CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」
 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。



    canpan.info ドメイン常時SSL化対応に伴い、
    2019年11月以前の記事にいただいた
    「いいね!」が消えています…


「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
!-style FSトモニ― NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー ヘラルボニー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
見世物小屋 [2015年08月27日(Thu)]

夏の風物詩のひとつとして思い浮かぶ、
お化け屋敷。

今年の夏も、各地で
「 身の毛も よだつ 」体験を
されてひとも 多いかと思います。

この夏、わたしは
こちらのお化け屋敷のフライヤーをみて、
ある意味で 身の毛がよだちました。



見世物小屋 けいはんな×京都造形芸大.jpg

            ※ この催しは、終了しています。



〜 京都造形芸術大学と連携し、
  芸大生ならではの
  アートなお化け屋敷を開催します。夏休みに
  「芸大生が作るお化け屋敷」をお楽しみください 〜

こう書かれた
お化け屋敷のタイトル「 見世物小屋 」に
驚きを 隠せなかったのです。


今月初旬には、新聞でも 紹介されていました。

「 芸大生の力結集、リアルお化け屋敷で涼んで 」
(2015年8月8日付け:京都新聞)

怪談をもとに作った空間で
涼しい気分を味わってもらおうと、
学生たちが
学科を超えた創作活動で社会参加する
京都造形芸術大学の教育プログラム
「 リアルワークプロジェクト 」の一環として
けいはんな記念公園の集客を増やすために
企画開催された とありました。



「 見世物小屋 」に対するイメージが、
世代によって ちがいがあるから
このようなタイトルが
付けられたのかもしれません。

でも、見世物小屋とは
普段見られない芸や品だけでなく、
けものや人間の珍奇・猥雑を見せる小屋の興行
という認識のあるひともいます。

わたしも そのひとりなので、
「 なぜ このようなタイトルを用いたのか。
学生たちがこのような過去の事実を
知ったうえでの ことなのか 」と思ったのです。

あらゆるものを払しょくして、のことなのでしょうか。



時代の背景、歴史を知ったうえで
付けられたタイトルだとしても、
違和感を覚えるひとは わたしだけでしょうか。









*けいはんな記念公園
(指定管理者:植彌加藤造園株式会社)
京都府相楽郡精華町精華台6-1
http://keihanna-park.net/


*学校法人 瓜生山学園 京都造形芸術大学
京都市左京区北白川瓜生山2-116
http://www.kyoto-art.ac.jp/















きょうのShopひとにやさしく 144 [2015年08月23日(Sun)]

暑い季節に映える、ガラスでつくられた
徳島県にある れもんワークスさんの
今日は、こちらの紹介です。



DSC_3562.JPG


      〜 Glass Art Ring 〜


電気炉でパーツを焼き、そこから
こちらのような 指輪や
ストラップ、マグネットなどに加工。

制作過程において、
利用者さんの発想と色彩感覚を大切にし
そして、ピンセットなどを用いての
細かい作業を経て、できあがります。

小物製作のほかに、
結婚式の引き出物や 表札、ガラス小窓などの
注文製作も されているそうです。



れもんワークスさんは
国道に面し、駅からも近い場所にあります。

その立地から、ガラス工房のほかに
喫茶店と クリーニングの委託店も 運営されています。

地域のひとたちと
直接交流できる場を 持てることは、
ここで働くひとにとって、そして
同じ地域で暮らすひとたちにとっても
素敵な環境だな と思います。

ガラス製品にも魅力を感じますが、
一度、訪れてみたいと感じさせる場所でもあります。






*社会福祉法人 カリヨン
れもんワークス(Glass Art Lemon)
徳島県名西郡石井町石井石井317-3
Tel:088(675)0551
http://www.lemon.or.jp/














福祉理美容 [2015年08月19日(Wed)]

「いくつになっても 綺麗でいたい」ものですね。

しわくちゃのおばあちゃんになっても
身体が自由に動かなくても、
そのひとらしく
少しでも美しく過ごせるために、と
「 誰もがその人らしく美しく過ごせる社会の実現 」
を目指し、活動をされている団体さんがあります。

愛知県日進市に 拠点をもつ
NPO法人 全国福祉理美容養成協会さんです。


団体を立ち上げた 赤木勝幸さんは 理容師で、
1995年に 独立開業した頃
近隣の介護施設などで
訪問理美容活動を始められたことが原点となり、
今に つながっているそうです。

そして、2007年に
理美容・医療・介護・ファッションなどの
多職種専門家が 集まり、
このNPO法人を 設立されました。

高齢のひとや障がいのあるひとの
自宅や施設への訪問理美容だけでなく、
障がいのあるひとへの
就職活動用身だしなみ支援や、
がん患者・脱毛症患者に向けた
医療用ウィッグの製造・販売、
途上国(フィリピン)での
理美容の職業訓練など、
多岐にわたる活動を されています。

考えてみると、理美容師さんって
認知症のひとや 障がいのあるひとや
言葉が通じない国のひとを
はさみ一本で 笑顔にできる
素敵な職業ですね。



「 “ 福祉理美容 ” なんて
特別な言葉が 必要じゃなくなる社会を
目指しています 」という
赤木さんのコメントを読みながら
こう 思いました。

“ 笑顔 ” は ひとを元気にさせる。
それは、
高齢であっても
障がいがあっても
難病を患っていても、
なんびとにも 通ずること。

ひとびとの “ 笑顔 ” こそが
まちに もっと必要だと思う 今日この頃。

このような活動は
貴重で、より必要とされている と。







*NPO法人 全国福祉理美容養成協会
愛知県日進市香久山1-2809
Tel:052(801)5203
http://www.fukuribi.jp















平 和 [2015年08月15日(Sat)]
 
1945年8月15日の 終戦の日から、
今年で70年が経ちます。


終戦の前年、1944年10月。
この頃から、
沖縄は 戦場と化し
地上戦が 沖縄全土に広がり、
沖縄に住む 老若男女に
甚大な被害を及ぼす状況が 続いていました。

そのような中で、
障がいのあるひとは「 足手まとい 」と
置き去りにされたり、
防空壕から追い出されたりと
何重もの苦しみを体験した と聞きました。

しかし、
多くの障がいのあるひとたちは
当時の状況を話すことなく
固く口を閉ざし、
実態の多くは、知られていません。

その理由は、
「 あまりの凄惨さや、戦後も続いた
障がいへの理解のなさ、
そして、差別によるからだ 」と 漏れ伝わっています。


戦後70年が過ぎようとする 今年。
沖縄で起きた あるデモのなかに、
80歳になる
視覚に障がいのある男性が いました。

「 これまで 声を上げることができなかったが、
沖縄で 戦争を生き抜き
今も 戦後を生き続けるわたしが、
障がい者として、平和を 訴えていく 」と
少しづつ、当時のようすを 語り始めたそうです。


「戦争時 一番先に犠牲になるのは 障がいのある我々です」


聴覚に障がいのあるひとは、
飛行機や爆弾の音が 聞こえません。

ある聴覚に障がいのある男性は、
水に映ったB29を見て
自分は運が有ったから 逃げられた と語られています。

視覚に障がいのある女性は、
戦闘が激化する中
「 私を置いて 逃げて 」と家族に言った との証言も。

聴覚、視覚に限らず、さまざまな
障がいのあるひとたちが生きていたであろう沖縄で、
あの日 その時
障がいのあるひとたちは、
どのようにして
自分の身を 守ったのでしょうか。



恒久的にあってはならない、戦争。

恒久的平和を願う、2015年夏。

いつもの年より
強く 強く 願わざるを得ない 夏です。















きょうのShopひとにやさしく 143 [2015年08月11日(Tue)]

東日本大震災から 4年5ヵ月が経ちます。

震災直後にあった 津波。
当時、こちらの事業所に居た方々は
皆さん避難して 無事でしたが、
事業所は 津波で消失。

そこから、新たな出発を遂げられた
宮城県仙台市にある
みどり工房若林さんの
今日は、こちらを 紹介します。


DSC_3940.JPG


         〜 ブックカバー 〜


手に取ると、ほどよい柔らかさで
持つ手にとても馴染みやすい 感触です。

ピアノの鍵盤をイメージした表面が、印象的ですね。

素材は、パンチングレザー というもので、
素材の表層は ポリウレタンが使用され、
基布は、綿・ポリエステルの混紡です。

碁盤の目のように
規則的なパンチ(穴)が抜いてあるため、
縫製が とてもし易いそうです。

ブックカバーの他に、
ペンケースや スマートフォンケースもあるそうで、
色は、写真の赤のほかに
茶やこげ茶、ベージュ黒 などもあるそうです。


製品としての 実用性とデザイン性、
そして、制作過程において 縫製のしやすさと、
いくつもの利点を兼ね備えた
ブックカバーです。






*NPO法人 みどり会 みどり工房若林
宮城県仙台市若林区若林2−5−5
SKビル2B
Tel:022(762)7610
http://www.s-midorikai.org/















きょうのShopひとにやさしく 142 [2015年08月07日(Fri)]

先日案内した
ジェイアール京都伊勢丹に出店中の
マジェルカさんで見つけた、
岡山市にある ふぁみりおさんの
今日は、こちらの紹介です。



デニムコサージ・岡山市ふぁみりお.jpg

     
      〜 デニム コサージュブローチ 〜



こちらの事業所さんのある岡山県には
デニムのまち・児島があります。

土地柄を活かし、
児島産のデニムや帆布を使った製品を
つくられています。

丈夫なことは
言うまでもありませんが、
質感など、とてもあたたかみを感じる製品。

こちらの色以外に、
サーモンピンク系と
エメラルドグリーン系もありました。

そして、止め具は
ブローチピンとヘアクリップがついていて、
いろいろな使い方が
楽しめるようになっています。



8月11日(水)まで、
ジェイアール京都伊勢丹5階の
中央エスカレーター脇・解放区に
マジェルカさんは出店中です。

お近くの方は、ぜひ 
足を運んでみてください。
      






*NPO法人 岡山県精神障害者家族会連合会
ふぁみりお
岡山市北区下中野246−4
Tel:086(259)1086
https://blog.canpan.info/familio/















支援 [2015年08月03日(Mon)]

障がいのあるひとへの支援は、
場面により、さまざまに
支援のちがいが あります。

そのひとにより、
支援のちがいも あります。

「 失敗すると、本人が大変」とか、
「 大事に至ったらどうするのか」など
時として その支援が、
“ 失敗させない ” ための 支援になっていませんか。


支援とは、
失敗を防ぐためのもの ではないと思うのです。

本来、支援者が行う「 支援 」とは、
「 失敗を 本人が引き受けられる」支援であること
だと思うのです。


机上で、いくら勉強してもわからないことが
多々あります。

大切なことは、
支援の必要なひとと 向き合い、
そのひとのことを知り
その家族のことを知ってこそ、
「 そのひとに 必要な支援 」が見えてくる
のではないでしょうか。

あれこれと サービスだけを
パッチワークのようにつなげた支援は、
障がいのあるひとが望む暮らしから
程遠いものになるだけかもしれません。


研修などで
「 障がいのある子やひとの 親の心理 」とか
「 障がいのある子や人を抱える 家族の心理」
という 項目がありますが、
本当に必要ことは コレじゃありません。

本当のそれは
「 周囲にいるひとたちの心理 」であったり
「 行政や福祉事業所に携わるひとたちの心理」
ではないか と。


障がいのあるひとが
「 安心して 失敗ができる支援」を
支援者と呼ばれるひとたちが行うには、
何が 欠けているか
何を 足さなければいけないか。


見方考え方を変える
「 柔軟な発想 」が 支援には必要です。

「 柔軟な発想 」こそ、支援を変える基だと思います。


















プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml