CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」

 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。



「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
kyokyo
劇映画『 星に語りて~Starry Sky~』 (08/11) 松本動
劇映画『 星に語りて~Starry Sky~』 (08/09) kyokyo
ヤマシナポートレート展 開催  (02/11) こがっぱ
ヤマシナポートレート展 開催  (02/10) kyokyo
置き菓子サービス  (09/16) ぽんじゅーす
置き菓子サービス  (09/16) kyokyo
ギャラリー パッチワーク  (01/29) poppins275
ギャラリー パッチワーク  (01/28)
タグクラウド
!-style NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー ヘラルボニー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
あーよかったなぁ!初出店 [2012年04月30日(Mon)]

先日 ご案内した、アトリエパッチワーク
『 2012 ヒキダシワークショップ vol.3 』の出店。
今日は その様子をご覧ください。


P1030259.JPG
    
4月28日(土)、初夏を思わせる晴天のもと、
「 Bazaar cafe(バザール カフェ)」にて 開催されました。
    

P1030274.JPG

オープンと同時に カフェの中庭もお客さまでいっぱいに。


P1030278.JPG

自然のまま、季節の木々や花々が咲く庭の一角が お店に早変わり。


P1030275.JPG

今回、一緒に出店されていた
!-style(エクスクラメーション・スタイル)さんから
会場でいただいた玉ねぎの皮を、
早速 ディスプレイに使わせていただきました。


P1030296.JPG

年齢や性別にかかわらず、いろいろな方が手にとってくださり、
お買い上げいただきました。


P1030280.JPG

店長 あふるくんの似顔絵コーナーは、待ち時間が出るほどの大盛況。
ヒキダシワークショップ 主宰のこじまいづみさんも
「描いてくださ〜い」と、いらしてくださいました。


P1030285.JPG

普段している仕事の様子を、工場長 なお が、
店先で デモンストレーションも。



初出店には 余りある、とても嬉しい一日になりました。


このような場所を つくってくださった
ヒキダシワークショップさん、
ご一緒させていただいた 出店者のみなさん、
そして、ご来場いただいたみなさん、
ほんとうに ありがとうございました。




* アトリエパッチワーク 次回の出店予定は、
6月3日(日)
左京ワンダーランド・クロージングパーティ@下鴨神社 、
6月10日(日)
京都こだわりマルシェ12 @京都府庁旧本館 です。



『 アトリエ パッチワーク 』出店します [2012年04月26日(Thu)]

4月2日付けでお知らせした『アトリエ パッチワーク』。
工房では 続々と作品が生まれています。
そして、お披露目&販売の出店が 続々と決定しました。
今日は、ご案内です。

           〜〜〜 その1 〜〜〜
    『 2012 ヒキダシワークショップ vol.3 』に 出店します!
              初お目見え!

    日 時: 2012年4月28日(土)11時〜16時
    場 所: Bazaar cafe (バザール カフェ)  
         京都市上京区烏丸今出川上ル岡松町258
          (市営地下鉄今出川駅下車 徒歩3分)
      http://bazaarcafekyoto.web.fc2.com/index.html
    主 催: ヒキダシワークショップ
       http://hikidashi-ws.jimdo.com/
     
      *ヒキダシワークショップさん は「楽しい」「面白い」
     「嬉しい」「美味しい」+アルファの楽しみを分かち合う、
      様々なイベントやワークショップの企画、提案、
      運営をされています。


           〜〜〜 その2 〜〜〜
   『 左京ワンダーランド2012 』クロージングパーティー
      「 糺の森 ワンダーランド広場 」に 出店します!

    日 時: 2012年6月3日(日)
    場 所: 下鴨神社・糺の森
    主 催: 左京ワンダーランド事務局
         http://chise.in/sakyowonder12/
        総合インフォメーション・ガケ書房 
        12:00~22:00 TEL/FAX:075-724-0071
     
      *今年で第3回目となる、左京区を中心にした
      約40店舗近いお店がつながりひろがる年に一度のイベント。
      子ども、高齢のひと、障がいのあるひと、地域に住む
      全員参加型イベントを目指しています。
      スタンプラリーや叡山電車の電車貸切イベントなどなど
      イベントが目白押しです。

   
           〜〜〜 その3 〜〜〜
      『 京都こだわりマルシェ12 』に 出店します!
    
    日 時: 2012年6月10日(日)
    場 所: 京都府庁旧本館
    主 催: 府庁旧本館マルシェ実行委員会
        http://kodawarimarche.jimdo.com/

     *今までブログで何度もご紹介したことがある
      「京都こだわりマルシェ」。
      あらゆる年代やジャンルの方が楽しみながら
      「食」についてお互いが知り・学び・考えるイベント。
      フードのほか、こだわりグッズの展示・即売や、
       こだわりパフォーマンスもあります。


DSC_1137.JPG
当日に向けて、こつこつと 作品づくりを続けています。

DSC_0979.JPG

        玉ねぎの皮を使った 染め や、

DSC_1118.JPG

        椿の花びらを使った 染め を、
        ひとつひとつ 手仕事で つくっています。

DSC_1139.JPG

世界にひとつだけ!の、
いろいろとりどり を 手にとって ぜひご覧ください。




出生前診断 [2012年04月24日(Tue)]
今年1月20日付けブログ「 命の選択 」で書いた、出生前診断。

ダウン症など染色体の異常が原因の障がい などは、
妊娠中に検査する ことでわかることにより、
その命を 選択するひとが増えている という事実を紹介しました。

このことを 如実に数字で表した記事を、先日 読みました。


「 出生前診断で 胎児に異常・10年前と比べ 中絶倍増 」
        ( 朝日新聞デジタル:2012年4月5日付け)

出生前診断で 胎児の異常が分かったことを理由にした中絶が
2005〜09年の5年間、推定で 6000件となり、
10年前の同期間より、倍増していることが
日本産婦人科医会の調査でわかった、とありました。

高齢出産の増加や 簡易な遺伝子検査法ができたことで、
十分な説明を受けずに
中絶を選ぶ夫婦が増えている可能性がある と。

ダウン症や水頭症などを理由に 中絶したとみられるケースは、
1985〜89年は 約800件だったのが、
1995〜99年は 約3千件に、
2005〜09年は 約6千件と 急増しているとあります。

35歳以上の高齢出産の増加 で
「出生前診断を受ける人は 増えている」事実を知るひとは
多いかと思います。

妊婦健診で使われる エコーも精度が上がり、
染色体異常の可能性を示す、首の後ろのむくみの厚さや、
臓器の奇形もわかるようになり…と 続く文章。
読み続けることが とても辛いです。

1970年代から 羊水検査や エコー検査、
1990年代から 母体血清マーカー検査 と、
当初 検査の必要性のあるひとのみが行っていた これらの検査を、
いつの日からか「 それ以外の理由 」でも、
検査をするひとが増えました。

検査をする理由。それは 何なのでしょう。

異常を見つけるために 検査をするのでしょうか。

「 異常なし 」の答えに、
      安心するために 検査をするのでしょうか。
「 異常が見つかった時 」の答えは、
      決まっていて 検査をするのでしょうか。

記事の最後に、日本産科婦人科学会は
遺伝子検査の指針作りに乗り出した とありました。

もう10年20年も前から 言われてきたことを
やっと 着手したのですね。

このスローさは ただの怠慢なのか、
それとも「何か 他に理由があるのではないか?」と
要らぬ勘ぐりをしてしまいました。



なにかを考えるための10カ条 [2012年04月21日(Sat)]

「 ほぼ日刊イトイ新聞 」(略称:「ほぼ日」=ほぼにち)。
糸井重里さんが主宰し、
ウェブサイトで毎日更新する “たのしい” 新聞です。
「 ほぼ 」と言いながら、
1998年6月6日の創刊日から 一日も休まず、
毎日更新をつづけている「 ほぼ日 」。
一日 約12万のひとが見ているそうで、
わたしもそのひとりです。

そこにあった ちょっと気になる話を 今日はご紹介します。


なにか新しいことをはじめるとき、どうしようかと悩んでいるとき、
皆さんは どうしていますか。

これは『 なにかを考えるための10カ条 』とありますが、
一つのことを考える時に「そのこと」を ココに当てはめてみると、
答えが見えてくることが あるそうです。
 
ひとつのことを考えるとき、
  1. そのことの隣りになにがあるか?
  2. そのことのうしろ(過去)になにがあったか?
  3. そのことの逆になにがあるか?
  4. そのことの向かい側になにがあるか?
  5. そのことの周囲になにがあるか?
  6. そのことの裏になにがあるか?
  7. それを発表したら、どういう声が聞こえてくるか?
  8. そのことでなにか冗談は言えるか?
  9. その敵はなにか?
 10. 要するに、それはなにか?

たとえば、そのことが「原発」や「部活動」でも なんでも、
いったん ここに入れて考えてみると、
意外に気がついていないことや、
可能性や 欠点が見えてきたりすることが あるそうです。
 
「そのこと」について、これを利用して 考えてみてください。
うまく行くと、
最後の 10「要するにそれはなにか?」に、
すとーんと 答えられたりすることが あるそうです。

わたしも 考えてみます。
「 障がいのあるなしを分けて言うことの意味 」について。




施設商品の優先購入 [2012年04月18日(Wed)]

障がいのあるひとの自立を促進する、と銘打った
新法について、今国会で 成立云々という記事を、
さらっと 読もうとしたところ、目に留まった こちらの記事。
今日は この記事を読んでの ひとりごとです。

「 障がい者施設商品 国は優先購入を 今国会で法案成立へ 」
            ( 東京新聞:2012年4月11日付け )

障がいのあるひとが働く事業所がつくる商品を、
優先的に購入するよう国などに求めるという
「 障害者優先調達推進法案 」が
今国会で 成立されるとありました。

2008年に 今回とほぼ同じ内容の「 ハート購入法案 」が
廃案になっていたという 過去もあった と。

すでに政府が提出している「 障害者自立支援法改正案 」と
抱き合わせで可決する と。

「 障害者優先調達推進法案 」の中身を見ると、
『 国と 独立行政法人に 予算の適正な使用に留意しつつ、
優先的に 障がい者施設から物品を調達する 努力義務 を課す。
国は 物品調達を推進するため、基本方針を定める。
地方自治体などにも 障害者施設が受注機会を拡大できるような
措置を実施するよう 求める 』とありました。

そして こちらにも、
「障がい者関連2法案 今国会で成立する見通しに」
           (毎日新聞:2012年04月12日付け)
同様の記事が 載っていました。


何ですって。ちょっと待ってください。

ハート購入法案?
優先的に 障がい者施設から物品を調達する 努力義務を課す?
措置?

どうして こんなことをするのですか。

こんなことに 税金を使うより、
障がいのあるひとが 得手を活かして働ける社会の 仕組みづくりに
お金を使うことの方が “まっとうだ” と思います。

こうもして、どうして『 分ける 』のでしょうか。

同じ社会の中で、それぞれの役割をつくり、担う。

一市民として生きる、あたりまえの社会の確立に、
どうして 向かえないのでしょうか。







きょうのShopひとにやさしく [2012年04月16日(Mon)]

京都のまちは 桜シーズンも佳境。
シダレ桜が締めをつとめ、優雅な舞を見せてくれています。
そんな京都から、今日は こちらです。

DSC_1024.JPG

        『 古都 さくらクッキー 』

うす紅色のアイシングを クッキーにトッピングし、
さくらの花びらを イメージ。
しっとり感があり、素朴な味のクッキーです。

京都のことを “古都” と表記した、レトロな昭和を感じる製品。
そういえば、「京都」とか「古都」とか
京都らしい言葉が ネーミングに使われているケースって
意外に 少ないですね。

「地の利を 活かす」ことに
もう少し貪欲になっても いいかもしれませんね。


大山崎社会福祉協議会 地域活動支援センター やまびこ
京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字早稲田1番地
Tel:075(953)0204



コラボレーション効果 2 [2012年04月13日(Fri)]

今日も こんな記事を見つけました。

「 障がい者とアーティストが コラボ
      〜 斬新な感性・デザイン 人気 〜」
            ( 産経新聞:4月3日付け )

障がいのあるひとたちと ファッションデザイナーらの
アーティスト、企業を結ぶ ものづくりが、
横浜市で進められています。

横浜市の委託を受けて、2年前にスタートした
「 横浜ランデヴープロジェクト 」。
このプロジェクトには、陶芸家や デザイナー、スタイリストなど
約15人のアーティストと、横浜市を中心とした
約15カ所の障がい者施設や 企業などが参加しています。

昨年10月、横浜高島屋に 期間限定で出店した際には、
商品の供給が追いつかないほどの好評だったそうです。

「 横浜ランデヴープロジェクト 」で つくられた商品は、
大量生産の対極にある ものづくりの意味を込めた ブランド名
「 スローレーベル 」と付けて、
昨年から 本格的に販売が始められました。

さまざまな人が関わった スタイリッシュな雑貨は、
百貨店や まちの雑貨屋さんでも 好評だそうです。

障がいのあるひとたちのもつ 得手。
商業ビジネス上でアーチストとしてデザインをするひとの 得手。
このふたつが、対等な立場でかかわり、
双方ともにプラスとなる『 化学反応 』が、
高評価につながっている ように思えます。

『 妥協しない ものづくり 』
常に 一定の量・品数をつくり続けるには、
つくり手をサポートするひとたちの
力添えや協力がなくては 成り立ちません。

サポートするひとたちが これを「負担」と感じるならば、
ビジネスチャンスは生かせません。


『「負担」が生まれない 仕組みづくり 』
この仕組みづくり こそが、一番 肝心なことかもしれません。



* スローレーベル
2009年「横浜ランデヴープロジェクト」の取り組みから誕生した、
全て一点モノの手づくり雑貨のブランド。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.rendezvous-project.com/slow_label/




コラボレーション効果 [2012年04月11日(Wed)]

こんな記事を見つけました。

「 障がい者アーティストの絵が ホークスグッズ に
       〜 福岡市・ときめきプロジェクトで 〜 」
       (福岡天神経済新聞:2012年4月3日付け)

福岡市内の障がい者施設と 福岡ソフトバンクホークスが
コラボレーションした 応援グッズの販売がスタートされた、と。

福岡市と障がい者施設が、工賃アップなどを目的に行う
「 ときめきプロジェクト 」の一環として、
この商品化が 実現。

応援グッズに使用する イラストを
障がいのあるひとたちが働く事業所へ呼び掛けて 募集し、
集まった 300点以上の作品の中から、
工房まる 」の 石井悠輝雄さんのイラストが選ばれました。

石井さんの絵は、
メガホン、トートバッグ、フェイスタオルの 3点に使って
商品化され、商品は
ホークスのオフィシャルショップや ヤフードームなどで
販売されています。

多くのみなさんに知ってもらい、買ってもらい、使ってもらえる。

とてもいいコラボレーションですね。


関西と言えば、プロ野球は 阪神タイガース。

昨年6月に紹介した「 牛すじぼっかけカレー 」では、
神戸市にある NPO法人中央むつみ会さんが、
阪神タイガースの桧山進次郎選手と交流があった縁から、
阪神タイガースとのコラボレーションが 実現しています
(詳しくは こちら をご覧ください)。
しかしこれは とても稀なケースです。

今回の「ホークス応援グッズ」のような規模での コラボ は、
やはり 行政のかかわりが必須 となるのでしょうか。

阪神タイガースの応援グッズも、
このような商品が 生まれないかなと、
この記事を見て、実は 真っ先に 思ったのでした。


* ときめきプロジェクト とは、
『障がい者がつくった商品が身近にあふれるまちを目指す』を
コンセプトに掲げて、福岡市・保健福祉局が繰り広げるプロジェクトです。
詳しくは こちらをご覧ください。
http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/zaitakushien/opinion/tokimekiproject2011_2_2.html



きょうのShopひとにやさしく [2012年04月09日(Mon)]

京都市内も、やっと桜が五分〜七分咲きになりました。
朝夕冷え込みがつよいおかげで、
桜の見ごろも 長く楽しめそうな 京都から、
今日は こちろの紹介です。

DSC_1021.JPG

        『 SABLE de Sel 〜しおさぶれ〜 』

塩味のサブレって めずらしいですね。
一枚が 5〜6p四方の 大きめなサブレを、
どんなかんじかな?と パクリ。

しっかりサクサクとした食感が すすみます。
サクサク食べると 塩味が 後からしっかりとやってきました。

一枚一枚が存在感たっぷりの、しおさぶれ。
ラベルも かわいいですよね。


社会福祉法人 京都育成の会  西寺育成苑 
京都市南区唐橋平垣町64-3
Tel:075(693)3300
http://www2.ocn.ne.jp/~saiji-en/


*今までに ご紹介した商品は こちらです。
Four Seasons 〜Doll Festival〜
Four Seasons 〜Summer〜 


きょうのShopひとにやさしく 70 [2012年04月05日(Thu)]

4月に入り、花冷えが続く京都から、今日は こちらです。

DSC_0441.JPG

            『 干し椎茸 』

写真右は 椎茸原型のままを、
写真左は 椎茸を細切りにしたものを 天日干し しています。
京都・静原産、原木栽培の椎茸を 加工したものです。

細切りにした 干し椎茸は、
戻す時間が少なくて済む点が お料理に重宝しますね。

七彩の風さんは、一昨年前 取材で伺ったことがあり、
記憶に残る事業所さんのひとつ です。

京都市内から バスに乗ること 小一時間。
川に沿って 山道を走ると 昭和にタイムスリップしたような
のどかな風景が 拡がります。

山々の自然の恵みを生かした製品づくりを されています。
椎茸栽培のボタ場のほかにも、農園、
そして約1000羽の鶏を飼う鶏舎もあり、鶏舎の世話は
365日、交代でされています。
とれたての新鮮な卵を使ったつくった クッキーやプリンも好評です。

自然からの恵みを受ける ということ、自然を相手にする ことは、
易しいことではありません。
この「 干し椎茸 」も、
このような状況のなかで 手間を掛けてできた製品です。

ひとびとが 日々過ごす “ 時間 ”。
「どこに どうかけるか」
慈しみにも似た 時間の掛けかたを
この商品から 感じることができました。


社会福祉法人 幸の会 七彩の風(なないろのかぜ)
京都市左京区静市静原町1144
Tel:075(705)6123
http://www.nanaironokaze.jp

*これまでに紹介した商品は こちらをご覧ください。
 → アニマルクッキー


| 次へ
プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml