CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
幸運に幸運が続いただけ。 [2020年07月21日(Tue)]
Camogli-Liguria-view-church-beach.jpg

なんとか、やっていますけど、幸運に、幸運が続いただけで、コロナの時代なんとかやっていけているのも幸運です。

Camogli-bay.jpg

幸運はだれがもたらすのか、それは考えない。フラワーとしてフラワーの仕事が続けられることもやはり幸運。暗黒時代も経験しているので、4期目までは起伏は激しかった。そこからの決別も幸運なんでしょう。しかし、私も働きました。3役が努力し、協力企業と折衝し、できるだけ協力企業にメリットがあるように働きました。

Camogli-coast-houses.jpg

でも、コロナ蔓延の中で、仕事が続けられるのは幸運であって、それ以上のものはない。実家は浄土真宗大谷派、家内の家で今は生活しているけど、義母はクリスチャンで凄い人。白血病の治療のために入院した時は、聖書1つで身1つで入院。一年後見事完治して退院。生まれたばかりの孫(愛真)との対面。嬉しかったでしょう。やはり、義母を見ていると幸運は自分で掴むものなのかと考える。

Greece-panorama.jpg

今の仕事を続けるためには、善行を重ねていかなければならないと思っています。あるものは皆差し出す。そんな気持ちで、今は動いています。ノブリス・オブリージュの精神で働き、認められれば仕事も増えるでしょう。今は個人的な活動として消毒液を集めています。この時代を生きるためには、消毒液は不可欠。毎月の小遣いから消毒液を購入し、足りない方、必要な場所に、お配りさせていただいています。幸運は、私はいりません。幸運はフラワーの職員、利用者さんに。そして幸せになってもらいたい。私は、幸運よりも普通を望みます。今の普通を変えることなく進めれば心から喜びがわいてくるでしょう。謙虚に生きたいですね。