CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」
 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。


    canpan.info ドメイン常時SSL化対応に伴い、
    2019年11月以前にいただいた
    「いいね!」は消えています


「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
!-style FSトモニ― NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー ヘラルボニー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
自由に思うままに走れるために  [2021年08月27日(Fri)]

「 全盲のランナーが
たった一人で 10キロを完走した 」。

この事実を知った瞬間、
とてもワクワクした気持ちになって
もっと知りたくなって、
調べてみると。


「 全盲のランナーが一人で10キロを完走 」。

これを実現させたのは、
視覚に障がいのあるひとが
Googie AI の力で
ひとりで自由に走ることを可能にすることを目指した
Google Research の
“ Project Guideline ”という
研究開発プロジェクト。

米国の Thomas Panek さんという
NPO Guiding Eyes for Blind のCEO で
全盲のマラソンランナーからの
「 自分のような視覚に障がいのあるランナーが
一人で走るために
Google のテクノロジーを使って
できることはないだろうか 」という問いかけに、
Google が答えることが はじまりでした。

「 すべてのひとが、自由に、自立して
自分の可能性を 追求できる。
そんな社会を目指す小さな一歩として、
この実験は 始まりました 」とありました。

だれもが使えるように
だれもがアクセスできる技術であるように、
どこにでもある
スマートフォンとヘッドフォンを使い
ランナーをガイドする
技術開発を目指し、
Panekさんと協力して 開発は進み、
昨年“ Project Guideline ”が
米国で 発表されました。


日本では、「 日常的に運動をしているひとは約6割。
しかし 視覚障がい者の間では約3割にとどまっている 」
という、スポーツ庁が発表した 令和2年度
「障害者のスポーツ参加促進に関する調査研究」にあった
この調査結果から、
日本における
障がいのあるひととスポーツの関係が
如実に見えてきます。

米国で “ Project Guideline ”が
発表されたのち、日本でも
全盲のパートナーランナーを迎え、
“ Project Guideline ”がスタートしました。







日々の生活での “ 運動 ” そのものから
見直すことが余儀なくされていることは
言うまでもない日本ですが、
障がいのあるひとの
“ スポーツがしたい ” という気持ちを
置き去りにしないために
このプロジェクトを 知ってほしい。

“ パラスポーツ ” と呼ばれるものを
普及させる以前に、
“ パラスポーツ ” を
話題にしたり取り巻くひとたちが行うこと、
それは「 障がいがあるひとたちが
楽しめるスポーツを開発普及するために
必要ことを 伝え行動する 」。

このことこそが、まず
やらねばならないことだということに
気付いてください。


「自分の思う通りに誰にも頼ることなく自由に走ってみたい」。


あなたが そう思うように、
障がいのあるひとも そう思う。

スポーツを楽しみ
スポーツに参加する機会は
だれにも 奪えません。

さまざまな障がいのあるひと一人ひとりが
“ やりたい、やってみたい ” と思う
運動やスポーツができる日常を
整えることこそが
大切であって、
今すぐにでも 必要なことではないでしょうか。







* Project Guideline
誰もが自由に思うがままに走れるように
https://projectguidelinejp.withgoogle.com/

※ サイト内には、
上記動画の音声ガイダンス対応動画もあります。

※ “Project Guideline”は
初期段階の研究プロジェクトです。
テストに協力して意見をいただける
視覚に障がいのあるひとや、
動画データ撮影やユーザー体験向上のための
イベントやフィールドテストに
協力できる企業やNPOを募集されています。
詳しくは、上記サイト内の
「パートナー募集フォーム」でご確認ください。












映画『 ふたり 〜あなたという光〜 』  [2021年08月21日(Sat)]

障がいや疾患、難病などがあるひとの
兄弟姉妹のことを ひらがなで
「 きょうだい 」と呼ばれています。

「 きょうだい 」を知るひとは
日に日に 増えています。

拙ブログでも、
2012年に「きょうだい会 」を記して以来、
きょうだい について記しています。

その中でも、「 きょうだい 」自身が
障がいのある兄弟姉妹のことを
映像で伝えることが増えていることは顕著で、
その1本1本からは
それぞれの思いが感じ取れ、
感慨深く 観ています。

そして またひとつ、
「 きょうだい 」を描いた映画に出会いました。



     映画『 ふたり 〜あなたという光〜 』





―― 自分らしい生き方に悩むすべての人に捧げる物語。
 障がい者(精神障がい)の妹・希栄がいる姉のぞみは、
 恋人である崇に希栄の存在を打ち明けられていない。
 ある日プロポーズをされたことをキッカケに
 希栄の存在を知らせたところ、崇は困惑してしまう。
 そこから 障がい者家庭特有の悩みに次々と直面し、
 “普通”の人生とは程遠い自分の人生に絶望し、
 のぞみは崇との結婚を諦めようとする。
 ところが、あることをキッカケに
 改めて自分の人生を考え直していく。――
                ( 映画 HPより )


知られざる現実に光をあてる“ 映画 ”を通じて
障がいのあるひととその家族、
それ以外のひとたちとの間にある
“ 溝 ”を溶かし ともに歩んでいきたい、
障がいのあるひとを取り巻く状況を 変えていきたい
という思いから生まれた この映画。

この映画のプロデューサーさん自身が
きょうだいで、
統合失調症のある妹さんがいらっしゃいます。

「 障がいのあるひとの家族を取り巻く
現状を知ってもらい、
そこから 課題解決を話し合っていく
流れをつくっていきたい 」。

「 全国にいる、いや、全世界にいる きょうだいへ
傷ついてばかりもいられない、共に立ち上がろう、
共に社会を変えていこう、という
メッセージを送りたい 」。

そして、思いは続きます。

「 私の願いは ひとつ、
誰もが すべからく
自分の人生を 生きていくこと。
障がい者も。
障がい者の家族も。
障がい(者)とは無縁で暮らしているあなたも 」。


「 きょうだい 」の視点から描かれている映画ですが、
自分の人生に
向き合い 歩むことへの
誰もが経験する葛藤が 描かれていて、
「 きょうだい 」以外のひとにも
伝わるメッセージが、
そこには たくさんあります。

映画『 ふたり 〜あなたという光〜 』の
劇場での公開は 現在予定されていませんが、
オンライン形式の上映会が予定されています。


▼日時:2021年8月27日(金)
【前日の21時から当日の21時まで視聴可能】
▼参加形式:
Vimeoを使用したオンライン視聴形式。
※上映日前日までに、
申込み時に登録のメールアドレス宛に
視聴リンクが送られます。
選択した上映日の好きな時間に、
自身のPC、スマホ端末から視聴。
▼参加費:1500円
※申込みフォームから支払方法が選択できます。
▼申込先:
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2a27599d702260
※詳しくは、下記映画公式サイトでご確認ください。
 (申込み締切は 上映日3日前まで)
▼主催:きょうだい映画製作委員会

そして、この映画視聴のあと、
映画を観て対話するワークショップ
“ シネマローグ ” もあり、
時間は 21時から22時となっています。



「 どんな環境や状況に置かれたとしても、
あなたには あなたの人生があって、
それを生きるのは、
あなた自身の「選択」に ほかならない 」。

映画の公式サイトを
ぜひ一度、のぞいてみてください。





*映画『 ふたり 〜あなたという光〜 』公式サイト
https://www.movie-of-siblings.com/

脚本・監督:佐藤陽子
エグゼクティブプロデューサー:三間瞳
キャスト:中西美帆、熊木陸斗、納葉 ほか
協力:株式会社フクフクプラス、
   NPO法人エイブル・アート・ジャパン
法律監修:岡筋泰之
上映時間:45分

映画『 ふたり 〜あなたという光〜 』
製作委員幹事会社:
株式会社BP&Co. 
https://bp-and.co.jp/











本を読む  [2021年08月15日(Sun)]

マルチメディア。

映像(静止画)、音声、文字などの情報を
デジタルデータ化し、
使う側の意志に応じて
コンピュータ上で一括処理をして組み合わせ、
効果的に提供するシステム の意。

マルチメディア化 されたものは、
日常生活のさまざまなシーンの中に あります。


「 本を読む 」と言っても
みんながみんな
目の前にある本を
読めるわけではありません。

視覚に障がいのあるひとだけでなく
発達に障がいのあるひとや
眼球運動の障がい、上肢の障がい、
化学物質過敏症のひとなどは、
目の前にある本を読みたくても
工夫や支援がないと
本を読むことはできません。

「 マルチメディアデイジー図書」と
いうものがあることを
ご存知のひとはいると思います。

音声にテキスト及び画像が同期された画面、
音声を聞きながら
テキストを読む。

読むスピードを変えたり
読まれている箇所がハイライトされたり、と
さまざまな工夫から
「 本を読む 」ことを 可能にしています。

読み上げの声も、
電子書籍のような合成音声ではないので
違和感も少ないです。


これまで、有料で利用できる
マルチメディアデイジー図書 」はありましたが、
利用登録をするだけで
無料で利用できる
小学校の国語の教科書で
推薦している児童書を中心に揃えられた
デイジー子どもゆめ文庫 』が
あることを知りました。

この『 デイジー子どもゆめ文庫 』は、
日本障害者リハビリテーション協会さんが
国立青少年教育振興機構の
「子どもゆめ基金」の助成金交付を受けて、
令和2年度から 作成されています。

「 本を読む 」ことが苦手は子どもたちに
ぜひ利用してほしい。

本に親しみをもつ キッカケとなってほしい。

いろいろなことやモノに興味をもつ
子ども時代の読書は、
言葉だけでなく
感性や表現力、創造力を豊かにします。

障がいがあっても
読書を楽しみ、
読書が好きになってほしい、という願いを
願望で終わってほしくありません。

夏休みの
ステイホーム中の
必要とする子どもたちへ 届きますように。





*デイジー子どもゆめ文庫 HP
https://yume.jsrpd.jp/


*公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会(JSRPD)
東京都新宿区戸山1−22−1
https://www.jsrpd.jp/


*日本DAISYコンソーシアム
東京都調布市若葉町1-1-61−101
NPO法人 支援技術開発機構(ATDO)内
https://www.normanet.ne.jp/~jdc/index.html


※デイジー(DAISY)とは、
Digital Accessible Information SYstemの略で、
日本では「アクセシブルな情報システム」と
訳されています。
視覚に障がいのあるひとや
普通の印刷物を読むことが困難な人々のために
カセットに代わる
デジタル録音図書の国際標準規格として、
50カ国以上の会員団体で構成する
デイジーコンソーシアム(本部 スイス)により
開発と維持が行なわれている
情報システムを表します。
日本では、点字図書館や一部の公共図書館、
ボランティアグループなどで
DAISY図書が製作され、
主な記録媒体であるCD-ROMによって
貸し出されるシステムを構築。
視覚障がいのほか、学習障がい、知的障がい、
精神障がいのあるひとにとっても
有効であることが
国際的に広く認められてきています。

「 DAISYって何だろう? 」
https://www.library.shinjuku.tokyo.jp/lib/files/Whats_DAISY.pdf











リテラシー  [2021年08月09日(Mon)]

「 ゆとり教育 」がきっかけで消えていた
精神疾患に関する教育が、
学習指導要領の改訂により
来年度から 
高等学校の保健体育の授業で
行われることになった、と 知りました。

精神疾患は 近年、
がん・脳卒中・急性心筋梗塞・糖尿病に並ぶ
5大疾病の1つです。

厚生労働省の調査では、
精神疾患で医療機関にかかるひとは増えており、
2017年には 400万人を超えています。


授業では、
うつ病、統合失調症、不安症、摂食障害を取り上げ、
精神疾患は誰もがかかりうることや
若年で発症する疾患が多いことなどにふれるほか、
心身の不調の
早期発見・治療・支援の開始によって
回復する可能性が高まることや、
精神疾患は
偏見や差別の対象ではないことなどを
理解できるよう指導する、とありました。

ただ、教える側の
教員への教育が重要 という声が多く、
児童生徒から助けを求められたら
相談を受け入れて
医療を含む適切な対応につなげられるように
教員の意識改革が不可欠だ、と言われています。

そして 保健体育の教員だけでなく、
担任や養護教諭、校長や管理職の教員など
学校全体で
これらの問題に対応できるようにしないことには、
これらの教育は生きたものにはならない、とも。


こうした「 精神疾患についての教育 」が
行われるようになった背景には、
脳や心に起因する疾患(障がい)や
メンタルヘルスの理解促進を目的とした活動を行う
シルバーリボンの会さんが、今年3月
「義務教育で精神疾患を教え、偏見を無くしてほしい」
と 文部科学省に5万5千人の署名と
要望書を提出されたり、これまでの
さまざまな呼びかけや活動があったことも
要因のひとつと言われています。

しかし、精神疾患についての教育が
高等学校で教えられることに、危惧もあります。

精神疾患の中で 統合失調症の発症は
10代後半から20代に多く、
高等学校で教えるには遅いという意見が多いと
シルバーリボンの会さんでは
まとめられています。

精神疾患のある子をもつ親に行ったアンケートで、
前兆の症状が表れたピークは
13〜15歳で、
義務教育期間に前兆症状が表れた子は 54%、
中には 小学生のころに発症した子もいた、と。


これまで 精神疾患の症状が出始めても、
本人や周りのひとに
必要な知識が備わっていないことにより
気付かないままに 苦しむケースが多く、
親も子も「 知らない 」ことによる弊害が
避けられませんでした。


精神疾患は 早期発見・早期治療が大切ですが、
今回の高等学校での
「精神疾患についての教育」が
学校側の体制を変える・変わることに
つながってはじめて
この教育の意味がある と思います。

ただ、教えて終わりではなく、
教員の知識や理解不足による悪影響を
断ちきることができるか。

教員が統合失調症を怖い病気であるかのように
児童生徒に伝えたことで、
教員の誤った認識が
児童生徒やその保護者にまで
どれだけの影響があるかを
偏見を生み出すことになっているかを
知って知らないフリをするのは
終わりにして。

精神疾患教育において
重要なのは
教員リテラシー の向上かもしれません。

ここから変えないと
ここが変わらないと
どのような教育を設定しても
児童生徒には届かない、と
言えるのではないでしょうか。






*シルバーリボンの会
神奈川県横浜市泉区下飯田町1551-44
(就労継続支援B型事業所ゆめが丘DC内)
https://www.silverribbon.jp/



※文部科学省の調査では、
精神疾患で休職した教職員が
2019年度に
5,478人の過去最多 となっています。
教職員自身のためにも
精神疾患についての正しい理解が
より早く深まることを 願います。














ドキュメンタリー映画『不安の正体 精神障害者グループホームと地域』 [2021年08月03日(Tue)]


障がいのあるひとのグループホームが
近年、各地で増えています。

ですが、それに伴って
地域住民によるグループホーム開設の
反対運動があることも確かで、
事業者側が説明会を開いても
反対の声は収まらず 対立が深まるという事態が
あとを絶ちません。

「 施設コンフリクト 」と呼ばれる
このような反対運動は なぜ起きるのか。

障がいのあるひとのグループホームとは
どのようなものなのか。

反対住民の声と関係者の意見、そして
グループホームに入居しているひとびとの
生活やインタビューを通して 実像を見つめる
ドキュメンタリー映画が完成しました。



       ドキュメンタリー映画
 『 不安の正体 精神障害者グループホームと地域 』



各地の反対運動をはじめ、
グループホーム内の生活の様子が収められており、
そこには、精神に障がいのあるひとの
置かれた実情を理解してもらおうという思いが
詰め込まれています。

舞台となったグループホームの入居者らが
顔を出して出演したことについて、
「 世の中には 精神障がいのあるひとを
いろんな目でみる人がいる。それでも
ありのままの姿を知ってもらおうという思いが
勝ったのではないか 」と
グループホームの理事長さん。

「 誰もが受け入れられる地域なら、
私はそこに住みたいなと思う 」と、
反対一色の住民説明会で
ある住民が発した言葉の紹介も。

「 精神障害者 大量入居 絶対反対 」と
書かれたのぼりが映し出された衝撃の場面から、
グループホーム開設に至った過程を
ただ 記録したものではなく、
障がいのあるひとを
知らないからことから起こる
数々の誤解を払拭したい、払拭する映画です。



このドキュメンタリー映画の完成を記念して、
オンライン上映会が予定されています。

▼配信日時:2021年8月9日(月祝)
      11時 開始 〜13時 終了予定
▼配信スケジュール:
  11:00 本編上映開始
  12:05 本編終了、5分休憩
  12:10 トーク開始、チャットで質疑応答予定
  13:00 イベント終了
▼トーク出演:池原毅和さん(弁護士、本作企画者)
       飯田基晴さん(本作監督)
 ※詳しくは イベントページにてご確認ください。
  https://kipz.fun/mall/event/1203



障がいのあるひとを知らないひとにこそ
観てほしい映画です。

そして、観たひとたちに答えてほしい問いがあります
「 本当に怖いのは何だろう? 」。

本当に怖いのは。







*映像グループ ローポジション 内
ドキュメンタリー映画『 不安の正体
精神障害者グループホームと地域 』紹介ページ
https://www.lowposi.com/gh/

2021年/日本語/65分
企画:池原毅和 
企画協力:三橋良子 
監督・撮影・編集・ナレーション:飯田基晴
協賛:社会福祉法人SKYかわさき、
   セレリアンス株式会社 
助成:一般財団法人松翁会
製作:NPO法人自律支援センターさぽーと 
制作・販売:映像グループ ローポジション
※映画のDVDが 9月に発売予定だそうです。



















プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml