CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」
 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。


    canpan.info ドメイン常時SSL化対応に伴い、
    2019年11月以前にいただいた
    「いいね!」は消えています


「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
!-style FSトモニ― NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー ヘラルボニー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
社会を知る  [2021年07月28日(Wed)]

「 公務員と聞いて、どんなイメージが浮かぶ?」
という言葉からはじまる
ある記事が 目に留まりました。

「 公務員と聞くと、それは
前例を踏襲しながら お堅いひとたちが
淡々と業務をこなしているというイメージ」に
うなずいて。

そんな印象が ガラリと変わる、
民間の手腕を即戦力として活用する
公務員採用を、積極的に行っている
自治体があることを知りました。

佐賀県では、
今年 入庁した行政職のうち
その3割以上が 社会人採用で、
社会人採用者の割合は 全国トップです。

佐賀県の 職員採用パンフレットには
「 公務員になりたい人は いらない 」
「 公務員という職種はない 」
という文字が 踊っており、
公務員になりたいのではなく
佐賀県職員として 何がしたいのか
明確なビジョンを持った
プロ意識のあるひとを採用したいという思いが
伝わってきます。

佐賀県庁の 社会人採用選考は
一般教養などの筆記試験はなく(論文試験はあり)
「アピールシート」という履歴書と面接。

最も重視されることは、
自分のそれまでのキャリアを
PRする能力だそうです。

その社会人採用者らは、
商社や建設会社勤務をはじめ、
有名アパレルブランドのプロデューサー、
プロ野球球団の営業マン、
雑誌の編集者、
博報堂のCМプロデューサー、と
前職は多彩で
多方面で活躍できる即戦力ばかり。

この背景には、
「 これまでの“お役所仕事”では太刀打ちできない
急激な社会の変化に対する 強い危機感 」と
「 県民が今 求めているサービスを提供するためには
民間などで培われた 柔軟な思考が必要 」という
社会を知った上での決意が
見え隠れしています。

このような社会人採用は、
全国の自治体で 増えています。

兵庫県では
昨年度40人を採用したり、
東京都では
証券アナリストの資格保持者や
企業の財務評価経験者などの施策に必要な
ピンポイントでの採用を行っている、とか。

これらを知ったとき、
頭に浮かんだことがあります。

公務員だけでなく
教員にも このような思考が必要だ と。

教員の中には、
社会通念を持ち合わせていないひとが
いるように見受けられます、
かなり高い割合で。

身近に教員がいる環境で育ったひとの中には
うなずくひとがいると思います、
わたしもそのひとりです。

一般企業で働いたことのあるひとから見ると、
え、そんなことをこの場面で言う?
え、こんなマナーも知らないの?
という経験のひとつやふたつはありますよね
(きょうの福祉 調べ)。

以前より 思っていたことなのですが、
初任校勤務(概ね3年)後に
「一般企業で2年間働く」という
研修を取り入れてみてはいかがでしょうか。

うーん、率直に言うと
取り入れてください(義務化)。

広く社会を知ることによって、
今まで知り得なかった
たくさんのことが 知れたり
(その中には、保護者対応に有効なことも
たくさんあると思います)、
多方面のことが 見えたり。

学校という
狭い社会しか知らないことからくる
歪みを修正する経験が
教員には必要だ と強く感じています。

教員の中にも、きっと
一般企業で働いてみたいと思うひとが
いるのではないでしょうか。


「 公務員 という職種はない」に近しく
「 教員 という職種はない」と言いたいほど、
児童・生徒の前に立っていいのかと思う教員が
変わらぬ散在している状況に
警笛を鳴らしたい。

教員の知る社会が、
机上の空論であってはなりません。














きょうのShopひとにやさしく 174   [2021年07月22日(Thu)]

久しぶりの「きょうのSHopひとにやさしく」です。

京都府福知山市にある しんあい さん は、
1994年から
オオクワガタの育成を手がけ、
オオクワガタにこだわって
繁殖、販売されています。

今年も、その時季がやってきました。


      〜  オオクワガタ  〜


先日、テレビのローカルニュースで
オオクワガタの販売に向けた作業のようすが
紹介されていました。

飼育瓶の中で
一年がかりで 卵から育てられ、
成虫となった オオクワガタ。

大きなものでは
体長7センチほどになったオオクワガタを
傷つけないように 一匹ずつスプーンを使って
飼育瓶から丁寧に取り出し、
体長を測り 商品ケースに入れる
割り出し作業が 紹介されていました。

