CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」
 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。


    canpan.info ドメイン常時SSL化対応に伴い、
    2019年11月以前にいただいた
    「いいね!」は消えています


「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
!-style FSトモニ― NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 なづな展 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー ヘラルボニー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
責任  [2022年02月26日(Sat)]

過日、SNS上で目にしたひと言に、
さまざまな思いが
ぐるぐると頭の中をめぐりました。


「 ママは 人間です 」。


ネット上やメディアでは、
「できる母親」や「頑張っている母親」が
取り上げられ、目立っています。

でも、それを、
「さまざまな理由があってできない母親」や
「さまざまな理由があって頑張れない母親」を
目立たせて取り上げることで、
どれだけの母親の気持ちが楽になり
一歩を踏み出すための後押しができるかを
考えたことがありますか。

それらをひっくるめて
「怠け」というひとがいたならば、
「事実を知らないあなたが怠けだ」と言いたい。


さまざまな理由があって
できない母親、頑張れない母親の中には、
必要とする心理的サポートや福祉サービスを
知ることもできず 知る術もわからず、
たとえ 知ったとしても
どこでどのような手続きをすれば
それを受けられるかを知ることもできず
今に至っている母親が多いことは 事実です。

なのに、何度も何度も
大変です、しんどいです、助けてください、と
言い続けないと届かないのが
「福祉」である現状を、
野放しにして いいはずがありません。


支援を受けるための手続きについて、
必要な書類は何か
その書類はどこでもらえるか
書類の記入方法は誰に聞けばよいか
書類に添付しなければならない書類は
どこでどのような申請をすればもらえるか
その時に費用が必要か、など
一括して教えてくれる場所はありますか
一括して教えてくれるひとはいますか。


「書類一式を準備して手助けしようとすると
上司から、その親の責任だから
甘やかしたらダメだと言われた」と
ある福祉事務所の職員さんから
聞いたことがあります。

その時、衝撃とともに
言い返せない、変えようとしない、変えられない
その職員さん話しぶりに
怒りに似たものを感じ、
支援が必要なひとたちを切り捨てようしている
社会側にこそ障害がある、と
強く思った瞬間でした。

一部で「裏メニュー」的なものがあるという
噂がある中で、
戸惑うことなく
しんどい思いを重ねなくても
全国で地域差がなく
手続きができる状況になるのは
いつになるでしょうか。


「目の前の支援が必要なひとを支援する」仕事に
従事するみなさん、
困りごとを耳にした時に
「そうですよね」で終わらせることを
常としないでください。

「目の前の支援が必要なひとを支援する」仕事に
従事するみなさん、
どうすれば「社会側にある障害」をなくせるかを
現場の声として
行政へ 国へ 伝えてください。

「さまざまな理由があってできない母親」や
「さまざまな理由があって頑張れない母親」のために
福祉の、行政の、
現場にいるひとたちだからこそ
できることがあります、
変えられることがあります。

見て見ぬふりは、もう、やめてください。














そこだけの支援  [2022年02月20日(Sun)]

障がいのあるひとや高齢のひとの支援の仕事。

1日8時間の労働として
支援することを否定するわけではありませんが、
“ 仕事 ” の仕方により
目の前にいるひとたちの困りごとやSOSに
いつまでも対応できないケースが
見受けられます。

8時間以上働いたからといって
変わるものでもない “ 仕事 ” が
変わる、変えるには。

たとえば、通所施設で
「24時間の内の数時間を過ごす」だけであっても
そこに居る時間だけを支援する という感覚ではなく、
「そこにいる時間を含めてそのひとの24時間がある」
と 想像できたなら。

