CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」
 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。



    canpan.info ドメイン常時SSL化対応に伴い、
    2019年11月以前の記事にいただいた
    「いいね!」が消えています…


「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
!-style FSトモニ― NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー ヘラルボニー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
ハハヨ、コロスナ 4 [2016年08月27日(Sat)]

神奈川県の入所施設で
19人のひとが殺害された事件から
1か月が 経ちました。

事件のあと、紙面やSNS上では
さまざまな意見が 渾渾と流れています。

少し時間が経って、こう思いました。

この事件は、
元施設職員が
障がいのあるひとを手にかけた事件です。が、
親が
障がいのあるわが子を手にかけた事件が
今もなお 絶えず続いているのは
なぜだろう、と。

なぜ、障がいのあるわが子を手にかける事件が
繰り返し起こるのか。

言い表せない怒りとともに、
こちらの記事を 目にしました。


 「 弟「なぜ…」自答の日々、
   障害の兄、母が殺害し自殺か 」
  ( 2016年6月7日付け:朝日新聞 )


今年5月、新潟県三条市の自宅で、
知的に障がいのある50歳の男性が 殺害されました。
そして、翌日、
同居していた 70歳代の母親が
自宅から約2キロ離れた用水路で、
遺体で見つかりました。

二人と同居し、
家族で一人残された 40歳代の弟は、
なぜ止められなかったのかと、
とても心を痛めている とありました。

近所のひとの話によると、
亡くなった男性は 仕事がなく自宅にこもりがちで、
そのことを 家族は
限られた親戚にしか 話していなかったそうでした。
小学校では、
特殊学級(今の特別支援学級)を勧められたが
入らなかったと聞いている とありました。

そして、経済的にも
弟が 一家の生活を支え、
決して 楽ではなかった、と。

障害基礎年金のことを 知らぬままに過ごし、
兄の入院を 気に
病院に相談したことから知り、
申請したのが 殺害する前月の4月。

事件後、家を整理すると、
役所からの申請受理書類が 出てきたのですが、
書類の日付は、殺害の6日前。

「なぜ今なのか。考えれば考えるほどわからない」と
事件を防げなかった訳を
弟は 自問自答している、とありました。

「 自分も 親も、兄のことを 他人に話せなかった。
もっと早くに 相談していれば、
こんなことには ならなかったかも 」と
弟の自責の念は絶えない、とありました。



ああ、なぜ、
このようなことが、繰り返し起こるのでしょうか。

昔よりも 少なからず、
社会の理解も 進み、
支援する制度も 整ってきている というのに。

でも、思いました。

養護学校制度もない時代に
幼少期を過ごした 障がいのあるひとに、
今ある 支援制度の仕組みが
漏れなく 伝わっているのか、と。

きっぱりと言えます。伝わっていない、と。

だって、今ある
「 申請主義 」の世の中が 続く限り、
「 自分から 申し出ない限り、誰も 助けてくれない 」
のですから。

「 勇気をもって SОSを 」と言われても
言えないひとがいることに
社会も 気付いているのに、
それ以上、何もやらない社会。それが 今の日本。
この状況が続く限り、変わりません。


「 ひとは生きる。障がいがあってもなくても」
この当たり前のことが、なぜ 叶わないのでしょうか。

障がいのあるひとがいなくなればいいと言うひとたちの
心を変えるには、
何が 必要なのでしょうか。


その根底には、
義務教育の段階での「 分ける教育 」が
関係しているのではないか、と思うのです。

小さい時から
自分のまわりに、そばに、
障がいのある子がいたら、
普段から 障がいのあるひとと 一緒にいることが
「 あたりまえ 」の日常 になります。

小さい時から
自分のまわりに、そばに、
障がいのある子がいたら、
その子が困っているときの対応も、
小さい時からまわりで、そばで、見ているので
少なからず「 自分にできること 」が
わかるようになっている と思うのです。

「分けない教育」。

それは 時間がかかることに思えますが、
「 分けない教育 」こそが、
このような事件を
生み出さないことにつながる道だ と思います。
















福祉現場で生まれるアート展 [2016年08月23日(Tue)]

今日は、こちらの案内です。


福祉現場で生まれるアート展.jpg


       福祉現場で生まれるアート展
     ― デザイン × 福祉 の可能性 ー

 会 期:2016年 9月6日(火)〜11日(日)
        10時 〜18時 【最終日は17時迄】

 場 所:大阪デザイン振興プラザ(ODP)
     ギャラリー・ショーケース
      大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビル
      ITM棟 10階
      http://www.atc-co.com/

 入場料:無料
 主 催:大阪デザイン振興プラザ(ODP)
 共 催:一般社団法人 大阪デザインセンター




関西で アート活動を行う
障がいのあるひとが働く事業所さんの
アート展が、大阪で 開催されます。

これまでにブログで紹介したことのある
NPO法人スウィングさん(京都)、
京都市ふしみ学園 アトリエやっほぅ!!さん(京都)、
やまなみ工房さん(滋賀)、
たんぽぽの家アートセンターHANAさん(奈良)をはじめ、
YELLOWさん(大阪)、
アトリエハピバールさん(大阪)、
ワークセンターとよなかさん(兵庫)の
アート作品の展示をはじめ、
グッズ販売(10日と11日のみ)、
そして、デザイン × 福祉の可能性を探る
フォーラム有り(11日午後)と、盛り沢山です。


〜フォーラム@
『 福祉現場におけるアート活動とデザインとの協働 』
  9月11日(日) 14時 〜15時
  (大阪南港ATC ITM棟10階・多目的ルームにて) 
ゲスト:木ノ戸昌幸さん
    NPO法人スウィング 理事長
    吉永朋希さん
    たんぽぽの家アートセンターHANA アートディレクター
    山下完和さん
    社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房 施設長
    柊 伸江さん
    株式会社ダブディビ・デザイン 代表取締役

〜フォーラムA
パネルディスカッション『 福祉×デザインで何ができるか 』
 9月11日(日) 15時10分 〜16時30分
 (大阪南港ATC ITM棟10階・多目的ルームにて)
パネリスト:中川 悠さん
      株式会社きびもく 代表取締役、
      NPO法人チュラキューブ 代表理事
モデレーター:木ノ戸昌幸さん
       吉永朋希さん
       山下完和さん
       柊 伸江さん

※フォーラム参加には、事前申し込みが必要(定員100名)
です。こちら からご確認ください。



アート活動を積極的に展開する
福祉施設の 事例紹介や、
デザイナーとのコラボレーションの可能性や課題について
いろいろな話が聞ける と思います。

そして、障がいのあるひとの
表現力や可能性を感じることにつながる
時間になる と思います。

これは!と 思われたら ぜひ、足を運んでみてください。





*大阪デザイン振興プラザ(ODP)
大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟10階
http://www.osaka-design.co.jp/
 設置者:大阪市、アジア太平洋トレードセンター(株)
 運 営:大阪デザイン振興プラザ実行委員会
   (大阪市・アジア太平洋トレードセンター(株))

*一般財団法人 大阪デザインセンター
大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟10階
http://www.osakadc.jp/



*NPО法人 スウィング
http://www.swing-npo.com

*京都市ふしみ学園 アトリエやっほぅ!!
http://f-gakuen.sakura.ne.jp/

*社会福祉法人 やまなみ会 やまなみ工房
http://a-yamanami.jp

*社会福祉法人 わたぼうしの会
たんぽぽの家 アートセンターHANA
http://tanpoponoye.org/

*株式会社YELLOW YELLOW 

*社会福祉法人 ふたかみ福祉会 はびきの園
アトリエハピバール
http://www.hapi-bar.com/

*社会福祉法人 豊中きらら福祉会
ワークセンターとよなか
http://toyonaka-kirara.jp/













子ども食堂 [2016年08月18日(Thu)]

昨年あたりから
よく見聞きするようになった「子ども食堂」。
皆さんの住むまちには ありますか。

わたしの住むまちには、今年に入って出来ました。
地域の青少年が集まる公共施設内に 間借りをし、
地域の大人や 大学生が
ボランティアで 運営しています。

初めて「子ども食堂」の存在を知った頃は、
「 さまざまな家庭の事情で 家族と食事ができない
子どもの居場所 」という受け取り方が
多かったように記憶します。

今や 全国に拡大し
ブームのような取り上げ方などから、
今ある 子ども食堂のなかに「 何か ちがう 」と
少し疑問を持つひとも いるのではないでしょうか。



「子ども食堂」は、
調理と食事のできるスペースが一時的に借りられて、
運営に携わる大人がいれば、始められます。

しかし、定期的に 継続的に オープンするには
担い手や 場所、資金が 問題となってきます。

そこで、
必要な子どもたちが 子ども食堂を利用してくれるために、
大人は さまざまな知恵を絞ります。

こうすればいいのでは、ああすればいいのではないかと。

子どもたちのためを思って スタートした場ですが、
今や「 誰のための場所になっているのか 」と
思ってしまう場が、目に付くように なってきました。


「子ども食堂」が 「大人食堂」に なっていませんか。


同じ 食事を提供する ならと
栄養バランスを しっかりと考えたり、
地元産の野菜を 食べてほしいし
食事のマナーも 民付けてほしい、
それに、
子どもたちだけでは 寂しいから
地域の人たちと一緒に
みんなで食事をする楽しさを しってほしい など
大人たちは 無意識のうちに
子どもたちへ
「理想を押しつける」場面が 増えているように思うのです。

あまりに 大人が関与し過ぎることによって
本来の目的である
「子どもの貧困」対策の逆効果を招いている
という報告も あるそうです。

もしかして
今ある「子ども食堂」の中には、
「大人の理想のもとで オープンし、
大人の都合で 月に開催される頻度が決まり、
その場で出来ることも
大人の都合で 決められている。
加えて、大人の思いから
その場で子どもたちは
良い子でいないといけない」。

そんな「子ども食堂化」した場が
増えているのではないか、と。


子どもたちが
本当に 行きたい、居たい と思え
子どもたちの やりたいことに 目や耳を向け、
言葉以外にも発している メッセージを
捉えられる場が
「子ども食堂」であってほしい。



自分たちのいる「地域」で「必要とされている場」は何か。

地域の 子どもが
「何を必要としてるのか、何を求めているのか」を
地域の 大人たちが
「話し合う、考える」ことが、何よりも 大切です。

そこから、
子どもたちのために
大人たちが 楽しく出来ることは何かを 考える。

大人たちだけでなく、
子どもたちと一緒に 決めてください。
子どもたちと一緒に。

子どもたちに 寄り添えてはじめて
「子ども食堂」は
子どもたちの安心できる場 になります。



食事は ひとつの手段だ と思うのです。

そこから、その子に必要な支援へと
つなげることこそが「子ども食堂」の意義だと思います。














パラリンピック in リオ [2016年08月13日(Sat)]

4年に一度の 夏季オリンピックが
今、ブラジル・リオで 開催されています。

日本をはじめ
世界のアスリートたちの活躍を
リアルタイムで見て、
寝不足のひともいるのではないでしょうか。

オリンピックのあとには
9月7日から18日 の間、
パラリンピックが 開催されます。

今大会は、
参加国が 178ヵ国で、参加人数は 4350人。
競技種目は、
カヌーとトライアスロンの 新種目が加わり、
全23種目です。

競技は、オリンピックと同じ
リオ市内の
バーハ、コパカバーナ、マラカナン、デオドロの
4地区で 行われます。

その パラリンピック競技の熱気を
彷彿とさせる 映像があります。







『 We're The Superhumans 』が タイトルの
この動画は、
すでに 世界で大きな反響を 巻き起こしています。

度肝を抜くような場面展開、
そして そこには、
さまざまな障がいのあるひとの
身体を張った所作が 繰り広げられています。
「 Yes, I can ! 」と。


パラリンピックの開催を通して
障がいのあるひとたちの 活動を、スポーツを、
知ってもらえることは
とても 有意義なことです。

でも、ここに 出場できない
障がいの種別のひとたちがいることも
知ってほしいし、伝えてほしい。

健常 と呼ばれるひと、と
障がいがある と呼ばれるひと、が
分けられているうえに、
身体に 障がいのあるひと、と
それ以外に 障がいのあるひと、に
分けられている この事実を。


