CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

きょうの福祉

「障がい者というコトバを
    使わなくて済む社会になればいいなぁ」

 障がいのあるひとが、
 地域で役割を担い、ふつうに生きる。。。
 この願いに向かう kyokyo の日々をつづります。



「今出来ること」という一人ひとりの小さな道が一緒になって大きな道へ
日本財団ROADプロジェクト
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
kyokyo
劇映画『 星に語りて~Starry Sky~』 (08/11) 松本動
劇映画『 星に語りて~Starry Sky~』 (08/09) kyokyo
ヤマシナポートレート展 開催  (02/11) こがっぱ
ヤマシナポートレート展 開催  (02/10) kyokyo
置き菓子サービス  (09/16) ぽんじゅーす
置き菓子サービス  (09/16) kyokyo
ギャラリー パッチワーク  (01/29) poppins275
ギャラリー パッチワーク  (01/28)
タグクラウド
!-style NPO法人さまさま YOUYOU館 NPO法人つくし つくしハウス NPO法人ゆいまある NPO法人アクセプションズ NPO法人ウブドベ NPO法人サリュ NPO法人スウィング NPO法人ハイテンション NPO法人プラッツ おーぷんせさみ NPO法人リべルテ poRiff あおい苑 あしたーる工房 あやべ作業所 あらぐさ福祉会 いきいき・いわくら かしの木学園 かめおか作業所 がんばカンパニー きょうだい ぐらん・ぶるー さくさく工房 しょうぶ学園 たんぽぽの家 ともの家 どうほうの家 なづな学園 はじまりの美術館 みずなぎ学園 みずのき美術館 みつみ福祉会 みやこ缶入パン製造センター みやこ西院作業所 やまなみ工房 やまびこ やよい工房久貝事業所 よさのうみ福祉会 アイアイハウス アイアイハウス とうふ屋あい愛 アトリエインカーブ アトリエコーナス アトリエパッチワーク アトリエ・エレマン・プレザン アンプティサッカー アートピクニック アール・ブリュット エイブル・アート・ジャパン オリーブホットハウス ケアラー コトノネ コラボレーション効果 ジョイント・ほっと テミルプロジェクト テンダーハウス トライアングル ハハヨ、コロスナ バスハウス パラリンピック ブラインドサッカー ヘラルボニー マイナンバー マジェルカ ワークショップ北山 ワークショップ野の花 ワークスおーい 七彩の風 丹波桜梅園 乙訓ひまわり園 京きよみず工房ソラ 京都いたはし学園 京都のぞみ学園 京都フレンドリーハウス 京都ワークハウス 京都太陽の園 京都市うずまさ学園 京都市だいご学園 京都市ふしみ学園 京都市やましな学園 京都市立北総合支援学校 京都市立東総合支援学校 京都府立与謝の海支援学校 京都府立中丹支援学校 京都府立丹波支援学校 京都府立八幡支援学校 京都府立城陽支援学校 京都府立宇治支援学校 京都府立舞鶴支援学校 伝福連携 修光学園 働く 兵庫県 分けない教育 勇気工房ほほえみ 協働ホーム 命の選択 和歌山県 土と色展 埼玉県 塔本シスコさん 大阪府 奈良県 子ども食堂 学ぶ作業所・専攻科 宮城県 寄付 富山型デイサービス 居川晶子さん 山形県 山科工房 岐阜県 岡山県 岩手県 工房しゅしゅ 徳島県 支援 新倉壮朗さん 日本ダウン症協会 映画 東京都 板東の丘 洛南共同作業所 渡辺あふるさん 滋賀県 災害医療 申請主義 白百合会 リ・ブラン西京 白百合会 衣笠授産所 相談支援 知ってもらう 神奈川県 福岡県 福島県 福祉避難所 第三かめおか作業所 累犯障がい者 舞台 花水木 西寺育成苑 農福連携 選挙 金澤翔子さん 長野県 障害者差別解消法 障害者週間 青空工房 青谷学園 静岡県 鳥取県 FSトモニー
つくり手の得手を活かした 商品づくり [2011年12月28日(Wed)]


先日開催された 「 あらぐさ百華展 」 。
観光地で有名な “哲学の道” 沿いにあるギャラリーを
貸し切っての展示会でした。
ロケーションも とても趣きがあり、
外国人の観光客も立ち寄る姿が そこ此処に。
インターナショナル京都 です。


「 一年間の感謝を込めて 」 のサブタイトルどおり、

あらぐささんの得意とする
織り、染め、フェルト小物、クッキーなど、
時間を忘れて 一つひとつ 見させていただきました。


そのなかで、このマフラーが わたしの“今日の一番”。

編み手のひとは、
一段一段の間隔を 大きく開けて、ゆるく編む方だそうです。

そこで 職員さんは、
この編み方を 逆手にとり、
そのひとの編み方が生きるデザインを 考えられました。

幅が 15センチ、長さは 3メートル、と
個性的なマフラー に。
オーバーコートの上から くるりと 巻くこともできますね。


つくり手の得手を活かして 商品化につなげる。

いかなるときも、そうであってほしいと 改めて思いました。


社会福祉法人 あらぐさ福祉会
障害福祉センターあらぐさ
京都府長岡京市井ノ内広海道42−3 
Tel : 075 (953) 9212
http://www.aragusa-fukushi.jp/
きょうのShopひとにやさしく 60 [2011年12月26日(Mon)]

年末も押し迫り、大掃除に忙しい時期となりました。
家庭によっては 年末ではなく、
夏休みや過ごしやすい時期に 済ましていると聞きますが、
どうも 年の瀬が迫らないと
重い腰があがらないひとも 多いのではないでしょうか。
(そういうわたしも…)

大掃除にも 普段にも使える、今日はこちらです。


         『  アクリル たわし   』

よく バザーや展示販売で 目にしますが、
こちら ちょっと違います。


見てください。 食器洗いが 楽しくなる、
どれも かわいい柄に編まれています。

使うのが もったいない、使うのが 楽しくなる!

同じアクリルたわしでも、これなら買おうと思いませんか。


NPO法人 つくし つくしハウス
京都市上京区西堀川通元誓願寺上ル竪門前町414-1-16
Tel : 075(411)9355
きょうのShopひとにやさしく [2011年12月22日(Thu)]
京都市内の公立校は 明日から冬休み。 といっても、
2学期制 (前期・後期) のため、
冬休み前に 通知表が手渡されることもなく、
ゆる〜い ちょっと締りのない 年の瀬です。

今日は こちらです。


  『 オリーブオイルの サブレ と ロッククッキー 』


オリーブオイルが入ったサブレ、クッキーを手にしたのは
初めて です。
どんなお味か?と 楽しみにしつつ買う ドキドキ感。

サブレは、オイルの香りと パイ生地に近いサクサク感。
メープルシロップの風味が しっかりと効いていました。

そしてクッキーは、ロッククッキーの名のとおり!
ドライフルーツとクルミが ゴロゴロ。
こちらも オイルの香ばしさが活きた 男っぽいクッキーでした。


つくり手の あおい苑さんは、
先日の 「 きょうの見学 」 でお邪魔した事業所さん。
事務所から 徒歩6分ほどのところにある
お菓子工場で 生産されています。

半兵衛麩さんの麩をつかった 「ふわふわクッキー」 のほか、
来年4月から 「おはぎ」も作る予定と お聞きしました。
今から 楽しみですね。


社会福祉法人葵友愛会 あおい苑
京都市左京区岡崎北御所町21−1
Tel:075(771)3882
あなたなら どうする? [2011年12月19日(Mon)]

以前、インターネット上で話題になった映像、
「 あなたなら どうする? 〜スーパーの障がい者差別〜 」の
日本語字幕版の紹介です。

この映像は、アメリカ ABC・TV番組内の
“ What would you do ? ” の一コマ です。

主役は ダウン症のジョシュ。
彼は セサミストリートやハリウッド映画にも出演経験がある男優。
ジョシュが スーパーのレジ店員を 演じます。

客役には、さまざまな立場を想定し、俳優たちが演じています。

ニューヨーク市内にある スーパーマーケットを舞台に、
繰り広げられる “ どっきり ” です。






“ 何も言わないことは、容認するのと 同じことです ”
全米ダウン症協会の職員が語る シーンが、
わたしは 印象に残りました。

皆さんは どういう感想を持たれましたか。

そして、あなたがこのような場に遭遇したとき、どうしますか?


きょうのShopひとにやさしく [2011年12月16日(Fri)]
先日ご案内した 「なづな・かしの木JOINT展」で見つけた、
今日は こちらです。


「 ポストカード 各種 」


写真の 「ざくろ」 「ブルーベリー」 「ポピー」 「柚子」
「万両」 「びわ」 以外にも 季節を感じるものが描かれた、
とても温かみのある ポストカードの数々 です。

ちょうど1年前、日本財団さんの
1,2,3で、施設商品!2010」キャンぺーンにて
紹介させていただいた、
なづなさんの 「あぶらとり紙」 の表紙も、
ポストカードの絵 とつながっています。


そして少し、京都・岡崎みやこめっせで開催された
「 なづな・かしの木JOINT展 」 の様子を。


女性ばかりの利用所さんの 得手を活かした、
染め、織り、紙漉き、編み、の なづなさん。


壬生狂言で使われる瓦の生産もされており、
陶芸に秀でている、かしの木さん。


多岐にわたる 取り組みを、
利用者さんの力に合わせて拡がりを持たせられている様子が、
手に取るように わかりました。


社会福祉法人 なづな学園 
京都市東山区渋谷通大和大路東入2丁目
上新シ町372
Tel : 075(561)3355
http://www.naduna.jp
きょうのShopひとにやさしく [2011年12月14日(Wed)]
クリスマスのイルミネーション。
今年は 自粛しているところが多いようです。
きらきらと ひかり輝くのは、イルミネーションだけでなく、
いつの世も “ 子どもたちのこころ ” であってほしいと
今年は特に 感じています。 今日は こちらです。


「 デコパージュの オーナメント と 小物入れ 」

直径15センチ近くある 貝殻に、
かわいい絵柄の 紙ナフキン を デコパージュ。
紙が 撚れないように、きれいに伸ばして デコします。

集中し、息もひそめて 貼り付ける作業は、
慣れるまで 大変だと思います。


オーナメントは 貝殻の 外側 に デコパージュ。


小物入れは、貝殻の 内側 に デコしています。

加工する面を 裏表にする だけで、
使い方が変わる、違う商品にする アイデアが素敵ですね。




そして やましな学園さんは、今週から 野菜の販売も 始められました。


「畑のするめ」 で有名な、地元山科で野菜をつくる
オリーブホットハウスさんの新鮮野菜 をはじめ、採れたて野菜を、
これから 毎週火曜日に 施設前の駐車場で 販売されます。

年内は12月27日(火)まで、年始は1月17日(火)から。
時間は 10時から12時まで です。
お近くのかたは ぜひ お立ち寄りください。


京都市やましな学園
京都市山科区竹鼻四丁野町34−1
Tel:075(591)8841

きょうの見学 [2011年12月12日(Mon)]

久しぶりの 「きょうの見学」。 今日は こちらです。


      「 あおい苑 」


平安神宮を北へ、
少し行くと 真如堂、吉田山へとつづく
自然豊かで静かな 住宅街にあります。

昭和53年、京都で2番目に開設した
「みやこ共同作業所」がもとになり、
昭和60年4月、
現理事長さん宅を 開放して、
今の地に スタートされました。

利用者さんの平均年齢は 48.5歳。
40代以上の人が 半数以上ですが、
みなさん元気で、一人ひとりに合った
手順等の工夫をしながら、
仕事をされています。

「 こんにちは」 と
さわやかな挨拶と笑顔が 素敵です。
挨拶を 交わすと
とても清々しい気持ちに なります。


「清水寺や 老舗菓子店からの下請け作業が
ひっきりなしにあるんですよ」 と苑長さん。
でも それは、
長年積み重ねてきた
企業そして地域とのつながり、
信頼関係にある と、
お話を聞いていて 感じました。

利用者さん 一人ひとりにあったニーズを、
取りこぼすことなく
向き合いながら、
職員さんたちが日々
頑張っておられる様子が、
見学中に 何度もありました。

以前 「きょうのShopひとにやさしく」 コーナーで 紹介した、
半兵衛麩さんの麩を使ってつくるクッキー づくりや、
少し離れた一乗寺にある 農園での
野菜づくりもされています。

苑では 仕事だけでなく、
健康管理、音楽鑑賞にも 力を入れておられ、
毎月1回は
演劇やコンサートに出かけられるそうです。

仕事 そして余暇支援 と、
日々のスケジュールは いっぱい。
いろとりどり、元気があふれる場 でした。



* 隣接したところに、
 グループホーム「あおいホーム」も運営されています。  
 京町家を バリアフリーに改装された7室 があります。
 とても明るく 風通しのよい各室、そして
 住居の皆さんが集える リビングも とても使いやすく、
 随所に工夫を凝らした ホームでした。


社会福祉法人 葵友愛会  あおい苑
京都市左京区岡崎北御所町21−1
Tel:075(771)3882






学ぶ作業所 2 [2011年12月08日(Thu)]

先日 ご紹介した 「 学ぶ作業所 」

特別支援学校の高等部を 卒業してすぐに
「 働く 」 のではなく、
健常と呼ばれるひとが 大学や短大に行くように、
障がいがあっても、
もう少し「 学ぶ場 」 が欲しい
という想いが 形になる 場。

そんな学ぶ場を 京都市内に開設準備中の
『 プエルタ 』 さんに、先日 お話を聞きました。


10代の間に すこし寄り道をして、
生活全般を 豊かにしていくための 経験を積む 場づくり。

「 教えてもらっていないだけ 」
「 学ぶ機会がなかっただけ 」 ということが
まだまだたくさんあるなかで、役立つ知識 だけでなく、
「 そんなこともあるんだ 」
という 発見や驚きを 大切に、生活全般を豊かに、
そして 生活の幅を拡げるための
カリキュラムを 組まれています。


開設予定地は ビルの1階 約98u。
開所にあたり、
十分な設備を持ち合わせない現状を逆手にとり、
地域の公共施設を 利用することにより、
活動の幅を拡げる 予定です。

たとえば 運動をするときは、
市スポーツセンターへ公共交通機関を使って移動し、
昼食は 近くの商店街で外食をします。
調理実習をする時 には、
市青少年活動センターの調理室を利用し、
これも 公共交通機関を利用し
商店街で材料の買い物をして、
という ぐあいです。

そして 大きな特徴 とも言えることは、
大学の研究室との連携 です。

プログラムの充実 につながる、
大学生との活動や
大学の設備を利用しての活動も あります。

高校を卒業したあとの
同年代のひととのかかわり。
これは 今まで
なかなかできなかったことです。

全国、おもに近畿で、
学びの場が 拡がるなかで、
大学との協働は めずらしいことです。

多岐にわたった取り組みが今、
始まろうとしています。





*プエルタ さん は、
2012年4月に開所予定。
障害者自立支援法の自立訓練事業(生活訓練)を
実施の予定です。
特別支援学校 高等部・専攻科 に相当する
2年間のカリキュラムを 想定しています。
利用対象は、
知的に障がいのある 18歳以上のひと です。
学校新卒者でなくても 利用できます。
定員は20名ですが、
初年度は 諸事情から12名の予定。
訓練期間は 2年間(最長3年間)です。

実費負担は、自立支援法に基づく利用料のほか、
昼食費など必要実費と
研修旅行等の行事にかかる費用です。

体験実習については、
新規事業所のためできません。
しかし 来年1月下旬より、
予定地内の見学は可能 とのことです
(事前連絡を必ずお願いします)。


*NPO法人 プエルタ 
自立訓練事業プエルタ準備室
京都市北区小山元町17番地 北山グランドビル1階
http://puertakyoto.web.fc2.com/index.html
E-mail:puerta.kyoto2011@gmail.com



*現在、全国にある
学びの場は 下記の9カ所です。
( きょうの福祉 調べ )

「たなかの社 フォレスクール」
  和歌山県田辺市(2008年開設)
「はぐるま共同作業所 結い」
  和歌山県和歌山市(2009年開設)
「きのかわ共同作業所 シャイン」
  和歌山県岩出市(2010年開設)
「ジョイスクール」
  岡山県倉敷市(同上)
「ひまわり共同作業所 ラ・ポルテ」
  和歌山県有田市(同上)
「チャレンジキャンパスさっぽろ」
  北海道札幌市(2011年開設)
「エコール KOBE」
  兵庫県神戸市(同上)
「なぎのき作業所 ステップ」
  和歌山県新宮市(同上)
「生活支援活動センターろむ きらり」
  京都府丹後市(同上)

→2012年度 開設予定は、
プエルタさんと下記の2カ所です。
「ぽぽろスクエア」 大阪府堺市
「カレッジ福岡」 福岡県福岡市










『 なづな かしの木 JOINT展 〜ONE〜 』 [2011年12月06日(Tue)]

今日も ご案内です。

先月、京都・嵐山にある 「ぶらり嵐山」で行われた
陶芸展示会 「陶あそび〜秋の楽しいピクニック〜」
( NPO法人 京都ほっとはあとセンターさんの
市内会員施設による 作陶展 ) に出展されていた作品をはじめ、
なづな学園さん、かしの木学園さんの製品の
展示・販売会が 開催されます。


    『 なづな かしの木JOINT 展 〜ONE〜 』

開催日 : 平成23年12月9日(金)〜11日(日)
         10時〜17時(但し最終日は16時迄)

場  所 : みやこめっせ (京都市勧業館)
              2階美術工芸ギャラリー
     京都市左京区岡崎成勝寺町9−1
     http://www.miyakomesse.jp/

お近くのかたはぜひ お立ち寄りください。


社会福祉法人 なづな学園 
京都市東山区渋谷通大和大路東入2丁目
上新シ町372
Tel : 075(561)3355
http://www.naduna.jp

『 あらぐさ 百華展 』 [2011年12月05日(Mon)]
今日はご案内です。


       『 あらぐさ 百華展 一年間の感謝を込めて…』

〜 あらぐさで 日ごろ製作している作品が 一堂に会します。
  さをり織り製品、草木染め、フェルト小物、ビーズ製品など…
  ぜひ お気に入りを 見つけてください!! 〜 案内葉書より


開催日 : 平成23年12月7日(水)〜13(火)
               11時〜17時
場 所 : ギャラリー 花いろ
     京都市左京区鹿ケ谷桜谷町47
     Tel : 075(761)6277
     http://anrakuji-kyoto.com/hanairo

お近くのかたはぜひ お立ち寄りください。


主催 : 社会福祉法人あらぐさ福祉会
      障害福祉センターあらぐさ
     京都府長岡京市井ノ内広海道42−3 
     http://www.aragusa-fukushi.jp/

*過去の作品展は こちらをどうぞ
Joh&Ayako 二人展

| 次へ
プロフィール

kyokyoさんの画像
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kyofukushi/index2_0.xml