CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」

 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。



「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
kyokyo
劇映画『 星に語りて~Starry Sky~』 (08/11) 松本動
劇映画『 星に語りて~Starry Sky~』 (08/09) kyokyo
ヤマシナポートレート展 開催  (02/11) こがっぱ
ヤマシナポートレート展 開催  (02/10) kyokyo
置き菓子サービス  (09/16) ぽんじゅーす
置き菓子サービス  (09/16) kyokyo
ギャラリー パッチワーク  (01/29) poppins275
ギャラリー パッチワーク  (01/28)
タグクラウド
!-style NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー ヘラルボニー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 相談支援 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
何をしたいか VS 何ができるか [2012年11月29日(Thu)]

今日は、AERA の
「障がいを持つ人を伸ばそうとしない日本」
(2012年11月26日号)という記事を目にしての
ひとりごとです。


障がいのあるひとを対象にしたスポーツ教室を
運営している
NPO法人アダプティブワールド(東京都稲城市)の
齊藤直さん。

日本体育大学で 障がい者スポーツを専攻し、
在学中に渡米し、
障がい者スポーツ施設を見学された経験があります。
その後、
障がい者施設で 指導員として働き始めたとき、
日米のある違い≠ノ 衝撃を受けたそうです。

障がいのあるひとを 前にして、
アメリカでは まず
『何を したいか』という 目標を立てる。
そして それに向かって努力をする。
それに対して、
日本では まず『何が できるか』を 考える。
現時点で できることに目を向けるに留まることが
ほとんど。

「障がいのあるひとの 可能性を
伸ばそうとしていない と思えた」そうです。

そこから齊藤さんは、2005年に NPO法人を設立し、
任意団体として
障がい者に スポーツを教える教室をつくられました。

ロッククライミングや ラフティング、
水泳、キャンプなど 多岐にわたった 運動を、
発達障がいのあるひとを中心に、
幼児から 30代のひとまで
毎月 のべ150〜200人を 教えています。

障がいのあるひとたちは、運動ができないのではなく、
そもそも、手や足を広げる など
体の使い方が わからなかったり、
運動経験が 少ないために
どうやっていいのか わからなかったりと、
さまざまな「説明不足」が 原因で
運動ができないことが多い、と言っておられます。


お国柄のちがい からなのか、
『何を したいか』と『何が できるか』、
この発想のちがいに 驚きました。

物事に集中したり こだわるという 特徴を、
スポーツに向けて、
好きなスポーツを見つけ、
『何が できるか』から『これが したい』に
つなげてあげられたら 素敵ですね。


目の前にいる 障がいのあるひとに、
「何が したいですが?」
「じゃあ、これをやりましょう。
そのためには これをこうして…」と
話すことから はじめる。

よく考えると、あたりまえのことですが、
『これが したい』が 叶えられない
不自由な現状を、
地道にひとつずつでも 打ち消していくことが、
生活の質の向上にも つながりますね。


*NPO法人 アダプティブワールド
東京都稲城市平尾1−60−13
http://www.adaptiveworld.org/





○○しやすくする [2012年11月26日(Mon)]

来春、就学や中学校・高校への進学に向けて、
今 まさに、学校選択のリミットを
むかえているひとも 多いかと思います。

今日は、少し前にあった
「普通学校通いやすく。従来の施策転換・文科省」
(2012年9月5日付け:毎日新聞)
の記事を読んでの ひとりごとです。


「 文部科学省は、障がいのある子の就学先が
『原則として 特別支援学校』と定められている
法令を改正し、
普通の小中学校に 通学しやすくする方針を固めた」
と ありました。

「これまでの 障がい児教育の施策を転換し、
重い障がいがあっても 本人や保護者の意向を尊重し、
地域の 小中学校に通うことで、
子どもに 達成感や充実感を感じてもらうのが狙い」
と 続きます。

そして「 現在、学校教育法施行令では、
一定程度以上の視覚や聴覚、知的に障がいのある子は、
原則 特別支援学校に就学すると決めており、
教育委員会が 認めた場合に限り、
例外として、
通常の小中学校に通うことを 認めている。
文科省は 今年度、同施行令の改正を目指し、
教育委員会が、
本人や専門家の意見も聞きながら
就学先を柔軟に決める 仕組みにする」と。