「 例年に比べて 数はが少ないですが
7センチを超える成虫がたくさんいます。
多くのひとに 購入してもらいたいです 」と
職員さんの話もありました。



オオクワガタは、
温度管理と餌を きちんとやれば
3年から4年は生きる とのこと。

下記のオンラインショップで、
オオクワガタだけでなく
餌となるホワイトゼリーや 木でつくった餌皿なども
販売されており、
オオクワガタの越冬方法や
ブリーディングについての説明コーナーもあります。


1年かけて
オオクワガタを育てることは、
温度管理や越冬作業などに必要な専門知識とともに
根気と興味がなければ
続けられないこと。

そして、
楽しみに待つひとがいなければ
成り立ちません。

近くにお住いのひとには、
電話予約も 開始されています。

そして、今月中・下旬から、
下記のオオクワONLINEで
ネット販売も される予定です。
( 追記:7月23日14時から開始されるそうです )

自由な外出がままならない日が続く中、
こどもだけでなく
こどもだったひとも、
夏を楽しみ
こどものころに戻れたら。

少しでも
2021年の夏が
素敵な夏に なりますように。







*社会福祉法人 みつみ福祉会 しんあい
京都府福知山市字堀360
Tel : 0773(22)8694
https://www.kyoto-sc.jp/


*オオクワONLINE
(オオクワガタ専門オンラインショップ)
http://www.ookuwagata.jp/














支援が困難なひと  [2021年07月16日(Fri)]

「 支援が困難 」。

「 支援が困難 」と言われても、
それは「 場 」のことであり
「 ひと 」のことではない、と
わたしは思っています。

「 支援困難なひとに 会ったことがありません。
ただし、支援困難な “場 ”というものはあります。
その “場 ”を形成しているものは、
物理的な “空間 ”であったり
構成する “ひと ”であったりします。
その “ 場 ”に困難さを感じることはよくありますが
それは 施設だけでなく
家庭でもそうである と言えます」。

これは、あるシンポジウムで聞いた話です。

家庭で、
家族が揃った状態でのこと、
障がいのある兄は 施設から帰宅後
イライラして落ち着かない態度が続いていた、
父は 疲れてイライラしながら食事を摂り
そばにいた障がいのある兄は
もっと落ち着きをなくし声を出す、
それを見た受験勉強中の妹は
「 静かにして」と声を上げる、
その中で 母はひとり
父、弟に気を使いながら 兄を鎮めようとする、
と いった場合、
その “場 ”の やりくりを変えることで
避けられる衝突はあります。

母だけでなく、父も妹も、
兄の いつもとちがう様子に気付き
「 何かあったのかな 」と その可能性を考え、
少しでも兄の心に寄り添う “場 ”がそこにあれば。

では、施設で
考えてみた時はどうでしょう。

障がいのあるAさんが 何か失敗をしたとします、
それをただ何も言わず尻拭いをするだけの支援では
だめなことは 百も承知ですが、
「 原因を見つけてあげよう、何か辛かったのかな」と
考えることができる “ 場” は 整っていますか。

それも、Aさんの担当者だけが、
どれだけ福祉の勉強をして経験があったとしても
そこの “ 場” が
そうさせない “ 場” ならば、そこでは
Aさんのみならず
通所する入所する障がいのあるひとは
同じような対応を受け続ける といっても
過言ではありません。

家庭でも 施設でも
そこにいる、その “ 場” を構成しているひと、
それは、あなた自身 です。

あなたから “ 場” を 変えるしかないのです。


障がいの種別によって支援内容がちがう、
個々の障がいに応じた支援を担う、ということは
言うまでもなく 大切なことです。

と 同時に、考えなければならないことは
これも言うまでもなく
その支援がそのひとに合った支援であるかどうか。

そこで、「 そのひとに合う」ということの
優先順位を上げた時、おのずと
「 “ 場” の重要性 」が 浮かび上がってきます。

“ 場” を考え、整えることが出来れば
支援が困難なひとは 生まれない、と。


生活介護であれ、就労支援であれ、
福祉事業所・福祉施設に
通所・入所する障がいのあるひと
その誰ひとりも、
支援が困難なひとはいません。

もし、支援が困難だと感じることがあったとしたら、
今在る“ 場 ”を 改善してください。

そして もし、支援が困難だと言われたら、
“ 場 ” を整えるように、助言してください。

“ 場” を考え、整えることができたなら、
支援が困難なひとは 生まれません。













ありのままがあるところ  [2021年07月10日(Sat)]

これまでに 拙ブログでも
さまざまな活動を紹介している
鹿児島県にある しょうぶ学園さん。

栃木県の里山に建つ
明治大正の面影を残した
旧小口小学校の校舎を再利用して開設された
「 もうひとつの美術館 」の開館20周年記念に
しょうぶ学園さんの展覧会が 開催されます。


ありのままがあるところ しょうぶ学園.jpg


    〜 ありのままがあるところ しょうぶ学園 〜

 会期:2021年7月16日(金)〜11月23日(火祝)
     10時〜17時【入館は16時30分迄】
     ※休館は毎週月曜【但し祝日の場合は翌火曜休館】

 場所:もうひとつの美術館
     栃木県那須郡那珂川町小口1181-2

 入場料:大人 900円、大学生 600円、 
     小中高生・70歳以上・障がいのある方付添 450円
     障がいのある小中高生 300円 
     団体20名以上(要予約) 10%割引

 主催:認定特定非営利活動法人もうひとつの美術館
 助成:公益財団法人朝日新聞文化財団

 出展作家(敬称略):
  有村アイ子 / 池山麻智子 / 石野敬祐 / 今村哲也 /
  鵜木二三子 / 大島智美 / 翁長ノブ子 / 神村八千代 /
  記富久 / 坂元郁代 / 高田幸恵 / 高山一郎/ 中田麻美 / 
  中村哲平 / 野間口桂介 / 濱田幹雄 / 東信枝 / 福満信夫 /
  不笠武志 / 藤村直樹 / 前野勉 / 溝口ゆかり / 村田夏子 /
  森節子 / 吉盛貢世 / 吉本篤史 / 米山宜秀 / 米徳万里子



―― 障害者たちの創作活動や表現は、
 行為として毎日の生活の中に存在していることが多く、
 親や施設職員などの関係者が
 障害者の日常の生活環境を整え、
 その中で生まれた行為や表現に対して共鳴し、
 協力し、発信して初めて社会に届きます。
 しょうぶ学園ではそれらを実践してきました。
 本展覧会では、しょうぶ学園で作られた、
 縫・木・陶・絵などの、
 既成概念を超えた作品の数々を展示するだけでなく、
 それらの“作品”となる表現が生まれる環境を整え、
 生まれる瞬間に立会い、
 時には共同制作したり、日常生活を支える「人」
 (施設職員などの関係者)にもスポットを当てて
 “作品”のできるまでを作品と映像を通してお伝えします。
 作品そのものだけでなく、
 作品・表現ができるまでの“過程”や“場所”、
 作家と作家の表現・行為に共感した人との“関係”を探り、
 アートの生まれる“環境作り”について
 考えてみたいと思います。――
                ( フライヤーより )


展覧会では、
刺繍、木工、陶芸、絵画の作品
約230点を 展示するだけでなく、
それらが作品となる
表現の生まれる過程も 紹介されています。

そして、ミュージアムショップでは
刺繍Tシャツやクラフト製品などの
展示販売も あるそうです。

また、関連イベントとして
オープニングトークやワークショップ、
以前 拙ブログでも紹介した
映画「幸福は日々の中に。」
映画「so:but(and)=1.2.3.4.―あらかじめ、情動の」
の上映会もあります。


▼オープニングトーク 
「福森順子さん(しょうぶ学園 統括副施設長)+
 梶原紀子さん(もうひとつの美術館 館長)」
 日時:7月16日(金) 11:00〜12:00
 場所:ギャラリー&カフェ
 参加料:無料(別途要入場券+ワンドリンク)
 定員30名(要予約)

▼映画「幸福は日々の中に。」上映会
 日時:9月18日(土) 1回目13:30〜 2回目15:30〜
 場所:ギャラリー&カフェ
 定員24名(完全予約制)
 参加料:大人1,600円、小中高1,000円(当日受付支払)

▼映画「so:but(and)=1.2.3.4.―あらかじめ、情動の」
 上映会
 日時:10月2日(土) 1回目13:30〜 2回目15:30〜
 場所:ギャラリー&カフェ
 定員24名(完全予約制)
 参加料:大人1,600円、小中高1,000円(当日受付支払)



コロナ禍で 外出を控えるひとが多い中、
現地へ行って観ることが
難しい状況は続いていますが、
足を運べるひとは、ぜひ。

昨年8月、拙ブログで紹介した
東京藝術大学大学・大学美術館で開催された
「 あるがままのアート 」 で実施されていた
バーチャル展覧会マップや
リモート鑑賞会があったらなぁ…。

あ、ちょっと 呟いてみました。




*社会福祉法人 太陽会
障害者支援センター SHOBU STYLE
鹿児島県鹿児島市吉野町5066
Tel:099(243)6639
http://www.shobu.jp/


*もうひとつの美術館
栃木県那須郡那珂川町小口1181-2
http://www.mobmuseum.org













「 待つ福祉 」の終焉 [2021年07月04日(Sun)]

過日、目にした こちらの記事。


「 福祉制度のポータルサイトの開設を 」
 ( 2021年6月2日付け:福祉新聞 )


タイトルを見ての第一声は
「 やっと、きた 」でした。

政府が対策を進めている
国民の孤独・孤立問題について
自民党の孤独・孤立対策特命委員会が、
その対策として
さまざまな支援制度を網羅した
ポーサルサイトの創設を求める提言を
厚生労働大臣に出した、とありました。

特命委員会は、
新型コロナウイルス感染症の長期化で
孤独や孤立の問題が深刻化しているとして、
今年2月に立ち上げられ
有識者からのヒアリングなどを行ってきました。

提言では、
孤独や孤立状態にあるひとに
必要な情報を届けることは
極めて重要な課題だと指摘し、
政府の施策は
現場の支援者が把握できないほど複雑だとし、
分かりやすい言葉で
さまざまな施策が一覧できる
ポータルサイトの構築を求めています。

孤立状態にあるひとは
自ら 声を上げにくい実態もあることから、
従来の「 待つ福祉 」ではなく
「アウトリーチ型の支援」が極めて重要だと強調し
行政だけでは
限界があることから
民間団体との連携についても
単年度ではなく
複数年での委託を進めることで
活動を安定させることが重要とし、
さらに、相談内容は多岐にわたることから、
電話やSNSなどを生かした
24時間対応を求めている、とありました。

そして、この提言は
孤独や孤立の定義はしなかった一方で、
今後、支援すべき対象を明確にし、
孤独・孤立を測る指標が必要だ と指摘、
実態を明らかにするための
全国調査を行うよう求めた、とありました。


孤独や孤立。

その中には
さまざまな立場のひとがいます。

子育て中のシングルマザー、
ひきこもりといわれるひと、
老老介護中の高齢のひと、
そして 置き去りにされがちな
障がいのある子や
障がいのある成人と暮らす親。

そのひとにより
必要とされる支援はちがいますが、
それらを網羅できる体制が可能となる
第一歩だと思います。

支援を必要としているひとが、
支援を必要としている
そこで暮らすひとが
どれだけの数いるかを想像したとき、
想像をはるかに上回るひとが
そこにいる、と実感するひとが多いから、
少しづつ、ではなく
今 すぐに はじめてください。

そして 今よりも もっと
市井の声に
耳を傾けてください、
現場の声に
もっともっと 耳を傾けてください。


最後に、
「 待つ福祉 」ではなく
「 アウトリーチ型の支援」が
極めて重要だと強調したこの提言は、
個人の問題から 社会の問題へ
自助ではなく公助の必要性を言及しているに等しく、
これまでの施策の
方向転換を迫る内容が含まれる提言です。

どうか 立ち消えすることがありませんように。

「待つ福祉」が過去のことになる日が来ますように。














プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml