CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」
 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。



    canpan.info ドメイン常時SSL化対応に伴い、
    2019年11月以前の記事にいただいた
    「いいね!」が消えています…


「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
!-style FSトモニ― NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー ヘラルボニー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
まかせる [2016年09月27日(Tue)]

先日、「まかせる」ということについて
書かれた詩を目にしました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「まかせる」とは 心配をやめることではない、
そのひとに代わって解決できない ということを知ること。

「まかせる」とは 関係をたち切ることではない、
そのひとをコントロールできない ということに気づくこと。

「まかせる」とは そのひとの望みどおりにしてあげること
ではない、自然に起きてくる結果にゆだねること。

「まかせる」とは 自分の力のなさを認めること、すなわち
結果を自らの手で何とかできるものではない と認めること。

「まかせる」とは そのひとを変えようと試みたり、その人を
責めたりすることではない、自分自身を変えること。

「まかせる」とは そのひとの代わりに心配することではない、
そのひとに起きていることを心配すること。

「まかせる」とは 修正してあげることではない、
サポートすること。

「まかせる」とは 良い悪いを評価することではない、
そのひとの人生を認めること。

「まかせる」とは そのひとと誰かの間に入って調整すること
ではない、彼らの関係を彼らの手にゆだねること。

「まかせる」とは 保護してあげることではない、
そのひとが現実と向かい合う機会をうばわない ということ。

「まかせる」とは 否定することではない、
受け入れること。

「まかせる」とは がみがみ小言をいったり叱ったり
言い争うことではない、自分の不十分さやひとを正そうとする
自分自身を吟味すること。

「まかせる」とは 自分の願いをすべてかなえることではない、
一日一日起きてくることを受け止め、それを大切にすること。

「まかせる」とは ひとを批判したり管理したりすること
ではない、自分が望む自分になれるよう試みること。

「まかせる」とは 過去を後悔することではない、
成長すること明日を生きること。

「まかせる」とは 恐れや不安が減り、
愛が増えること。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



とても興味深い部分もあり、何度も読み返しました。

日々 さまざまな場面で
「 まかせる 」という選択をする時、
その選択肢の 多い少ないにかかわらず
悩むことがあると思います。

ここにある
「 まかせる 」ということは、
現実を現実として しっかり受け止めた上で
まかせることに
積極的に 関わる姿勢が
示されているように見えました。

そして、
親が 子のことを
子が 親のことを、
日々の暮らし について
受ける医療 について
受けるサービス について、
さまざまな場面で
肩の力を抜いて 多角的にみることで、
そのひとに合った
「まかせる」ということが 見えてくると思います。

でも、時として
「なるようにしかならないから まかせるしかない」
と 判断するせざるを得ないこともある と思います。

障がいのあるひとや
高齢のひとや こども など
社会的弱者と呼ばれるひとたちは、とくに
これに当てはまることが 多いのではないでしょうか。
そのような時には、どうすればよいのでしょうか。


さまざまな制度や サービスが生まれ、
一見、生きやすくなったかのように見える社会ですが、
それらを選択する
「 眼 」を養うために必要なことを
兼ね備えていなければ、
「 まかせる 」ということに
たどり着きもしない社会だ と。

この「 眼 」を、
障がいのあるひとや
高齢のひとや こどもと その家族が持てるように、
制度や サービスをはじめ
健やかに 生活するために必要な
さまざまな 情報が、
必要なひとへ
ちゃんと 伝えられているだろうか と、
読んでいて思いました。


「 まかせる 」ということ。
それは 今、社会で
考えなければならないことの ひとつであり、
一人ひとりが 意識することで
障がいのあるなしにかかわらず
互いに 暮らしやすくなる
「基(もと)」になるものだと思います。















セルフプラン 2 [2016年09月22日(Thu)]

昨年より
居宅介護等の 障害福祉サービスや
障害者通所支援サービスを
利用するひとは、
サービスの更新等のたびに
「 サービス等利用計画( 障害児支援利用計画)」
の提出が、必要となりました。 

この「 サービス等利用計画(障害児支援利用計画)」
を 作成するには、二つの方法があります。

指定特定相談支援事業者
(障害児相談支援事業者)が作成するもの、そして
利用者が自ら作成するもの = セルフプラン です。

今年も更新の時期が来て
どちらにしようかと 迷いましたが、
昨年 同様、セルフプランに することに。


今年は セルフプランを作成する前に
昨年はなかった 一枚の用紙が。

「わたしは自分の意思で このセルフプランを選択します」
と いった内容の文章が書かれており、
承諾の署名捺印を 求められたものでした。


一年間を 振り返り、
日々の生活における支援について
必要なことを 中心に
ケースワーカーさんと 話し、
「 サービス等利用計画案 」を記入しました。

そして、今年も なぜ セルフプランにしたかを
ケースワーカーさんに 話しを。



我が家の場合、昨年同様
利用する事業所数が 少ないうえ
現状の支援内容や 状況に応じた変更事項が
あまりなかったこと。

サービス等利用計画書の作成には
支援内容よりも
地域の中での支援に係る情報が 必要不可欠で、
それら
「本人や家族が必要としている 支援や地域の情報」を
指定特定相談支援事業の担当者が
どれだけ 理解・把握しているかに
疑問を思っている旨を 伝えました。

実際、わたしの知る限り
指定特定相談支援事業の担当者は、
生活介護や就労継続事業所の職員さんが
兼務しているケースが ほとんどです。

そのようなひとたちが、
「 サービス等利用計画書 」の作成に必要な
さまざまな情報を 日頃から
積極的に収集する時間が あるのでしょうか。
どう見ても 難しいだろう と、
肌で 感じていたからです。

これら
指定特定相談支援事業所の担当者が担う内容を見ると、
「 障がいのあるひとの 計画相談支援に携わるひと」は
高齢福祉 でいう
「 ケアマネジャー」のような立場に当たると思います。

常々、障がい福祉には なぜ
ケアマネジャーのような役割のひとがいないのだろう と
思っていただけに、
昨年から始まった この制度の
「 障がいのあるひとの 計画相談支援に携わるひと」には
ケアマネジャーのように
専門性があり、
専従できるものでなければ
十分に その役割を果たせない と思うのです。



話のあと、ケースワーカーさんからは
「 そうですね、よくわかります」と 即答が。

そして、「 実はね、
そのようなニーズに 応えようと、
計画相談を専門にする事業所が 出来て、
増えてきています 」と。

同じ 福祉の中でも、
その分母の ちがいから、いつも
あらゆることについて
高齢福祉より遅れを取っている感が否めない
障がい福祉。

その中でも
行政の施策で足りないところを補うために
いち早く 動くひとたちがいることを知り、
心強くなりました。



「 指定特定相談支援事業 」が、
障がい福祉における
「ケアマネジャー」のような立場の確立に
一歩を踏み出す事業だと、思えてきました。

障がいのあるひとや その家族に対する
日々の支援について、
必要なことを共有し 改善する ことはもとより、
地域で暮らすために
どのような支援が 受けられるか
どのような支援が できるのか を知り、
それらのすべてを共有するために作成するもの、
それが「 サービス等利用計画書 」。


日々、地域で 健康で 安心して暮らすために。

「 小さな地域単位でつくる 支援体制 」が必要で 大切です。

そのためにも、
各々のポジションで
専門性に長けた人材を 育てること。
そして、
制度をつくるだけでなく
制度を育て、
適材適所への人財配置にも、注力してほしいです。
















Mojo Hand  [2016年09月18日(Sun)]

今日は、滋賀県甲南市にある
やまなみ工房さんが
京都市内で開催される 展覧会の案内です。



やまなみ工房作品展 2016.jpg


       〜 Mojo Hand 〜 
       やまなみ工房作品展

 会 期:2016年9月20日(火)〜25日(日)
         11時〜19時 【最終日は17時迄】
 場 所:堺町画廊
      京都市中京区堺町通御池下ル
      http://sakaimachi-garow.com/blog/
 観覧料:無料
 出展作家:井村ももか、岩瀬俊一、大路裕也、岡元俊雄、 
      河合由美子、竹中克佳、田村拓也、森田郷士、 
      吉川秀昭




山や川など
自然に囲まれた環境にある やまなみ工房さん。

わたしも一度 お邪魔したことがありますが、
通所する一人ひとりの
「 わたしは これがやりたい 」が叶う
環境を 整え、
その価値を 認め、
その時間を 大切にする場です。


この展覧会では、
9人の作家さんの代表作が 展示されます。

描きたいように 描く。
つくりたいように つくる。
感性とは 何か。
豊かさとは 何か。

ぜひ 自分で確かめてみて下さい。

時間を忘れる空間が そこに在る と思います。





*社会福祉法人 やまなみ会 やまなみ工房
滋賀県甲賀市甲南町葛木872
Tel: 0748(86)0334 
http://a-yamanami.jp













きょうのShopひとにやさしく〜学校編 [2016年09月14日(Wed)]

2011年に「 木のおもちゃ 」を紹介した
京都府立城陽支援学校さんの
今日は こちらの紹介です。



DSC_0706 - コピー.JPG



      〜 スマホ用 ナチュラルスピーカー 〜


スマートフォンに 音楽をダウンロードし、
移動中に聞くひとも 多いかと思います。

ダウンロードした曲や ラジオ放送を
自宅で聞くときに 活躍するのが こちらです。

木材を 丁寧に加工した
手づくりの このスピーカーを見た瞬間、
製品に手が伸びていました。


DSC_0705 - コピー.JPG

上から見ると、
動物の顔にも見える ユニークな形。

スマホの充電などにも対応した穴が あります。
左右のスペースには、身近な物も 置けますね。

DSC_0701 - コピー.JPG

そして、音。
スマホだけ だと、
スマホの上部から一方向からのみ 聞こえますが、
このスピーカーに
スマホを差し込んで 音を流すと
スマホのうしろからと
両サイドの開いた部分の
三方向から、聞こえてきました。

自分ひとりで楽しむには 十分な迫力です。

和洋どちらの部屋においても、素敵ですね。



こちらの支援学校高等部には
作業学習として、
木工、窯業、縫製の 3つのコースが あるそうです。

ものをつくることから、さまざまなことを学ぶ。
そして ものをつくるだけで終わらず、
自分たちでつくった製品を
客と対面で売るところまでつながるカリキュラムが、
京都府立の支援学校には 定着しています。






*京都府立城陽支援学校
京都府城陽市葦原1ー4
Tel:0774(53)7100
http://www.kyoto-be.ne.jp/jyouyou-s/













ダウン症って不幸ですか? [2016年09月09日(Fri)]

「ダウン症って 不幸ですか?」

これは、ある本のタイトルです。
今春、SNSを通じて
この本を 初めて知りました。

一瞬 ドキッとする タイトルですが、
とても素敵なタイトルだと
読み終えた今、思っています。


本は、
ダウン症についての基礎知識から はじまります。
そして、
ダウン症の子をもつ
関西在住の 5つの家族の物語を、
妊娠が分かった時、出産、子育て、
学校生活、就職のそれぞれに
日々ありのままの家族の暮らしを盛り込んで
書かれています。

ダウン症の療育や、
ダウン症の関係団体リストも 詰まっています。
きょうだいについて、親亡き後について、
結婚と出産についての、興味深いコラムもありました。


著者の 姫路まさのりさんは、
放送作家であり ライターでもいらっしゃいます。

ダウン症を知ったきっかけは、
中学2年の頃に、テレビで
絵の上手なダウン症のある子どもが
取り上げられていることに
「 そこまで違うことなのかな 」と
感じたことからだそうです。

そこから今は、本業の傍らに
HIVやAIDS、
ダウン症や発達障がいなどの
啓発・支援活動をされています。



一ページ 一ページからは、
ダウン症のあるひとたち、そしてその家族への
著者の大きく深い愛が感じられ、
「 ダウン症のことを もっと知ってほしい 」
「 ダウン症のひとも
普通に 幸せに 生きていることを分かってほしい 」
という強い思いが、
最後の一行まで 込められているように思いました。

とくに 心に残っているところ、それは
大阪市在住・佐々木さんご家族の紹介の中にあった
父親の佐々木サミュエルズ・スティーブンさんが
記した言葉。
「 They are important part of society.
  You cannot push them away.」
意味は
「 私たちは、社会から 誰も押し出してはいけない 」。

ほんとうにそうだ、と大きくうなずきました。
「 押し出す側のひと 」も
「 押し出される側のひと 」も
「 同じひと 」。
誰が その差を 生んでいるのでしょうか。

誰一人として
「 社会から 人を押し出したりすることはできない 」
ことを理解できる社会になってほしい、と。


若いひとたちをはじめ、
さまざまな年代のひとに 読んでもらいたいです。
そして、
ダウン症のある子が生まれた家族にも
ぜひ、読んでほしいです。


最後に、
ダウン症のあるひとが 家族にいても
たくさんの「普通」に暮らす家族がいることを
まちの其処此処にいる「普通」の家族と
変わらない暮らしを送っているということを
知ってもらうために、
「 ダウン症って 不幸ですか? 2」が
出ることを願っています。



DSC_0526.JPG



*「ダウン症って不幸ですか?」
著者:姫路まさのり
発行人:蓮見清一
発行所:株式会社宝島社
日本民間放送連盟賞 ラジオ報道番組部門・最優秀賞受賞の
ABCラジオ番組『生まれてきて、本当に一番楽しいよ』
を書籍化。2015年11月初版。













きょうのShopひとにやさしく 155 [2016年09月05日(Mon)]

約5年前、
京都市内にある オリーブホットハウスさんの
ほしいも 」を 紹介しましたが、
その干し芋を 食べやすく進化させた
今日は こちらの紹介です。


DSC_0459.JPG


      〜  ひとくち ほしいも  〜


自家農園「オリーブ農園」で、
低農薬で栽培した
“ 紅はるか ”という品種の さつまいもを、
天日干しし、添加物なしで つくられています。

食べやすくカットされた
ひと片ひと片が、
しっとり ふっくらとした 食感です。

砂糖類を使っていないので、
自然な甘みが くせになる味です。

透明で しっかりとした
スタンドタイプの パッケージで、
持ち運びしやすく
外出時もお供にも ぴったりです。

季節を問わずに食べられて、
お芋好きなひとには うれしいですね。


同じ干し芋でも、
食べやすくカットしたり、
パッケージを 消費者目線で改良すると、
また ちがった 魅力ある製品になります。





*社会福祉法人 オリーブ会 
オリーブホットハウス
京都市山科区東野中井ノ上町3−33
Tel:075(591)4669
http://olive-net.info/













パラリンピック in リオ 2 [2016年09月01日(Thu)]

先日、リオ オリンピックが終わりました。

競技のもようは、
地上波放送をはじめ、デジタル放送などで
連日 ほぼ全種目が、放送されていましたね。
昼夜に かかわらず、
チャンネルをひねれば(あっリモコンを付ければ)、
今まで あまり知らなかった
競技が
国が
ひとが、プレーする姿を 観ることができました。

このあと、
9月7日から18日(現地時間)まで、
178ヵ国から 4350人が
23種目の 競技に参加予定の
リオ パラリンピックが 始まります。


先日 放送されていた
リオ オリンピックの閉会式。
そのもようを 観たとき、
実は 不思議な感覚が ありました。

エンディングにあった
「 次は 東京で お会いしましょう 」に
違和感を覚えたのです。

「 オリンピック と パラリンピック 」は、
「 ふたつで ひとつ 」であるべきですし、
公式的にも そう認識されていると思います。

なのに、次の開催地への引き継ぎが
オリンピックの閉会式のあとにあるということに対して
違うんじゃないかなと思うのは 私だけでしょうか。


どうでしょう。
2020年、東京での開催時には、
オリンピックとパラリンピックの
両方が終わったその時に、
次の開催地へ 引き継ぎのセレモニーを行うというのは。

それに、これもどうでしょう。
2020年、東京での開催から、
オリンピックよりも
パラリンピックを先に開催する というのは。


オリンピックのあとの パラリンピック開催だと
どうしても、パラリンピックの注目度が 薄れます。

パラリンピックで 活躍した選手が
そのあとに開催される オリンピックで
オリンピック選手を
同じ日本代表選手として 激励する姿もみたいな、と。


「 同じ日本代表選手として
 パラリンピック選手が オリンピック会場で
 オリンピック選手を応援する 」。


今までに パラリンピック会場で
「 同じ日本代表選手として 」
オリンピック選手が、
パラリンピック選手を応援する姿が
あったでしょうか。


「2020年の東京開催では、
 パラリンピックのあとに オリンピックを開催し、
 閉会式は ひとつに。
 パラリンピック・オリンピック開催のあとの
 閉会式で、次の開催地へ引き継ぐセレモニーをする 」


「 2020年、東京から 変わります 」。
そう実現することを、切望します。







*リオ2016パラリンピック競技大会
特設サイト
http://www.jsad.or.jp/paralympic/rio/


*リオパラリンピックのテレビ放送は、
9月8日(木)6時からの
開会式生放送(NHK総合)から始まります。
NHKの総合、総合2、Eテレ、BS1で、
生放送を含め、競技の模様を随時放送の予定です。
そして、期間中の毎日
22時台に「パラリンピックタイム」という番組の
ダイジェスト放送があるそうです。
9月19日(月)7時30分からは
閉会式の生放送もあり、同日22時からは、
リオパラリンピック総集編(NHK総合)も
予定されています。













プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml