CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 被災地支援活動を紹介しています | Main
プロフィール

京都府府民生活部府民力推進課さんの画像
リンク集
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/kyotoprefnpo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyotoprefnpo/index2_0.xml
それなら私にもできる[2011年12月06日(Tue)]
NPOパートナーシップセンターでは、引き続き被災地支援活動を行っている団体を紹介しています。
今展示しているのは、「それなら私にもできる!」を西日本から考える東北出身者の会

長い名前ですが、その名の通りでわかりやすいです。

この団体の代表は鴇さんといい、東北出身者です。
震災の映像をテレビで見たときには、驚きというより、体に激しい震えがきたといいます。
親に連絡が取れず、安否確認に数日を要しました。

故郷が大変なことになっている!すぐにでも動かなければ!
いてもたってもいられない気持ちでいっぱいになり、
鴇さんの活動は始まりました。

4月、会社を休んで訪れた被災地はあまりにもむごく、
一時呆然となったものの、
「今、動かないでどうするんだ!」と奮起。
京都に帰ってきて、地元に住む東北出身者に呼びかけ、
物資を集めて送ったり、
『東北応援カフェ』を開催したり、
被災地へのボランティアツアーを実施したり、
さまざまなかたちでの支援を続け、今も継続中です。

活動する中で他団体との協働も生まれ、『福興サロン和』の運営にもかかわっています。







12月いっぱい展示します。

ぜひ、見に来てください。

(担当:古澤)
Posted by 府民力推進課 at 16:15 | 活動展示コーナー | この記事のURL
この記事のURL
https://blog.canpan.info/kyotoprefnpo/archive/234