真のパラリンピックは、
スペシャルオリンピックスなど
知的に 精神に 障がいのあるひとたちも
すべてが参加できるオリンピックだ と思います。


そして こう思います。
今の パラリンピックは、もしや
障がいについて
間違ったイメージを
与えるものになっているのではないか、と。


障がいのあるひとの
すべてが参加できるプログラムを備えてこそ、
「 障がいのあるひとが参加するパラリンピック 」と
言えるのではないか と思います。

そう伝えるべき時期に入ったと、思います。






*リオ2016パラリンピック競技大会
特設サイト
http://www.jsad.or.jp/paralympic/rio/














アトリエやほとも [2016年08月09日(Tue)]

今日は、こちらの案内です。



アトリエやほとも.jpg


         atelier yoohootomo  
       〜 アトリエ やほとも 〜

 会 期:2016年 8月2日(火)〜 31日(水)
        12時 〜19時( 最終日は15時迄 )
       【 月曜休廊 】
 
 場 所:同時代ギャラリー STUDIO 1928
      京都市中京区三条通り御幸町角1928ビル1階
      http://www.dohjidai.com/
 
 主 催:アトリエやっほぅ!!
     アトリエとも



アトリエやっほぅ!!さんが
毎年冬に 絵画展を開催される「同時代ギャラリー」。

DSC_0594.JPG

そのギャラリー1階にある
ミニスペースで、今回
アトリエやっほぅ!!さん と アトリエともさんが
合同の小さな雑貨屋さんが 開店中です。


DSC_0602.JPG

店内には、
やっほぅ!!さん新作の ふくろうをモチーフにした
Tシャツや 巾着袋をはじめ、
陶器のジオラマ小物や 紙製品など、
そして、ともさんからは
フエルトでかたどられた野菜のティッシュケースや
キーケース、手描きのイケメンクリップなど、
個性的で かわいい面々が 並んでいます。



寺町通りと三条通りの交差点からすぐ西の
三条通りに面した
好立地にある 同時代ギャラリー。

外国からの観光客もよく訪れるギャラリーでの、
雑貨を中心とした 展示販売会。

今月31日まで 開催しています。
京都へお越しのときには
ぜひ、立ち寄ってみてください。


DSC_0601.JPG






*京都市ふしみ学園  アトリエやっほぅ!!
京都市伏見区紙子屋町544
Tel:075(603)1288
http://f-gakuen.sakura.ne.jp/


*NPO法人 ユースサポートネットとも
アトリエとも
京都市中京区蛸薬師通烏丸東入一蓮社町306
Tel:075(211)2482













名前に込められた思い [2016年08月05日(Fri)]

ひとには、一人ひとり、名前があります。

そのひとの行く末を案じ、
その子を思い、
願いを込めて付けられた 名前。

障がいのあるひとも、同じです。

子の名前を 考えている時間すら いとおしく、
生まれたての小さな子を抱き
はじめて その名を語りかけた時のことを
わたしは 今もおぼえています。



先日、神奈川県で起きた事件。

神奈川県警は、
この事件の被害者の実名を 非公表 としました。

「 実名報道は基本と承知している 」とした上で、
その理由を
「 被害者が 障がい者であること 」と
「 ご遺族の意思 」と 発表しました。

このことについて、
さまざまな反応があることを
ご存知のひとも 多いかと思います。


家族から「 公表しないでほしい 」と言われても
実名が 開示され、
報道された事例は 多々あります。

なのに 今回、今回は
「 それは そうですね 」と
被害者の実名を 開示しなかったのでしょうか。


個人情報保護法が 施行されて以降、
警察や 関係省庁が
被害者名を 公表しない事例が
増えていることは 知っています。

でも、同法は
報道目的の情報提供は 適用除外としており、
同法を根拠とした 被害者名の非公表は
理に適いません。

もちろん、
被害者名が 表に出ることから
メディアの過熱した取材や報道を 危惧し、
そこから受ける
二次的被害を慮っての判断も あるかと思います。

でも、ちょっと待ってください。

被害者は
障がいのあるひとである前に、
「 一人のひと 」だという
あたりまえのことを、見失っています。

そして、どのような
過熱取材や過熱報道があるにせよ、
それは
取材報道したメディアが 批判されることであって、
それを 危惧しての先回りで
被害者名を 非公表にするとは、
順番が ちがうんじゃないですか。

そして、こう思います。
知られたくないと思わせているのは 今の社会。
社会がそうさせているのだ、と。


たとえ 障がいがあっても
被害に遭ったひとの名を知ったとき、
「大変でしたね、大丈夫ですか」と
何のためらいもなく
言いあえる社会であったら、
このようなことに なっていないのでは、と。


今までにも、
被害者やその家族への 過熱取材・過熱報道に
疑問を持っていました。

「 被害者の情報を曝すことの どこに 公益性があるのか 」
と 疑問に思っていました。

さまざまなケースがある とは言え、
同じまちで暮らすひとが
被害者になっても
それを知ることも ままならない社会。

セミの声も、とても悲しく聞こえます。



被害者の一人ひとりにある、
どのひとにも 同じくある「名前」。

生まれた時は
どのひとも 同じように プレゼントされた名前が
どうして 伝えられないのでしょうか。
















日日、地域で 堂々と生きる [2016年08月01日(Mon)]


7月26日に 神奈川県で起きた事件をうけて、
知的に障がいのあるひととその家族がつくる全国組織
全国手をつなぐ育成会連合会さん が
「声明文」と
「障害のあるみなさんへ」というメッセージを
公表されました。
新聞やテレビなどでも、報道されましたね。


「障害のあるみなさんへ」とされたメッセージの全文を
今一度、記します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

障害のあるみなさんへ

7月26日に、
神奈川県にある「津久井やまゆり園」という施設で、
障害のある人たち19人が 殺される事件が起きました。
容疑者として逮捕されたのは、施設で働いていた男性でした。
亡くなった方々の ご冥福をお祈りするとともに、
そのご家族には お悔やみ申し上げます。
また、けがをされた方々が
一日でも早く回復されることを願っています。

容疑者は、自分で助けを呼べない人たちを
次々におそい、傷つけ、命をうばいました。
とても残酷で、決して 許せません。
亡くなった人たちのことを思うと、
とても悲しく、悔しい思いです。

容疑者は
「障害者はいなくなればいい」と 話していたそうです。
みなさんの中には、
そのことで不安に感じる人も たくさんいると思います。
そんなときは、
身近な人に不安な気持ちを話しましょう。
みなさんの家族や友達、仕事の仲間、支援者は、
きっと話を聞いてくれます。
そして、いつもと同じように 毎日を過ごしましょう。
不安だからといって、
生活のしかたを変える必要は ありません。

障害のある人もない人も、
私たちは 一人ひとりが 大切な存在です。
障害があるからといって
誰かに傷つけられたりすることは、あってはなりません。
もし誰かが「障害者はいなくなればいい」なんて言っても、
私たち家族は全力でみなさんのことを守ります。
ですから、安心して、堂々と 生きてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



本文の漢字には
読みやすいように、ルビがふられていました。

障がいのあるひとに 寄り添うとともに、
毅然とした姿勢が 読み取れます。


事件が起きてから 日が立つにつれて、
福祉にたずさわるひとや
その専門家というひとたち、
障がいのあるひとを家族に持つひとたち、
そして、
何を言わんとして発しているかわからない
威圧的なひとたちが、
事件について、容疑者について、
各々の見方や考え方を 語っています。

なかには、
障がいのあるひととその家族、福祉職のひとを
傷つけるものも 見受けられます。



障がいのあるひとが、社会のなかで
一人のひととして生きていくために必要な法律や制度は
この15年ほどの間に、大きな変革を遂げています。

でも、ひとの気持ちは、
障がいのあるひとに対するひとの気持ちは
変わってきたでしょうか。

いくら「知ってほしい」と
障がいのあるひとの ありのままの
生活を 思いを 伝えても、
社会が、ひとが、「 無関心 」では 変わりません。


社会が、ひとが、「 無関心 」では 変わりません。


法律が整備されても、
福祉業界の中での問題が 少しは解消されても、
施設のセキュリティが 厳重になっても、
一人ひとりの意思が尊重された暮らし方のできる社会へは
つながらないと思います。


「 社会の無関心を 変えていく 」ことこそが
必要ななことかもしれません。


日日を 地域で 堂々と 生きる。


地味に思える このことこそが
「障害のあるみなさんへ」とされたメッセージを
二度と目にすることのない社会へつながる と
あらためて 思います。















プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2016年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml