CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」

 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。



「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
kyokyo
劇映画『 星に語りて~Starry Sky~』 (08/11) 松本動
劇映画『 星に語りて~Starry Sky~』 (08/09) kyokyo
ヤマシナポートレート展 開催  (02/11) こがっぱ
ヤマシナポートレート展 開催  (02/10) kyokyo
置き菓子サービス  (09/16) ぽんじゅーす
置き菓子サービス  (09/16) kyokyo
ギャラリー パッチワーク  (01/29) poppins275
ギャラリー パッチワーク  (01/28)
タグクラウド
!-style NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー ヘラルボニー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 相談支援 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
きょうのShopひとにやさしく 149 [2016年02月25日(Thu)]

今日は、先日紹介した
やっほぅ!!ギャラリー 冬のワンダーランド2で見つけた
こちらの紹介です。

DSC_3933.JPG


        〜 おにぎりブローチ 〜

横3.5p、縦3.5pの
おにぎりを模ったこちら。

よく見ると、
お米の一粒一粒が くっきりと浮き出ています。

それも そのはず、
米粒の一粒一粒を 粘土でつくり
本物のおにぎりのように 形づくられています。

どこに付けようかな と
あれこれ 考える時間までも
楽しい気持ちにさせてくれます。

おにぎりを模った作品は この他にも
おにぎりシリーズ として
カード立てや箸置き、小皿などもありました。



最後に 先日の展覧会のようすを 少し。

00430001.JPG

会場を入ると 正面には、
アトリエやっほぅ!!さんからのメッセージに
足が止まります。

DSC_0118.JPG

絵画とともに、
趣向を凝らしたジオラマの世界が
今年も ありました。

00450002.JPG

木村全彦さんの「 競馬 」。
最初は 右半分の
馬の先頭部分を描いておられたのですが、
馬の後方から騎手の足を 左側に描き進め、
二枚がつながる大作に なったそうです。
人馬一体となり、
疾風のごとく 駆け抜ける迫力を感じました。

00420001.JPG

わたしの好きな作家のひとり、南保孝さんの「 かお 」。
今回は、キャンバスに描くだけでなく
キャンバスの周りの淵にも 創作が。
粘土を装飾し、色を重ね
素敵な作品に 仕上がっています。

DSC_0120.JPG

こちらの 陶工作品は「 ゴジラ 」。
風貌といい、配色といい、
世界で一つだけのゴジラですね。






*京都市ふしみ学園  アトリエやっほぅ!!
京都市伏見区紙子屋町544
Tel:075(603)1288
http://www.atelieryoohoo.sakura.ne.jp/top.index
http://f-gakuen.sakura.ne.jp/













共生 [2016年02月21日(Sun)]

福祉を語るうえで
よく出てくる言葉のひとつに
「 共生 」があります。

わたしは以前から
この「共生」という言葉を耳にする度に
これは どういう意図で使われているのかと考え、
場合によっては
とても違和感を持つことがあります。



辞書で「 共生 」を引いてみると
【異なった種類の生物が密接な関係で一緒に生活する現象】
と ありました。

異なった種類の生物。

同じものではなく、
異なったものを一緒にすることが「 共生 」。

では、異なったものとは
「 何と何 」「 誰と誰 」なのでしょうか。


そもそも「 共生 」という言葉を使う時点で、
障がいのあるひと と
障がいのないひと などを
「 分けること 」を社会が容認しているから
「 共生 」という言葉が
出てくるのではないか と思うのです。

同じ「 ひと 」たちのことを
「 共生 」と言うことで、逆に
社会で 地域で
ふつうに暮らすことを
困難なものにしている と思うのです。

「 共生 」は
分ける社会ありき での表現であり、
すべてのひとをフラットに尊重しているなら
出てこない言葉ではないか と。




「 共生? 共に生きるなんて 言われなくても、
社会で地域で ふつうに暮らしていますよ 」。

現在も、こう言えるひとはいますが、
より多くのひとが
こう言える社会になるには、
何が 欠けているのでしょうか。
何が 必要なのでしょうか。


 










今日、アール・ブリュットを考えてみる 展 [2016年02月16日(Tue)]

アール・ブリュット。

今や、少しは 聞きなれた
言葉となりましたね。

と同時に、
アール・ブリュットについて
このような問いを 立てるひとも増えつつあります。

「 今あるアール・ブリュットの形は
果たして、障がいのある人たちにとって
よいもの、しっくりきているものなのだろうか 」と。


そのような問いに
何かしらの答えが見えるかもしれない
今日は、こちらの展覧会の案内です。



みずのき美術館 2016.jpg



   〜 今日、アール・ブリュットを考えてみる 〜

 会 期:2016年2月17日(水)〜3月27日(日)

 会場1:みずのき美術館
      京都府亀岡市北町18
      Tel:0771(20)1888
      http://www.mizunoki-museum.org/
      開館時間=10時〜18時(入館は閉館30分前迄)
      {月曜・火曜休館}(但し祝日の場合は開館)

 会場2:京都府アールブリュッ都ギャラりー
      京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町18-1
      「ぶらり嵐山」内
      Tel:075(865)0339
      開館時間=10時〜17時{火曜休館}
    【両会場ともに、入場無料】

 主 催:京都府、松花苑みずのき
 企 画:みずのき美術館
 協 力:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、
     藁工ミュージアム、 鞆の津ミュージアム、
     はじまりの美術館、日本財団、他



――約50年前にはじまった
入所施設の造形活動。
約20年前に得た
アール・ブリュットとしての評価。
そして、その後出会う
アール・ブリュット作品の数々。
私たちは息を呑んだ。
でも、この定義はなかなかむずかしい。
作品の外側と内側の景色の違いに、
戸惑いを覚えることもある。
だから今日は、
ゆっくりアール・ブリュットを
考える日にしよう。――
           (フライヤーより)




会場1、みずのき美術館には
みずのき絵画教室で生まれた作品とともに、
アール・ブリュットや周縁にある
取り組みに関する書籍などが 展示されるそうです。

会場2、京都府アール・ブリュッ都ギャラリーには
日本財団さんの
アール・ブリュット支援事業により開館した美術館から
「アール・ブリュットについて考えさせられる作品」
をテーマに選出された作品が 展示されるそうです。

そして期間中には
関連企画として、トークイベントもあります。


 
  〜 『アール・ブリュット美術館』というテーマ 〜
 
 日 時:2016年3月21日(月・祝)
       15時〜16時30分
 会 場:みずのき美術館
 登壇者:横井悠さん
     (ボーダレス・アートミュージアムNO-MA)
     松本志帆子さん(藁工ミュージアム)
     櫛野展正さん(鞆の津ミュージアム)
     岡部兼芳さん(はじまりの美術館)
     進行 奥山理子さん(みずのき美術館)
 定 員:40名【 予約制、参加費無料 】
    ※予約は メールのみの受付です。
    氏名(ふりがな)、電話番号、メールアドレス、
    人数 を明記のうえ 下記へ
    info☆mizunoki-museum.org(☆を@に変えて)




フライヤーにあった
「 作品の外側と 内側の景色の違いに、
戸惑いを覚えることもある 」の 言葉。

まさしく、
そう感じているひとが増えていると実感する中で
この展覧会は
とても 興味深いです。

これからの『 アール・ブリュット 』の行方を
おもんばかるうえで、
分岐点となる
展覧会になるかもしれません。







*日本財団「アール・ブリュット支援事業」とは、
パリで高い評価を得た
日本のアール・ブリュット作品を所蔵し
適切に保存しながら
美術作品としての相応しい展覧会への出展と、
古民家・蔵を改修した
美術館の整備・企画運営支援を通じた
展示機会の拡充と鑑賞環境の整備を行い、
より多くの人に作品の魅力を届ける支援事業です。
この支援により、下記の美術館が開館しました。


ボーダレス・アートミュージアム NO-MA
(滋賀県近江八幡市、2004年6月オープン)
 http://www.no-ma.jp/

藁工ミュージアム
(高知県高知市、2011年12月オープン)
 http://warakoh.com/museum

鞆の津ミュージアム
(広島県福山市、2012年5月オープン)
 http://abtm.jp/

みずのき美術館
(京都府亀岡市、2012年10月オープン)
 http://www.mizunoki-museum.org/














創13 〜 えがおの手しごと展 〜 [2016年02月12日(Fri)]

今日は、京都・長岡京市にある
あらぐささんの 作品展の案内です。


DSC_0076.JPG


            創 13
        〜 えがおの手しごと展 〜

 会 期:2016年 2月14日(日)12時〜18時
             15日(月)9時〜18時
             16日(火)9時〜15時

 場 所:長岡京市立 産業文化会館
      京都府長岡京市開田3丁目10‐16
      http://spogaku.pref.kyoto.lg.jp/institution/802.html
     (阪急電車京都線・長岡天神駅下車、東へ徒歩5分) 
     
 主 催:社会福祉法人 あらぐさ福祉会
     障害福祉センターあらぐさ
      



これまでも、街に色を展 楽しいストール展
あらぐさ百華展 など開催されている あらぐささん。

さをり織りや編み物、
陶工やフェルト製品など、
得手活かし、一つひとつが手づくり。

どれも 一点モノの、
作り手が見える 作品ばかりです。


今年のテーマは「 あったかグッズ 」。
あたたかくなる作品が いろいろあるそうです。

お近く方はぜひ、のぞいて見てください。





*社会福祉法人 あらぐさ福祉会
障害福祉センターあらぐさ
長岡京市井ノ内広海道42−3
Tel:075(953)9212
http://www.aragusa-fukushi.jp/













やっほぅ!! ギャラリー [2016年02月08日(Mon)]

今日は、アトリエやっほぅ!!さんの
展覧会の案内です。


やっほぅギャラリー 2016.jpg


      〜 やっほぅ!! ギャラリー 〜
        冬のワンダーランド 2

 会 期:2016年2月9日(火)〜14日(日)
        12時 〜19時( 最終日は18時迄 )

 場 所:同時代ギャラリー
     京都市中京区三条通り御幸町角1928ビル1階
     http://www.dohjidai.com/

 主 催:京都市ふしみ学園
 後 援:京都市社会福祉協議会、
     伏見区社会福祉協議会、京都新聞、
     NPO法人京都ほっとはあとセンター、
     京都知的障害者福祉施設協議会、
     産経新聞厚生文化事業団



「同時代性」をキーワードにした表現の場
“ 同時代ギャラリー ” で 2011年 から
2012年2013年2014年2015年
毎年 開催されている
「やっほぅ!! ギャラリー」も
今回で、6年目を迎えます。


今年は、
木村全彦さんの大作「 競馬 」をはじめとした
絵画や刺繍作品、そして
陶芸では
「やっほぅ!!音楽隊」と銘打った作品が
並ぶそうです。

そして 昨年、産経新聞社主催の
“ 産経はばたけアート公募展2015” で
優秀賞を受賞した
国保幸宏さんの絵画「 とけい 」と、
関西電力主催の公募展 “コラボ・アート21” で
審査員特別賞を受賞した
国保幸宏さんの絵画「 ひつじ 」も
展示されるそうです。


今年も、どのような作品が観られるのか
わくわくしています。

お近くのひとは
ぜひ、足を運んでみてください。




*京都市ふしみ学園  アトリエやっほぅ!!
京都市伏見区紙子屋町544
Tel:075(603)1288
http://www.atelieryoohoo.sakura.ne.jp/top.index
http://f-gakuen.sakura.ne.jp/












ツムルツナガルポートレート展 [2016年02月05日(Fri)]

今、静岡市内で
静岡県に所縁のある
現代作家8人の作品を巡る企画展
「 めぐるりアート静岡 」が 開催されています。



2016めぐるりアート静岡 .jpg



      〜 めぐるりアート静岡 〜

 会 期:2016年1月26日(火)〜2月14日(日)
     【静岡県立美術館県民ギャラリーのみ 2月2日〜7日】

 会 場:静岡県立美術館、静岡市美術館、
     Gallery UDONOS、ギャラリーとりこ、
     金座ボタニカ、Gallery PSYS、
     サールナートホール

 主 催:静岡大学、静岡県立美術館、静岡市美術館 
 助 成:平成27年度文化庁大学を活用した文化芸術推進事業
 協 力:オルタナティブスペース・スノドカフェ、
     金座ボタニカ、Gallery PSYS、
     サールナートホール、ギャラリーとりこ
 

――「 めぐるりアート静岡 」は、
 静岡大学の「アートマネジメント力育成事業」の一環として
 平成25年度から始まった、
 今を呼吸する作家を紹介する展覧会です。
 市内外にある会場を舞台に、
 8名の作家が
 この土地との交わりを多様な切り口で表現します。
 美術館からギャラリー、映画館まで、
 チラシを片手にめぐってみませんか。
 いつもの街が、「ちょっと、ざわざわ」しています ――
                 ( フライヤーより )


実はこの「 めぐるりアート静岡 」に、
昨年紹介した「 ヤマシナポートレート展 」を開催した
ヴァリアス・コネクションズの代表 成実憲一さんが、
8人の作家のひとりとして参加、出展されています。
( 成実さんは 静岡大学卒業生です )


ポートレートツムルツナガル.jpg

  
       〜 ツムルツナガル ポートレート 〜

 会 期:2016年1月26日(火)〜2月14日(日)
        11時 〜19時 【休廊日・木曜日】
 会 場:ギャラリー・とりこ
      静岡市葵区駿府町1-46 
      http://torico.eshizuoka.jp/


昨年、
京都市山科区に所縁のあるひとたちの
目を閉じる写真を撮影、展覧会を開催し、
他方面から注目を浴びた
「 目を閉じた写真 」。

今度は、静岡で
年齢や性別、国籍、障がいのあるなしにかかわらず
総勢 約530人のひとびとを被写体とし
撮影された
333枚の「 目を閉じた写真 」が
展示されています。


「 目を閉じる 」ことにより
日常から すこし離れた気持ちになれたり、
目を開けているときに
見えなかったモノやコトなど
さまざまなことを 意識したり。

それは、
カメラの前に立ったひとだけでなく
写真を観るひとも、
今までにはない感情に
きっと出会うと思います。

そして、最終日の14日(日)13時からは
アーティスト・トークとして、
成実さんが 会場で登壇されます。


お近くのひとは、ぜひ
「 目を閉じた写真 」を
生で ご覧になってみてください。







*めぐるりアート静岡
静岡大学アートマネジメント力育成事業事務局
http://megururi.net/2016/



* ヴァリアス・コネクションズ
京都市山科区四ノ宮小金塚1−91
http://www.various-c.com/













前例がない [2016年02月01日(Mon)]

先日、福祉事業所のエライサンと話していて
耳にした言葉があります。

「 前例がないので 」

だから何なのですか?と
突っ込む度胸がないわたしは
「・・・」と 押し黙ってしまいました。

福祉に限らず、
さまざまな業界でも あることかもしれませんが、
「 前例がない 」と言うことは
恥ずかしいことじゃないかなって思うのです。


前例がない=慎重、は ちがいます。

前例がないからできない と言えば そこで終わり。
その先は、何もないのです。


慎重に慎重を重ねる。

慎重を期すことから 新しい物事ははじまり、
その積み重ねから
すべてのことが始まる と思うのです。

そして、この慎重を期すことも、
決断の早い他の事業者に
比しては劣る要素があるのかなと。


石橋を叩いて 渡る。

これは リスク管理においては、
大切なことかもしれません。
しかし、
事ある事に 石橋を叩いていては
決断を遅らす、鈍らすことになりかねません。



常日頃から
「新しいことを始めることは 必ずしもリスクではない 」
と 意識することで、
「 前例がないので できません 」
という言葉は、消えるように思うのです。


福祉業界に限らず、
自分が身を置く業界の「カラー」は、あって当然です。

でも、その中にどっぷり浸かりすぎて
守りに入らないでほしいのです。

時代に相応しないこと、気になることに
見て見ぬフリをしないでほしいのです。

とくに、ひとと対することが中心の 障がい福祉では。


「 前例がない 」という呪縛を解くのは、誰でもない。
そこに携わるひと、一人ひとりです。

わたしも、そして あなたも。














プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml