• もっと見る
« NPO法人京都中也倶楽部が中原中也と京都との出会いを写真などで紹介しています。  | Main | NPO法人心感ネットワーク生活空間ミュージアムが模型のお家を紹介しています。  »
プロフィール

京都府府民生活部府民力推進課さんの画像
リンク集
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/kyotoprefnpo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyotoprefnpo/index2_0.xml
第3回目の「NPOと行政で協働を考える」を開催しました。[2008年04月10日(Thu)]
 今回のテーマは「地域力の再生に向けた様々な主体との協働」です。NPOや行政、大学生など21名の参加がありました。
 最初のお話は、NPO法人京都・雨水の会理事長の上田さん。京都府地域力再生プロジェクト支援事業交付金を活用して嵐電の駅が植物の緑で一杯になるように、プランターや雨水タンクを設置した事例の紹介です。雨水タンクを設置したり、花を植えるのは小学生、プランターの製作は中学生、そして同志社大学の実習講座としても取り組むなど、協働の相手は嵐電や地域の方々に限らず、多種多様です。プランターには京北の間伐材や柿渋を使うなどの工夫を凝らしており、志の高い活動が大切だと再認識しました。

  
 次は、協働がもたらす効果とデメリットについてのミニ講座。協働する内容を決めて進めないと、協働のための協働になってしまい、「疲れるだけ」との話に、頷く参加者の姿も見られました。
 最後は、第2ステージに入った京都府地域力再生プロジェクトの紹介です。京都府自治振興課の梅原さんから、現地で活動にふれる「地域力再生リレー塾」や事業の企画提案を公募する「京のチカラ・明日のチカラコンクールの提案募集」などの事業内容の説明と、昨年度に交付金を活用した活動事例の紹介がありました。梅原さんが熱く語られた、住民自身の力で課題解決し、地域の魅力を高める「住民自治社会の実現」や「自立した地域社会」とはどんな社会なのだろうと夢がひろがりました。                        

(スタッフ:鈴木康久)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/kyotoprefnpo/archive/48