CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」

 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。



「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
kyokyo
劇映画『 星に語りて~Starry Sky~』 (08/11) 松本動
劇映画『 星に語りて~Starry Sky~』 (08/09) kyokyo
ヤマシナポートレート展 開催  (02/11) こがっぱ
ヤマシナポートレート展 開催  (02/10) kyokyo
置き菓子サービス  (09/16) ぽんじゅーす
置き菓子サービス  (09/16) kyokyo
ギャラリー パッチワーク  (01/29) poppins275
ギャラリー パッチワーク  (01/28)
タグクラウド
!-style NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
農福連携、の次へ  [2019年11月27日(Wed)]

先日、このような記事を 目にしました。

「 障がい者と「農福連携」 カゴメ、
 トマト栽培を二人三脚で 」
 ( 2019年11月15日付け:食品新聞 )

株式会社カゴメさんが、
全国の 特色ある農産物や加工品を
農園応援ブランドとして
販売を展開しているなかで
この度、農福連携を柱に商品化した
“ 北海道余市トマトジュース ” を発売した、
と いうものでした。

原料のトマトは、10年がかりで開発した
爽果(さやか)という品種で、
青臭みが少なく
酸味と甘みの絶妙なバランスが特徴だそうで、
“ 北海道余市トマトジュース ” は すでに
公益財団法人日本デザイン振興会主催の
2019年度 グッドデザイン賞を受賞、とありました。

加工用トマトで北海道の産地を開拓する取り組みの
一環として、カゴメさんは
観光や漁業は盛んだが
農業に弱いと言われていた 余市町に注目。

「 農福連携ができる生産者 」を見つけてスタートし、
トマトの定植や収穫作業と 荷造りを
障がいのあるひととその家族、カゴメさんの社員が
二人三脚で行った、とありました。

余市町で栽培され収穫したトマトを
カゴメ北海道工場で 加工、製造。
荷造り作業は
札幌市内の障がいのあるひとが働く事業所が
請け負い、
パッケージデザインは
北海道のデザイナーに依頼した、と。

そして この “ 北海道余市トマトジュース ” は、
カゴメさんの通信販売で
顧客45万人に販売されるそうです。

「 子どもに お金を残してあげるよりも
社会の一員として 生きていける環境を
整えてあげることが 親の使命だ 」と、
収穫などに参加した
親御さんの声も 載っていました。



拙ブログで7年前に、 得手を活かした仕事 で紹介した
香川県や愛媛県の 事例にもありますが、
農地に関する法律が改正され
その頃から 急速に
農福連携 という言葉を
耳にするようになりました。

「 農福連携は、
農業を ビジネスとして捉えるのではなく、
障がいのあるひとが
“ 作業 ” として行う農業を
イメージしての取り組みに見えます。
しかし そうではなく、
“ 就農 ” を推進することに特化した取り組みで
あってほしいです 」と、
今年1月に 農福連携 にも記しましたが、
もう、この、農福連携から
次のステージ進む取り組みに
移行するさせる “ 義務 ” を
今 “ 農福連携 ” に
携わるひとたちが担う時期に来ている、と
思えてなりません。

このまま 農福連携を続けると、
ずっと、それは、
「 福祉事業所の仕事 」のままになり、
いつまで経っても、
賃金は、給料ではなく「 工賃 」のままなのです。

“ 合弁事業 ” のような
複数の個となる組織が共同で事業を行う
会社組織をつくり、そこで
障がいのあるひとが 「 雇用 」され
働くことができたなら、
そこには、
工賃ではなく「 給料 」が発生し、
障がいのあるひとが
経済的にも
自立の道が開けます。

このまま
農福連携を続ける “ リスク ” に
気付いているひともいる と思います。

農福連携、で終わることを想像して
農福連携が始まったんじゃない、ですよね。







* カゴメ株式会社
https://www.kagome.co.jp/













映画『 家族を想うとき 』 [2019年11月21日(Thu)]

2017年3月に紹介した
映画『 わたしは、ダニエル・ブレイク 』

イギリスを舞台に、
複雑な制度に振り回され
貧困 という現実に直面しながらも、
人間 としての尊厳を失わず、
助け合って生きる人びとの姿が 描かれ、
イギリスを代表する映画監督
ケン・ローチ監督が 撮った映画です。
この映画を最後に
ケン・ローチ監督は
映画界から 引退を表明されました。

その ケン・ローチ監督が、
引退宣言を撤回して描いた映画
『 家族を想うとき 』が、日本で 公開されます。







舞台は イギリス。父 リッキーは、
マイホーム購入の夢をかなえるために、
フランチャイズの宅配ドライバーとして独立。
母 アビーは パートタイムの介護士として
時間外まで 1日中 働いています。
家族を幸せにするはずの仕事が
家族との時間を奪い、
高校生の長男と 小学生の2人の娘は
寂しい想いを 募らせます。
そのような中で、
リッキーが ある事件に巻き込まれて…。

過酷な労働条件に振り回されながら、
家族のために働き続ける父。

そんな父を 少しでも支えようと、
互いに思いやり
懸命に生きている 母と子たち。

労働者が持つべき力を失っている現実と、
家族に与える壊滅的な影響が、
如実に 描かれています。


「 本当は もっと 一緒に過ごしたい 」。

この言葉が
自分のことのように心に響くひとが
近年 増えている日本で、
12月13日(金)より
劇場公開されます。


最後に。
ある映像で
ケン・ローチ監督が語った言葉を
ここに 残します。


―― 映画の役割の一つは、
  世の中に異議を唱え
  強大な権力に
  立ち向かうひとびとに代わって
  声を上げることだ 。 ――






*映画『 家族を想うとき 』公式サイト
https://longride.jp/kazoku/

原題:Sorry We Missed You
監督:ケン・ローチ
出演:クリス・ヒッチェンズ 、
   デビー・ハニーウッド 、リス・ストーン 、
   ケイティ・プロクター
2019年/100分/イギリス・フランス・ベルギー
※「第72回カンヌ国際映画祭」(2019年)
 コンペティション部門出品


















このやまコーヒー [2019年11月15日(Fri)]

2017年5月、
拙ブログ「 脱福祉事業所 」 でご紹介した
岩野響さん。

中学校に入り
学校生活への適応に困難を感じ
悩んでいた時期に、
ご両親が毎日飲んでいた
コーヒーに 興味をもちます。

もともと、同じ調味料でも
メーカーのちがいが分かるほどの
優れた味覚と嗅覚を もっていた彼は、
知人から手回しの焙煎機をもらったことがきっかけで
コーヒー豆の焙煎を 始めます。

そして、中学校を卒業した15歳の春、
ご両親が経営する洋品店の敷地内にあった
空き小屋を改装し、
自家焙煎コーヒー豆の販売店
『 HORIOZON LABO 』をオープンします。
が、その後
あまりの混雑に やむなく営業を停止、
という 経緯がありました。

焙煎の研究を続けていた響さんに
スポーツ・アウトドア用品を販売する
株式会社アルペンさんから
オファーが。


アウトドアシーンには欠かせない
コーヒーに着目した
アルペンさんは、
コーヒー焙煎士として活躍し
かねてから 登山に挑戦してみたいという
思いをもっていた
響さんと、
「 日本百名山の豊かな個性を
焙煎を通じて表現することで
オリジナルコーヒーを 開発する 」という
壮大なプロジェクトを発表。

『 このやまコーヒー 』という
オリジナルブレンドコーヒーを
販売されることになりました。


その第一弾は、
日本一の山である 富士山の個性を表現した
オリジナルブレンドコーヒー
『 Mt FUJI BLEND COFFEE 』。

今年8月に響さんは
念願だった富士登山を果たし、
その富士登山を通じて
残っている余韻や
富士山から受けたインスピレーションを
『 Mt FUJI BLEND COFFEE 』に表現されました。


―― ちがうから、おいしいね。
   ちがうから、たのしいね。
   山も、人も、コーヒーも。
   (中略)
   さあ、岩野くんと次の山へ。――


『このやまコーヒー』公式サイトにあった
この言葉に、胸が熱くなりました。

中学3年の夏、
家族と旅行した タイ・プーケットの海を見て、
「 水平線(ホライズン)のように広く自由に生きたい 」
と 思ったことが由縁 と言われている
店名にある “ HORIOZON ” 。

「 自分で表現できるコーヒーの研究成果を発表する 」
形として、15歳の春に店を出そうと決意した
響さんの思いは、続きます。


今まで 関東圏でしか
なかなか手に入らなかった
響さんのコーヒーが、
下記の場所で
手に取ることができると知り、
とても 楽しみにしています。

コーヒー好きのひとは
ぜひ、一度 味わってみてください。






*このやまコーヒー
HORIZON LABO × AlpenOutdoors AlpenMountains
https://www.alpen-group.jp/store/outdoor/products/konoyama-coffee/

『 Mt FUJI BLEND COFFEE 』は
今月15日(金)より、
株式会社アルペンさんの
「Alpen Outdoors」「Alpen Mountains」各店舗、及び
岩野響さんが2019年12月に
表参道にオープンする
コーヒーショップ『 HOLIZON LABO 』にて販売されます。


*株式会社 アルペン
https://www.alpen-group.jp/













ケアする仕事って、なんだ?  [2019年11月09日(Sat)]

京都市市民活動総合センターの
機関紙 “ hot pot ” での取材がご縁の
株式会社 Straight(ストレイト)さん。

7年前に取材した当時
NPO法人 Create(クリエイト)さんとして
活動されていらっしゃいましたが、
2010年より
株式会社 Straight(ストレイト)として
さらに パワーアップされ、
一人ひとりに
必要とされている福祉を
きめ細やかに 実践されている事業所さんです。

その 株式会社Straight 代表さんからの
案内を 紹介します。


ケアする仕事って、なんだ?.jpg


          シンポジウム
     〜 ケアする仕事って、なんだ? 〜

 日 時:2019年12月7日(土)
       13時30分〜17時30分【13時より受付】

 会 場:同志社大学今出川キャンパス至誠館32番教室
      京都市上京区今出川烏丸東入
      (京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」徒歩3分)
      https://www.doshisha.ac.jp/index.html

 定 員:150名 ( 先着順 )

 参加費:1000円 ( 学生は500円 )

 シンポジウム登壇者:
     石川三絵さん(相談支援事業所しぽふぁーれ)
     岡山祐美さん(日本自立生活センター)
     竹端寛さん(兵庫県立大学) 
     藤田孝典さん(NPO法人ほっとプラス)
     渡邉琢さん(日本自立生活センター)

 主 催:「ケアする仕事って、なんだ?」実行委員会
 共 催:同志社大学社会福祉教育・研究支援センター



 ―― ソーシャルワーカーの社会的な価値って、
   どんなの?
   ケアワーカー・ソーシャルワーカーの賃金って、 
   低いの?
   ソーシャルアクションって、どうするの?
   私たちの仕事の可能性はどのぐらい?
   そして、私たちの仕事の限界はどのあたり?
   たぶん、はっきりとした答えは、
   見つからない。
   だけれど、人の話を聞き、
   私の話を聞いてもらうことには、
   きっと大きな意義がある。
   ケアを仕事にする人たちの
   “ 答えのない対話集会 ” へようこそ!!! ――
                ( フライヤーより )


福祉業界で
ソーシャルアクションという言葉を
耳にすることが増えていますが、
今まで 積み重ねてきたことを基に
対話しながら、
それらを進めるには
何が必要かを
確認できる場になると思います。

今、福祉を勉強中の学生さんや
現場経験の長いひとにも、
一歩先を見た 福祉が 体感できる と思います。





*シンポジウムの申し込み方法
『 氏名(ふりがな)、職業または「ケアする仕事」との
 関係、必要な配慮(車いす使用、手話通訳など)、
 電話番号、懇親会(下記に詳細有)の出欠』を明記の上
 件名を「シンポジウム申し込み」として、
 carewokangaeru@gmail.comまで
 メールでお申し込みください。
 
 ※受付完了通知、
  開催要項に変更が生じた際のお知らせ、
  懇親会の会場案内などを、
  申し込まれたメールアドレスへ返送されます。
  申し込み前に
  carewokangaeru@gmail.comからのメールを
  受信できるように設定してください。
 ※メールアドレスおよび電話番号は、
  本シンポジウム・懇親会運営以外の目的には
  使用されません。

*懇親会について
 時間は 18時30分〜20時30分
 場所は 未定(京都市内の居酒屋を予定)で
 参加費は 4,000円前後です。
 尚、懇親会のキャンセルは、
 12月4日(木)17時迄にメールにてご連絡願います。
 (これ以降は店に対してキャンセル料の支払いが
 生じる可能性があり、その場合は後日
 請求させていただくことになります。
 どうぞご了承ください)


*株式会社 Straight(ストレイト)
http://straight-paw.com/index.html












つながり  [2019年11月03日(Sun)]

ここ数年間で、
ひととひとをつなごうとする取り組みが
急激に 増えています。

地域のつながりが
希薄になり
孤立が深刻化している と言われ、
それらから 生まれたもののひとつに
子ども食堂があります。

地域の中で 子どもとつながりをつくり、
困っている子どもがいれば 手助けをしたい、
それが 自分の人生を
豊かにすることにもつながっている、と
ある子ども食堂にかかわるひとから
聞いたことがありました。

地域でつながりが生まれると
さまざまな問題も 解決へと向かうはずですが、
子どもに出会えない、
地域の学校や行政と連携できない、
つながりたいけれど
つながることを拒まれることがある、
と言ったことも 耳にしました。

このような話から、思うのです。
「 つながることは
本当に 必要とされていることなのだろうか 」と。



なぜ、ひとは
つながりたいと思うのでしょうか。

家族以外の
ひとりでも多くのひとと、
さまざまな思いを
共有し 共感し 分かち合いたい からでしょうか。

日常で
うれしことや楽しいことがあった時、
辛くて 少しでも助けてほしいと思った時、など
さまざまな状況において
孤独を感じることが怖い からでしょうか。

でも、つながりたいひとは
「 誰でもいい 」というわけではない と思うのです。

皆さんにとって
そばにいてほしいひと、
そばにいたいひと、とは
どのようなひとでしょうか。



つながる、と言わなければ つながれない社会、
なのでしょうか。

もしかして、
このような社会を変えるには、
ひとが より つながるには、
「 つながり 」
「 つながる 」という言葉を
あえて 使わない方がよいのでは、と。

「 つながり 」
「 つながる 」を求めることから
「 こうあるべきだ 」という
「 正しい答え 」を求められているようで、
そこから生まれた
「 しんどさ 」
「 つらさ 」が 別の意味合いで
ひとを苦しめているように 思えるから。















プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml