![2009年10月19日(Mon)]
府庁旧本館さろん もっと京都を知りたい!

もっと、もっと、京都を知りたい人は集まってください。
NPOの達人たちが話題提供します。

■場 所
京都府庁旧本館1階 府庁NPOパートナーシップセンター 会議室
(京都市上京区下立売通新町西入)

■内 容  
今回は、京都の健康や医療に係わるNPOから話題提供していただきます。


◆11月12日(木) 18:30〜20:00
「身近な薬草とほんとうの健康茶」
認定特定非営利活動法人 天然資源開発機構  
理事長・医学博士 山原 條二 さん

◆11月26日(木) 18:30〜20:00
「がん医療を考える」
特定非営利活動法人 京都がん医療を考える会 
理事長・医学博士 佐藤 好威 さん

◆12月10日(木) 18:30〜20:00 
「ハーブ畑から生まれたクイールサブレで健康づくり」
特定非営利活動法人 青空ふれあい農園・ハーブ倶楽部 
理事長  久保 末子 さん
  
■参加費   無料
■定 員   各回30人(申し込み順。参加証等は発行しません。定員を超えたらお知らせします。)
■申 込   電話、FAX、e-mailでお名前、住所、電話番号、参加日を記入して、申し込んで下さい。
締め切りは、定員に達した場合。
■問い合せ  府民生活部 府民力推進課 担当:上田、櫻井
      電話:075-414-4210、FAX:075-414-4230、e-mail:fuminryoku@pref.kyoto.lg.jp
■主 催   京都府

Posted by 府民力推進課 at 19:41 | 府庁旧本館さろん | この記事のURL
府庁旧本館さろん 〜もっと京都を知りたい!〜「世界の貧困〜同じ地球に生きる、私たちにできること〜」を開催しました。[2009年07月27日(Mon)]
 今回の府庁旧本館さろん〜もっと京都を知りたい!〜」は、「世界の貧困〜同じ地球に生きる、私たちにできること〜」をテーマに開催し、NPO法人アクセス−共生社会を目指す地球市民の会から理事・事務局員、野田沙良さんをお迎えいたしました。

 アクセスの目的は、日本とアジアの市民相互交流や支援をすすめ、アジアにおける市民のネットワークを広げていくことを通じて、貧困のない、基本的人権の尊重された平和なアジアをつくりあげることです。特に、フィリピンに対し、力を入れた活動をしていらっしゃいます。

 講演は、まずフィリピンの現状をお話しいただき、野田さんがアクセスに、つまり国際協力の世界に入るきっかけ、過程、そして葛藤(現実と理想)をお話しいただきました。最後にお話しされた現在のアクセスの活動、国際協力のお誘い(日本でもできることはある!)、は印象的でありました。


 現在フィリピンは東南アジアでも最貧国の1つであり、経済格差も広がっています。スモーキーマウンテンが有名ですが、すぐお金になるため、ゴミ山から金属などを見つけて売り、生活の糧を得ている人たちがいます。そんな人たちと「共に」貧困問題に取り組むのがアクセスです。

 アクセスの具体的な活動はHP(こちら)を見ていただければと思うのですが、野田さんが国際協力ボランティア、フィリピンでの生活を通して気付いた日本と現地(現場)の橋渡しの重要性、そしてそこから得られる感動。それを生きがいだとおっしゃられる野田さんはアクセスの活動を体現しているのでしょう。

 「国際協力とは、因っている人が苦しまなくても済むように、何か手助けすること。本人と一緒に解決策を考え、一緒に変えていこうとすること。」と言われる野田さん。
日本にいてもできることはあります。寄付やアクセスの会員となること、またアクセスのような活動を知人や友人、周りに発信することです。

 「偽善といわれたことはありませんか?」最後に投げかけられた会場からの質問に、「もちろん、悩むこともある、自分の限界もある、しかし、動かなければ始まらない。やり続けることが重要」という野田さん。活動の初めは、みんなが「素人」。とりあえず、何か始めてみませんか。      (スタッフ:櫻井 暁子)
Posted by 府民力推進課 at 18:02 | 府庁旧本館さろん | この記事のURL
府庁旧本館さろん もっと京都を知りたい![2009年05月22日(Fri)]
府庁旧本館さろん もっと京都を知りたい!

もっと、もっと、京都を知りたい人は集まってください。
NPOの達人たちが話題提供します。

■場 所
京都府庁旧本館1階 府庁NPOパートナーシップセンター 会議室
(京都市上京区下立売通新町西入)

■内 容  
今回は、国際交流・国際協力しているNPOから報告していただきます。
京都で国際交流をうながしたり、京都から世界に出て行って現地の困りごとを支援しているNPOをお呼びします。現在の国際交流での課題や世界で発生している課題とその解決のための活動内容などをお聞きし、国際交流の方向性などを学びます。


第20回 6月17日(水) 14:30〜16:00
「国際交流と日本語・日本文化」
NPO法人 京都ローマ字会  
理事長・事務局長 田中 実 さん   

第21回 7月 1日(水)  14:30〜16:00
「子ども兵を知っていますか?〜NPO法人テラ・ルネッサンスの挑戦〜」
NPO法人 テラ・ルネッサンス 事務局員 栗田 佳典 さん

第22回 7月15日(水) 14:30〜16:00
「世界の貧困〜同じ地球に生きる、私たちにできること〜」
NPO法人 アクセス - 共生社会を目指す地球市民の会  
理事・事務局員  野田 沙良 さん

■参加費   無料
■定 員   各回30人(申し込み順。参加証等は発行しません。定員を超えたらお知らせします。)
■申 込   電話、FAX、e-mailでお名前、住所、電話番号、参加日を記入して、申し込んで下さい。
締め切りは、定員に達した場合。
■併 催   府庁旧本館見学ツアー(旧知事室、旧食堂など)
申し込みは不要。13:30に府庁NPOパートナーシップセンターに集合。
■問い合せ  府民生活部 府民力推進課 担当:上田、櫻井
      電話:075-414-4210、FAX:075-414-4230、e-mail:fuminryoku@pref.kyoto.lg.jp
■主 催   京都府

Posted by 府民力推進課 at 18:23 | 府庁旧本館さろん | この記事のURL
府庁旧本館さろん 〜もっと京都を知りたい!〜「『死なないことと、生きることは違う。』希少難病患者の現実」を開催しました。[2009年02月04日(Wed)]
通算第18回目の「府庁旧本館さろん〜もっと京都を知りたい!〜」は、「『死なないことと、生きることは違う』希少難病患者の現実」をテーマに開催しました。講師には、NPO法人希少難病患者支援事務局の小泉二郎さんと中岡亜希さんのお二人をお迎えしました。

小泉さんから
<難病患者の現実や、現行制度の問題点などについて>
 現在、日本には希少疾患という国や地方自治体でも実態が把握されていない難病が存在します。こうした原因が特定されておらず、治療法も確立されておらず、研究も行われていない疾患は、医師ですら知らない場合があるのです。希少疾患は患者数が少ないので、専門医もいない、研究機関もないまま放置されているそうです。

 ○中岡さんを取材したテレビ番組のDVDを上映

 ○中岡さんから

<孤独や不安な思い、病気との闘いについて>
 25歳のとき「遠位型ミオパチー」と診断されたときの孤独や不安な思い、病気との闘いについてお話しされました。家族や支えてくれる人のおかげで、今は前を向いて明るく生きたいと思ったそうです。
 病気の進行を抑える薬の研究が成功しても、製薬会社の協力がなければ、患者は薬を手にすることができないそうです。そこで中岡さんは、患者会を作り、医師主導で薬を作り、患者が手にすることができるように、署名を集めたり、国へ要望書を提出したりといった活動をしてきました。その中で、こうした課題は「遠位型ミオパチー」だけの問題ではないと知り、他の患者さんたちが病気に関する情報や、同じ患者のネットワークに関する情報がないということで悩まなくてもすむように、情報発信をしたいと思い、NPO法人の活動に参加されています。

 つらい思いを乗り越えて、前向きに生きる強い気持ちにあふれていて、感銘を受けるお話でした。難病患者さんとの交流への参加や夢の実現のサポート、制度改善の署名への協力など、患者さんを支援する方法はたくさんあります。難病患者の方の現実を知って、ますますこれからの活動を応援したいと思いました。
(スタッフ:上岡 華)
Posted by 府民力推進課 at 18:16 | 府庁旧本館さろん | この記事のURL
チャイルドラインの現状とその背景 〜声の向こうに〜」を開催しました。[2009年01月29日(Thu)]
 平成21年1月29日(木)、府庁NPOパートナーシップセンターで、NPOの達人が京都を紹介する「府庁旧本館さろん〜もっと知りたい京都」を開催しました。
 今回はNPO法人 京都子どもセンター 理事・事務長の外村まきさんから、「チャイルドラインの現状とその背景〜声の向こうに〜」についてお話をしていただきました。

 現在、子ども達を取り巻く状況は深刻で、自殺・いじめ・子どもへの虐待というニュースは後を絶ちません。チャイルドラインは、誰にも相談できずに1人で悩みつらい思いをしている子ども達の心のままを受けとめ、どんなことにも耳を傾ける18歳までの子ども専用電話です。

 外村さんからは、チャイルドラインに電話をする子ども達は増える一方なのに、開設数が足りずにすべての子ども達の声を聞けないということや、電話の受け手が不足している現状について説明されました。また、すべての子ども達の声を聞くためには、こうした活動に取組む団体が増えることが必要だということ、そしてもっと府民のみなさんに活動を知ってもらいたい等の意見も出されました。

 最後に、「大人の気持ちでなく、子どもの気持ちで話を聞いて、自分たちがこれまで体験したことをふまえて、子どもに共感してあげることが大切です。これは、自分自身を知るうえで、いい機会になります」とお話しになられました。この外村さんの思いは、参加者の方々にもきっと伝わったと思います。

 子どもと接するうえで一番大切なのは、子ども達のありのままの思いを受け止めてあげることだと思います。しかし、今は、大人に心のゆとりがなく、子ども達と真剣に向き合える時間がないように感じます。もっと、大人が積極的に子ども達の話に耳を傾けてあげ、子どもと過ごす時間を大切にしてほしいとお話を聞いて感じました。

(インターン生: 湧田 裕樹)
Posted by 府民力推進課 at 17:00 | 府庁旧本館さろん | この記事のURL
| 次へ