その時間以外のことも
想像できる支援者であってほしいのです。


自分がかかわる数時間以外にも
そのひとを支援する
別のひとがいます。

それは、仕事としての支援者だったり
家族であったり。

そのひとたちの支援+あなたの支援があって
障がいのあるひとや高齢のひとの
24時間は 成り立っています。

あなたの支援が24時間の内の数時間であっても、
そのひとの人生に役立つような
先を見据えた支援 であったなら。

「 あなたが見ていない時間は
誰かが そのひとの支援をしている 」と意識し、
その時間にも役立つ支援になるようにと
意識できるひとであってほしいのです。


あなたのプライベートの時間をください、と
言っているのではありません。

あなたのプライベートの時間で
ふと、そのひとのことを思えることがあれば、
そのひとだけでなく
あなたの所属する場の他の利用者のひとびとの
よりよい支援が見えてくる、と。

「障がいのあるひととその家族を含む支援者たちの支援」。

これらをひっくるめて支援と考える観点を持つことこそが
支援者たちの抱える問題を解決できる
近道ではないでしょうか。


最後に、あなたのいる支援の仕事場は
「 仕事か 仕事ではないのか 」という
論議自体が不要だと言えるひとたちとともに
支援の仕事ができる環境ですか。

もし そうでなければ、
あなたから動いてみてください、
自分にできることを
自分がやらなければならないことも。

そうすれば、
「あなたがかかわる数時間に必要な支援」が
見えてきます。

いつも「そこだけ」を見ていても、変わりませんよ。















ちがうちがうそうじゃない  [2022年02月14日(Mon)]


「 家族にケアを要するひとがいる場合、
大人が担うようなケアを引き受け、
家事や家族の世話、介護、感情面のサポートなどを
行っている18歳未満のこども 」を
「ヤングケアラー」と呼ばれています。

近ごろ、「ヤングケアラー」について
頻繁に メディアで取り上げられています。

取り上げられることで知ってもらえることは
よいことだと思うのですが、
それを 見るたびに
違和感が つのっています。


「ヤングケアラー」を知ることは
子どもの課題として発見されたに過ぎず、
支援すべき本来の対象は、大人。

支援が必要な大人に対する支援がないから
子どもが背負って
「ヤングケアラー」と呼ばれていて、
子どもの問題だけではありません。

親が働いても
生活に十分な収入が得られない
家庭が増えている、ということ。

「ヤングケアラー」のような光景が近所にあっても、
「若いのに偉いねぇ」と声をかけて見守ってくれ
何かあれば助けてくれる
ご近所さんがいた、ということ。

そして 「家族で支え合う」という意味が、
今と昔では 変わってきている、ということ。


子どもへ直接的な道筋を付けようとすることは
無意味ではありませんが、
その前に問いたい、
「大人側、親側が使える
支援や制度を伝える努力が成された社会ですか」。

使える支援や制度を
伝える立場のひとびとに問いたい、
「必要としているひとへ伝えるという
義務を果たしていると 胸を張って言えますか」。


「ヤングケアラー」と ひとくくりにしないで、
「子どもには 今すぐに 必要なケア」を
「大人には 根本的なケア」を。

今、支援を必要としているひとは 大人です。
















映画『 わたしの季節 』  [2022年02月08日(Tue)]


2018年2月に 拙ブログで紹介した
映画『夜明け前のこどもたち』

1968年に製作された
日本の 福祉ドキュメンタリーの
原点とも言われる映画で、
滋賀県にある びわこ学園を舞台に
そこでの療育活動を
約1年間 記録したものでした。

そして、1966年に設立された
第2びわこ学園が
2000年に新築・移転されることになった時、
学園のようすや思い出を残そうとつくられた
『 わたしの季節 』という
ドキュメンタリー映画が あることを知りました。



映画『わたしの季節』.jpg



当時の入所者のうち 数名のひとを除いた
123名の入所者とその家族から
撮影許可の了承をとり、
3年間にわたって
そこで暮らす ありのままの姿が
16ミリカメラと同時録音で 記録。

ナレーションは一切なく
映像と録音だけという、
映画のもつ力強さを
臨場感を 発揮した
作品になっています。

途中、入所者たちの幼い頃の姿も挿入されて
そこから、一人ひとりが
それぞれの “ 季節 ” を 重ねてきたストーリーが
垣間見えることで、
入所者一人ひとりが
大切に時間を重ねてきている足跡があります。


この子らに世の光を、ではなく
「 この子らを世の光に 」という理念で
創設された「 びわこ学園 」。

重い障害のあるひとたちと
コミュニケーションをとって
生活全般の支援を
試行錯誤しながら行う。

一人ひとりと 向き合うことから
一人ひとりの意を 尊重できる “ 今 ” があります。

この映画をつくるにあたり、
家族のなかには
映してほしくないと思うひともいたと思いますが、
数名を除いた
123名とその家族たちが望んだということからも
入所者とその家族の
映画への期待、そして
この映画の意味を感じました。


ある 障がい福祉の社会福祉法人では、
新人研修時のプログラムに
この 映画『 わたしの季節 』と
映画『 夜明けのこどもたち 』の上映があるそうです。

それを古い、というのではなく、
知ることによって見えてくること
変わらないこと
変えなければならないこと などを
感じてほしい、そしてそこから
自分ができることを行動に移してほしい、と
願い続けるひとたちがいる。

今を知ることも 大切ですが、
これまでのことを知ることで
見えてくるコト、もの。

そこには、
障がいに関係なく
見えてくるコト、もの が あります。

そして、どのひとにも必要な
「 生きる 」という原点が そこに あります。
















DWAT 3 [2022年02月02日(Wed)]


大規模災害で被災した
障がいのあるひとや高齢のひと、
妊産婦や乳幼児、配慮を要するひとの
避難生活を支援する
災害派遣福祉チーム=DWAT

DWATは、都道府県の
災害福祉支援ネットワークに登録された
介護福祉士や社会福祉士など
1チーム 3〜5人で構成。

避難所に派遣され、
上記のような
配慮を必要とするひとたちの
相談を受けたり、
体調の維持、精神的なケアなどを担います。

その避難所が
だれもが生活しやすい場になるように
授乳室の整備や
段差へのスロープ設置の助言なども行います。

近年 DWAT2 で紹介したように
その存在を
知ってもらうための活動も広がっています。

そのような中で、
DWATが全国各地で活動できる体制にしようと
新たな試みを告げる 記事を目にしました。


「 災害派遣福祉隊に司令塔
 DWAT 応援調整や人材養成 」
 ( 2022年1月24日付け:読売新聞 )


厚生労働省は 2022年度、
災害派遣福祉チーム=DWATの
中央センターを設置し、
都道府県をまたぐ応援派遣の調整や
人材養成のための
全国研修を一体的に実施し
被災者の支援体制を強化する、とありました。

2021年3月末現在、
DWATは 36府県で設置され、
登録者は 全国で約5000人にのぼります。

一方、避難所での活動経験があるのは
半数以下の府県にとどまり、
過去の活動では 経験不足などから
複数の避難所への対応に苦慮したり、
地域間の応援派遣の調整に時間がかかる といった
課題が指摘されていました。

中央センターは、
平時には
全国で研修を実施して人材養成を進めるほか
地域ごとに会議を開催するなどして
広域的な連携体制を構築、
災害時には
培ったネットワークを生かし
応援派遣の調整にあたる、とありました。

そして、中央センターの運営は
福祉分野の全国団体や
災害支援を行う非営利組織などに
委託することを想定しており、
委託先は 公募で選定する方針、と。



災害が起こるたびに、
その時々の対応について
「これでよかったのか」と
振り返り、検証することで
必要な支援を明確化し、次へつなげる。

DWATは
その機能を十二分に果たすために
大きな一歩を 踏み出しそうです。

でも、これが、生きたものになるには
その人材が 必要です。

わたし、やりたい。
我が団体で、やりたい。
我が法人が、やりたい。

日々の支援や仕事で大変な状況が続いていますが、
そんなときこそ
次の、先のことを見据える。

そんなひと、団体、法人が出てくることを願います。

今ある 自分のスキルを、
より多くのひとたちのために
活かしたいと意識するひとびとが
増えることも。













プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2022年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml