CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 府庁旧本館さろん 〜もっと京都を知りたい!〜「『死なないことと、生きることは違う。』希少難病患者の現実」を開催しました。 | Main | NPO法人シーズネット京都の活動紹介をしています。 »
プロフィール

京都府府民生活部府民力推進課さんの画像
リンク集
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/kyotoprefnpo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyotoprefnpo/index2_0.xml
「社会的責任を考える研究会特別企画〜パートナーシップから見えてきた新しい社会のあり方」を開催しました。[2009年02月13日(Fri)]
 今回の「社会的責任を考える研究会」は、特別企画として、NPOと他セクターとの協働事例をもとに、現在の協働の課題や今後の展望について議論するパネルディスカッション「パートナーシップから見えてきた新しい社会のあり方」を開催しました。まず、昨年2月のフォーラムから始まった「社会的責任を考える研究会」の経過報告を行った後、網野俊賢さん(関西国際大学客員教授・元ホンダ・オブ・アメリカ副社長)より、「『良き企業市民』とは企業市民の基本」、「私の『4出し(顔を出す、知恵を出す、汗を出す、金を出す)』パートナーシップ」、「一緒に働く企業」(お金を出すだけが協働ではない。どんなリソースを出せるか考えること)、「面白くなければ真の協働ではない」という4つの話題提供があり、アメリカにおける企業・NPO双方での経験に裏打ちされたお話を、軽妙洒脱な語り口で楽しくお聞かせくださいました。



 協働事例報告では、まずTOA株式会社の吉村真也さんより、Arts In Education(AIE。「アートを通じた教育」の意)という同社の連携テーマに基づいた3つの事業「トライやるシリーズ」「TOA MUSIC WORKSHOP(TMW)」「音楽と教育の意識調査」について紹介があり、そこにおけるアートNPO「子供とアーティストの出会い」との協働事例について、についてお話しいただきました。

 NPO法人音の風の代表理事・西野桂子さんからは、行政や地域、福祉団体等との協働により実現した「スマイルミュージックフェスティバル」について、協働にいたった考えや、そのプロセス、効果について、詳しくお話しいただきました。



 龍谷大学准教授の土山希美枝さんからは、今日のNPOと行政との「協働」に潜む問題点を指摘した上で、これからの協働のあり方として、お互いにとってメリットを見いだせたり共通の目的があること、得意分野に応じた役割分担や事業に対するコスト感覚、そして何よりも協働の必要性や楽しさを見いだすことが必要であることを強調されました。
 後半のパネルディスカッションでは、話題提供や協働事例報告をもとに、もう少し突っ込んだ協働の意義、難しさについても言及されました。NPOはいち早く社会のニーズをつかみ、それに対して柔軟できめ細かいサービスを提供したり、社会を変革することのできる存在です。しかし、人材、資金、マネジメント等において力が弱いため、企業や行政との協働は、下手をすると、企業や行政にとっての「安い労働力」になってしまいかねません。そうなると、協働ばかりでなく、組織そのものも続かなくなってしまいます。このように考えるとNPOの思いやミッションはもちろん大切ですが、戦略やタフさも兼ね備えていることが必要であるといった意見が聞かれました。

 今回、それぞれの事例、立場からの「協働」について、その意義や効果ばかりでなく、課題もまた多いということを、多くの方に知っていただく良い機会となりました。
 不況や数々の社会問題が起こるという状況の中、「新しい社会のあり方」を考える上で、社会にとって必要なものは何かということを、企業、NPO、行政それぞれが考え、互いが主張しながらも、共通の目的に向けて、それぞれの知恵や得意分野で貢献していくところから真の「協働」のあり方が見えてくるのではないかと思います。    

(スタッフ:滋野浩毅)
Posted by 府民力推進課 at 18:26 | 社会的責任を考える研究会 | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/kyotoprefnpo/archive/53