これを見て、あらためて地域格差を感じました。

『 原則、特別支援学校』とありますが、
わたしの知る範囲では、
この原則を強要されることは 無しに等しいです。

本人や家族が『 地域の 小中学校』を希望すれば、
ほぼその通り 就学できているからです。

国の施策 とは、何なのでしょう。
現状に 照らし合わせてみると、
後手後手に「ついてくるもの」に なっていますね。

そして最後に こうありました。
「学習支援に必要な 教職員の増員や
学校にかかる諸々の費用を
来年度予算の概算要求に 計上する」。

文部科学省が やっと
重い腰をあげたことは 間違いないようです。

しかし、文科省発表の文言にあった
『 通学しやすくする 』。

『○○しやすくする』と くくる文科省の姿勢が、
事のすべてを 物語っているなぁと 思いました。


今後、法令を見直すことで、
学校生活に必要な さまざまなサポートをする
教職員を増やすことをはじめ、
環境整備、そして 小中学校で
障がいのあるなしにかかわらず共に学べる体制づくりが、
迅速に運ばれることを 切に望みます。



*文科省によると、
2011年度、特別支援学校の対象になる
障がいのある児童生徒は、
全国で 約8万5000人(全体の約0.8%)。
このうち、実際に
特別支援学校に在籍している児童生徒は、
約6万5000人、
例外的に(この表現もいかがなものでしょうね)
小中学校に設けられた「特別支援学級」に
約1万7000人、
通常の学級に在籍し
週1〜8時間の特別な指導を受ける
「通級指導」は 約3000人、
在籍していると ありました。

 


命の選択 4 [2012年11月22日(Thu)]

今年1月 ブログでつづった「命の選択 」。
「 妊婦の 血液検査だけで、
胎児が ダウン症かどうかをほぼ確定できるという、
出生前診断が 米国で始まった」
(2012年1月12日付け: 読売新聞)
という 記事を読んでの ひとりごとでした。

これが発端となり 今年は、「 ダウン症 」が
今までより増して 注目される1年になりました。

各方面で数々の議論が繰り返されていますが、今日は、
「母体血の出生前診断で公開シンポジウム・
研究体制のあり方や 優生思想の懸念を議論 」
(2012年11月13日(火)付け:医療介護CBニュース)
を読んでの ひとりごとです。



11月13日、日本産科婦人科学会 主催の、
「母体血による出生前診断の導入の是非や方法に関する
公開シンポジウム」が、
産科医をはじめ、障がい者団体、一般のひとなど
約360人が参加のなか、東京都内で開催されました。

会場からは、優生思想や 差別を懸念する声や、
「99%の確率で 染色体異常が分かる」という
報道が 先行していることについて、
「99%という数字は、羊水検査を受ける集団よりも
リスクの高い集団に限って検査した場合の、陽性的中率
(検査で陽性と出て、実際に染色体異常がある確率)である」
などの 具体的な説明もありました。

遺伝子医療にかかわる 医師や認定遺伝カウンセラー、
そして ダウン症の家族を持つ団体 など、
さまざまな立場のひとの 講演もあったそうで、
客席からも 活発に質問が投げ掛けられ、
質疑応答が続いた とありました。

そして、母体血を用いる 出生前診断
(21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーの確率が
出される)については、引き続き、
日本での導入の是非や その方法について、
12月をめどに 指針作りを進めていく とされています。



これらの中で今回、一番 心に残ったことは、
日本ダウン症協会理事長の 玉井邦夫さんの発言でした。

玉井さんは 大正大学人間学部臨床心理学科 教授で、
ダウン症の息子さんが おられます。

「報道では、常に 21番のダウン症に向けられている。
それはなぜかと考えると、彼らが 立派に生きるからだ。
だからこそ、
彼らは 生きるべきかどうかを 問われるのだとしたら、
この問いは どういう意味があるのか、
もう一度 会場の皆さんに 考えてもらいたい」と。

そして、これらの遺伝情報が
中絶の判断材料になり得ることを 念頭に、
「どんなDNAのひとなら 生まれてきていいのか、
という問いを 立ててほしい」と。

これらの出生前診断が「安全な出産」「幸せな子育て」と
対になっているかのような 思考回路 にも
疑問を 投げ掛けられています。

まさしく、わたしも そう思います。


どんなDNAのひとなら、生まれてきていいのでしょうか。



そして、出生前診断の情報を妊婦に伝える 医療者が、
障がいのあるひとに対して どう思っているのか、
どういう情報を 提供するのか。
これも とても重要なことではないでしょうか。

医療従事者が どのような認識をしているのかを、
より知ることも 重要だと思いました。

医療従事者に向けて、当事者に関係するひとたちが
事実を「知ってもらう」「伝える」ことに、
今以上に 力を注ぐことも大切だと 思いました。



最後に もう一度、
どんなDNAのひとなら、生まれてきていいのでしょうか。





マジェルカ『 バッグ展 』 [2012年11月19日(Mon)]

先月 ブログでご紹介した 
東京の西荻窪にあるお店、マジェルカさん

障がいのあるひとが働く事業所でつくられる
手仕事のよいものを集めた セレクトショップです。

その マジェルカさんで、
楽しいアートが アクセントになった
一点モノのバッグたちが ずらりと並ぶ、
今日は こちらのお知らせです。


マジェルカ バッグ展.jpg

         『 バッグ展 』

 日 時:2012年11月21日(水)
               〜12月3日(月)
     11時〜20時(都合により、変更の場合有)
                  《火曜定休日》
 場 所:東京都杉並区西荻北3-4-2
       Tel:03(6671)7106
     http://majerca.com




障がいのあるひとが働く事業所でつくられた
いろいろとりどりのバッグの出店者さん は
こちらの方々です。

 社会福祉法人大和福祉会 光あけぼの園(山口県光市)
  http://hikariakebono.jp/

 NPO法人 ひょうたんカフェ(愛知県名古屋市)
  http://hyoutan-cafe.jp/

 さをり工房ゆう(兵庫県姫路市)
  http://saori-you.com/

 エイブルアートカンパニー(事務局・奈良県奈良市)
  http://www.ableartcom.jp/top.php
 〈エイブルアート・カンパニーは、
  財団法人たんぽぽの家を本部として、
  NPO法人エイブル・アート・ジャパン(東京)と、
  NPO法人まる(福岡)が連携し
  共同で事業を行う団体さんです〉

 NPO法人 CES 八王子生活館(東京都八王子市)
  http://www.pata8.com/

 NPO法人 生活支援センター207 
  共同作業所 あとりえトントン(東京都東大和市)
  http://atonton.com/index.htm

 株式会社 愉快 studio COOCA(神奈川県平塚市)
  http://studiocooca.com/

 NPO法人 まる 工房まる(福岡県福岡市)
  http://maruworks.org/



どんなバッグが並ぶのか、詳しくは
“ マジェルカ ブログ ”
チェックしてみてください。

「ドラえも〜ん!どこでもドアを 出してよー」
京都からは ちょっと遠く…
(でも いつかは 絶対行きたい!)
お近くの方は ぜひ、のぞいてみてください。



*マジェルカさんの オンラインショップ もあります。
 バッグ展の一部は、こちらからの購入も 可能です。
 http://majerca.shop-pro.jp/




きょうのShopひとにやさしく [2012年11月17日(Sat)]

つい先日解禁したボジョレ―・ヌーボー≠ノも合う、
今日は こちらのご紹介です。


DSC_1793.JPG

      『 チーズスティック 黒胡椒とバジル 』

一本一本が 軽くて、
噛むと とてもサクサクした感触です。

左の 黒胡椒は、胡椒の香ばしさが、
右の バジルは、バジルの生葉の風味が、
チーズに包まれて やってきました。

ワインのお供に、ぴったりです。
お味は、とてもいいです。
ただ、もう少し 細長い形にすると、
おしゃれに 変身できて、
たくさんの利用が見込めるかな と思いました。



*NPO法人 乙訓やよい福祉会 
やよい工房 久貝事業所
京都府長岡京市久貝2丁目2番地11号
Tel:075(952)9567






〜 焼き菓子をつくる事業所さんが多い中で、
 いかに「お客さんが手にとってくれるか」を
 考えてつくられているか は、
 実際に 製品を手に取ってみれば よくわかります。

 つくり手側が、この製品を
 「自分も 買いたい」と 思えるモノか、
 大切なひとに「使ってください、食べてください」と
 自信を持って 手渡すことが できるモノか。
 
 つくり手側が 「好き」になれるか どうか、
 「ファン」になれるか どうか。
 これを クリアしないと、
 売れるモノは生まれない と思います。
 
 あたりまえに思えることですが、
 今一度、記します。




 

手織り巡回展「秋さんぽ」 [2012年11月15日(Thu)]

たんぽぽの家・アートセンターHANAさんの作品展が、
京都に やってきます。
今日は、こちらの ご案内です。


akisanpo_omote_image-thumb-494x355-2323.jpg

    
   『 たんぽぽの家 手織り巡回展「秋さんぽ」』
       秋の散歩が もっと楽しくなる
  手織りのショールや 草木染めの小物を お届けします

 開催期間:2012月11月16日(金)
          〜12月2日(日)(期間中は無休)
          10時〜18時(土・日は19時迄)

 場 所 : ちせ nature and material 
        京都市左京区北白川別当町28
       Tel:075(755)9865
       http://chise.in/
      (京都市バス「北白川校前」バス停下車すぐ)

 主 催 : たんぽぽの家 アートセンターHANA
       Tel:0742(43)7055
       http://popo.or.jp 


2012たんぽぽの家 ちせ .jpg

手織りの小物 400点が 販売されるそうで、
奈良県以外で 手織り作品を紹介する機会 は、
はじめてだそうです。


開催場所の「ちせ」さん。
店名は、アイヌ語で「お家」を意味するそうです。
パン、はちみつ、ジャムや、
家具、陶器、アクセサリーなど、
「安らぎを感じられる」を キーワードに
商品をセレクトされ、販売されている お店です。

近くには 真如堂や 哲学の道もあり、
紅葉シーズン真っ只中の今、
散策がてら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。




パリ国際サロン [2012年11月13日(Tue)]

今までに 何度かご紹介したことのある
画家の 居川晶子さんが、この度、
フランスで開催の「パリ国際サロン」に出展される
という朗報が 舞い込んできました。


11月23日から25日までの3日間、
フランス・パリで 開催される、
日仏交流の絵画展「 パリ国際サロン 」に、
いかわあきこさんの『 見返りくじゃく 』が
出展されることになりました。

「パリ国際サロン(Salon International de Paris)」とは、
パリで、日本人作家とフランスのサロン作家を紹介する、
日本人主催の 日仏合同サロン。

開催の目的は、現代フランス画壇を代表する
巨匠・中堅の 仏作家 と、
才能はあるものの 未だ国際画壇では未活躍の
日本人作家 との交流を図り、
互いの芸術を展覧する場にしたいと、とあります。


11月23日(金)から25日(日)までの3日間、
フランス・パリの「ギャラリー・ニキ」
(10,rue de Turenne/9,place des Vosges 75004)と
「ギャラリー・デュ・マレ」
(21,place des Vosges 75003)で開催されます。
入場は 無料で、
両ギャラリーは 徒歩でまわれる近さだそうです。

初日の オープニングレセプションには、
居川晶子さんも 参加の予定だそうです。

京都から 世界へ。
晶子さんの絵をみたひとたちの感想を
ぜひ 聞いてみたいですね。



見返りくじゃく 居川さん.jpg

*2011年4月に開催された 絵画展(神戸)
案内はがきにあった、こちらが『見返りくじゃく』です。  


*欧州美術クラブ
東京都中央区日本橋室町1−6−12
http://www.obijias.co.jp/


*これまでに紹介した居川晶子さんの記事はこちらです。
→「 絵画展(大阪)
→「 写真展・しあわせのかたち
→「 写真展・しあわせのかたち


*「いかわあきこ カラフルアート」
 (ご家族が 書かれている ブログです)
http://blogs.yahoo.co.jp/ysqtj334




きょうのShopひとにやさしく [2012年11月10日(Sat)]

久しぶりの「きょうのShopひとにやさしく」。
今日は、こちらの 新製品のご紹介です。

DSC_1615.JPG


         「 パオズらすく 」

蒸しまん&カフェまんまん堂 さんの看板商品
「 手づくり 蒸しまん 」の皮生地を
じっくり低温で焼いて つくったラスクです。

お味はプレーン、チョコレート、ジンジャーの3種類。
よくあるフランスパンを加工してつくった
ラスクとはちがった、
ひとくちサイズの キューブ状で、
少し固めの もっちりサクッとした食感です。

プレーンは、もともと美味しいと 定評があった
手づくり皮生地の 素朴な味が活きていて、
ジンジャーは、しょうが効いて 甘さも控えめ。
そして チョコレートは、
少し苦みのある 大人の味です。

DSC_1613.JPG

ラベルも かわいく、
パッケージも 中身が湿気ないように配慮された袋です。

「蒸しまんとは 違い、常温保存もできて、
まんまん堂らしい 焼き菓子をつくりたかったんです」
と おっしゃっていたとおり、
まんまん堂さんらしい 新製品です。

二条城や 晴明神社に近い、
堀川商店街内にある イートインのできる店舗にも、
ぜひ 足を運んでみてください。



*上京ワークハウス
「蒸しまん&カフェ まんまん堂」
京都市上京区堀川通下長者町下る
(市バス「堀川下長者町」バス停前)
 Tel:075(432)3825
 営業時間:10時〜17時
 営 業 日 :月〜土曜日(日祝は休み)



高等養護学校 [2012年11月07日(Wed)]

先日 twitter で
群馬県にある高崎高等養護学校が
文化祭でライオンキングを上演
」という TLを目にし、
「 高等養護学校 」という校名をはじめて知りました。
わたしの住む京都にはなく、
「どんな学校?」かと思い、少し調べました。


「 高等養護学校 」は、義務教育を修了した
主に知的に障がいのあるひとを対象にした学校で、
一部地域により「 高等支援学校 」と 呼称されています。

全国各地にあるのではなく、地域により 差があります。
北海道には 15校あり、
東北、関東、中部、関西、九州には 点在しますが、
四国4県と北陸3県には ありません。

小学部・中学部・高等部が一緒に在る「特別支援学校」の
高等部にあたる、
高校1,2,3年のみがある 学校で、多くは
卒業後の就労を意識してのカリキュラムが組まれています。
普通科 以外に、
園芸、工芸、木工、クリーニング、窯業、農業、
家政被服などの科があり、学校により
地域産業に合わせた 特色ある専科を設けています。

そして、そこに通う生徒のために
寄宿舎を併設している学校が多いことも 特徴です。
自立生活をめざした 生活習慣の育成にも 力を入れ、
放課後の部活動も 活発に取り組んでいる学校が多いです。



この中で とくに注目した学校が、
滋賀県にある 長浜、甲南、
そして 来春開校予定の 愛知の高等養護学校。
いずれも 公立高校の敷地内に 建てられており、
入学式などは 公立高校と一緒に行われています。

障がいのある子たちは 高校生になると、
健常と呼ばれる
同学年の子たちと一緒にいる機会が 急に減り、
というより、ほとんどなくなります。

同年代のひとたちと 場を同じくすることも
ままならない現状に落胆する 本人や家族が多いことを
耳にしているので、
こうしたことの解消にも つながりますね。




義務教育である 小学校・中学校時代を、
地域の学校に設けられた 特別支援学級や普通学級で学び、
「統合教育をする」ことにより、
障がいのある子すべてが 地域に在籍。
そして、
重度と呼ばれる障がいのある生徒 や
軽度と呼ばれる障がいのある生徒 は、
高校時代を、
それぞれの 障がい特性に合わせた
高等養護学校(高等支援学校)で 学ぶ。

全国の 各都道府県に、
「障がい特性に合わせた高等養護学校をつくる」
ことにより、
障がいのある子たちの
「真に 一人ひとりに合わせた 教育の実現」に
より近づくのではないか と思いました。







*高等養護学校の一部を ご紹介します。
 自分の住む地域にはない、特色のある学校が
 全国にたくさんあることを知ることも 大切だと思います。

北海道札幌高等養護学校
http://www.sapporokoutouyougo.hokkaido-c.ed.jp/

山形県立鶴岡高等養護学校
http://www.tsuruokakoto-sh.ed.jp/

群馬県立高崎高等養護学校
http://www.takasakiky-ses.gsn.ed.jp/

愛知県立豊田高等養護学校
http://www.toyotakoto-sh.aichi-c.ed.jp/

滋賀県立長浜高等養護学校
http://www.nagako-sh.shiga-ec.ed.jp/

大阪府立たまがわ高等支援学校
http://www.osaka-c.ed.jp/tamagawa-ks/

岡山県立岡山瀬戸高等支援学校
http://www.setosien.okayama-c.ed.jp/

熊本県立ひのくに高等支援学校
http://sakura1.higo.ed.jp/sh/hinokuni/

沖縄県立沖縄高等特別支援学校
http://www.okiko-sh.open.ed.jp/



ほっとなアートたち。 [2012年11月05日(Mon)]

まちの木々が、いろとりどりに染まってきましたね。
京都市内も 急に秋めいています。

今日は、京きよみず工房ソラさん の作品展の
ご案内です。


DSC_1914.JPG

 
       『 ほっとなアートたち。』

 開催日時:2012年11月6日(火)〜11日(日)
        11時〜19時(最終日は17時迄)
 
 場  所:くらふとギャラリー・集(しゅう)
      京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町680−3
      http://www.ac-n.com/


織りあげた布や 羊毛を もとに、
手しごとを大切に、
一点一点つくられた製品が 並びます。

目にし、そばにいるだけで、
ほっとする作品展へ、
街散策の途中に ぜひお立ち寄りください。



*社会福祉法人 新明塾 京きよみず工房ソラ
京都市東山区清閑寺山ノ内町28-3 
Tel : 075(551)3811
http://www8.plala.or.jp/koubousola


*今までにご紹介した作品展は、こちらからどうぞ。
→「 小さなアート ちょこっとボタン店
→「 夏いろ iro 展
→「 光の響き展



| 次へ
プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml